ツイッター センシティブ 解除。 Twitterのセンシティブな内容を表示できない!設定を解除する手順

Twitterのセンシティブな内容を表示できない!設定を解除する手順

ツイッター センシティブ 解除

Twitterで「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」と表示される アップデートにより発生している不具合 「 このメディアは表示しないように設定したコンテンツが含まれている為表示しません」と表示されるようになったのは、アップデート後からです。 ただ、アップデートをしていない端末からでも、同じ表示が確認されます。 2020年2月20日ごろから発生している不具合は、閲覧者ではなく投稿者が設定をし直す必要があります。 ブラウザ版で起きている不具合は上記の画像のように「センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです。 」と表示されます。 右端の「表示」をタップすれば、ツイートや画像を確認することができます。 アプリ版では「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」と表示されており、設定を変更しない限り画像の確認はできません。 投稿側が設定する必要がある 2020年2月20日ごろから発生している不具合は、見ている側がセンシティブな内容を表示すると設定していないと表示されません。 運営側の不具合 「このメディアは表示しないように設定したコンテンツが含まれている為表示しません」と表示されるのはアップデートによる不具合です。 症状はそのユーザーや端末によって違っている状況ですが、不具合が起きている事には違いありません。 また画像が表示されないといった不具合も発生しています。 画像が一切見れないような状況になっている場合もあるので、自身の設定やフォロワーの設定が正しいか確認してみましょう。 対処法 ブラウザ版はタップすれば画像は見れる ツイートには「このメディアは表示しないように設定したコンテンツが含まれている為表示しません」と表示されます。 ただ、ブラウザ版ではツイートをタップすると、右に「表示」というボタンが表示されます。 この「表示」をタップすると、画像が表示されます。 本当にセンシティブな画像な可能性もあるので、十分に注意して表示させましょう。 表示ボタンはブラウザ版のみで、アプリでは表示されません。 ブラウザ版のTwitterにログインしたら、左上の自身のアイコンをタップしてください。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップしてください。 オフにしておくことで、投稿する画像がセンシティブなものとして設定されずに、他のユーザーから見えることができます。 Twitterを開いたら、左上の自身のアイコンをタップしてください。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップしてください。 オフにしておくことで、投稿する画像がセンシティブなものとして設定されずに、他のユーザーから見えることができます。 Androidの場合は どちらの設定も変えることができます。 拡散して教えて上げる センシティブな内容ではない画像が、非表示となってしまっている原因は投稿者側にあります。 画像が表示されていないということにさえ、気づいていない人も多いので、設定方法などを周りにフォロワーに教えてあげましょう。 アプリ・端末の再起動 アプリの再起動・端末の再起動を行うことで、画像が表示される可能性があります。 アプリの再起動は、画面下部からのスワイプ、ホームボタンのダブルクリックのどちらかでタスク画面を呼び出して行います。 タスク画面を呼び出すことができれば、そのまま上部にスワイプを行い、強制終了してください。 再びTwitterを起動させ、画像が表示されているか確認してみましょう。 スライドをさせて電源を落とし、しばらくしてから、同じボタンを長押しすることで、再起動が完了します。 OSのアップデート 今回の不具合はアプリをアップデートしたことが原因です。 アプリのアップデートは行わず、OSのアップデートのみを行うようにしましょう。 OSのバージョンは「歯車マーク」より確認できます。 「一般」をタップしてください。 「ソフトウェア・アップデート」をタップします。 OSが最新の場合は、搭載されているOSが表示されるので、アップデートの必要はありませんが、OSが最新ではない場合は「ダウンロードしてインストール」が表示されているので、タップしてダウンロードから実行していきましょう。 端末のパスコードを入力してください。 ダウンロードが完了すると「今すぐインストール」に表示が変わるのでタップしてください。 しばらくすると、端末が再起動され、アップデートが完了します。 インストールが開始されると、端末操作はできなくなるので注意しましょう。 再ログイン・再インストール 再ログインや、再インストールを行うことで、一時的な不具合であれば改善することがあります。 再ログイン・再インストールをする前に、自身のアカウント情報も確認しておきましょう。 ログアウトは左上の自身アイコンから行います。 「設定とプライバシー」をタップします。 アカウントをタップすると、アカウント情報が確認できます。 最下部にある「ログアウト」をタップしてください。 ダイヤログが表示されるので「ログアウト」をタップします。 ログアウトが完了したら画面下部の「ログイン」をタップしてください。 電話番号・メールアドレスなどとパスワードを入力し「ログイン」を行います。 それでも表示が戻らないのであれば、再インストールを行いましょう。 Twitterのアイコンを長押しし「Appを削除」をタップしてください。 ダイアログが表示されるので「削除」をタップします。 再度Twitterをインストールし、ログインを行って画像を確認してみましょう。 通信環境を改善する• ルーターの再起動• 端末回線で接続する• Wi-Fiのチャンネルを切り替える• Wi-Fiのケーブルが抜けていないか確認する• ルーターの再起動や、端末回線に切り替えるなどを行い、通信環境の改善をしてみましょう。 画面下部及び、画面右上よりコントロールセンターを呼び出し、飛行機マークをタップしてください。 10秒ほど時間をおいてから、再度飛行機マークをタップすることで通信環境がリセットできます。 しばらく時間をおく 画像が正しい設定で表示されなくなったのは、運営側の不具合によるものです。 設定をやり直すことで、画像が正しく表示されることもありますが、それでも治らない場合は、運営の修正を待つしかありません。 またフォロワーの画像も正しく表示してもらうためには、フォロワー側が設定をする必要があります。 センシティブな画像を見れるようにすると、不快な画像も表示されてしまう可能性があるので、しばらく時間をおくのがおすすめです。 運営に問い合わせをを行う 画像の表示がいつまでも正しく表示されない場合は、運営に問い合わせを行いましょう。 左上の自身のアイコンをタップしてください。 「ヘルプセンター」をタップしましょう。 「報告する」をタップしてください。 「すべてのサポートトピックを表示」をタップします。 機能と設定より「写真」をタップしましょう。 画像が正しく表示されないなどの内容を入力し、問い合わせを行いましょう。

