メモリ解放ソフト。 パソコンの動作が遅い!Microsoft純正ソフトで快適に使用する方法

Windows10のメモリ使用率が80%突破!? 簡単にメモリを解放する方法

メモリ解放ソフト

・Windowsのメモリーをお掃除して、余分なデータを解放してくれます。 ・物理メモリー量、スワップファイル量を監視できます。 ・リソース、CPUを表示できます。 ・スキン機能があり、自前でスキン作成機能もついています。 ・ランチャー機能もあります。 Vectorダウンロードランキングにて、Winハード部門1位になりました。 実際に使用された方からのご意見を元に、より簡単に、より便利にバージョンアップをしております。 300種以上を公開中。 html 同梱のファイルがウィルス対策ソフトなどで誤認識されることがあります。 本件については同梱のFAQをお読みください.

次の

Windows10のメモリ使用率が80%突破!? 簡単にメモリを解放する方法

メモリ解放ソフト

更新履歴 [ 全て表示 戻す ] 2015. 24: Windows10で作動する事を確認 2015. 04: リンク切れを修正 2011. jugem. exe」が、メモリ解放にすっごく便利だよ!」 抜き出して単体で利用する方法があるよ! ってお話です。 Windows10でempty. インストール作業&実行方法• をダウンロード。 ダウンロードした「rktools. exe」をそのままインストールせず、 解凍して必要なファイルのみ抜き出す。 exeファイルでも解凍できるソフトは「」「」「」など。 「rktools. exeをコピー (注: 解凍ソフトによっては、さらに「Cabs. winrk. cabを解凍」してempty. exeを取り出す必要あり)• 抜き出したempty. 簡単に実行出来るよう、バッチファイルを作成する。 なのでempty. exeをSysWOW64にコピーしてもパスを通し直さないと作動しません。 検証:どのくらい効果があるか? まずは普段よく行う操作の中でもわりとメモリを必要とする操作を行い、その後にメモリ解放を行い、OSのモッサリ感を体感で検証。 検証したPC操作 「ブラウザで大量のページを読み込む」 「10GB程度の巨大ファイルを移動させる」 など、私が良く行うもの。 08GB 400MBほど確保。 キャッシュ済み 90MB増加 利用可能 400MB増加 空きメモリ 400MB増加 この程度ではOSが重くなる事はないので、体感上の違いは感じられず。 41GB 200MBほど確保。 キャッシュ済み 1. 6GB増加 利用可能 200MB増加 空きメモリ 30MB増加(変わらない?) OSがもっさりしてくるまでブラウザでページを開きまくってみた。 メモリ解放後、確かに操作は軽くなり、さらに5~6ページほどタブを開く事ができた。 200MB程度の解放なら、こんなもんか?ブラウザ閉じなくても一時しのぎは出来そうな感じ。 ただ、「キャッシュ済み」メモリ量が1. 6GBも増加したのがなんか不気味。 55GB 250MBほど確保。 キャッシュ済み 1GB増加 利用可能 250MB増加 空きメモリ 300MB減少 明らかに効果があった。 巨大ファイルを複数コピー・移動させると、しばしばOSがもっさりする事があったが、それらは一瞬で解放される。 ただ、この操作だけ「空きメモリ」の量が減少したのが謎。 58GB 60MBほど確保。 キャッシュ済み 120MB増加 利用可能 60MB増加 空きメモリ 300MB増加 「ブラウザで200ページ開く」・「巨大ファイルを移動させる」の2項目は、Glary Utilitiesのメモリ最適化は終了までに2分近くの時間を必要とし、ちょっと実用的じゃなかった。 しっかりメモリを解放してくれているが、個人的に「どうでも良いや感」で一杯になったので比較データの掲載はとりやめ。 検証後のメモ• empty. exeは、しっかりメモリ解放できてる。 巨大ファイル移動後に発生するモッサリ感はキチンと解消される。 Glary Utilitiesのメモリ最適化コマンドは、メモリ搭載量が多いと処理に長い時間がかかり、CPU負荷も高い。 かたや、empty. exeは一瞬で終了し、CPU負荷は全く無い。 empty. exeの方が実用的。 「巨大ファイル移動」の時だけは「空きメモリ」の項目で数値が悪くなった。 グラフ上の使用メモリ量は減っている&その後のOSのレスポンスも明らかに改善されているのに、なんでだろう? このページの情報は 以上です。

次の

PCが重い時はマイクロソフト純正メモリ解放ツールでサクサク!

