手術 の 侵襲 うつ 病。 名倉潤うつ(鬱)病休養で番組はどうなる?椎間板手術の侵襲が影響?|TOKYO SCOPE

「うつ」は「炎症」の一症状という 免疫精神医学の新しい考え方|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

手術 の 侵襲 うつ 病

うつ病 眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。 うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。 脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。 そのため普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環が起きてきます。 薬による治療とあわせて、認知行動療法も、うつ病に効果が高いことがわかってきています。 早めに治療を始めるほど、回復も早いといわれていますので、無理せず早めに専門機関に相談すること、そしてゆっくり休養をとることが大切です。 「うつ病」とは うつ病は増えている? 日本では、100人に3~7人という割合でこれまでにうつ病を経験した人がいるという調査結果があります。 さらに、厚生労働省が3年ごとに行っている患者調査では、うつ病を含む気分障害の患者さんが近年急速に増えていることが指摘されています。 「うつ病が増えている」の背景には、• うつ病についての認識が広がって受診する機会が増えている• 社会・経済的など環境の影響で抑うつ状態になる人が増えている• うつ病の診断基準の解釈が広がっている など、様々な理由が考えられます。 「うつ病」にはいろいろある 「憂うつな気分」や「気持ちが重い」といった抑うつ状態がほぼ一日中あってそれが長い期間続く、というのはうつ病の代表的な症状です。 こうした症状が見られた場合、うつ病と診断されることが多いのですが、本当は、これだけで診断がついたことにはなりません。 大うつ病と呼ばれるタイプのうつ病には一定の診断基準があり、参考になります。 他に性格や環境、あるいはほかの病気やこれまで服用していた薬が関係していることもあります。 また、これまでに躁状態や軽躁状態を経験したことがある場合はうつ病でなく双極性障害(躁うつ病)であると考えられますのでそういう経験がなかったかの確認も必要です。 統合失調症などほかの精神疾患が背景にあって、抑うつ状態はその症状のひとつであった、という場合もあります。 このような症状を万が一うつ病と診断されたら、本当の疾患が見逃されせっかくの早期発見・早期治療のチャンスをのがしてしまうことになってしまいます。 正しいうつ病の診断は、うつ病のどのタイプなのか、ほかの精神疾患である可能性はないか、などを確認することまで含まれるのです。 治療法にもいろいろある うつ病の治療法は、一人ひとり違います。 典型的なうつ病ならば薬物療法の効果が期待できます。 性格や環境の影響が強い場合は精神療法的アプローチや時には環境の整備が必要になります。 ほかの病気や薬が原因の場合は病気の治療や薬を変えることを考えなくてはなりません。 休職についても、休養が必要な場合とむしろ仕事を続けた方がいい場合もあってこの点でも方針はひとつではありません。 うつ病とひとくくりに考えて治療をうけるのではなく、うつ病にはいろいろあって、治療法もひとつではないことを知っておくことが大切です。 自分のうつ病と、ほかの人のうつ病は違うものであり、治療法も一人ひとり違っていて当たり前なのです。 それは、どのくらい続いていますか? うつ病と診断するめやすとして、次のような症状のうちいくつかが2週間以上ずっと続く、というものがあります。 ひとつひとつの症状は誰もが感じるような気分ですが、それが一日中ほぼ絶え間なく感じられ、長い期間続くようであれば、もしかしたらうつ病のサインかもしれません。 