タングラム アンパンマン。 3歳の息子へ、アンパンマンのタングラムを購入☆NEW天才脳パズルレビュー

【ビジョン・トレーニング】アンパンマンタングラムパズルで視空間認知を育もう!

タングラム アンパンマン

特にパズルは、多くの子がはまるし安い知育玩具なので、とりあえず与えてみて損はないと思います。 うちの子に初めて与えたパズルはこれ うちの子にパズルを初めて与えたのは、うちの子が1歳5か月になったばかりの頃です。 商品は10ピースのこのパズルでした。 このパズル、ピースを失くした場合は、切手代だけでそのピースを送ってくれるサービスがあります。 安いのでまた同じ物を買った方が早い気もしますが、良心的ですよね。 初めてのパズルにおすすめです。 赤ちゃんのパズルデビューのやり方 いきなりパズルを見せても、赤ちゃんはどうやって遊んでいいのか知りませんよね。 なので、うちではまずは親が「パズルとはどういうものか」やってみせました。 そして、分かりやすいピースを1枚だけ抜いたパズルを子どもに渡し、 子どもには、その最後の1ピースを埋めさせるところから始めました。 完成できたら拍手して、「すごいねー。 できたねー。 」とほめちぎりました。 慣れてきたら2枚、3枚とだんだんピースの数を増やしていくと、子どもが自分だけでパズルが完成させられようになりました。 ただし、1歳児の力と器用さでは上手くピースをはめられない時があるので、押し込んだり位置を少し調整したりするのは適宜手伝っていました。 1歳児にパズルのコツを教えてみる うちの子が1歳半頃のパズルの遊び方は、いくつかのピースの場所を覚えて、分からないところは考えながら完成させるという方法でした。 一部は考えながらやっていたとはいえ、暗記に頼っていた部分が大きいようで、久しぶりにやらせてみると、場所を忘れて苦戦していました。 なので、パズルのコツを教えてみました。 ・「パズルの端から埋めていく」 ・「台紙の目安腺を参考に、同じ形を探す」 などです。 しかし、1歳代では理解が難しいようでした。 2歳代でやっとそのように戦略的に?パズルをやってくれるようになりました。 パズルの難易度を上げてみる 先述のミッフィーの10ピースパズルが高速でできるようになったので、もっと難易度の高いものを与えたくなりました。 パズルの難易度を上げる方法は、とりあえずはピースを増やしていくことですよね。 うちは次は同じシリーズの15ピースを与えました。 これも、ちょうど良いレベルで楽しく遊べました。 さらに難易度を上げようとして失敗 1歳の終わりに、違うシリーズの難易度の高すぎる30ピースを買い与えてしまって、行き詰りました。 難しすぎて子どもがパズルを放棄してしまいました。 なので、いったん普通のパズルから離れてみることにしました。 次は毛色の違うパズルを与えてみる パズルの代わりの図形おもちゃとして、次はタングラムを与えてみることにしました。 よく温泉旅館などに置いてあるあれです。 購入したのは公文から出ているこの商品です。 (タングラムはアンパンマンのキャラクターものも出ていて人気なようですが、個人的には箱へのしまい方が何通りもあるなど、公文の方がいろいろと遊べると思います。 ) 対象年齢は3歳からです。 付属のシート(ガイドボード)は作る形がくり抜いてあるのでそれに合わせていろんな形の積み木を置いていきます。 (どの積み木を使うかは指定があります) 周囲には作る形に合わせたイラストが描いてあるので、子どもも楽しく取り組めます。 シートは20枚あって、番号が大きくなるにつれて難易度が上がります。 大人も遊べるものなので、このタングラムを初めて与えた2歳1か月の時、うちの子がどこまで遊べるか心配でしたが、下記のようなコツを教えて取り組ませたら8のシートまではなんとかできました。 2歳からが対象年齢となっているので、興味のある方はこちらもチェックしてみてください。 タングラムは知育おもちゃ 2016年追記: タングラムは「図形を補助線で切り分けて考えられるようになる」そうで、数学的能力を伸ばすそうです。 実際、うちの子は現在3歳10か月ですが、幼児向けプリントの下の様な図形問題が得意なので効果があったと思います。 紙工作でタングラム 「木のタングラムはかさばって邪魔になるので買いたくない」という方は、紙工作系のワークでタングラムのようになっているものがあるので、そういったものを与えてみてもいいと思います。 これはうちの子が2歳半位の時に取り組んだものです。 しっぽの向きがおかしいです(笑) や などのワークにタングラムの要素のある切り絵があります。 もしくは、自分で折り紙などを三角に切って、それでどんな形ができるのかお子さんとやってみてもいいかもしれません。 下の写真は、うちの子が幼児教室で作ってきたものです。 この時のテーマは、三角2つでいろいろな形を作るというものでした。 三角2つでちょうちょ、山、四角、手裏剣を作ったそうです。 手裏剣ってちょっとピンときませんでしたが。 先生の声掛けは 山のてっぺんをくっつけると、ちょうちょになるね。 滑り台にしてくっつけると、山になるね。 三角の下と下をくっつけると、四角になるね。 一つ裏返してくっつけると、手裏剣になるね。 のような感じでした。 お風呂でタングラム お部屋には楽しいおもちゃがたくさんあるので、タングラムでは遊びたがらないお子さんもいると思います。 そんな時は、お風呂でタングラムできる教材を試してみてはいかがでしょうか。 お風呂なら他におもちゃを置かなければ集中して取り組めます。 うちの子は使っていないので良くわかりませんが、 など評判が良いようです。 パズルの難易度を上げてみる 2度目のトライ タングラムにはまっている間に30ピースのパズルも楽々できるようになったので、次はまた普通のパズルのピースを増やすことにしました。 2歳8か月の時にどれくらいのピース数が適当か分からなかったので、思い切って一番多いものを探してみました。 すると、おそらく幼児向けのアンパンマンなどのパズルでは65ピースが一番多いということが分かりました。 上記のものを購入し、与えてみたところ、一人でできました。 (位置がちょっとずれて上手くはまらない時などは手伝いますが)もっと早くに与えてもよかったかもしれません。 別の用途にも使えるパズル このページに書いているのは上の子の話なのですが、下の子の時に見つけた「おままごとができるパズル」について追記しておきます。 パズルだけでは飽きちゃいそうなお子様におすすめです。 パズルの収納でお困りの方に パズルについてくるぺラっとした袋ってすぐに破れてしまいませんか?うちはパズルケースに詰め替えています。 パズルケースは高いのでパズル本体と同じくらいの値段がしてしまうのが困りますが。 わざわざ別にケースを買いたくない人は、サンスター文具のパズル(上で紹介している はサンスター文具です)は持ち手のあるケースがついてくるので便利ですよ。

