くれぐれもご自愛ください。。 「くれぐれも」の意味と使い方・例文・目上の人への使い方|ご自愛

「お体をご自愛」は間違い!「ご自愛ください」の意味と使い方【あらめて知りたい頻出ビジネス用語#3】

くれぐれもご自愛ください。

仕事をする上で当たり前のようにビジネスマナーはきちんとしておきたいものです。 目上の方には特に失礼のないよう正しい敬語や心遣いが出来るようにしておくべきです。 「くれぐれもご自愛ください」の言葉の意味は冒頭で説明した通り相手方の健康を願う意味を持った言葉です。 忙しい上司や先輩へ心遣い、大切なお客様など、目上の方へ失礼のないように伝えることがベストです。 「くれぐれもご自愛ください」の言葉を使うタイミングですが、体調が崩れやすい季節の変わり目や、忙しく休む暇もない姿を知ったときなどとなります。 またすでに体調を崩して病気をしている状態のときに「くれぐれもご自愛ください」という言葉は適してはいません。 くれぐれもご自愛くださいの使い方|注意点1 「くれぐれもご自愛ください」という言葉の使い方でよくある間違いがあります。 1療養中の方へ伝える。 2「お体ご自愛ください」と伝える。 この二点は言葉の意味として伝え方として間違った日本語です。 しかし「ご自愛」の意味は「体調を崩さないように」という意味をもっています。 それゆえ、すでに体の調子を崩している人に伝える言葉としては、間違った使い方となるのです。 療養中の方への言葉は「お大事にされてください。 」や「一日も早い回復を願っています。 」という言葉に変え、元気や健康を願うお見舞いの言葉を伝えることができるようにしておきましょう。 くれぐれもご自愛くださいの使い方|注意点2 「くれぐれもご自愛ください」と伝えるシーンは体調を崩しやすい時期やその人の多忙な姿を見受けた時などです。 「お忙しそうですが、お休みの日などありますか?くれぐれもご自愛ください。 」と「~くれぐれもご自愛ください」と前置きを置いて伝えるようにするといいでしょう。 冬~春にかけての「くれぐれもご自愛ください」の伝え方は「最近、気温差が激しいですね。 くれぐれもご自愛ください。 」「寒かったり暖かかったりしますね。 くれぐれもご自愛ください。 」「春になってくると花粉が辛いですよね。 くれぐれもご自愛ください。 」など花粉症の方へも気をつけてくださいねという意味で使うこともできます。 また夏~秋、冬にかけての「くれぐれもご自愛ください。 」の伝え方ですが、「寒くなってくるので、くれぐれもご自愛ください。 」とその季節の体調を崩しやすい時期にあった言葉を選んで、言葉の最後の締めくくりに使えるようにしましょう。 「くれぐれもご自愛くださいね」の使い方 「くれぐれもご自愛ください。 」と目上の人に使うと失礼に当たるのではないかと、不安に思う人もいるようですが問題ありません。 目上の人に関わらず「くれぐれもご自愛ください。 」と言葉をかけることは老若男女問わず使用していい言葉です。 しかし、相手方との距離感や互いの立場、そしてその時のシーンなどに合わせ使えるように気をつけておかなければなりません。 あまり多様してみたり、挨拶代わりのように使用してしまうと胡散臭く感じられてしまう場合もあるので注意が必要です。 また「くれぐれも」と言葉をそえている場合は特に「自愛」を強調している表現にあります。 季節や時期もですが、相手の環境や状況などをきちんと見て使うようにしましょう。 年賀状は新年初めの大切な挨拶状です。 きちんとした言葉で気持ちを伝えたいものです。 「くれぐれもご自愛ください。 」と伝えるにふさわしい挨拶状でもあります。 いくつか例文を紹介していきます。 昨年は大変お世話になりました。 今年も宜しくお願い致します。 寒い日が続いてまいりますので、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 昨年はお世話になりました。 今年度も宜しくお願い致します。 ご家族の皆様とのご多幸をお祈りいたしております。 まだまだ寒さの厳しい季節です。 くれぐれもご自愛されてくださいね。 