冴え ない 彼女 の 育て か た wiki。 冴えない彼女の育てかた13巻感想

冴えない彼女の育てかたCharacter Song Collection

冴え ない 彼女 の 育て か た wiki

あらすじ 冴えない彼女との、ついに完結! への告白。 そしてゲーム完成に向けてのラストスパート。 あの日、あの坂道での運命の出会いからすべては始まった。 恵ちゃんは、倫也くんに、 英梨々や詩羽先輩のことを どう思っているか尋ねる。 その答えに満足した恵は、 倫也くんに自分も好きだと答える。 「じゃ、じゃあ…… 倫也くんは、さぁ」 「……うん?」 「成功率、どのくらいだと思ってる?」 告白の成功率を訪ねる、 メインヒロイン恵ちゃん。 「いや、だって…… 今だって恵、俺の手、 握ってくれてるし……」 「……………………おっとぉ」 「慌てて離すな!」 恵ちゃん笑。 「俺は恵のことが好きなの! それだけじゃ駄目なの!? 」 「それは、まぁ、どうやら 間違いないって納得してるけど……」 「じゃあ、何だよ 確かめたいことって?」 「それは……だから、 倫也くんの、色々な想い。 1つじゃない答えの全部」 「それって……」 俺たちは、いつ間にか座っていた。 それも、恵のために敷いた布団の上に。 ぺたんと、座って、見つめ合っていた。 「英梨々と、霞ヶ丘先輩に対する、気持ち」 「……やっぱ寝ていい?」 「駄目」 恵ちゃんは、倫也くんの 英梨々や詩羽先輩に対する気持ちを尋ねる。 「そんなの、好きに決まってる」 「……どういう意味で?」 だから俺は、 そんな恵の行ったり来たりする気持ちに 正面から向き合うために、 全力で右往左往するしかできなくて。 「1つは、尊敬できる、 クリエイターとして」 「他には?」 「一緒に夢を追いかける…… 追いかけた、仲間として」 「それから?」 「最強のギャルゲーの ヒロインにもなりうる、 魅力的なキャラクターとして」 「後は?」 「…………手の届かない、女の子として」 「…………」 俺が、その言葉を放った瞬間…… 恵は、苦しそうに表情を歪ませた。 倫也くんは、 英梨々や詩羽先輩への想いを吐露。 「恵は……怖くなかった」 「そう、なんだ」 恵が最後に、俺にねだったもの。 それは、彼女が、本当に、 心の底から納得するための言葉。 自分が、俺にとって 特別な理由の、詳細。 倫也くんは、恵への想いを吐露。 「もう、本当、 好きだって言ってんだろ」 「言葉が軽いよね〜」 「好きだ好きだ好きだ、好きだ〜」 「なんども言えばいいって ものじゃないよね〜」 「恵が好きだ」 「そろそろ、わたしの方が 飽きてきたかな〜」 「本気で好きだ」 「別に、本気とか言わなくても わかってるんだけどなぁ」 「好きだ」 「…………うん、好き」 この台詞を5年半待っていた。 第2章 ここからエピローグと言っても何の支障もありません 11月下旬。 blessing softwareの最終合宿。 倫也くんは巡璃シナリオを完成させる。 主人公のことをやっと許した巡璃。 しかし"許さない"から"許す"へと 心が変わるまでの間には、 長くて、めんどくさくて、 そして情熱的な儀式が必要だった。 「」 メインヒロイン「小木曽雪菜」TRUE END まさにこれは 『言ってくれなきゃわかんねえよ!』 とキレたら、 すっごい逆ギレされそうな 一触即発の雰囲気だ。 「」 主人公「北原春希」の台詞 「けれど聞いてくれ…… 俺は、本当に、心からこの 『巡璃27』を最高だと信じてる!」 「あのさ、倫也くん……」 それでも俺は、 今はそれが正解だとばかりに、 空気を読まずに恵との距離を 一気に詰め…… 「だって、少なくとも俺は、 リアルであんなに胸が キュンキュンしたことは 今までの人生で1度たりとも……っ」 「ほらやっぱり実体験 なんじゃんこのイベント」 「本人、あっさり バラしちゃってますしね〜」 「わたしは何も知らないし 何も心当たりないから。 全部倫也くんの妄想だから……っ」 「ん?」 そして、どうやら盛大に 地雷を踏み抜いたらしかった。 倫也くんは、 第1章を参考に作られた「巡璃27」が ノンフィクションであることをバラす。 恵ちゃんの反応が可愛い。 