光 回線 電話 番号。 電話回線や電話番号を増やしたい時は?

So

光 回線 電話 番号

電話回線を1回線ご提供します。 固定電話相当の音声品質で通話が可能です。 緊急通報(110番・118番・119番)のご利用も可能です。 電話回線を1回線ご提供します。 基本プランに加え、以下付加オプションが標準付帯されます。 480 円分(最大3時間相当)の無料通話を含みます。 該当のお客さまには、So-netからご案内をお送りしますので、内容をご確認のうえ、本人確認書類の提出をお願いします。 ・ご提出がない場合、手続きを進めることができません• ・工事日、プラン変更の適用日、サービス利用開始日は、本人確認完了後に手配、決定します。 ・ご希望の工事日で手配できなかった場合は、So-netから電話にてご連絡します。 詳しくは、「」ページをご確認ください。 サービス名 概要 テレビ電話 映像メディアを利用した映像通信がご利用になれます。 テレビ電話端末を利用し、「So-net 光 電話」契約者やNTT東日本・NTT西日本が提供するひかり電話契約者と映像通信が可能となります。 高音質電話 高音質な音声メディアを利用した音声通信がご利用になれます。 標準音質の音声通話 3. 4KHz まで よりも広い帯域を利用した高音質の音声通話が通話可能となるサービスです。 データコネクト 「So-net 光 電話」契約者やNTT東日本・NTT西日本が提供するひかり電話契約者同士が、電話をしながら写真やファイル共有などのデータ通信ができる機能です。 本機能のお申し込みにより、「高音質電話」「データ接続通信」もご利用可能となります。 また、以下についても原則無料で設定・登録が可能です。 <2017年9月12日までのお申し込み>:「通知」 「So-net 光 電話」から発信の際、着信先に番号を通知します。 番号を通知したくない場合、電話番号をダイヤルする前に「184」を押していただくことで、電話番号を通知しません。 「So-net 光 電話」をご利用開始後に発信者番号通知の設定を変更される場合は、別途工事費用として1,700円 税抜 かかります。 「ひかり電話」から「So-net 光 電話」に転用された場合、「ひかり電話」でご利用されていた際の設定がそのまま引き継がれます。 国際電話不取扱い• お申し出いただくことで、電話帳へ電話番号を掲載することができます。 1つの電話番号につき、1つの電話帳掲載が無料となります。 「マイナンバー」でご利用の電話番号も対象• 1つの電話番号につき、2つ以上の掲載をご希望の場合は、重複掲載料が必要となります。 重複掲載料は、電話帳発行のつど追加分1掲載ごとに500円 税抜 です。 お客さまのご希望により掲載しないこともできます。 「So-net 光 電話」を新規にお申込みの場合、電話帳には掲載されません。 NTTの番号案内サービス「104番」での案内もされません。 「ひかり電話」から「So-net 光 電話」に転用された場合、「ひかり電話」でご利用されていた際の設定がそのまま引き継がれます。 「So-net 光 電話」への転用により、新たに電話帳に掲載されたり、電話帳から削除されたりすることはございません。 (通話料金は不要です。 ) 番号案内(104) 名前と住所から電話番号をお問い合わせできる「104」の番号案内サービスです。 (別途、ご利用料金がかかります) 電報サービス(115) ほっと電報サービスに接続され、電報の案内・申し込みができます。 (別途、電報料金がかかります。 ) 時報(117) 現在の正確な時刻を聞けるサービスです。 (通話料金が必要です。 ) 天気予報(177) 電話をかけた地域の天気予報を聞けるサービスです。 他の地域の天気予報を聞く場合は、「市外局番+177」をダイヤルすることで、知りたい地域の天気予報を聞くこともできます。 (かけた地域までの通話料金が必要です。 ) 災害用伝言ダイアル(171) 地震、噴火など大規模な災害が発生した際、被災地域内とその他の地域の方々との間で、安否等の情報を音声により伝達するボイスメールサービスです。 災害の発生により、被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になったとき、提供を開始します。 (通話料金が必要です。 詳細は以下のページをご確認ください。

