クロブログ。 BNR32 クロとシロと俺ブログ。

BNR32 クロとシロと俺ブログ。

クロブログ

中國の公船が尖閣諸島に我がもの顔で遊弋! 日本国内でも中國に融和策が蠢(うごめ)いて嫌に為ります。 そんな中、日本人が慣れ切って居る事に危険が一杯? 日本の施政権を中國に移っちゃうよって、言って居る記事がこの様に警鐘を鳴らして居ます。 確かに危険が高まって居るようですが?それは日本国内の反勢力の彼らから問題視して居ない極楽とんぼの論調を地上波のテレビニュースにも、左側のニュースペーパーに取り込まれて居る情弱国民に世界の情勢が読めないのでしょう? 中國では国内の眼を外に向けてウイグル自治区の状況をネットでも政権の共産党の情報封鎖を知って居ますか。 共産党体制に疑問・反旗を掲げる連中は拘束されてしまう。 , Ltd. この状況に対して、米国の首都ワシントンの大手研究機関からこのままだと日本は尖閣諸島の施政権を失うことになる、という警告が発せられた。 米国側では、中国が尖閣奪取を計画し、さらに東シナ海全体の覇権を制しようとするとみて、警戒を強めているという。 武装した艦艇が恒常的に侵入 中国艦艇による尖閣諸島の日本領海への侵入はあまりに頻繁すぎるためか、日本側の警戒が減ってきた。 主要新聞の報道も、外国の武装艦艇による重大な領海侵犯なのに雑報扱いとなっている状況である。 日本の領海のすぐ外にあって日本の法律がその域内で適用される接続水域への中国艦艇の侵入はさらに増えている。 日本のマスコミは侵入してくる船を中国公船と呼び、とくに危険性がないかのようなイメージで伝えている。 だが現実には、最も頻繁に侵入してくる船は 中国人民解放軍の直接の指揮下にある人民武装警察に所属する中国海警の艦艇である。 それらの船はみな武装している。 なかには中国海軍の正式な武装艦がそのまま海警に所属変えとなった艦艇もある。 こうした尖閣の現状に対して米国の大手研究機関から警告が発せられた。 このままだと中国は尖閣の施政権を日本と共有した形となり、尖閣の奪取から東シナ海全体の覇権確保へと進むことになる、というのだ。 この警告は、ワシントンの安全保障研究機関「戦略予算評価センター( CSBA)」が 2019年 8月に作成した「インド太平洋における中国の多様な闘争」と題する調査報告書に明記されていた。 報告の筆者は、米国海軍大学教授を 10年ほど務め、現在は CSBA上級研究員のトシ・ヨシハラ氏である。 中国の海洋戦略研究では全米有数の権威とされる日系米人学者だ。 ヨシハラ氏はこの報告で、「武装艦艇を含む中国公船が日本側の領海、接続水域にほぼ恒常的に侵入することにより、中国は尖閣の事実上の施政権を獲得し、日本政府の『領有権紛争は存在しない』という主張を骨抜きにしつつある」と指摘した。 尖閣攻撃に備えて基地を建設? ヨシハラ氏は中国の対尖閣戦略を「威圧態勢」と呼ぶ。 同報告書の、主に「尖閣諸島への中国の威圧態勢」というパートの中で、その特徴を次のように述べている。 ・中国は軍事、非軍事の多様な手段で尖閣の主権を主張し、最近では日本の領海へ 1年間に 60回、接続水域に 1カ月に 22回という頻度で侵入し、ほぼ恒常的な侵入によって事実上の施政権保持を誇示するようになった。 ・中国は海軍、海警、民兵、漁船の 4組織で尖閣への攻勢を進め、その侵入のたびに自国の領海領土の正当な管理行動として政府機関のサイトや官営ディアの報道で記録を公表し、支配の実績の誇示を重ねている。 ・中国は尖閣侵入の主体を准軍事組織の海警としながらも、海軍艦艇を付近に待機させ、ときには原子力潜水艦やフリゲート艦などを接続水域に送りこんでいる。 また、日本の自衛隊の艦艇やヘリに、実弾発射の予備となるレーダー照射を 2回実行した。 ・中国は近年、尖閣から 300~ 400キロの浙江省の温州、南麂島、福建省の霞浦に、それぞれ新たな軍事基地や兵站施設を建設した。 いずれも尖閣への本格的な軍事攻撃の能力を画期的に高める効果がある。 ヨシハラ氏の報告は、以上のような情勢によって、日本が尖閣諸島を喪失するだけでなく、中国が東シナ海全域の覇権を獲得しかねない重大な恐れが生じていることを強調している。 同時に、中国の尖閣への「威圧態勢」は、米国の日本防衛の実効性を探るとともに、日米離反をも意図しているという。 中国が尖閣の施政権を宣言する日 同報告は日本にとって今後の最悪シナリオといえる可能性を、次のように指摘していた。 ・中国は当面、消耗戦を続け、日本の尖閣への施政権否定を試みる。 日本の反撃が弱いと判断すれば、「短期の鋭利な戦争」という形で尖閣の軍事占領に出る可能性もある。 ・中国がその戦闘に勝ち、米国が介入できなかった場合、東アジアの安全保障秩序は根柢から変わってしまう。 日本もその可能性を認識し、本格的な対応を考慮すべきである。 このような厳しい状況に直面した日本は、自国の領海や接続水域に侵入してくる中国艦艇に対して、海上保安庁の船が出動して撤退を求めている。 だが、中国側は「侵入」を自国領土の釣魚島(尖閣諸島の中国名)周辺の「領海のパトロール」として記録を重ねており、最近は日本側の消耗が目立ってきたという。 このままだと中国は、尖閣周辺での自国艦艇の活動実績を基に、尖閣への施政権保持を公式に宣言する見通しが強いという。 日本はまさに領土喪失という国難に迫られているといえそうだ。 ヨシハラ氏の報告は、こうした深刻な事態に対して日米両国が協力し合って中国の海洋脅威をはね返すことを訴えていた。 中國では国内の眼を外に向けてウイグル自治区の状況をネットでも政権の共産党の情報封鎖を知って居ますか。 共産党体制に疑問・反旗を掲げる連中は拘束されてしまう。 弁解・弁明説得だけで疑念を抑えられるのか? そんな疑惑の只中に有っても日本に居るウイグル人の残された家族はウイグル自治区の収容所に拘束されて居るとされて、帰国されると自分も拘束されて収容所に入れられると訴えています。 中國も反対意見が噴出するのを抑え込み、 これを無視して拘束を強行することが出来るのか不思議の国のアリス状態だ ? 「俺っち」も「父つぁん」も不思議の国のアリスの国連が、中國の共産党の社会主義を容認して安全保障理事国として現在の訳の分からない国連に、今の中國の人権弾圧の独裁国家も加えて制裁や仲裁も何も解決できない組織に為って居る事にも問題あり。 リベラル国のロビー活動が活発で見事に抑え込まれる日本!尖閣諸島問題で覇権を行使する中國の動きは南シナ海の軍事拠点構築も絶対に阻止して、行く行くは従来の日本が対応して居る手法の話し合いが手遅れに為らないうちに中國の共産党支配を潰さない限り間違いなく日本は中國の日本自治区に為りますよ。 日本の一致団結をする事に反日勢力を、先ずは頭の中の反日、親和的考えを治さないといけません!.