「恋愛物語は終わっても、 人生の物語はそれからも続くのよ? このシナリオには、 そういった深みが感じられない。 どうしてもに感じてしまうわ」 詩羽先輩の台詞。 凄い共感出来る。 「深みがなくて あっさりしてるのが ギャルゲーの良さじゃん! だからこそ 安心して萌えられるんじゃん!? 」 「いいえ駄目…… もっと苦しみ、挫折を重ね 深く悩むべきなのよこの主人公は……っ」 「そ、それじゃどうすりゃいいのさ?」 「そうねぇ…… 例えばエピローグで、 過去に色々あった 昔の恋人と再会して、 そこから二転三転の ドロドロの三角関係に……」 「それもうエピローグって 言わないです最終章です!」 「」 けれど俺には、この時点で、 この問題がこれで解決した とは思えなかった。 特に心に引っかかっていたのは、 『締め切りまで、あと7枚』という、 どこかで聞いたことのある、その枚数で…… 詳細は6巻を参照。 そして伊織は、その哀れみの 表情を少しだけ改め、 けれど今度はニヤニヤと 嫌らしい笑みに切り替えていく 「だって倫也君、 正式に付き合い始めただろ?彼女と」 「……………………ぇ?」 伊織は、全てを察する。 第3章 相変わらず重要なイベントをさらりと流す作品だな 12月31日。 blessing softwareは、を迎える。 第4章 祭りの後が湿っぽくなるのは仕方ない 12月31日。 祭りの後。 倫也くんは、英梨々に別れを告げる。 「ごめんな、英梨々…… 10年前、お前のライバルになれなくて」 「っ……」 けれど俺は、黙らない。 倫也くんは、全てを清算する。 あの時、英梨々が何を言おうが、 どれだけ意地を張ろうが、 俺だけの力で、なんとか できるはずだったって…… なんとしてでも英梨々を説得して、 今までより少しおとなしめに、 けれど今まで通りの関係を続け。 クラスの奴らとは時間を掛けて歩み寄り…… あるいは、時間を掛けて風化させ。 そうして、我慢強く頑張れば、 ずっと英梨々と仲良く…… 1度も決裂せず、1番の仲間で、 大切な友達で、そして…… 大好きな女の子のままで、 いることができたはずなんだよなぁって。 「だから、やっぱ、ごめんな……」 俺が道を間違えたのは、 昔のこと、そんな日のこと。 もう、10年も前に、 俺は、どうするべきか、 選ぶべきだったんだ…… ギャルゲー主人公みたいに。 倫也くん… だってほら、第1部の、 子供時代の選択で ヒロインが決まってしまうゲーム、 あったじゃないか。 そういう、特殊なフラグ制御を よく使うギャルゲーブランド、 あったじゃないか…… ギャルゲーブランド「」 「ま、頑張るけど…… でも、今までよりも、楽しくやるわよ?」 「地獄を見ないと 成長できないんじゃなかったっけ?」 「もちろん、これからだって 地獄は見るわよ…… けど、楽しい地獄にしてみせる」 英梨々の名言。 それでも英梨々は、 いつも通り自信満々に、 いつも以上のすっきりした笑顔で、 俺のおこがましさを一蹴する。 「何だそりゃ?」 「だってあたしにとって、 絵を描くことは…… もう復讐でも、意趣返しでもないから」 「ぁ……」 英梨々は、今度こそ、 何の迷いもなく、前に進むことを決める。 最高の絵描きになることを求め、 本気でその夢を追い求める。 「そういう倫也はどうすんのよ? これからも、サークル、続けるの?」 「……さすがにさっき イベントが終わったばっかりだし、 もうすぐ卒業だし、次のことは まだ何も考えられないよ。 けど」 「けど?」 「すぐに走り始める。 英梨々と同じ方向に」 「そっか……」 だから俺も、立ち止まる訳にはいかない。 サークル、商業、進学…… どの道を進んでも、 いくつの道を選んでも、 向かっていく先は、ただ1つ。 それは、英梨々の、 そして詩羽先輩の…… そして数多の、 偉大なクリエイターたちの、背中。 「だから待ってろ、すぐに…… って訳には、さすがにいかないけど、 いつか必ず……」 「恵と、一緒に?」 英梨々は全てを察する。 それは、エゴかもしれないけれど。 いや、間違いなくエゴだけど。 けれど、俺は、まだ、英梨々に。 もう、離れ離れになる、英梨々に。 まだ、言わなくちゃならないことが…… 「っ、ねぇ倫也!」 