次の

【ひかり電話】ネット乗り換えで電話番号が変わらない絶対条件とは?|インターネット光回線比較ナビ

光 回線 電話 番号

a-ひかり電話を利用する前からずっとNTT加入電話として使っていた電話番号• b-ひかり電話を申し込んだ際、新たに発番された電話番号 文頭でもお伝えしましたが、bのパターンでフレッツ光以外の光回線から乗り換えの場合は、電話番号をそのまま移行できません。 というのもフレッツ光からは「転用」という手続きで乗り換えできましたが、一旦乗り換えてしまうと転用という手続きができない仕組みになっているからです。 この場合光電話の契約を一旦解除し、乗り換え先には新規契約という扱いになります。 必然的に電話番号は新たなものになってしまいます。 今回のテーマ「ひかり電話で同じ電話番号をそのまま使い続ける」ための方法は、あくまでaのパターンつまり「 NTT加入電話の電話番号を使っていた場合」が前提になります。 ではどうやって電話番号を移行すれば良いのでしょうか。 以下の手順で進めていけば、乗り換え後も同じ番号を使い続けることが出来ます。 まずはひかり電話を一旦NTT加入電話に戻す まずは乗り換え前の契約先から一旦ひかり電話をNTT加入電話に戻します。 戻すと言っても具体的な手続きとしては、乗り換え前の 光電話の解約時にNTT加入電話へ戻したい意向を伝えるだけです。 するとNTTにより加入電話に戻す工事が行なわれます。 工事費は工事内容により若干異なる場合がありますが、概ね 2,000円程度です。 工事日はあらかじめ連絡(通知)されるので、固定電話をよく使っている場合はしっかりチェックしておきましょう。 工事日を変更する場合は、NTTにその旨を連絡します。 この際乗り換え前後の契約先への連絡は不要です。 NTT加入電話へ戻す工事が完了後、ひかり電話サービスの解除が行なわれます。 次の光電話に乗り換えるまでの電話機の配線は、光回線の装置からもともと使っていたモジュラージャックに差し替える必要があります。 NTT加入電話ですから、当然基本料金や通話料金は通常のNTT加入電話料金が適用され、光電話のように安くはありません。 あまり使わない固定電話ですが、この間の使い過ぎには要注意です。 ただ今回はひかり電話の乗り換えにともなう電話の扱いがテーマなので、おそらく大半の方は乗り換えと同時に次なる契約先に光電話の申し込みを予定していることと思います。 また光回線を乗り換え後も、しばらくは固定電話の利用を見合わせて後々光電話を申し込むというパターンもありです。 いずれにせよ一旦NTT加入電話に戻した固定電話は、乗り換え先にその扱いを委ねるようことになります。 もうお気付きかもしれませんが、記事中に「ひかり電話」「光電話」とひらかなと感じの混在があります。 またサイトを色々と調べているうちに「光でんわ」という記述もあるかと思います。 これらは誤記ではなく(サイトによっては誤記もありますが)少なくとも当サイトの記事では意味を持たせて それぞれ正式な記述を心掛けているので、参考までに予備知識としておいてください。 ・ひかり電話-NTT東西フレッツ光の光電話のサービス名。 auなどは「auひかり電話サービス」としているが、 これはauひかりの電話サービスという意味、「ひかり電話」はあくまでNTTだけの呼び名。 ・光電話-光回線を利用した固定電話の一般的な総称。 例:「NTTの光電話はひかり電話という…」といった使い方。 ・光でんわ-NURO光(関東圏)やPikara(四国)の光電話のサービス名。 