夏バテ 犬 症状。 犬の夏バテに効く食べ物は?犬の夏バテ対策の食事法を紹介

元気に夏を乗り切ろう!ワンコの夏バテの症状と対策

夏バテ 犬 症状

夏バテの症状• 歩くスピードが遅くなる• 元気がなくなる• 食欲がなくなる• 睡眠時間が増える• 下痢や嘔吐、軟便をする 犬の夏バテの症状は人間に似ていますよ。 それぞれ詳しく解説しています。 歩くスピードが遅くなる 散歩のときにみられる症状です。 気温が高さに加えアスファルトの温度も上がるため、散歩好きな愛犬でも足が止まったり歩くスピードがのろのろと遅くなったりします。 特に真夏の昼間は「熱中症」になるリスクも高いです。 元気がなくなる 夏バテの症状は野外だけでなく室内でも起こります。 室内で、元気がなくなってぐったりとしてしまいます。 飼い主さんのもとに走って近寄ることも、おもちゃで遊ぶこともしたくなくなるのです。 食欲がなくなる 夏バテになると、元気だけでなく食欲もなくなります。 ゴハンやおやつを見ても喜ばなかったり、ゴハンのにおいをかぐけれど食べようとしなかったりと食欲不振の症状が表れます。 「いつも食べているドッグフードを急に残す」「ご褒美のおやつも食べない」といった食欲不振や食欲低下などの症状が夏に限って起こる場合、夏バテしている可能性が高いですよ。 睡眠時間が増える 元気がなくなりご飯も食べたくないので、愛犬は室内でやることがなくなってしまいます。 結果「睡眠時間」が増えるのです。 運動・栄養不足が懸念されるので、長期間この症状が続く場合は注意が必要です。 下痢や嘔吐、軟便をする 普段通りの食事・運動ができない状況が続くと愛犬は体調を崩してしまいます。 「下痢」「嘔吐」を繰り返したり、柔らかい便が出てきたりすることもありますよ。 愛犬の夏バテに気づくポイントは? 夏バテに気づくポイント• 春先と比べてどうか 上記でまとめた症状が犬の夏バテに代表されるものですが、必ずしも夏バテとは言い切れません。 例えば老犬の場合、夏バテでなくても睡眠時間は多いですし食欲も日によってまちまちです。 また生まれたての子犬の「下痢・嘔吐・軟便」はさまざまな環境要因で引き起こる可能性があり、一概に夏バテのせいとは断言できないのです。 「春先に比べてどうか」が夏バテの症状を見分けるポイントです。 普段から愛犬のことを細部まで理解してあげようとする気遣いが、夏バテや重篤な病気の早期発見に繋がる大切な心構えといえますね。 犬の夏バテ、対策は? 夏バテの対策• 十分な水分補給• ゴハンの工夫• 室内の温度調節• 散歩時間・場所の工夫 十分な水分補給 夏バテに一番有効なのはやはり「水分補給」です。 夏の暑さで体力を消耗しているため、まずは新鮮な水をいつでも飲めるようにしてあげる環境作りからはじめてください。 一般的に成犬には1日1. 5Lの水分補給が必要です。 水に「スポーツ飲料」を小さじ一杯程度入れてあげるとミネラル不足解消にもなるのでおすすめです。 日本の水道水の安全性は世界随一ですが、 水道管の中には法定耐用年数(40年)を超えているものも多く老朽化により、サビや細菌の混入がないとは言い切れません。 ペットはもちろん、飼い主さんのデイリーユースとしてもおすすめですよ。 ゴハンの工夫 ゴハンを食べないと体力が低下し夏バテになりやすくなります。 例えばいつもあげているゴハンがドライフードの場合、水分量が少ないことが食べない原因かもしれません。 与えるドッグフードの種類を変えることはリスクでもありますが、全く食べない場合には仕方ありませんよね。 普段食べているお気に入りのドライフードの上に、水分を多く含むウェットタイプのフードをかけることも有効な食欲対策です。 おやつとして、水分が多いトマトやキュウリ、スイカを与えるのもおすすめですよ。 食事と一緒に水分も補給できるように工夫してあげることが第一です。 室内の温度調節 せめて室内だけでも涼しい環境を整えてあげてください。 外の暑さに慣れるには、室内の温度を快適にしてあげるといいですよ。 愛犬がよくいる部屋には扇風機も用意しておくとさらに快適です。 散歩時間・場所の工夫 暑い時期、外気や直射日光の他に、犬はアスファルトの照り返しの影響も受けます。 普段は日中に散歩をしている方も、夏場暑い日は「夕方」の時間帯がおすすめです。 日の照っていない「朝方」も良いですね。 また散歩コースもアスファルトを極力避け、公園などの土のコースをに変えることをおすすめします。 日向よりも日陰を歩かせるようにしてあげる配慮も大切ですね。 夏バテしやすい犬種は? 夏バテしやすい犬種• ダブルコートの犬種• 短頭種の犬種 ダブルコートの犬種 日本よりも涼しい気候が原産の犬種は夏が苦手です。 「ダブルコート」といわれる二層構造の被毛をもつ犬種は、主に「寒さ」には強いですが暑さにはとても弱いのです。 「ウェルシュコーギー」「ゴールデンレトリーバー」「ボーダーコリー」「ポメラニアン」「シベリアンハスキー」「バーニーズマウンテンドッグ」「マルチーズ」「サモエド」「シーズー」などがダブルコートの代表的な犬種ですよ。 原産国が日本の「柴犬」や「紀州犬」「甲斐犬」もダブルコートの犬種なので暑さに注意が必要です。 短頭種の犬種 短頭種といわれる鼻(マズル)がつぶれた犬種は顔の形や鼻の穴が小さいため呼吸がしづらく、体温を下げるのが苦手なので暑さに弱いです。 「フレンチブルドッグ」「ボストンテリア」「ボクサー犬」「シーズー」「パグ」「狆 チン 」などが代表的な犬種です。 犬の夏バテ、対策は? 暑すぎる環境や、暑さと涼しさが混在するような環境は犬の体に負担がかかり夏バテになってしまいます。 エアコンで涼しくするのは大切ですが、部屋を冷やし過ぎないようにしてください。 「飼い主さんがいない留守番中はエアコンがついていなくて、部屋にいるときはエアコンがついている」ような変化する環境も犬にはよくありません。 クールマットを利用したり、水浴びをさせたり、新鮮な水を飲ませる頻度を増やしたりするなどして、エアコン以外の方法も活用して体温調節をさせてあげてくださいね。 夏バテ対策は初夏といわれる5月頃から準備をはじめてください。 犬の夏バテ。 世話は普段以上に気をつけて! 夏バテの原因となる暑さ対策は犬自ら行うことができません。 飼い主さんが気をつけて世話をしてあげられるかが夏バテ対策のポイントです。 飼い犬のためにも夏は普段以上に、犬の世話に気を配ってあげてくださいね。