「ぇ……っ」 なんて、そんなことさえ 逡巡していたせいで…… 「あんた、あたしのこと、好きだった?」 結局、その、最後の勇気まで。 いきなり振り向いた英梨々の、 悪戯っぽい笑顔に奪われる。 「10年前、好きだった?」 英梨々ちゃん…… 最終巻でこの台詞はずるいやろ…… この後の英梨々ちゃんの挿絵で号泣 倫也くんにとって、 英梨々はかずさちゃんのような存在。 では、 倫也くんは、かずさちゃんの想いを忘れ、 自分の過ちを認め、前に進む。 第5章 これで何度目の別れになるのかこの人は…… 12月31日。 祭りの後。 倫也くんは、詩羽先輩に別れを告げる。 「俺は多分、これからもずっと、 霞詩子を、霞詩子作品を追い続けるよ。 けれどそれは、霞詩子作品を 全肯定するってことじゃない。 俺はいつも、いつまでも、 霞詩子の最新作"だけ"と戦う。 もし、それが駄作だと思ったら…… 『今まで名作ばかり だからたまには仕方ない』 なんて擁護しないし、 『もう霞詩子も終わりだ』 なんて見捨てたりもしない。 『霞詩子の傾向的に』とか 『霞詩子らしくない』なんて、 半可通みたいなことを 知ったかぶりでほざいたりもしない。 ただ、その作品が俺には面白かったか、 面白くなかったかだけで判断する。 今までの作品に対する思い入れとか、 作家本人に対する想いとかを、 評価に上乗せしたり、 差し引いたりもしない。 前作を持ち上げる形で、 新作を必要以上に 叩くこともあり得ない。 前作よりもマシだという理由で、 新作を必要以上に 持ち上げることも、 もちろん、あり得ない」 倫也くんの名言。 私もこういう真摯な気持ちで、 これからも丸戸先生の作品と 向き合って行きたいと思います。 「とりあえず次回作、 期待していなさい? 絶対に、あなたを 悶絶させてみせるから」 期待しておきます、丸戸先生。 「ねぇ倫理君…… あなた、私のこと、好きだった……?」 「〜〜〜っ!? 」 なんて、ふたたびの寂しさに 浸ろうとしていた瞬間…… 詩羽先輩は、最後に、それはもう、 最大の悪趣味な悪戯を仕掛けてきた。 「ふふ、冗談…… わたしは、澤村さんみたいに、 そんな未練がましい真似はしないわ」 「ちょ、ちょっと詩羽先ぱ……ぁ」 慌てまくる俺に、清々しい 勝ち誇った笑みを浮かべ…… 「だって、私にはわかっているもの。 あなたは間違いなく、私に恋をしていた。 それが霞詩子でも、 『恋する』でも、関係ない。 だってそれは、どれも私。 だから、あなたは私に恋をしていた。 いいえ、今でも、恋をしてる。 ……もちろん、いつまでも」 詩羽先輩…… 最終巻でこの台詞はずるい。 この後の詩羽先輩の挿絵で号泣2 第6章 ガールズサイド3. 5 12月31日。 祭りの後。 恵は、英梨々と話していた。 「でもさ、もし……わたしが、 ちゃんとメインヒロインになれたなら…… 主人公を一途に想い続ける、 可憐なメインヒロインになれたならさ…… ずっとずっと、主人公くんのこと、 好きでいられるんじゃないかな? それこそ、エンディングの後も、 エピローグの後も、さ」 恵ちゃん… 第7章 思った以上に強欲なヒロインになっちゃったなぁ 12月31日。 祭りの後。 倫也くんは、恵と話していた。 街頭に照らされた恵は、 パーカーの上にコートを羽織り、 裸足にサンダル、しかもその髪は 結構な水気を含んで輝いていて、 それはもう、一瞬で湯冷めして しまいそうな寒々しい様相を呈していて。 「倫也くんこそ、 もう1時間以上もここにいるよね? 風邪ひくよ?」 「……何故俺がここにいる 時間まで知ってる?」 「あ〜、ほら、 それはね、まぁいいや」 なのに、どっちもどっちという 謎理屈を振りかざし、 俺の隣に並ぶと、 俺と同じように空を見上げた。 「だから、戻らないと……」 「こうしてたら、寒くないよ……」 そして、そのまま体を俺にゆっくりと預け…… 「」 メインヒロイン「小木曽雪菜」 のプロローグ。 この行動をしてしまうと、 ドロドロの三角関係に巻き込まれる。 エピローグ 3月31日。 最後の坂道。 ま、ほら、あの時のわたしはさぁ、 色々考えてたんだよ。 倫也くんと喧嘩別れした時のためにも、 ちゃんと自分の進路は、 自分で決めておかないとって」 現実的な恵ちゃん。 