抑うつ気分(憂うつ、気分が重い)• 何をしても楽しくない、何にも興味がわかない• 疲れているのに眠れない、一日中ねむい、いつもよりかなり早く目覚める• イライラして、何かにせき立てられているようで落ち着かない• 悪いことをしたように感じて自分を責める、自分には価値がないと感じる• 思考力が落ちる• 死にたくなる 周りからみてわかるサインもあります うつ病では、自分が感じる気分の変化だけでなく、周囲からみてわかる変化もあります。 周りの人が「いつもと違う」こんな変化に気づいたら、もしかしたら本人はうつ状態で苦しんでいるのかもしれません。 表情が暗い• 涙もろくなった• 反応が遅い• 落ち着かない• 飲酒量が増える 体に出るサインもあります 抑うつ状態に気づく前に、体に変化が現れることもあります。 食欲がない• 体がだるい• 疲れやすい• 性欲がない• 頭痛や肩こり• 胃の不快感• 便秘がち• めまい• 口が渇く これはあくまでも目安です。 おかしいかな?あてはまるかな?と思ったらまずは専門家に相談しましょう。 専門家のいるところは総合病院の精神科や心療内科、もしくは精神科専門のクリニックなどですが、どこに行けばいいかわからない時は自分のことをよく知っているかかりつけの医師に相談したり、地元の保健所や精神保健福祉センターの相談窓口を利用するなどしましょう。 インターネットや本などで一方的な情報を集めて自己診断することは正しい診療をうける機会を遅らせるだけでお勧めできない方法です。 最近使われているうつ病の診断基準はとてもわかりやすく、うつ病かどうかの診断は簡単にやろうと思えばできるようにみえます。 しかし、本当にうつ病なのか、うつ病のどのタイプなのか、などの正確な診断は専門医がきちんと判断しないとなかなかわかりにくいのです。 うつ病の治療法 多彩な治療法 うつ状態をおこす原因がはっきりしているときは、その原因を取り除くことが検討されます。 たとえば体の病気が原因である場合はその治療を行い、薬の影響が考えられる場合は可能であれば薬の中止、それができない場合は別の薬への変更がはかられます。 性格的にストレスなどの影響を受けやすい人は精神療法的なアプローチが効果的です。 こうしたうつ病でも、うつ状態が重症であれば抗うつ薬による治療も平行して行われます。 うつ病と判断された場合には一般に抗うつ薬による治療が行なわれます。 ただし、典型的なうつ病でも軽症の場合は薬の効果がそれほど期待できないこともあるので、薬物療法が絶対であるというわけではありません。 自分には本当に薬が必要かどうかを主治医に確認しながら治療を受けるようにしましょう。 薬もいろいろある 抗うつ薬といわれるものだけでもSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)といったものから三環系抗うつ薬などいくつかのグループがあり、抗うつ薬の他にも、症状に合わせて抗不安薬や睡眠導入剤なども使われます。 また、躁状態や軽躁状態を経験したことがある人の場合はうつ病でなく躁うつ病(双極性障害)と診断され、気分安定薬が使われます。 どの薬が効くかは治療を受ける人一人ひとりで異なり、また同じ人でも病気がどの段階かによって違ってきます。 薬の飲み方 薬物治療では、まず主治医に処方された薬の効果と副作用についてきちんと説明してもらいます。 また、処方された量と回数をきちんと守ることが大切です。 症状がそれほど重くないと感じる、副作用が心配、などの理由から自分で量や回数を勝手に減らすと、主治医は十分な効果が得られないと判断して薬の量を増す、もしくは別の薬に変えるなどの対応を考えることになってしまいます。 副作用など気になることがあれば、一人で判断しないで主治医に相談して解決方法を考えましょう。 こうした主治医への働きかけは信頼関係をはぐくむことにもつながります。 治療の不安や疑問は主治医に相談しましょう 治療を進めるうえで不安や悩みを持ったら、主治医に相談しましょう。 何でも相談できる関係を主治医ともつことはうつ病治療の第一歩です。 主治医が治療上の不安や疑問にこたえてくれない、話をするのが面倒な様子をみせる、というような場合は、ほかの専門家の意見を聞くことも考えます。 これをセカンドオピニオンといいます。 複数の専門家の意見を聞くことが納得のいく医療を受ける手だてになることもあるのです。