次の

犬が夏バテした時の症状と対策!食事について

夏バテ 犬 症状

スポンサーリンク 犬が夏バテで食欲がない 年々暑くなる日本の夏、ワンちゃん達 ペットにとってもつらい季節です。 真夏でも、あんな毛皮をまとっているんだから暑くて当然ですね。 また人間のように汗をかいて体温を下げるとか、サウナで気分をスッキリさせる事もできません。 こういった日が続くと夏バテ状態になり、食欲が無くなります。 人間だって、そうめんやざる蕎麦くらいしか受け付けなくなることありますもんね。 でも、こういった犬の食欲不振も、人が暑さを感じていないときには、その原因が夏バテによるものだと気づかないこともあるので、注意が必要です。 夏バテになったら、食欲がなくなる以外にも色んな変化が現れますので、そういうサインがあれば適切な対処をしてあげなければいけません。 犬が夏バテになったときの症状と対策 症状と言っても、基本的には人間と同じと思って間違いありません。 夏バテの症状• 食事 いつもドライフードを与えている場合、水分不足で食べにくかったり、そのもの自体に食欲がわかなかったりすることがあります。 そんなときはウェットフードにしてみると良いかもしれません。 ウェットフードは水分量も豊富なので食べやすく、食欲の増進が期待できます。 いきなり切り替えるのが不安な場合は、ドライフードにウェットフードを混ぜるか、無糖ヨーグルトをかけてあげるとよいでしょう。 また鶏のささみや胸肉を茹で、細かく裂いたものを汁ごとドライフードにかけると喜んで食べてくれる場合もあります。 ウェットフードは夏場は特に傷みやすくなりますので、出しっぱなしは禁物です。 食事時間を決め、残した場合はすぐに片付けるようにしましょう。 水分補給 水分補給は体温の管理をする上でとても大切です。 いつでも水が飲めるようにしてあげるのはもちろん、日差しでお水が熱くならないよう日の当たらないところに置き、小まめに新鮮なものと交換するようにしましょう。 その際、1箇所ではなく複数の場所で水が飲めるようにしてあげると、飲みたいと思ったときにすぐ飲めるため、摂取できる水分量を増やすことができます。 また、きゅうりや氷などをあげるのも良いです。 ただし、与え過ぎは下痢の原因になりますので注意しましょう。 日中の暑さ対策 外で飼っている場合は犬小屋の設置場所に気をつけましょう。 直射日光が当たる場所は避け、できるだけ風通しの良い場所に置くようにします。 どうしても日光が当たってしまう場合は、すだれやビーチパラソルなどで日陰をつくってあげましょう。 また、屋根の色やハウス自体の色を白くするだけで中の温度は全然違ってきますよ。 室内でも油断は禁物です。 閉めきった熱のこもった部屋にいると熱中症になってしまいます。 窓を開けて風通しを良くするか、エアコンで室温や湿度の調整をするなど、快適に過ごせるような環境にしておくことが大切です。 かといってクーラーをかけ過ぎると、それはそれで夏バテの原因にもなったりしますし、お腹をこわして下痢などの症状を引き起こすことにもなりますので、このあたりの加減が難しいところですね。 散歩時の暑さ対策 日中のアスファルトは思った以上に熱いものです。 お散歩が大好きなワンちゃんでも、裸足でのアスファルトはつらいかもしれません。 火傷の危険性もありますし、地面近くの輻射熱や太陽の反射はかなりのものです。 できるだけ日陰を通るコースや、地面が土のコースを通るようにしましょう。 また、朝早い時間か、日が暮れてから行くようにすれば気温や地面の温度も下がっているので安心です。 冷感グッズを利用する ウォーターマットやアルミボードなどを利用すると良いでしょう。 感触の好き嫌いがあるので、なかなか乗ってくれなかったりするかも知れませんが、その上に座らせて撫でてあげるなどし、そこがヒンヤリとして気持ち良い場所であることをわからせてあげるようにしましょう。 毛をカットする 毛足の長いワンちゃんは元々寒い地域のものが多く、暑さに強くありません。 夏場はサッパリと毛を短めにカットしてあげるだけで、身体の涼しさが全然変わってきますよ。 病院に行くまでの応急処置 まずは涼しい場所に移動させ、濡らしたタオルで首や後ろ足の付根付近を冷やし、体温を下げるようにしましょう。 脱水症状になっていますので薄めの生理食塩水かスポーツドリンクを与えると良いでしょう。 熱中症になりやすい犬種 ハスキー犬やボルゾイなどの北方原産で被毛が厚いタイプの犬種は寒さにはめっぽう強いのですが、暑さは苦手です。 また、パグやブルドッグなどのような頭から鼻までの距離が短い犬、いわゆる短頭種といわれるタイプは、その呼吸のしづらさから熱中症になりやすいと言われています。 まとめ いかがだったでしょうか。 暑くなると体調を崩しやすくなるのは人間も犬も同じですね。 犬は言葉を喋れないので、飼い主がその体調変化を見逃さないようにしてあげることが大切です。 いつもと違うと感じたときは夏バテのサインかもしれません。 うまく対処をしながら、この暑い夏を乗り切っていきたいですね。