もうページ数も 残り少ないというのに、 今までにない嫉妬心と 劣等感に苛まれた俺は、 テーブルの上の握り拳を わなわなと震わせながら下を向く。 そして恵は、弄っていた からようやく手を離すと、 そんな、彼女ができたくせに バットエンド一直線の、ギャルゲーの セオリーを無視した主人公たる俺に、 同情とも呆れとも諦めともつかない 視線をしばらく注ぎ…… 丸戸先生笑。 「今の倫也くんは、ただ単に、 わたしに慰めてもらいたい……というか、 メインヒロインやってもらいたい、 だけ、なんだよね?」 で、つねった後、 両手で撫でるように包み込み。 「そう思うんなら…… 俺を救済してください、 メインヒロイン様」 俺の指を受け入れて、 テーブルの上で、 しっかりと絡ませてくれる。 「あ〜、もうっ」 そして恵は、フラットな中に、 適度な照れを浮かべた表情を作ると…… 「それじゃ、 メインヒロイン、やります……」 1度目を閉じ、そして開き…… 「ねぇ、倫也くん……」 一瞬で、メインヒロインに、なった。 ちゃん、 最後のメインヒロインシーン。 「わたしがね、 自分の進路を自分で選んだのは…… あなたに、とても ついていけないって思ったから」 「わたしは今でも、倫也くんには、 とてもついていけない。 だってあなたは、どこに進んでも…… それが斜めでも、後ろでも、 自分は前だって信じているから」 「だから、 ついていかないことにした……」 「だって、あなたは どこに行くか、全然わからない」 「……だから、あなたがどこに行っても、 わたしがどこにいても、 何も変わらなければいいんだって、 ただ、そう決心しただけ、だよ」 「倫也くんがどこを目指しても、 その結果、どこに進んでも、 わたしは……まぁ、物理的には 側にいないかもしれない。 でも一緒にいる。 あなたの選んだ道を、受け入れる」 「そのためにも、やっぱりわたしは、 フラットでいることにした。 何があっても、フラットに、 変わらずにいることに決めた。 あなたがどこに飛んで行っても、 今の気持ちで、いることに決めた」 「……あなたを好きで、 い続けることに、決めた」 「どうかな? わたしは、あなたが望む、 メインヒロインに、なれたかな?」 「たくさんの ユーザーのためじゃない、 たった1人の……くんだけの、 メインヒロインに、なれたかな……?」 なれたよ… 号泣 「彼氏のプライドにかけて、 不死川大学に挑戦する。 クリエイターの矜恃にかけて、 サークル活動を続ける」 「つまり、 どっちも取るって……そういうこと?」 「今年の冬に、次の作品で、 新しい伝説を作る。 年が明けたら、また、 恵と一緒の道を歩く。 そしていずれ、真の 『blessing software』を取り戻す……」 「真の『blessing software』って……」 「俺と、恵と、英梨々と、詩羽先輩と、 美智留と、出海ちゃんと、伊織の…… 新旧メンバー全員が揃った、 本物の、本気の、完全無欠のチームだよ」 倫也くんは、 いつか交わした約束を果たすと誓う。 「さ、ミーティングミーティング。 という訳で、4月からの サークル関係の雑務は 波島君に任せたからね? わたしは倫也くんの 大学受験の方を受け持つから」 恵ちゃんが初めて、 伊織を名前で呼ぶシーン。 些細なことだけどやけに感動した。 「……なぁ恵」 「な、なにっ?」 「『坂道3部作』 なんてのは、どうだろう?」 「……ぇ?」 まるねこ3部作。 シナリオ: 原画:ねこにゃん によって製作された。 ショコラ・・ーを指す。 一歩、一歩、 彼女の手を引いて、ただ、前進していく。 一歩、一歩、 全員が、笑える場所に、辿り着くために。 一歩、一歩、 てっぺんで、もう1度、巡りあうために。 b 最終話の挿入歌「GLISTENINGb」の歌詞。 ちなみにアニメ版の挿入歌は、 「Mb」 「ETERNALb」 「GLISTENINGb」 となっており、 「」を作ろうとしている。 「UMI」もありますよね…? そして最後の挿絵で号泣。 まとめ 、 最終巻のまとめでした。 5年半追って来た、 この、 遂に完結となりました。 このような素晴らしい 作品を届けてくださった 丸戸先生・深崎先生、 そして関わった全ての方々、 本当にありがとう御座いました。 eikisiki.