次の

Twitterの年齢制限まとめ!解除方法や解除せずに使う方法は?

ツイッター センシティブ 解除

写実的な暴力描写• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 ユーザーによって投稿された画像や動画が、上記のいずれかにあたるとTwitterが判断した場合、画像や動画を表示する代わりに警告メッセージが表示される場合があります。 とはいえ、警告が表示されている画像をいざ開いてみればいたって普通の画像だった、というケースもよくあります。 Twitterでセンシティブな内容を含む投稿を見る方法 「センシティブな内容」の警告メッセージが表示されている画像や動画を見たい場合は、それらを表示するための設定をおこなう必要があります。 iPhoneでセンシティブな内容を含む投稿を表示させる方法 iPhoneでは、Twitteアプリのタイムライン上で「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。 」と警告メッセージが表示されているツイートを開きます。 ツイートの詳細画面でも同様の警告メッセージが表示されているので、警告メッセージ下部の[設定を変更]をタップしてください。 すると、SafariやChromeなどのWebブラウザに切り替わり、ブラウザ上でTwitterの画面が表示されます。 WebブラウザでTwitterが開く ブラウザでTwitterにログインしていない場合は、設定を変更したいアカウントでログインしてください。 以上で設定は完了です。 Androidスマホでセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 Androidスマホでは、Twitterアプリ内の設定を変更する方法と、ツイートに表示された警告メッセージから設定を変更する方法の2パターンがあります。 Twitterアプリ内の設定を変更する Twitterアプリのメニュー画面から、[設定とプライバシー]を開きます。 設定項目の中から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これでセンシティブな内容を含む投稿であっても、警告メッセージが表示されることはありません。 ツイートの警告メッセージから設定を変更する Android版Twitterアプリでは、ツイートに表示されている警告メッセージからセンシティブなツイートの表示設定が変更可能です。 [表示する]をタップすると、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 PC(パソコン)でセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 PCのブラウザ上でセンシティブな投稿を表示させるには、センシティブな内容を含むツイートの下部にある警告メッセージから、設定を変更するか一度だけ表示させるかのどちらかから選択します。 [設定を変更]をクリックすると設定画面が開かれる [設定を変更]をクリックすると、設定変更画面に遷移します。 [表示]をクリックすれば、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 センシティブな内容を含む投稿を非表示にする方法 不愉快な画像や動画を見たくない人は、Twitterでセンシティブな内容を含むツイートを非表示にする設定をしましょう。 もし、非表示に設定しても不愉快な画像や動画が表示されてしまう場合は、ツイートの通報やミュートといった機能を使うとよいでしょう。 センシティブな画像や動画を非表示にする設定 センシティブな画像や動画の非表示設定は、Twitterの設定画面から有効にします。 なお、 iPhoneの場合はTwitterアプリからの設定はできないため、下記リンクよりSafariやChromeなどのWebブラウザからTwitterにログインし、設定をおこなってください。 以下では、Android版Twitterアプリでの操作方法を紹介していますが、Webブラウザ版のTwitterでもほとんど操作内容は変わりません。 Twitterのメニューから[設定とプライバシー]をタップし、[プライバシーとセキュリティ]を開いてください。 これで、センシティブな内容と判定された画像や動画は、警告メッセージが表示されるようになります。 それでも表示される場合は「通報」も可能 をおこなった状態でも、不愉快な画像や動画が表示されてしまう可能性もあります。 そのようなときは、該当のツイートをTwitterに通報するという手段もあります。 ツイート右上の[v]マークから[ツイートを報告する]を選択 まず、不愉快な画像や動画を載せているツイートを開き、右上にある[V]マークをタップ。 すると、画面下部からメニュー画面が出現するので、[ツイートを報告する]を選択します。 ツイートの報告理由を選択する画面に遷移したら、通報する理由として最も適切なものを選びましょう。 不愉快な画像や動画を通報する際は、[センシティブな画像または動画を表示している]をタップします。 続いて、通報する画像や動画がどのような内容を含むのかを、さらに4つのカテゴリーから選択して報告してください。 ボタンを押すとブロックかミュートができる これで、ツイートの通報は完了です。 完了画面では、通報した画像や動画をツイートしたユーザーを「ブロック」か「ミュート」できるボタンが用意されています。 ブロックとミュートは、不愉快な投稿を見ないためにも有効な手段です。 一方で、もし相手が相互フォロー関係にあるような状態である場合、ブロックすると相手にバレてしまう恐れもあります。 相手との関係性などに応じて上手く使い分けましょう。 通報したツイートは、タイムライン上で「このツイートを報告しました。 」というメッセージに覆われて表示されます。 通報後にツイートの内容を見たいときは、メッセージの右側にある[表示]をタップすると、一時的にツイートの内容を確認できます。 特定のキーワードやアカウントを見たくなければ「ミュート」が便利 特定のキーワードを含むツイートを見たくない場合や、特定のアカウントをタイムラインで非表示にしたいときは「ミュート」機能が便利です。 ブロックとは異なり、ミュートは相手に知られることなくツイートを非表示にできます。 ミュートの設定の詳細は、下記記事を参照してください。 appllio. com 自分のツイートがセンシティブな内容と判定されないための方法 普通の写真を投稿したつもりなのに、センシティブな内容を含む可能性があると判定されてしまった、という経験はないでしょうか。 その場合、自分の投稿に警告メッセージがつかないように設定する必要があります。 Twitterのメニュー画面から[設定とプライバシー]を開き、設定項目から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これが有効になっていると、自分の投稿した画像や動画に警告メッセージが出てしまう場合があります。 センシティブな内容を投稿するつもりのない人は、チェックを外しておきましょう。