次の

ブログ初心者が100記事まで書き続けるための10段階講座|クロネのブログ講座

クロブログ

動物の権利(どうぶつのけんり、アニマル・ライツ、animal rights)とは、動物には人間から搾取されたり残虐な扱いを受けることなく、それぞれの動物の本性に従って生きる権利があるとする考え方である。 動物の権利運動は、ピーター・シンガーが1975年に出版した「動物の解放」 ANIMAL LIBERATION をきっかけに、世界中に広まっていった。 シンガーはその著書の中で動物は苦痛を感じる能力に応じて、人間と同様の配慮を受けるべき存在であり、種が異なる事を根拠に差別を容認するのは種差別(スピーシズム)にあたるとした。 功利主義の立場に立つシンガーは平等な配慮という原則を強調し、権利という言葉は使っていない(厳密には「動物の権利」の立場ではない)。 それに対し、義務論的な意味で「動物の権利」という概念を前面に打ち出したのが、1983年にトム・レーガン Tom Regan が出版した「THE CASE FOR ANIMAL RIGHTS」(本邦未訳)である。 動物の権利運動家の多くは、この運動が性差別や人種差別に反対する運動の延長線上にあると考えている。 動物の権利を支持する者は、商業畜産や動物実験、狩猟等、動物を搾取し苦しめる行為を全面的に廃止するべきだと訴え、人々にベジタリアニズムの実践を呼びかけている。 arcj. 何故か今日は、間が悪いことが多く まず 起床時に止んでいた雨が、 朝のお散歩時になって降り出し、 帰宅したらすぐ止み。 2回目のお散歩では止んでいたのに 公園に着いた途端、雨が降り出し、 傘をさしてお散歩をし始めて5分、 雨がやみ、青空… 「犬ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順•