次の

全身病と麻酔との関係

手術 の 侵襲 うつ 病

<ネプチューンとしての番組> 日本テレビ「しゃべくり007」(月)夜10時 フジテレビ「ネプリーグ」(月)夜7時 テレビ朝日「あいつ今何してる?」(水)夜7時 テレビ朝日「ナニコレ珍百景」(日)夜6時半 TBS「ジョブチューン」(土)夜8時枠 <名倉潤単独の番組> テレビ東京「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告」(木)夜0時枠 名倉さんが発表している休養期間は 「約2ヶ月」。 休養前最後の収録は7月31日に行われたテレビ朝日「ナニコレ珍百景」だったそうですが、テレビ番組の 収録は一週間から10日前に行われることが多いので、おそらくこの「ナニコレ珍百景」は 8月11日(日)に放送予定のものだったと考えられます。 そのほかの番組も、同じような収録状況だと思いますので、 8月11日(日)までの各番組はおそらく名倉さんも出演。 それ以降は、ネプチューンとして出演している5番組は原田泰造さん、堀内健さんのおふたりが、名倉さんが復帰を予定する10月上旬まで担当することになるのではないでしょうか。 問題は名倉潤さん単独で出演している 「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」ですが、今のところ番組からの発表は特にありません。 こちらはまさに「近況」がわかり次第、また更新いたします。 名倉潤うつ 鬱 病休養は椎間板ヘルニア「手術の侵襲」が影響? この休養の原因は、名倉さんが患っている 「うつ病」が原因と事務所であるワタナベエンターテインメントから発表されています。 報道では、 名倉さんは昨年6月末、頚椎椎間板ヘルニアの手術を行い、10日間休養。 その後の手術の経過は良好だった一方で、「手術の侵襲」という普段の生活圏にはないストレスが要因で鬱病を発症した。 とありますが、この 「手術の侵襲(しんしゅう)」とはいったい何のことでしょうか。 「手術の侵襲(しんしゅう)」って何? 名倉さんは、確かに 2018年6月末に「頸椎椎間板ヘルニア」の手術を受けました。 「頸椎椎間板ヘルニア」は、頸椎つまり首の部分にある背骨をつなぐクッションの役割をしている椎間板が変形して、脊髄を圧迫して、首や肩、腕などに痛みやしびれがでてくるものです。 人によって箸が使いにくくなったり、ボタンがかけづらくなったりしたりということもあるようです。 MRIの結果が出ました。 病名は「頸椎椎間板ヘルニア」。 簡単に言うと首のヘルニア。 肩から指先までの強いシビレがあり横になると激痛が走るやっかいなヤツ。 しばらくは強い痛み止めで様子をみて、ダメなら点滴orブロック注射。 それでも良くならなければ内視鏡手術だそうです😭 — 💫DAMDAM💫 Mybook0806 手術はこの変形した椎間板の一部を取り除くもので、現在では主に小さな穴を首にあけて、内視鏡によってオペをするのが主流だそうです。 名倉さんはこの手術を受けて、 手術自体は成功したとされています。 ただ 「手術の侵襲」つまり、手術の際の切開や椎間板周辺の切除、薬剤の投与などによる身体への影響があったことを示しています。 「侵襲」は難しい言葉ですが、要は手術によって身体を傷つけること、それに対して身体が生体反応を起こすことを言います。 通常は手術後の時間の経過とともに、軽快していくものですが、おそらく何らかの理由でそれが 長引いてしまい、名倉さんを悩ませていたのではないかと思われます。 もともと手術前も、人知れずヘルニアの痛みやしびれに悩まされていたのでしょう。 それが手術したにもかかわらず別の形で痛みなどが残ってしまい、精神的につらい思いをしていたのかもしれません。 真面目で、非常に責任感の強い方というように言われていますので、自分の苦悩をなかなか表に出したり、あるいは仕事を減らしたり調整したりということもできず、溜め込んだまま「うつ(鬱)」の状態になってしまったということも考えられます。 おわりに 名倉さんの早い回復を祈って 以上、 『名倉潤うつ 鬱 病休養で番組はどうなる?椎間板手術の侵襲が影響?』と題して、名倉潤さんのうつ病と休養の発表について、その影響や気になる 「手術の侵襲」という言葉についてもご紹介してきました。 椎間板ヘルニアは悩んでいる人がとても多い病気です。 身体のいちばん大事な部分の一つである背骨に関わることで、しかも神経が絡んで部位が複雑なケースが多く、投薬、手術ともなかなかすっきりと治るというのが難しい疾患とききます。 その 痛みや悩みを抱えたまま、責任感の強い名倉さんは「うつ」を発症してしまったのかもしれませんね。 おそらく今回の休養も、さんざん悩まれたあげく、そしていちばん仕事に影響のないタイミングなどを考えて、事前に計画をされての判断、発表だったと思います。 大変でしょうが、まずはしっかりと休養されて、2ヶ月後に元気に仕事に復帰してくれるよう祈るばかりです。 今回も最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