次の

『冴えない彼女の育てかた』13巻感想。これにて完結!恵が可愛すぎたっ!

冴え ない 彼女 の 育て か た wiki

以下はネタバレ盛りだくさんな読んだ人向きの内容なので、まだ読んでない人は撤退しよう! 僕が面白いと思ったところや気に入ったところをピックアップしていきます。 倫也と恵が付き合い始めた。 とのラストを経て、倫也の告白がどーなるのかという注目の場面から始まるというスゴい展開でしたなー。 いやコレ、表紙からして恵が断るコトはないとは思ってましたけど、何せこの巻の序盤ですからね? え、いきなり付き合ってこのまま突き進むのん……? と思ったりもしたんですけど、 付き合って突き進むコトになりました。 僕は英梨々や詩羽と色々あって(ケリつけるとか)それから~と思ってたんですけど、付き合ってから英梨々たちと話をつける流れでした。 でもこの後読んでいて、 さっさと恵と付き合ったほうが話の流れがスムーズだと思い直しましたね。 この期に及んでゴタゴタしたら、コミケに間に合わんw ちなみに倫也と恵がイチャイチャモード入ってからの描写は、よーやく来てくれたかと思う反面、読んでいて恥ずかしくもなったw ここは好みが分かれそーっすな。 出海ちゃんを英梨々が助けるスタイル 「冴えない彼女の育てかた」製作は合宿でラストスパートをかけた。 そこで出海ちゃんがまさかの7枚書く宣言からの、英梨々が助けに入ってどーにかなった展開は熱かったです。 何せ同じコトを6巻で英梨々がかまして大変なコトになったしねぇ……。 SPONSORED LINK コミケ そして2度目のコミケは 完売で大成功。 そうだよね、完結だもんね。 成功してくれないとちょっと寂しいですよw でも1巻からずっと読んでアニメ全て見てこの13巻にたどり着いた僕としては、とても感慨深いモノがありました。 しっかりと作品が完成して、会場で売って完売する。 これをやるために七転八倒しましたよなぁみんな。 そして完売した後に恵がぼうっとしてたって描写が、これまでの苦労が報われたーって感じがして最高でした。 英梨々と詩羽に「付き合ってます報告」を…… コミケ後の打ち上げにて、英梨々と詩羽先輩に恵と付き合っているコトを伝える倫也。 ここが一番の難所だと僕は思ってましたし、実際読んでみてもやっぱ難所だと思いましたなぁ。 特に 英梨々。 幼馴染みであり、ギャルゲーじゃないけど選択肢次第ではもしかしたら英梨々ルートにだって成り得た。 が、 結果は恵が登場しサークル活動を始め、途中でサークルを脱退。 恵はというと倫也と付き合うコトになった。 ……なんで幼馴染みっていつもこーなんだ。 と思わずにはいられない。 いられないんですけど、恵が倫也にとってのメインヒロインだというのはとてもしっくりくるんですよ。 英梨々がいなくなっても恵は倫也のところにいましたし、なんだかんだあっても恵は受け止めてくれたワケで……。 そんな諸々もあって英梨々が「倫也と恵が付き合ってる」という現実をどう受け止めるか気になってたんですが、そこはこれまでのGSで触れられてきましたな。 詩羽先輩が支えになってくれるだろうと。 何せあのふたり、ズッ友かよってレベルで強い絆ですから。 ……GSの存在ってめっちゃデカいな。 倫也、浪人生活へ。 倫也は 大学受験全滅。 そりゃそーだw …と思うんですけど、恵はしっかり推薦で受かってるところがまたねw ただ、紅坂朱音や町田さんからなど各方面からスカウトされる。 たくさん苦労はしたけれど、その結果が「君が必要」って形で報われるってイイなぁ。 まぁ、倫也はこれら全て蹴って恵と同じ大学へ進む模様ですが。 恵と同じ大学受けるってさ! そしてサークル活動続けるってさっ! 欲しい展開が欲しい形で来てくれるって本当に嬉しい(しみじみ) まとめ そんなこんなで完結しました冴えカノ。 クリエイターの悲喜こもごもが詰まった作品であり、恋愛描写も読んでいて苦しくなったりグッときたりと見せてくれました。 