次の

おすすめはアンパンマンタングラム

タングラム アンパンマン

磁石パーツの形が、マグフォーマーは線、ピタゴラスは面であるのに対して、マグネットブロックは面パーツでありながら半透明なので、作った立体物は中をかすかに透かして見ることができます。 カラフルな半透明なので、誕生日やクリスマスには中に電球やろうそくを入れれば幻想的な照明になります。 インスタ映えする美しさです。 キュボロ 天才藤井棋士が遊んでいた知育玩具として有名になり、しばらく品切れが続き半年以上も入手することができなかった数年前には「幻のおもちゃ」。 もちろん現在でも大人気。 キュブロの特徴は、玉が転がる溝が積み木の表面だけでなく積み木の中にも掘られていること。 表面の溝と中のトンネルの両方を考えながら、スロープを完成させる必要があります。 遊べるようになるのは早くて4〜5歳ですが、乳幼児期から購入しても親が作ったスロープを興味津々に眺めますので空間把握力をつちかえます。 こちらは本来は子供用に企画された洋書ですが、ママやパパも十分に学べるほど内容が充実しています。 特にCDの内容がすばらしく日頃から車の中などでかけ流しておくのがおすすめです。 絵と単語と音声が同時に学べるので分かりやすく、歌やリズムに合わせて次々と英単語を覚えられます。 ひらがな玩具 ひらがな玩具はできるだけ早くから手元に置いてあげると「文字の好きな子」「文字を読む(書く)のが好きな子」になります。 ひらがなポスターやひらがなカードは手作りしたり100均で安いものを探すのもおすすめですが、タブレットには少々こだわってもいいかもしれません。 タブレット学習は「タッチすると声が聞こえる」という反応が楽しくて繰り返し遊んでいるうちにひらがなの読みを覚えます。 ひらがなの読み方は覚えるのが早ければ早いほど音読が上手になります。 音読が上手になれば自然と「一人で読書を楽しむ」ことができるようになりますから、その先の学力の大切な能力を育めます。 家庭で(セミ)バイリンガルを目指す英語子育てに今やオンライン英会話は必須! こちらのスクールはすべて無料体験ができておすすめです。