それぞれ他社との混在を避けるべく独自の呼び方をしているようですが、事業者の乱立でもはや混在状態は避けられません。 何かで記述する場合、総称の共通語「光電話」としておけば無難でしょう。 他社光でんわに申し込み さて、乗り換え先でも光電話を利用することが決まったら、あらためて光電話を申し込みます。 工事料金の違いなどの面から、• フレッツ光から光コラボへ乗り換え(転用)• 再度フレッツ光のひかり電話にへ戻す という一般的なパターンで説明しますね。 他社へ再度乗り換えする場合も光電話の手続きはほぼ同じですから、参考にしてみてください。 フレッツ光窓口にひかり電話の申し込みをする ひかり電話の申し込みは、乗り換えと同時に申し込む方法と乗り換え後あらためて申し込む方法があります。 いずれの場合でも番号をそのまま利用するわけですから「番号ポータビリティで」と合わせて申し込んでおきましょう。 ここで、固定電話はあまり使わないので後々検討しようという場合はNTTに申し出て、加入電話の「利用休止」または「一時中断」という方法が考えられますが、これらにもちょっとした注意が必要です。 「利用休止」にすると、最大10年間は電話加入権ごと休止できるが 再開時に電話番号が変わる。 「一時中断」は無期限。 再開時に同じ番号を使えるが、 毎月の回線使用料は必要。 さらにどちらの場合でも、電話を止める工事費が2,000円~10,000円、再開にも同額程度の工事費がかかります。 固定電話をあまり使わないからといって一時的に保留にする場合も、再開時に番号が変わったり回線使用料が必要になったりするので要注意です。 番号を変えない前提なので「一時中断」ということになりますが、毎月の一般電話の回線使用料負担を思えば、月額使用料も安いひかり電話を申し込んで固定電話を利用できる状態にしておいた方が得策です。 さらに「 光回線の乗り換えと同時に申し込んでおいた方が工事費負担が安くなる」という朗報もあります。 ひかり電話の初期費用 ひかり電話の乗り換え時には、光回線の乗り換え時初期費用に加えてひかり電話の初期費用が発生します。 フレッツ光での初期費用は以下の通り• ひかり電話交換機器工事費:3000円 同番移行工事費2000円+基礎機能1000円• 加入電話の利用休止工事費用:1000円 このうち「同番移行工事」が同じ番号を利用できる番号ポータビリティの為の工事、「加入電話の利用休止工事」が、上記要チェック記事内のNTT加入電話としての利用休止工事となります。 つまり普通に加入電話の利用休止をすると再開の際に番号が変わってしまうので、同じ番号をポータビリティ工事で維持した上で加入電話を休止状態としひかり電話とかぶらないようにするわけです。 工事の立ち合いの有無などについては既に乗り換え前の回線などで経験済みでしょうから、あえてここでの説明は省略します。 ひかり電話開通 ひかり電話の場合工事が終わったらすぐに利用可能です。 インターネットの利用は光回線工事後に接続設定が必要でしたが、ひかり電話は特別な設定は不要で原則工事後即通話ができるようになります。 ただ今回のように番号ポータビリティの場合にのみ、工事後若干の日数を要する場合があるので、この辺りも申し込み窓口で確認しておきましょう。 まとめ ひかり電話の乗り換えは• ひかり電話で発番された番号は移行できない• NTTで発番された番号は移行できる• 基本的にどの会社でもこの方法でいけます。 乗り換えの際は参考にしてくださいね。 ちなみに乗り換え先の申し込み前でしたら以下の記事を一読してください。 今後数年お得に使える光回線が見つかるはずです。