」 と、新年の挨拶の後に「くれぐれもご自愛ください」と言葉を添える形で使うといいでしょう。 くれぐれもご自愛ください|先輩への年賀状の使い方 職場の先輩への年賀状での「くれぐれもご自愛ください」の使い方を紹介します。 身近な存在にあったとしても、親しき仲でこそきちんと挨拶状などでの言葉を送ることができると、信頼度も増していきます。 「謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 昨年は格別のご厚情いただき心より感謝しております。 本年度もご指導ご助言のほどよろしくお願い申し上げます。 寒い日が続きます。 くれぐれもご自愛ください。 」 「新年。 明けましておめでとうございます。 昨年はご多忙にも関わらずご厚情いただき感謝しております。 本年もご助言いただくことがあると思いますがご指導のほどよろしくお願いいたします。 まだまだ寒さが厳しい日が続いております。 くれぐれもご自愛ください。 」 くれぐれもご自愛ください|ご無沙汰している方 あまり顔を合わせることのできない仕事上での目上の上司や、お客様への「くれぐれもご自愛ください」の年賀状での使い方を紹介します。 顔を合わせることが少なくなってしまいながら、お世話になっている目上の方には失礼のないように、年賀状を送れるようしておきましょう。 書き方としては、まずは「ご無沙汰」していることの「挨拶」を忘れないようにすることです。 そして「くれぐれもご自愛ください」と健康を気遣っている言葉を伝えるように書いていきましょう。 「明けましておめでとうございます。 ご無沙汰しておりますがお変わりなくお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。 厳寒の折、風邪など召されませんようくれぐれもご自愛ください。 」 「謹賀新年。 ずいぶんお会いすることができずにおりますが、お元気でいらっしゃいますでしょうか?ご多用と存じますのでくれぐれもご自愛くださいませ。 」と労いの言葉を入れてもいいでしょう。 七月に入ると梅雨明けの報道が各地ではじまり、夏が本格的に始まります。 また暑中お見舞いを送りはじめる月となります。 忙しいサラリーマンにとって外回りは炎天下の中厳しい時期ともなってきます。 「暑中お見舞い申し上げます。 夏空が眩しく感じられるころとなりました。 猛暑の折、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 」「暑さも本格的となりビールが美味しい季節になりました。 炎暑しのぎがたい時でもありますので、くれぐれもご自愛くださいませ。 」 続いて八月の例文の紹介です。 残暑見舞いを送る月です。 送る時期としては立秋を過ぎた頃となります。 8月7日頃ですが、毎年日にちが変わるので注意してください。 「残暑お見舞い申し上げます。 クーラーが大活躍する今日この頃。 いかがお過ごしでしょうか。 夏バテなどなさいませぬようくれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 」 くれぐれもご自愛ください|秋の暦編 11月になると冬に向けての寒さも増し、さまざまな感染症も流行りだします。 また12月は師走となり年末に向けビジネスマンはもちろんのこと、人々それぞれが慌ただしい月でもあります。 仕事の忙しさも増し、忘年会や新年に向けての業務に大忙し、「くれぐれもご自愛ください」と伝えたいときです。 まずは11月の例文の紹介です。 「朝夕と冷え込みが際立ち寒さへ向かう季節がやってまいりました。 近づく冬を元気に過ごすことができますよう、くれぐれもご自愛ください」「 寒さに向かう折柄風邪など召されておりませんでしょうか?一層の冷え込みへと向かう季節です。 くれぐれもご自愛くださいね。 」 続いて12月の例文です。 「師も走り回るほどの忙しいとき。 いかがお過ごしでしょうか。 ご多忙とは存じますがくれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 」「師走を向かえ気ぜわしい日々かと存じます。 くれぐれもご自愛くださいませ。