物語だけでなくキャラは物凄くかわいいし、冗談抜きで文句なしでしたっ! 完結したんでこれから読もうとしてる人も安心だよっw あと、これから読む人はスピンオフ(という位置付けの本編)であるGSシリーズも併せて読むよーに。 刊行順に読んでいけば大丈夫。 あとがきを読む限りでは、物語は完結したけど外伝とかもしかしたら……みたいな感じでした。 それはそれで期待したいです。 でも、とにかく完結したコトが何より嬉しいですな。 イイ完結っぷりでした!ラストがまたよかったよなぁ。 レーティングてw倫理くんらしいですわ。 最高っ! 冴えない彼女の育てかた13 ファンタジア文庫 — カカオ kudoshin06s 帰った後の倫也と恵のあれこれを想像させてくれてスバラシイw.

次の

冴えない彼女の育てかた(リスト)

冴え ない 彼女 の 育て か た wiki

『 冴えない彼女の育てかた』(さえないんのそだてかた)とは、による作品である。 のルビは「」だが、のは「冴えカノ」。 13巻、 という名の5巻の全18巻。 著者のは、本作品が作であり、それまではにのとして活動していた。 そのこともあってか、冒頭からのからおっぱじめる、といったように、作品中にはをはじめとした様々なやが散りばめられている。 また、その中には、業界の裏話的なや、ような著者のと思われるものも見て取れる。 あらすじ の安芸倫也は、豊ヶ崎学園の2年にして、ディープな。 のために続けている新聞配達のの途中、あると出会う。 との出会いに運命的なものを感じ、をにを作ろうとを練る倫也。 しかし一ヶ後、に諸用でをかけられてはじめて、あの時のが同じだったのに名前も顔も覚えていなかったというだと分かる。 運命的な出会いに反し、致命的にが立っていない恵に対して倫也は宣言するのだった。 見たい方はさせてください。 なお、所属するや学年、などは基本的に7巻までのものです。 安芸倫也(あき・ともや)…(まつおか・よしつぐ) 本作の。 豊ヶ崎学園2年B組所属。 来のディープな。 のやを買うために日々に勤しみ、・問わず好きな作品の活動を熱心に行う。 そのぶりは、学園内にも広く知れ渡っている。 (かとう・)…(やすの・) 本作のにして、。 豊ヶ崎学園2年B組所属。 容姿はのだが、人の印に残らない、異性には安心感を与えるだけ、何をされても反応が薄い…と壊滅的にが立っていないの。 自分をにしたに参加することも軽く了承し、倫也に協する。 そのの薄さ作品中のみならず、作品外でもぞんざいな扱いを受けていた 表を始めて飾ったのが第7巻、担当の発表が最後 が、本人は特に気にしていないようだ。 (さら・んさー・え)…(おおにし・) 豊ヶ崎学園2年G組所属。 の駐日外交官のとのを持つ英日にして、という、絵に描いたような。 美術部のであることに加え、可憐な容姿と然とした立ち振る舞いから学園のとして高いと知名度を得ている。 しかし実際は、相当なを隠しており、の倫也とはよく二人でや(・)で遊んでいた。 それが高じて今ではのエリとして活躍している。 のちにの原画とを担当することになる。 (がおか・うたは)…(かやの・あい) 豊ヶ崎学園3年C組所属。 とのくありげでが似合うナー系という、これまた(丸戸作品では)の。 時から学年の座を譲らぬ才媛で、の間では的な存在。 また、非常なであり、(色んな意味で)際どい発言をする。 そしてその正体は、「する」の著者、子。 のちにのを担当することになる。 氷堂美智留(ひょうどう・)…(やはぎ・) 4巻から登場の。 隣県のに通う、倫也の。 倫也とは同じ日、同じで生まれた原始のでもある。 (えンゴ泣かないで!)の祖ので小さい頃から一緒に遊んでいたことから、倫也に全く遠慮がなく、薄着でうろついたり、過剰なスしたりして困らせる。 な性格で、勉強以外のことには多大な才を発揮する。 