くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない。 足関節滑液包炎について

突然くるぶしの腫れ!ぷよぷよで痛くないけど原因は?

くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない

くるぶしが腫れる 足首が急に腫れたことありますか? 特にねん挫などをした覚えがないのに、急にピンポン玉の大きさぐらいに腫れた経験がある人も多いのではないでしょうか? 実は、骨折やねん挫をしていなくても痛みを伴わず急に腫れたりする原因があります。 その犯人は滑液包の炎症と呼ばれる疾患です。 滑液包はその名と通り骨と皮膚がこすれず滑らかに動くようにクッションの働きをしています。 この滑液包が炎症を起こし漏れ出していると腫れの原因になります。 最初は痛くなくても放っておくと痛みが出る場合があるので注意です。 今回は足首やくるぶしの腫れの原因を大きく4つに分けてご紹介します。 怪我など 足首をひねった、ぶつけた、挟んだなど傷的な衝撃が加わると骨や筋肉が損傷し炎症につながります。 骨折や骨にヒビが入ったときなどは、痛いですしその部分は大きく腫れ上がります。 また、外反母趾がひどい場合放っておくと、足首に負担をかけてしまい炎症をおこし伴う場合があります。 病気が原因 内臓の病気の症状で足首やくるぶしが腫れる(腫れると言うよりむくむ)事もあります。 特に腎臓に何らかの疾患があると、体内の余分な水分を排出することができずに水が溜まってしまうことがあります。 これにより慢性的なむくみが発生し、足首やくるぶしが腫れることがあります。 むくみの場合痛みをともなわないことも多いです。 関連記事: ライフスタイル、薬剤 肥満や長時間立っていることが多い、長時間同じ姿勢でいる(車や飛行機)、エストロゲンやテストステロンを服用している。 血圧薬やステロイド、非ステロイド性抗炎症薬を服用している場合など腫れにつながる場合があります。 後遺症 以前に足首付近に大けがをしたことがある場合や、ヘルニアの術後後遺症などで足首やくるぶしが腫れる場合があります。 関連記事: スポンサーリンク 足首が腫れた時の検査 足首やくるぶしが急に腫れた場合は、一番良いのが医療機関に相談し検査してもらう方法です。 病院に行けば基本的には医師が診察をしてくれますので、特に心配することは無いのですが、以下に検査の内容を書いていきます。 レントゲン エックス線で骨の異常などを確認できます。 骨折や、ヒビが入っていないかをまずは確認する必要があります。 レントゲンは大人であればだれでも、一度は受けたことがあるかと思います。 視診 傷などを伴っている場合は傷口を見てもらいますし、腫れの症状が出る前の行動などをしっかりと説明することで診察がしやすくなります。 CT・MRI検査 基本的にはレントゲンの検査で十分な場合が多いかと思いますが、それ以外にも気になる症状がある場合は、CTやMRIで精密検査をする事もあります。 関連記事: スポンサーリンク 足首が腫れている時の過ごし方 残念ながら足首が腫れてしまい、時には痛みが伴っているかもしれません。 そのような時は以下のに注視ながら過ごすようにして下さい。 無理はしない とにかく、足首に負担をかけることは極力避けましょう。 できれば自宅で安静にしている方が良いですが、仕事を休めない場合などは職場の同僚の手を借りるなどの工夫も必要です。 また、女性であればヒールなどかかとの高い靴を履くことはしばらく控えた方が良いです。 薬・湿布 お医者さんで出された薬は飲み忘れないようにしっかり服用しましょう。 また、症状が少し良くなったからといって自己判断で服用を中止することはやめましょう。 処方された薬は最後まで飲みきる必要があります。 痛みを伴う場合は湿布を患部に貼るのも良いです。 関連記事: ストレッチ 基本的には医師や理学療法士から、指示があるまではストレッチや軽めの運動は避けた方が良いですが、指示がある場合は、出来るだけ時間を作り足首をほぐすようにしましょう。 これら以外にも、クーリングや足を上げて横になる、テーピングで固定など足に負担がかからないように気を付けましょう。 関連記事: まとめ 以上、足首・くるぶしの腫れの原因と対処法についてご説明しましたがいかがでしたでしょうか? 足が痛いと歩くのもつらく、職場や学校に行くのもつらいです。 また、痛みが無い場合でも自分で確認できる程の腫れがある場合は、何かしらの炎症が起こっている可能性が高いので、早めに病院に行くようにしましょう。 関連記事:.