次の

体調が悪い人に言うのはNG「ご自愛ください」の正しい使い方

くれぐれもご自愛ください。

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。 頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください」は、例えるなら釈迦に説法。 それとは少し違う意味ですが、目上の方、特に体を気遣うべき年齢の方や、少し体が弱っている方に「お体ご自愛ください」というのは、実は失礼に当たります。 1・お願いごとのメールはお願いで結ぶのがルール 2・返信不要メールに返信不要と書くのはNG 3・「取り急ぎ」もNG 4・「ご自愛ください」は元気な人にだけOK 5・身体が弱っている方へは、むしろ一般的な挨拶でOK 6・元気な方への結びの言葉は季節を盛り込むとOK 7・「おいといください」は目上の人にOK 「結びの文」は何を重視して選ぶべきか ビジネスで使うメールには、何種類か目的があります。 「お願い」なのか「お詫び」なのか、はたまた「連絡」なのか。 締めの言葉もその目的に応じたものにしないといけません。 そしてそのメールが「急ぎ」なのか「取りあえず」なのかも、メールを読む中、早い段階で分かった方が良いのです。 そのため、結論を先に書くメールが重宝されるようになってきました。 忙しい人を相手にする時に、いまだに季節の挨拶を長々と書く人はいないでしょう。 「平素は~」などのくだりも、不要とさえ言われています。 そんな忙しいビジネスシーンでは、結び、締めの言葉さえおろそかにされるように思えるでしょうが、実はこの「締め」ほど大切な部分はありません。 「終わりよければすべてよし」と言うように、イベントでも、お料理でも、エンディングに何を持ってくるか。 それこそ大切なデザインなのです。 1・お願いメールの結びにはお願いの言葉を したがって、お願いのメールには「願いを叶えてくださいね」というメッセージ、お詫びのメールには「本当にごめんなさい」というメッセージ、連絡のメールには「連絡しましたからね」というメッセージが、最後の最後に相手に伝わる必要があります。 もちろん中身も大切なのですが、必要なことを書き足して行くと、結局受け取った人は「どうしたらいいのか」が分からなくなりがちです。 あなたもメールを受け取る立場でそのような思いをすることはありませんか? そのメールを読み終わった時に、すぐにどこかに連絡すべきか、手帳に記すべきか、返事が必要かどうか、さっと判断できるように、目的を結びの文に込めると良いでしょう。 2・返信不要メールに返信不要と書くのは不躾 男性の場合は、最後に「返信不要です」とズバッと書くのは簡潔で良いと思いますが、女性の場合はそういうわけにはいきませんよね。 そこで、結びの文に相応しい「返信不要」に該当する言葉を提案します。 では、またこちらからご連絡を差し上げます。 簡単ですよね?「次に連絡をするのはこちらなのです、あなたはこれを受け取っただけで良いのです」ということが、しっかりと、しかも優しく伝わります。 もちろん男性が使っても好印象を与えるでしょう。 何か不都合がございましたら、お知らせください。 こういう条件をつける場合もありますが、これはあまりお薦めしません。 相手に選択肢を与えてしまう、つまり「都合が良いか、不都合かを考えてくださいね」と言っているようなものなのです。 本当に都合が悪ければ「返信不要」と書いてあっても出しますよね? なので、このような条件付けは相手の負担でしかないので、やめた方が良いというわけです。 3・「取り急ぎ」もNG 「取り急ぎ、メールにて」のようなくだりも、できたら避けたいもの。 確かに言葉通りなのですが、受け取った方が何か少しひっかかるのはなぜでしょうか。 それは、差出人の忙しさが伝わるからではないでしょうか。 つまり「今、とても忙しいの。 取りあえず要件だけ伝えておきます!詳細はのちほど!」と言われている気分になるからですね。 何かこの件よりも重要で急ぎで大切な用事があり、今はそちらにかかり切りなので、こちらの案件はあとで詳しく話すけど、とりあえず、要件だけは押さえておいてね、と言われているような印象なのです。 そして「取り急ぎ」と言われた方は、後で重要な話が来るので、今はこの件は保留状態なのだと思ってしい、メールをよく読まない危険性さえあります。 かといって、忙しいのは事実です。 この場合はどう書いたら良いのでしょうか。 まずは、メールにて失礼致します。 「取り急ぎ」を「まずは」に変えるだけで、こんなに印象が変わります。 書いてあることは同じです。 「詳細は後回し」という事実も同じです。 しかし「まずは」と書くことで、「一刻も早くお伝えしたかったんです!」感さえ伝わるから、日本語、特に大和言葉って素敵ですよね。 お礼のメールなど、丁寧にしなければいけない場合、でも、急いで感謝の気持ちだけでも早く伝えたい、そんな時にはこんなフレーズはいかがでしょうか。 略儀ながら、まずはメールにてお礼申し上げます。 >>> 4・「ご自愛ください」は元気な人にだけOK 体調を気遣った結びの言葉は、基本的に元気な人に対してだけ使うようにしましょう。 元気でない方が受け取った場合、ただでさえ弱っている体と心に、そして毎日精一杯自分の体と向き合っているところに「体を気遣ってあげてね」というメッセージは酷なのです。 元気な人なら大丈夫です。 体への気遣いのメールは、感謝する余裕がありますし「あなたもね」と言い返す気力もあります。 なお「ご自愛ください」は「体を大切にする」という意味があり「体」が重複するので「お体ご自愛ください」とは言いません。 「ご自愛」の場合は「体」という言葉は不要なのです。 5・身体が弱っている方へは、むしろ一般的な挨拶で 冒頭の「頑張って下さい」は「益々のご活躍をお祈りしています」「これからも楽しみにしています」というように、相手に何かをさせようという言葉ではなく、こちらが「活躍を楽しみにしている」という気持ちを素直に伝えるのが良いようです。 それではまたお目にかかれるのを楽しみにしています。 こんな普通の挨拶が、健康を病んでいる人にとっては、心強く感じるのではないでしょうか。 >>> 6・元気な方への結びには季節の言葉もプラス 体を気遣う結びにしたい場合「ご自愛下さい」に関しては元気な人を対象に、季節の言葉を添えて書くと良いでしょう。 「寒さ厳しき折」「暑い日が続きますが」などの言葉です。 寒さ厳しき折、どうぞご自愛下さい。 7・おいといくださいはとりわけ目上の人にOK• 寒さの緩む季節ではございますが、どうかお身体おいといください。 「おいといください」という素敵な大和言葉があります。 こちらは「体を厭(いと)う」という言葉からできていますが、年配の方に送る時には重宝です。 「お疲れ様」を「お疲れの出ませんように」と言い換えるように、「ご自愛ください」を「おいといください」と言い換えるのも良いでしょう。 ただし「厭う」は漢字で書かないほうが印象がいいでしょう。 意味は違うのに「厭(いや)」と同じ漢字を使うからです。 また「体」を「身体」にすると印象がさらによくなります。 >>> 何を伝えたいのかを結びの文できちんと伝える、相手を気遣う言葉に気をつける、その際、女性は大和言葉を使うと美しく伝えられる、この3点を覚えておきましょう。