次の

BNR32 クロとシロと俺ブログ。

クロブログ

中國の公船が尖閣諸島に我がもの顔で遊弋! 日本国内でも中國に融和策が蠢(うごめ)いて嫌に為ります。 そんな中、日本人が慣れ切って居る事に危険が一杯? 日本の施政権を中國に移っちゃうよって、言って居る記事がこの様に警鐘を鳴らして居ます。 確かに危険が高まって居るようですが?それは日本国内の反勢力の彼らから問題視して居ない極楽とんぼの論調を地上波のテレビニュースにも、左側のニュースペーパーに取り込まれて居る情弱国民に世界の情勢が読めないのでしょう? 中國では国内の眼を外に向けてウイグル自治区の状況をネットでも政権の共産党の情報封鎖を知って居ますか。 共産党体制に疑問・反旗を掲げる連中は拘束されてしまう。 , Ltd. この状況に対して、米国の首都ワシントンの大手研究機関からこのままだと日本は尖閣諸島の施政権を失うことになる、という警告が発せられた。 米国側では、中国が尖閣奪取を計画し、さらに東シナ海全体の覇権を制しようとするとみて、警戒を強めているという。 武装した艦艇が恒常的に侵入 中国艦艇による尖閣諸島の日本領海への侵入はあまりに頻繁すぎるためか、日本側の警戒が減ってきた。 主要新聞の報道も、外国の武装艦艇による重大な領海侵犯なのに雑報扱いとなっている状況である。 日本の領海のすぐ外にあって日本の法律がその域内で適用される接続水域への中国艦艇の侵入はさらに増えている。 日本のマスコミは侵入してくる船を中国公船と呼び、とくに危険性がないかのようなイメージで伝えている。 だが現実には、最も頻繁に侵入してくる船は 中国人民解放軍の直接の指揮下にある人民武装警察に所属する中国海警の艦艇である。 それらの船はみな武装している。 なかには中国海軍の正式な武装艦がそのまま海警に所属変えとなった艦艇もある。 こうした尖閣の現状に対して米国の大手研究機関から警告が発せられた。 このままだと中国は尖閣の施政権を日本と共有した形となり、尖閣の奪取から東シナ海全体の覇権確保へと進むことになる、というのだ。 この警告は、ワシントンの安全保障研究機関「戦略予算評価センター( CSBA)」が 2019年 8月に作成した「インド太平洋における中国の多様な闘争」と題する調査報告書に明記されていた。 報告の筆者は、米国海軍大学教授を 10年ほど務め、現在は CSBA上級研究員のトシ・ヨシハラ氏である。 中国の海洋戦略研究では全米有数の権威とされる日系米人学者だ。 ヨシハラ氏はこの報告で、「武装艦艇を含む中国公船が日本側の領海、接続水域にほぼ恒常的に侵入することにより、中国は尖閣の事実上の施政権を獲得し、日本政府の『領有権紛争は存在しない』という主張を骨抜きにしつつある」と指摘した。 尖閣攻撃に備えて基地を建設? ヨシハラ氏は中国の対尖閣戦略を「威圧態勢」と呼ぶ。 同報告書の、主に「尖閣諸島への中国の威圧態勢」というパートの中で、その特徴を次のように述べている。 ・中国は軍事、非軍事の多様な手段で尖閣の主権を主張し、最近では日本の領海へ 1年間に 60回、接続水域に 1カ月に 22回という頻度で侵入し、ほぼ恒常的な侵入によって事実上の施政権保持を誇示するようになった。 ・中国は海軍、海警、民兵、漁船の 4組織で尖閣への攻勢を進め、その侵入のたびに自国の領海領土の正当な管理行動として政府機関のサイトや官営ディアの報道で記録を公表し、支配の実績の誇示を重ねている。 ・中国は尖閣侵入の主体を准軍事組織の海警としながらも、海軍艦艇を付近に待機させ、ときには原子力潜水艦やフリゲート艦などを接続水域に送りこんでいる。 また、日本の自衛隊の艦艇やヘリに、実弾発射の予備となるレーダー照射を 2回実行した。 ・中国は近年、尖閣から 300~ 400キロの浙江省の温州、南麂島、福建省の霞浦に、それぞれ新たな軍事基地や兵站施設を建設した。 いずれも尖閣への本格的な軍事攻撃の能力を画期的に高める効果がある。 ヨシハラ氏の報告は、以上のような情勢によって、日本が尖閣諸島を喪失するだけでなく、中国が東シナ海全域の覇権を獲得しかねない重大な恐れが生じていることを強調している。 同時に、中国の尖閣への「威圧態勢」は、米国の日本防衛の実効性を探るとともに、日米離反をも意図しているという。 中国が尖閣の施政権を宣言する日 同報告は日本にとって今後の最悪シナリオといえる可能性を、次のように指摘していた。 ・中国は当面、消耗戦を続け、日本の尖閣への施政権否定を試みる。 日本の反撃が弱いと判断すれば、「短期の鋭利な戦争」という形で尖閣の軍事占領に出る可能性もある。 ・中国がその戦闘に勝ち、米国が介入できなかった場合、東アジアの安全保障秩序は根柢から変わってしまう。 日本もその可能性を認識し、本格的な対応を考慮すべきである。 このような厳しい状況に直面した日本は、自国の領海や接続水域に侵入してくる中国艦艇に対して、海上保安庁の船が出動して撤退を求めている。 だが、中国側は「侵入」を自国領土の釣魚島(尖閣諸島の中国名)周辺の「領海のパトロール」として記録を重ねており、最近は日本側の消耗が目立ってきたという。 このままだと中国は、尖閣周辺での自国艦艇の活動実績を基に、尖閣への施政権保持を公式に宣言する見通しが強いという。 日本はまさに領土喪失という国難に迫られているといえそうだ。 ヨシハラ氏の報告は、こうした深刻な事態に対して日米両国が協力し合って中国の海洋脅威をはね返すことを訴えていた。 中國では国内の眼を外に向けてウイグル自治区の状況をネットでも政権の共産党の情報封鎖を知って居ますか。 共産党体制に疑問・反旗を掲げる連中は拘束されてしまう。 弁解・弁明説得だけで疑念を抑えられるのか? そんな疑惑の只中に有っても日本に居るウイグル人の残された家族はウイグル自治区の収容所に拘束されて居るとされて、帰国されると自分も拘束されて収容所に入れられると訴えています。 中國も反対意見が噴出するのを抑え込み、 これを無視して拘束を強行することが出来るのか不思議の国のアリス状態だ ? 「俺っち」も「父つぁん」も不思議の国のアリスの国連が、中國の共産党の社会主義を容認して安全保障理事国として現在の訳の分からない国連に、今の中國の人権弾圧の独裁国家も加えて制裁や仲裁も何も解決できない組織に為って居る事にも問題あり。 リベラル国のロビー活動が活発で見事に抑え込まれる日本!尖閣諸島問題で覇権を行使する中國の動きは南シナ海の軍事拠点構築も絶対に阻止して、行く行くは従来の日本が対応して居る手法の話し合いが手遅れに為らないうちに中國の共産党支配を潰さない限り間違いなく日本は中國の日本自治区に為りますよ。 日本の一致団結をする事に反日勢力を、先ずは頭の中の反日、親和的考えを治さないといけません!.

次の