【医師監修】高安動脈炎(高安病)治療の目的と、薬物治療と手術治療の内容とは

手術 の 侵襲 うつ 病

「ああ、テレビではいつでも明るく振舞っているお笑い芸人でも、ストレスとかいろいろあるのだろうな」と思いながら記事を読むと、なんでも頚椎の椎間板ヘルニアの手術による「侵襲(しんしゅう)」で、うつ病を発症したのだという。 「侵襲」というのは、不勉強ゆえ初めて目にしたのだが、外科手術や感染、中毒など生体の恒常性を乱す外部からの刺激を総称する言葉らしい。 要は、手術で、日常生活ではあまりない何らかの負荷が体にかかり、そのせいで「うつ病」になったということだろう。 他のサイトも見てみたのだが、「手術がストレスになり発症した」という主旨の説明が多かった。 ここで「炎症」というキーワードがすぐに頭に浮かんだのは、『「うつ」は炎症で起きる』(草思社)という本を読んだばかりだったからだ。 一個人の病気に関することであり、ネットニュースだけでは詳しい病状や手術の内容や経過が不明なので、ここで軽々にあれこれ言うのは避けたい。 しかし、英国ケンブリッジ大学精神医学科長を務めるエドワード・ブルモア医師が著した同書の中に、このケースとよく似た著者自身の経験が記されているのだ。 ブルモア医師は数年前のある日、奥歯の古い詰め物が腐り、細菌に感染した。 歯医者にみせたところ、歯根の奥までドリルで穴を開ける治療を受けることになる。 当日、治療中は元気だったという。 ところが、すべて終わった途端、急激に気分が落ち込む。 家に帰り一人になると、眠りにつくまで、延々と「死」について思いをめぐらせていたという。 翌朝、ほの暗い思いは消えており、「軽いうつ症状だった」と自己診断をする。 加えて、歯医者にかかるようになり「自分ももう歳だ」と思い、死を連想するほど落ち込んだ、と、当初はうつの原因を推測した。 だがその後、ブルモア医師は別の因果関係に思い至る。 治療前の彼の歯肉は炎症を起こしており、歯科医師がガリガリ削ることで、一時的に悪化。 その時点で細菌が血流に広がるリスクが高まった。 ブルモア医師によると、この炎症と「うつ」との関係性は、近年、免疫精神医学と呼ばれる新しい医学領域で明らかにされてきた。 20年以上にわたる疫学調査や実験の結果、ストレスなどの「心」へのダメージが、直接うつを発症させるのではなく、炎症という「体」の現象が「心の病」を引き起こす証拠(エビデンス)がいくつも見つかっているそうだ。 詳しいメカニズムは同書を参照していただきたいのだが、要は、うつは脳の炎症反応だということだ。 ここで「どうもピンと来ない」という人がいるとすると、同書によれば、それは「心身二元論」にとらわれているからだ。 心身二元論というのは、17世紀フランスの哲学者ルネ・デカルトが最初に提唱したもので、ざっくり言うと「心は心で、体は体」。 人間には身体と精神という二つの領域があり、両者はつながっていない、とする考え方だ。 ところが近年は、デカルトの発想とは異なり、精神と身体は「つながっている」と考えた方が、科学的に納得がいくケースが増えている。 手術の過程で体に炎症反応があり、それがうつの原因になった可能性もあるのだ。 ここで、少しややこしいのだが、ストレスでうつになる、というのは、まったくの間違いというわけではない。 実は、身内の不幸などの心理的なストレスが「炎症」の原因になる、という研究結果もあるのだ。 その「ストレスが原因の炎症」がうつを発症させることも十分考えられる。 この場合、間に「炎症」を挟んで、間接的にストレスがうつの原因になっている。 ブルモア医師は、うつ病の治療において、どんな原因で発症しようとも同じ抗うつ薬が使われてきたことを指摘している。 彼は、すべてのうつの原因が「炎症」であると言っているわけではない。 炎症が原因ではない「うつ」もある。 その場合は従来の抗うつ薬でいいのかもしれない。 だが、炎症が原因の場合、効果はあまり期待できない。 うつ病の治療に新しい道が開けるのである。 また、うつの原因の一つに「炎症」があることが一般に広まれば、「うつは甘え」「心の弱い人がうつになる」といった偏見に近い見方が減っていくかもしれない。 うつの原因が炎症であれば、うつ特有の落ち込みや希死念慮は「体の故障」の症状の一つであり、性格やものの考え方とは関係ない場合がある。 そのことが少しでも周囲の人たちに理解されれば、うつ病患者の苦しみも軽減されることだろう。 (文=情報工場「SERENDIP」編集部).

次の