次の

「ご自愛ください」の意味・使い方・ビジネスで使えるメール例文4選

くれぐれもご自愛ください。

「くれぐれも」の意味は? 「くれぐれも」には次の2つの意味があります。 「くれぐれも」を漢字で書くと 普段「くれぐれも」はひらがなで書かれることが多いと思いますが、ちゃんと漢字表記もあります。 漢字では「呉呉も」と書きます。 同じ漢字を2回重ねていることからも、強調や繰り返し、何度も伝える、といったニュアンスがある事が分かります。 「くれぐれも」の語源には諸説あり、「何度も繰り返す」という意味を表す「繰る繰る」が変化して「くれぐれ」となった、というのが有力です。 そのため本来は「繰れ繰れ」となるはずであり、「呉」という漢字は単なる当て字だということです。 堅苦しい文章を書く際など、「ひらがなよりも漢字で書いた方がいいかな」と思われることもあるかもしれません。 しかしそもそも「呉呉も」という漢字はあまり浸透していないので、余計な混乱を防ぐためにもひらがなで表記するのがいいでしょう。 「くれぐれも」は目上の人に使える? 「くれぐれも」は目上の人に使っても問題のない表現です。 相手の体を気遣う場合、「お大事になさってください」というよりも「くれぐれもお大事になさってください」の方がより気遣いを強く表現することができるので、目上の相手にこそ「くれぐれも」を積極的に使うといいでしょう。 「くれぐれも」の類語と違い 「くれぐれも」のように、そのあとに続く依頼や願いを強調する言葉は数多くあります。 しかしそれぞれにニュアンスや意味が異なるため、使い間違えのないようそれぞれの違いについてしっかり理解しておきましょう。 「どうか」は懇願 「どうか」はそれが困難であることを理解しつつ、それを踏まえた上でなおもお願いする場合に使う言葉です。 「困難なことをお願いする」という部分が「くれぐれも」との違いです。 「どうぞ」は許可 「どうぞ」には丁寧に依頼する場合の他、「どうぞお召し上がりください」というように相手の言動を許可する場合にも用いられます。 依頼をする際に用いる場合は、「くれぐれも」の方がより強い気持ちを表すことになります。 「ぜひ」は強い依頼 「ぜひ」はもともと「是が非でも」つまり「良くても悪くても」という意味です。 「くれぐれも」の使用例 「くれぐれも」は注意をする、依頼をする、指示を念押しするなど様々な場面で使用することができます。 ここではそれぞれのシーンでの「くれぐれも」の使用例をご紹介します。 「十分な注意を促す」場合に使う 相手に十分な注意を促す場合に使用します。 「雨で道が滑りやすくなっておりますので、くれぐれもご注意ください」 「寒い日が続いておりますので、くれぐれもご自愛ください」 「くれぐれもご無理はなさいませぬよう、お願いいたします」 「強く依頼する」場合に使う 相手に強く依頼する場合に使用します。 「プロジェクト成功のため、くれぐれもご協力お願いいたします」 「大変感謝しておりますこと、くれぐれもよろしくお伝えください」 「弊社の事情について、くれぐれもご理解いただけますようお願いいたします」 「指示を念押しする」場合に使う 相手に念入りに指示する場合に使用します。 「重要なお客様なので、くれぐれも失礼のないように」 「夏休みだからといって、くれぐれもはめを外しすぎないこと」 「十分な知識と技術のない方はくれぐれも真似をしないでください」 まとめ ここでご紹介したことをまとめると、以下のようになります。 ・「くれぐれも」は依頼や懇願、忠告を強調する際に使われる ・「くれぐれも」は漢字で書くと「呉呉も」、ただしあまり知られていないので普段はひらがな表記の方がいい ・「くれぐれも」は目上の人に使っても問題はない ・「くれぐれも」には様々な類語があるけれど、それぞれに意味や使い方が異なる 「くれぐれも」は効果的に使用すれば、自分の気持ちをより強く相手に伝えることができ、コミュニケーションを円満に図ることができるようになります。 ぜひ意味と使い方を正しく理解し、ビジネスシーンで役立ててください。

次の