次の

犬の熱中症、夏バテとの違いは?症状と対策は?

夏バテ 犬 症状

犬の熱中症、夏バテとの違いは? 犬は皮膚に汗腺がなく体温を下げることが苦手です。 口を開けて舌を出し、舌が乾燥して蒸発するときの気化熱を利用して体温を下げようとします。 ただ、湿度が高い日本では効率良く体温を下げられないことがあります。 これが夏バテの原因の一つです。 また、エアコンが効いた部屋とそうでない場所の気温差が激しく、体に大きな負担が掛かるのも原因といわれています。 犬の熱中症は夏バテと違い、急激に症状が進みます。 暑い日の散歩、レジャー、車の中での留守番、エアコンなしの部屋など、高温多湿の状態が続くと5~15分程度であっても熱中症になってしまいまうのです。 犬の夏バテの症状や対処法、対策法は関連記事を参考にしてください。 関連記事 犬の熱中症、症状は? 荒い呼吸と大量のヨダレが症状がはじまったときの特徴です。 体温が下がらない状態が続くと脈拍が早くなり、口の中が赤くなります。 更に症状が進むと嘔吐、下痢、痙攣、呼吸困難を起こし、意識不明になることもあります。 初期症状が出てから2~3時間経過してもまだ体温が高く血便をしているような状態では、病院に行っても回復する可能性が低くなります。 症状が出たらすぐに病院へつれていってあげてください。 犬の熱中症、対策は? 涼しい場所に犬を移動させます。 そして水をかけたり、濡れタオルで体を包んだりして体温を下げるようにします。 水を欲しがる時は欲しがるだけ、飲ませてあげてくださいね。 意識が無いのであれば、無理矢理飲ませてはいけません。 ヨダレをぬぐって呼吸をしやすくしてあげるのもポイントです。 濡れタオルで包んだり、保冷剤などを利用して体を冷やしながら直ぐに病院へつれて行ってください。 犬の熱中症、対策法は? 犬は体温を下げるのが苦手です。 口を開けてヨダレを垂らしながらハァハァ言うのは「暑い」と訴えているときです。 エアコンやクールマットなどを使って涼しい環境を保ってあげてください。 夏場の散歩やレジャーも注意が必要です。 太陽の熱で熱くなったアスファルトの上で散歩は厳禁です。 早朝や夜など、涼しくなり道路も冷えてから散歩してあげるのがおすすめです。 室内でも新鮮な水をいつでも好きなだけ飲めるようにしてあげると、対策に繋がるますよ。 愛犬の様子を常に気にかけてあげて 夏の暑さは犬にとって人の何倍も過酷な環境です。 熱中症にかからないように快適な環境を整えてあげてください。 熱中症は数時間で命を失う危険性もあるので、充分に気をつけてあげてくださいね。

次の