次の

足の腫れは蜂窩織炎か痛風か│誤診から完治まで

くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない

くるぶしが腫れてぷよぷよしていることがありませんか。 足首の違和感が気になって、足のくるぶし付近を見てみると腫れていることがあります。 くるぶしを触るとぷよぷよして水が溜まっているように感じます。 くるぶしが腫れてぷよぷよしているときは、関節部分にある滑液包(かつえきほう)が炎症を起こしている可能性があります。 くるぶし付近の腫れや痛みの原因には、 ・捻挫・骨折・外反母趾・痛風・腱鞘炎・偏平足 ・ 後脛骨筋腱機能不全症・足根幹症候群などもあります。 足首付近の捻挫の多くは、足首を本来の稼働域を超えて動かしてしまったことで起こります。 足首の靭帯を損傷してしまう症状になります。 捻挫を起こして足首に腫れや熱がある時には、足首を動かさないように固定して安静にするのがベストです。 足首の骨折には、自覚症状がある骨折と無自覚の疲労骨折があります。 足首の痛みや違和感が続くときには病院でのレントゲン検査が必要になります。 外反母趾は足の指が腫れたり痛む症状ですが、足に負担をかけることで足首にも支障がでます。 外反母趾は足の指だけに異常が生じるだけでなく、足首やくるぶしにも腫れや痛みの症状が発症するので注意する必要があります。 痛風でも足首やくるぶしに異常が現れます。 痛風になると、足首やくるぶしが真っ赤に腫れて強い痛みがでます。 足首やくるぶしの筋肉は損傷していませんが、尿酸が蓄積して我慢できない痛みがでます。 腱鞘炎の原因は足の使い過ぎです。 腱鞘炎で足首やくるぶしが痛くなったら、アイシング・冷湿布を貼るなどをして安静にするのがベストです。 偏平足でも足首やくるぶしに異常が現れます。 偏平足だと地面の衝撃が足裏全体に直接伝わるので足首やくるぶしが痛くなります。 くるぶしが腫れだけでなく痛みも伴うときには、・捻挫・骨折・外反母趾・痛風・腱鞘炎・偏平足・ 後脛骨筋腱機能不全症・足根幹症候群も疑った方がよさそうです。 次に、くるぶしのぷよぷよの腫れについて紹介します。 くるぶしのぷよぷよの腫れ くるぶしの腫れに痛みが伴うときには、・捻挫・骨折・外反母趾・痛風・腱鞘炎・偏平足・ 後脛骨筋腱機能不全症・足根幹症候群などの疑いがあります。 くるぶしがぷよぷよに腫れて痛みが少ない時には関節部分の滑液包(かつえきほう)の炎症の疑いがあります。 くるぶしや肘などの関節の骨が出っ張った部分には、骨と皮膚の間に滑液包(かつえきほう)があります。 滑液包(かつえきほう)は薄くて平たい袋です。 滑液包の中には、少量の滑液が入っています。 滑液包は骨と皮膚が滑らかに動くように、クッションの働きをしています。 くるぶしが水ぶくれのように膨らんでいる原因は、滑液包の炎症で滑液が過剰に漏れ出しているからです。 くるぶしが腫れたら くるぶしが腫れても痛みがひどくなければ心配することはありません。 患部を冷やして安静にしていれば治ります。 滑液包(かつえきほう)の炎症が小さく初期症状であれば自然に治ります。 肩や肘などの関節の出っ張った部分であればどこでも炎症が起こる可能性はあります。 ぷよぷよの腫れの中には、リウマチや細菌感染によるものもあります。 しかし、足関節やくるぶしの腫れはほとんどが滑液包の炎症なので心配はいりません。 くるぶしが腫れて痛い くるぶしが腫れて痛いときには、整形外科で診察をおススメします。 滑液包の炎症でくるぶしが腫れて痛いときは、鎮痛剤を服用して患部を固定する治療が行われます。 ぷよぷよの腫れが大きくて関節に負担を与えている場合は、滑液包の中の余分な滑液を針で抜き取ります。 また、感染症の疑いがあるケースでは滑液の中身を検査することもあります。

次の

くるぶしの腫れがぷよぷよする時とは?

くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない

むくんでいる状態の可能性が高い 右足のくるぶし周辺が腫れてぷよぷよしているということですが、むくんでいる状態ということだと思います。 むくみを起こす原因としては、全身性のものと局所性のものがあります。 全身性の病気としては、心臓・腎臓・甲状腺の病気などがあります。 ご質問の方の場合、他の部位にむくみがないようなので、この可能性は低いと思います。 痛みがある場合は、足の痛風や捻挫などの疑いも 局所性の場合は、痛みがあるかどうかが問題です。 痛みがあり、赤みを帯び、押したら痛いような場合は炎症が原因でむくんでいるのです。 足の痛風や、捻挫など筋肉を捻ってしまった後に起こる炎症です。 痛みのない場合は、その部の血液の流れが悪くなったりした時に起こります。 足首には筋肉が少なく、それでいて身体全体を支えているため、血液の流れが悪くなりがちです。 足から心臓へ戻る血流は静脈を通って行きますが、その場合、下から上へ、重力に逆らって進むため、それを押し上げる働きをする筋力が必要です。 その筋力が弱かったり、一日中立ち仕事をした後や仕事などでずっと椅子に座っていた後など筋肉に疲労が溜まっていたり、筋肉を使わなかったりした時には、むくみは出やすいです。 もしご質問の方が痛みのないむくみでしたら、塩分を控えめにし、夜1~2時間右足を高くする、よくマッサージするなどを試してみてください。 それでも改善しないようでしたら、一度整形外科で診てもらうことをオススメします。

次の