全国 救急 隊員 シンポジウム。 一般演題募集

一般演題募集

全国 救急 隊員 シンポジウム

全国救急隊員シンポジウム(仙台市消防局、救急振興財団主催)は31日、青葉区の仙台国際センターで19のセッションが行われた。 心肺蘇生の不実施(DNAR)への対応をテーマにパネル討論もあり、救急隊員の責務と患者の尊厳を巡り、医師らの相反する意見がぶつかり合った。 日本海総合病院(山形県酒田市)の医師緑川新一氏は、救命の責務が優先されると主張した。 「酒田地区消防本部は救急車を要請された時点で(かかりつけ医の)DNAR指示は無効と判断する」と紹介。 「119番は蘇生の意思表示と広報することが重要だ」と述べた。 救命の可能性がない疾病による心肺停止なのか、患者と医師がどれだけ話し合っていたのか、現場で判断することの難しさを指摘。 「患者の命を守らないという救急対応は容認できない」と強調した。 これに対し、在宅医療が専門の医療法人社団「悠翔会」(東京)の医師佐々木淳氏は「末期がん患者や高齢者にとって、治療が必ずしも望ましいこととは限らない」と異論を唱えた。 誤嚥(ごえん)性肺炎の治療を経ても入退院を繰り返し、生活の質が低下してしまった患者の例を挙げ「大事なのは患者や家族の幸せ。 DNARを望む背景への理解が必要だ」と語った。 東京消防庁は昨年12月、DNARを望む患者への対応で、救急隊員に心肺蘇生の中止を条件付きで認める指針を定めた。 救急管理課主任の鈴木翔平氏は「患者の意思を尊重できるようになった。 今のところトラブルはなく、今後は救急隊員の研修にDNAR対応を組み込みたい」と報告した。 会場の救急関係者からは「対応に地域差が出ている。 多くの救急隊員が悩んでいる」と切実な訴えがあり、国が統一的な指針を定めていないことに不満の声が漏れた。 シンポは2日間の日程を終えて閉幕し、延べ約8000人が参加した。 [心肺蘇生の不実施(DNAR)]心肺停止状態の患者に蘇生処置をしないこと。 あらかじめ患者や家族と話し合った医師が救急隊員に指示する。 患者の尊厳を守るのが狙い。 末期がんの場合など、蘇生処置をしても救命の可能性が極めて低い患者に限られる。