を始めたことで、と喧し出。 倫也のに転がり込む。 のちにのを担当することになる。 波出(はしま・)…(あか・) 3巻から登場の的な。。 倫也たちとは2学年下の三年生で、の。 3年前まで倫也(と英々)ののそこそこ近所に住んでおり、倫也とはよく一緒に遊んでいた。 そして、に上がる前にへ引っ越し、再び倫也たちが住むへ戻ってきた。 昔は外で体を動かすことが好きなだった が、遊び相手が悪かったせいで文化に傾倒するようになり、ついにはを作り、に参加するまでになってしまった。 波(はしま・)…(かきはら・てつや) 出ので、同じく3巻から登場の的。 今は倫也たちとは別のに通っているが、に引っ越すまでは倫也(と英々)と同じに通っていた。 くてでのでいわゆる。 の頃から有名に出入りして業界のに顔を売っており、今では有名「rouge en rouge」の代表をしている。 倫也く、活動では自らの地位を向上させることしか考えておらず、使えると使えないをほどする性格。 から戻って来て倫也達と再会、彼らの活動を承知の上で英々をrouge en rougeへ引き抜こうとする。 坂(こか・)…(なばため・) 「rouge en rouge」創設者にして初代代表者。 作以降多数の作品を抱えている売れっ子。 は「朱」という会社を経営しており、を付けたを引き込む事には余念がない。 自身がした「ズ・」最新作にあたり英々と羽の才にをつけている。 コミカライズ• 冴えない彼女の育てかた :守 ()にて連載中。 1~8巻が発売中。 冴えない彼女の育てかた~-~ : ()にて連載。 全3巻。 英々を中心に描く。 冴えない彼女の育てかた する :武者 刊()にて連載中。 1~8巻が発売中。 羽を中心に描く。 冴えない彼女の育てかた s e :守 ()にて連載中。 1巻が発売中。 全13話。 なお、脚本は者のが全話(も含めて)担当している。 に2期のが発表された。 は「 」( - )。 また、からで0が先行配信された。 主題歌 第2期は『』の個別記事を参照。 『 』 :、増賢 ・:増賢 OP。 』 ・: ED。 『 』 :、 : : 『Fine』。 スタッフ• :幹太• ・脚本:• ・:智章• 美術:• 美術設定:綱頭子• 設計:ホカリカナコ• 撮影:戸澤雄一郎• 編集:• :亜紀子• :(F. : エピソード一覧 日付はの放送日時。 脚本は、とは幹太が全話担当しているので。 放送日、 演出 0 との回 幹太 智章 1 間違いだらけの 幹太 佳子 2 の立たない 、幹太 久 根、他 3 はリテイクで 英俊 慶太 4 予算と納期と新展開 生 一 明作、和也 5 すれ違いの 岩甚 優 6 二人のの 幹太 崇 幸 7 敵か味方か新か こか 徳本善信 博幸 8 当て 誌村明 進 仁井学、他 9 八年ぶりの個別 こか 、慶太 10 とテコ入れの 室井ふみえ 和也、康行 11 回収準備よし 生 崇 幸、優 12 波乱と動の 幹太 、慶太他 放送局 放送局 初回放送日 放送曜日・時間 24:~ 24:~ 26:00~ :~ 24:~ :~ :~ :~ :20~ 26:10~ 26:~ :~ 26:00~ :10~ 26:05~ 24:~ :~ 26:10~ ラジオ 冴えないの育てかた より、 配信回まで。 にて配信。 は( 役)と( 役)。 木 より、 木 配信回まで。 同じくにて毎最終配信。 は上の二人に加えて、( 役)が加わった。 映画 冴えない彼女の育てかた Fine 開の。 版をした高円寺が名を解消、化した「」がを担当。 ゲーム 冴えない彼女の育てかた - - より用として、に発売。 詳細は。 関連動画 関連生放送 関連チャンネル 関連商品 原作小説 ファンブック コミカライズ CD アニメ 劇場版アニメ ゲーム 関連項目• - 第二期 -• 外部リンク• 「」 上段 ~ ~ ~ 冴えない彼女の育てかた (以降、分1).

次の