メモリ解放ソフト

更新履歴 [ 全て表示 戻す ] 2015. 24: Windows10で作動する事を確認 2015. 04: リンク切れを修正 2011. jugem. exe」が、メモリ解放にすっごく便利だよ!」 抜き出して単体で利用する方法があるよ! ってお話です。 Windows10でempty. インストール作業&実行方法• をダウンロード。 ダウンロードした「rktools. exe」をそのままインストールせず、 解凍して必要なファイルのみ抜き出す。 exeファイルでも解凍できるソフトは「」「」「」など。 「rktools. exeをコピー (注: 解凍ソフトによっては、さらに「Cabs. winrk. cabを解凍」してempty. exeを取り出す必要あり)• 抜き出したempty. 簡単に実行出来るよう、バッチファイルを作成する。 なのでempty. exeをSysWOW64にコピーしてもパスを通し直さないと作動しません。 検証:どのくらい効果があるか? まずは普段よく行う操作の中でもわりとメモリを必要とする操作を行い、その後にメモリ解放を行い、OSのモッサリ感を体感で検証。 検証したPC操作 「ブラウザで大量のページを読み込む」 「10GB程度の巨大ファイルを移動させる」 など、私が良く行うもの。 08GB 400MBほど確保。 キャッシュ済み 90MB増加 利用可能 400MB増加 空きメモリ 400MB増加 この程度ではOSが重くなる事はないので、体感上の違いは感じられず。 41GB 200MBほど確保。 キャッシュ済み 1. 6GB増加 利用可能 200MB増加 空きメモリ 30MB増加(変わらない?) OSがもっさりしてくるまでブラウザでページを開きまくってみた。 メモリ解放後、確かに操作は軽くなり、さらに5~6ページほどタブを開く事ができた。 200MB程度の解放なら、こんなもんか?ブラウザ閉じなくても一時しのぎは出来そうな感じ。 ただ、「キャッシュ済み」メモリ量が1. 6GBも増加したのがなんか不気味。 55GB 250MBほど確保。 キャッシュ済み 1GB増加 利用可能 250MB増加 空きメモリ 300MB減少 明らかに効果があった。 巨大ファイルを複数コピー・移動させると、しばしばOSがもっさりする事があったが、それらは一瞬で解放される。 ただ、この操作だけ「空きメモリ」の量が減少したのが謎。 58GB 60MBほど確保。 キャッシュ済み 120MB増加 利用可能 60MB増加 空きメモリ 300MB増加 「ブラウザで200ページ開く」・「巨大ファイルを移動させる」の2項目は、Glary Utilitiesのメモリ最適化は終了までに2分近くの時間を必要とし、ちょっと実用的じゃなかった。 しっかりメモリを解放してくれているが、個人的に「どうでも良いや感」で一杯になったので比較データの掲載はとりやめ。 検証後のメモ• empty. exeは、しっかりメモリ解放できてる。 巨大ファイル移動後に発生するモッサリ感はキチンと解消される。 Glary Utilitiesのメモリ最適化コマンドは、メモリ搭載量が多いと処理に長い時間がかかり、CPU負荷も高い。 かたや、empty. exeは一瞬で終了し、CPU負荷は全く無い。 empty. exeの方が実用的。 「巨大ファイル移動」の時だけは「空きメモリ」の項目で数値が悪くなった。 グラフ上の使用メモリ量は減っている&その後のOSのレスポンスも明らかに改善されているのに、なんでだろう? このページの情報は 以上です。

次の