次の

電話回線の回線数・同時通話数・番号の関係についてご紹介

光 回線 電話 番号

光回線で電話番号をそのまま引き継ぐには? インターネット回線を光回線に換える場合には、電話番号を引き継ぎするための条件を満たしていなければなりません。 NTT固定電話の番号がすでにあることが前提 基本的には利用している 電話番号がNTTの加入電話を契約した際に発行されているものである必要があります。 NTTの加入電話とは、NTTが提携しているアナログ電話のことを指し、以前の固定電話はすべてがNTT加入によるものでした。 当然のことながら加入電話で使用していた番号を、他社に換えたとしても引き継ぐことは可能です。 しかしその後NTT以外の電話会社も固定電話を提供するようになり、それぞれの企業が番号を独自に発行するシステムとなっていきました。 これと同じように光ファイバーの普及によって各業者が光電話の番号を独自に発行するようにもなりました。 光電話として発行されたものはNG 光回線業者が発行した光電話の番号の場合、NTT加入電話以外で発行されたものなので、番号をそのままに他社のサービスに引き継ぐことができません。 たとえばauひかりに申し込んでその時に番号を発行してもらった場合には、解約後にほかのサービスに番号を引き継ぐことは不可能です。 もしもフレッツ光で番号を発行してもらっていた場合も同じようなことが言えます。 フレッツ光から別のサービスに番号を引き継ぐことはできません。 同じNTTであってもフレッツ光と加入電話はまったく異なるものです。 加入電話で発行していれば、どのようなサービスに何度換えたとしても番号を引き継ぐことができるということです。 引っ越したときはどうなる? インターネット回線の解約したり乗り換えをすることは、引っ越しをきっかけに行われることも多く見られます。 しかし 引っ越しの場合にはたとえNTT加入電話で使用していたものであったとしても、変わってしまう可能性が高いでしょう。 多くの場合電話番号は市外局番と市内局番、加入者番号の三つに分かれていて、地域ごとに番号が定められています。 市区町村ごとに市内局番が決まっているので、自分が住んでいたしとは異なるエリアに引っ越しをしてしまった場合にはほぼ変わります。 これは市区町村ごとに局舎の対応エリアが異なることが原因です。 市区町村単位で引っ越しをしてしまった場合には、最寄りの局舎も変わることになるので、それに伴って番号も変わってしまうんですね。 いくら光ファイバーの普及によって直接固定電話サービスが提供されるようになったといっても、電話番号のルールに関してはNTTのルールがそのまま引き継がれているということです。 またまれに 同じ市内での引っ越しであっても、局舎の対応エリアにより番号が変わるケースもあるため十分な注意が必要です。 電話番号をそのまま引き継ぐ方法 ここまでは加入電話以外は番号が変わってしまうということについて解説してきました ただし面倒な手続きが必要となりますが、同じ電話番号をそのまま使い続けるための方法も存在しています。 まずは乗り換え前の契約先からいったん光電話をNTT加入電話に戻しましょう。 具体的な手続きとしては、光電話の解約時にNTT加入電話へ戻したい意向を伝えましょう。 するとNTTによって加入電話に戻す工事が行われることになります。 この時に工事費用が発生しますが、工事内容によっても若干の差は見られますがほとんどの場合が2000円程度となります。 工事が行われる日は固定電話が使えなくなってしまうため十分に注意しましょう。 工事日を変更する場合には、NTTにそれを連絡することにより変更が可能です。 その時に乗り換え前後の契約先に連絡する必要はありません。 NTT加入電話に戻す工事が完了すれば、光電話サービスの解除が行われることとなります。 こうしてNTT加入電話に戻す工事が行われることにより、最初に使っていた番号が無事に確保されるます。 次の光電話に乗り換えるまでは、電話機の回線を光回線の装置からもともと使っていたモジュラージャックに差し替えなければなりません。 NTTに加入している電話なので、当然のことながら基本料金や通話料金は通常のNTT加入電話の料金が適用されることになるため、光電話のように安く設定されることはありません。 それほど使われることのない固定電話ですが、この期間の電話代については十分な注意が必要です。 そしてあらためて光電話に申し込みます。 光電話の申込み方法は2つ 光電話の申し込みについては、乗り換えと同時に申し込む方法と、乗り換えた後にあらためて申し込む方法の二つあります。 番号をそのまま利用するため、番号ポータビリティを利用する旨を伝えて申し込む必要があるでしょう。 普通に加入電話を利用休止にしてしまうと工事の際に番号が変わってしまうため、ナンバーポータビリティーの工事で維持した状態のまま加入電話を休止状態にし、光電話とかぶらないようにする仕組みです。 工事が終わればすぐに利用は可能となります。 まとめ 光回線契約で光電話にするとき、ずっと使っている固定電話の電話番号をそのまま引き継ぐ方法について紹介しました。 光回線業者を乗り換える場合、光電話の番号そのまま引き継ぐことはできませんが、NTT加入電話がある状態からなら可能です。 同窓会のお誘いなどはたいてい家電にかかってきますからね。 ほかにも家電ならではのメリットも多いので、番号を変えたくない人は注意して光回線を契約しましょう。

次の