次の

子ども大喜び&知育も! 100均で作る簡単「手作りおもちゃ」13選

タングラム アンパンマン

娘には2歳のときからタングラムのおもちゃを与えています。 タングラムは図形能力が発達するといくつかの会社から発売されていますが、なにがいいのか当初さっぱりわかりませんでした。 我が家でいくつか取り寄せて使ってみたので、その比較を紹介してみますね。 くもんのタングラム もっともオーソドックスなのが、 ですね。 こちらは難易度別にボール紙の枠の絵が十数種類ついていて、難易度に合わせてタングラムをつくっていけます。 なので、2歳代でも十分できますし、小学校低学年までも使えそうな感じ。 値段も1000円ちょっととリーズナブル。 難易度があがると、大人でも苦戦します。 標準的なものを欲しい方はまずこれかなぁと思います。 こぐま会のさんかくパズル お受験教室のこぐま会が出している、さんかくパズル。 こちらは2歳の子にはちょっと難しいです・・。 お受験では三角パズルは必須なので、幼稚園頃から使われるのがベストかなと思います。 ピースが薄いのですが、しっかりとした作りなので、子供が壊す心配はありません。 別売でさんかくパズル問題集があり、こちらも購入する必要があります。 七田の巧巧板 は、1歳代からも使えます。 スポンジタイプのピースなので柔らかく、小さい赤ちゃんでもOK。 難易度がかなり低いものから難しいものまで揃っており、パズルの問題集が別冊で付属しています。 それにスポンジの形をのせていきます。 マイナスポイントは、紙の上にスポンジをのせるだけなので、すべってずれてしまう点。 くもんのタングラムは紙の枠ではさまれているので動きませんが、七田のは動いてしまいます。 難易度・量的にはこちらのほうがベストなのですが、残念な点です。 お風呂でタングラムならプレNEO おふろでするなら、 がおすすめです。 水だけでお風呂の壁にポスターとタングラムがペタっとくっつくので、子供がお風呂に入りながら遊べます。 ポスターは2枚表裏あり、問題も優しい・普通・難しいと3種類くらいあります。 マイナスポイントは、問題が少ない点と、ピースがお風呂場にバラバラになる点(笑) メインのタングラム遊びはくもんか七田にしておいて、お風呂では番外編として楽しむのがよいと思います。 (うちはそうしています) 追記:ピグマリオンのマグプレート 下記にコメントをいただいたので、追記でおすすめを一つ。 タングラムとは少しジャンルが違いますが、ピグマリオンのマグプレートもおすすめです。 ピグマリオン教室で使われているマグプレートは、通常ピグマリオン公式サイトでは数万円のセットでしか購入できませんが(他の教材もついてくる)、Amazonで単体で売られているのを見つけました。 お手本集もついています。 コメント欄に書いてある通り、平面図形感覚を養うのにおすすめです。 最初は簡単なものから始まりますが、だんだん枠がなくなり難しくなり、小学生レベルまで対応できます。 (大人でも難しい場合もあり) 裏に磁石がついているので、パズルをなくしにくくなっているのもベターです。 にま様 コメントありがとうございます。 (気がつかずお返事遅くなり申し訳ありません。 ) こぐま会のこぐまパズルは使用したことはまだないですが、ピグマリオンのマグプレートはいかがでしょうか? ピグマリオン教室で使用されているもので、平面図形感覚を養うためのメイン教材として使われています。 お手本集がついており、初歩は簡単なものから始まり、だんだん難しくなり小学生レベルまで使用できます。 (大人でも考え込んでしまうことも) これが良いのは、裏が磁石になっているためバラバラにならない点です。 (こぐま会の三角パズル系は、子どもがバラバラに散らかしてしまうので) ピグマリオンに通っていた当時は、ほぼこれ目的でした。 (教室では、様々なお手本プリントがもらえます) 中学受験の際の図形問題を解く際、幼少期に図形感覚を養っておくと大いに役立つと教室長がおっしゃっていました。

次の