次の

Twitterのセンシティブな内容の解除方法!設定変更で表示できる!

ツイッター センシティブ 解除

Twitterの言語を英語表示から日本語に変更する方法をご紹介。 Twitterにログインしたらなぜか画面全部が英語表記でビックリ。 設定を変更しようにも、何を書いているのかわからないし、不用意に触って設定が変更されてしまうのも怖いですよね。 これ実は、 SafariやChromeなど、 初めてブラウザ版のTwitterにログインした場合によく発生する症状なんです。 特にTwitterの初期設定をiPhoneから行った場合は要注意! iPhoneのTwitterアプリであれば、iPhoneに設定されている言語で表示されるため、特に何も設定していなくても日本語で表示してくれます。 それが SafariやChromeなどのブラウザ版だと、最初の言語設定が英語のため、これまで一度もブラウザでログインしたことがなく、言語設定を何もしていない場合Twitterの画面が英語で表示されてしまいます。 そのためブラウザ版でTwitterを利用する場合、一度だけ言語設定を英語から日本語に変更してあげる必要があります。 その他センシティブの設定に関する詳細や、設定変更時の注意点などを「 」にまとめていますので、合わせてご参照ください。 おわりに Twitterの言語を英語表示から日本語に変更する方法を紹介しました。 実はこの症状。 よく遭遇するのが、iPhoneからセンシティブな内容のツイートが見られるように、設定を解除しようとしたとき。 なぜかiPhoneではこの設定を解除したい場合、一度必ずSafariからログインし直す必要が生じます。 そこで仕方なくログインしてみると、次に待っているのが英語表記のTwitter。 操作を誤ってしまったのかと焦るし、何度試してもずーっと英語表記のままだしでもう意味不明・・・・。 結果センシティブの設定変更をあきらめる。 よくある光景です。 というわけで、もしもセンシティブの設定解除をしようとして、Twitterが英語になってしまったのなら決して操作が間違っているわけではないのでご安心を。 ちなみにiPhoneでセンシティブを解除する方法は、「」で詳しく書いていますので、よければ合わせてご参照ください。

次の