次の

第28回 全国救急隊員シンポジウム 仙台

全国 救急 隊員 シンポジウム

平成27年1月29~30日、第23回全国救急隊員シンポジウムが神奈川県相模原市で開催され、併設の「救急資器材展2015in相模原」にて、新しい「Stryker社電動昇降・収納ストレッチャーシステム」の展示・紹介を実施いたしました。 今回はこの展示の様子等をご紹介いたします。 会場となりました相模原駅前ユニコムプラザさがみはらボーノ広場1F屋外に設営された特設テント内に、「Stryker社電動昇降・収納ストレッチャーシステム」を設置。 初日の29日は写真のとおり快晴でしたが、強く冷たい風にスタッフは困惑。 でも、新しく画期的なこのシステムを皆様に紹介すべく、身体の要所に携帯カイロを装備し、張り切って初日に臨みました。 救急車に擬した専用台に新しい電動ストレッチャーが鎮座。 スタッフとともに来場される消防関係のお客様をお迎えいたしました。 ここで皆様に、この「Stryker社電動昇降・収納ストレッチャーシステム」をご紹介。 このシステムは下記二つの製品から構成されています。 どんな重い患者様でも、ボタン一つの操作で楽々昇降OK、腰に負担をかけません。 ・大型フォイール採用、抜群の直進走行性能、低位での真横移動もOKです。 ・背上げは油圧パワーで楽々操作、膝上げ操作もワンタッチで行えます。 また出庫の際に、電動パワーによりボタン操作で楽々可能となります。 最大搭載重量318㎏です。 ・「Power Load」は救急車の他、ドクターカー、介護搬送車等々様々な患者搬送車に設置可能。 ・走行中、ストレッチャーは「Power Load」によって車床に確実に固定されます。 現在、各国で救急隊員の腰痛障害が大きな課題として取り上げられています。 特にUSAでは、救急隊員二人が「よいしょ!」と力技で上げることが普通になっていることや、大柄や肥満の患者様が多いことが要因とされています。 「Power-PRO XT」と「Power Load」は、救急隊員をはじめとする搬送者を腰痛から防ぐだけでなく、患者様の搬送の安全性をより高めます。 国内においても患者肥満化、また女性救急隊員の増加、現場搬送用救急資機材の増加等により、このシステムの需要が見込まれています。 ご興味のある方は、是非ご覧ください。 弊社特設テント前には、この「Stryker社電動昇降・収納ストレッチャーシステム」を見学、また実際に操作をお試しいただくお客様で常時、混在でした。 いただいたコメントの紹介させていただきます。 相模原市のご当地キャラクター「さがみん」の応援に弊社スタッフも感謝、感動でした。 展示二日目はあいにくの降雪となり、疎らなお客様の来場となりましたが、お客様の接近にいつでも応対できるように、スタッフ&システム一緒に待機の一日でした。 今回、弊社は消防関係の皆様に初めてこの「Stryker社電動昇降・収納ストレッチャーシステム」をご紹介させていただきました。 皆様から沢山のご意見また温かいご支援、激励の声を沢山、拝領いたしました。 いただいたご支援の声は、強風また降雪で凍えていたスタッフを心から暖めていただくお言葉となりました、ありがとうございました。 弊社は今回のご紹介の機会に、「Stryker社電動昇降・収納ストレッチャーシステム」の早期販売に向けて努力してまいりますので、どうかご期待またご支援のほどお願い申し上げます。

次の

第23回全国救急隊員シンポジウム「Stryker社電動昇降・収納ストレッチャーシステム」(参考出品)

全国 救急 隊員 シンポジウム

全国救急隊員シンポジウム(仙台市消防局、救急振興財団主催)は31日、青葉区の仙台国際センターで19のセッションが行われた。 心肺蘇生の不実施(DNAR)への対応をテーマにパネル討論もあり、救急隊員の責務と患者の尊厳を巡り、医師らの相反する意見がぶつかり合った。 日本海総合病院(山形県酒田市)の医師緑川新一氏は、救命の責務が優先されると主張した。 「酒田地区消防本部は救急車を要請された時点で(かかりつけ医の)DNAR指示は無効と判断する」と紹介。 「119番は蘇生の意思表示と広報することが重要だ」と述べた。 救命の可能性がない疾病による心肺停止なのか、患者と医師がどれだけ話し合っていたのか、現場で判断することの難しさを指摘。 「患者の命を守らないという救急対応は容認できない」と強調した。 これに対し、在宅医療が専門の医療法人社団「悠翔会」(東京)の医師佐々木淳氏は「末期がん患者や高齢者にとって、治療が必ずしも望ましいこととは限らない」と異論を唱えた。 誤嚥(ごえん)性肺炎の治療を経ても入退院を繰り返し、生活の質が低下してしまった患者の例を挙げ「大事なのは患者や家族の幸せ。 DNARを望む背景への理解が必要だ」と語った。 東京消防庁は昨年12月、DNARを望む患者への対応で、救急隊員に心肺蘇生の中止を条件付きで認める指針を定めた。 救急管理課主任の鈴木翔平氏は「患者の意思を尊重できるようになった。 今のところトラブルはなく、今後は救急隊員の研修にDNAR対応を組み込みたい」と報告した。 会場の救急関係者からは「対応に地域差が出ている。 多くの救急隊員が悩んでいる」と切実な訴えがあり、国が統一的な指針を定めていないことに不満の声が漏れた。 シンポは2日間の日程を終えて閉幕し、延べ約8000人が参加した。 [心肺蘇生の不実施(DNAR)]心肺停止状態の患者に蘇生処置をしないこと。 あらかじめ患者や家族と話し合った医師が救急隊員に指示する。 患者の尊厳を守るのが狙い。 末期がんの場合など、蘇生処置をしても救命の可能性が極めて低い患者に限られる。

次の