あずき相場。 「相場師列伝」のニュース一覧: 日本経済新聞

「小豆相場」ってなんですか??? 現在は?

あずき相場

あんこの原料となる国産小豆(あずき)が高騰し、主力の北海道産の卸売価格は15年ぶりの高値に達している。 天候悪化の影響で不作が続き「在庫は底を突いている状態」(取扱業者)で、仕入れが困難になっている業者もいるという。 夏場の需要期に向け、冷やしぜんざいや水ようかんといった和菓子の小売価格にも影響しそうだ。 都内の豆類専門商社によると、道産小豆の卸売価格は現在、60キログラム当たり約4万2000円。 一部では5万円程度で取引されるケースもあるという。 これは2004年6月以来の高値で、15年10月に付けた安値(1万9400円)の2倍以上の水準だ。 道産小豆の作付面積は、担い手不足もあって縮小を続けている。 収穫量の直近ピークは04年の8万2300トン。 台風に見舞われた16年は2万7100トン、長雨の影響を受けた18年が3万9200トンに大きく落ち込んだ。 これを受け、農水省は昨年12月、中国やカナダからの輸入量を拡大。 さらに、国内での作付けを促すため、農家に補助金を出すなど、需給の改善を図っているが、小豆を扱う商社や業者には不安が広がっている。 菓子メーカー井村屋は今年3月、小豆を使ったアイス「あずきバー」の値上げに踏み切った。 井村屋グループ広報部は「原料価格の上昇の影響を受けているが、コスト見直しなどを通じて、今の価格を維持できるよう努めたい」と話す。 ただ、今年は冷夏をもたらすとされるエルニーニョ現象が発生した。 都内の豆類商社は「秋に収穫量を十分確保できず、品薄状態が解消されない可能性がある」と懸念。 関連商品を値上げする動きが広がり、廃業を迫られる和菓子業者も出てくるのではないかと危惧している。

次の

小豆価格

あずき相場

読んで字の如くなんですが;商品先物に上場されている商品です。 分かりやすく言えば、もなかのあんこ、や、あずき蜜豆など。 コーヒーや金銀や原油や大豆やとうもろこしなどの商品も、株や外国為替などと同様に、市場いわゆるマーケットを通じて売買されています。 他の商品が為替の影響を強く受けがちですが、小豆相場はその影響を受けにくい特徴があります。 北海道十勝ものの影響が強いです。 最近は中国物の影響は受けますが、比較的安定した?分かりやすい、プロにはおなじみの商品です。 同じ小豆でも、限月制といって、月ごとに商品が異なると考えてください。 新豆ができる前後ではその価値が変わることは、穀物ですから容易に想像が付くと思います。 当然に、生産側の売り手とそれを必要とする実需筋があるわけですから、なくなることはありません。 そして、こういった取引市場があるからこそ、安定して市場に物が供給され、おいしいあんこが食べれるわけです。 名古屋の家庭には、小豆缶詰が常備されるほどファンが多いそうな。 余談でした。 かっては、「赤いダイヤ」とも呼ばれ、仕手との攻防を描くほど人気のあった商品です。 最近は、FX等を売買する人が多いので、一般人の取引自体は減少傾向なのでは?と思いますが。 とはいえ、売り買いのどちらからも参入できて、安い証拠金で値幅も狙えるので、私は好きなんですがね・・・。 赤いダイヤ(下) 本を紹介します。 だいぶ創られてはいると思うけどおもしろいですね。 小豆の価格 狭くは 昭和20年代末から30年代初頭の高騰とその後の急落 商品取引所で 商品先物の上場商品となっているが 中部(中部大阪)は上場廃止 関門(福岡)は関西と合併 関西は取引所自体が潰れる寸前 函館は東京と合併 東京も東南アジア勢の手があるからどうにかある程度の数量の取引が出来ている 商品取引所の定期(先物)相場では 元々は北海道産が受け渡しの対象だったが 時代とともに標準品や供用品の対象が 取引所近辺の産地産 国内産全般 近年では 中国等の国外産まで広がってしまっている だから格落ちの国外産を掴まされるー受け方にしてみれば要らないー 前提での価格が形成されているから 日経等に記されている北海道産現物との価格差が著しく大きくなっている.

次の

【広島】貯金14がゼロに…広島“小豆相場”並みの乱高下で巨人髙笑い|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

あずき相場

あんこの原料となる国産小豆(あずき)が高騰し、主力の北海道産の卸売価格は15年ぶりの高値に達している。 天候悪化の影響で不作が続き「在庫は底を突いている状態」(取扱業者)で、仕入れが困難になっている業者もいるという。 夏場の需要期に向け、冷やしぜんざいや水ようかんといった和菓子の小売価格にも影響しそうだ。 都内の豆類専門商社によると、道産小豆の卸売価格は現在、60キログラム当たり約4万2000円。 一部では5万円程度で取引されるケースもあるという。 これは2004年6月以来の高値で、15年10月に付けた安値(1万9400円)の2倍以上の水準だ。 道産小豆の作付面積は、担い手不足もあって縮小を続けている。 収穫量の直近ピークは04年の8万2300トン。 台風に見舞われた16年は2万7100トン、長雨の影響を受けた18年が3万9200トンに大きく落ち込んだ。 これを受け、農水省は昨年12月、中国やカナダからの輸入量を拡大。 さらに、国内での作付けを促すため、農家に補助金を出すなど、需給の改善を図っているが、小豆を扱う商社や業者には不安が広がっている。 菓子メーカー井村屋は今年3月、小豆を使ったアイス「あずきバー」の値上げに踏み切った。 井村屋グループ広報部は「原料価格の上昇の影響を受けているが、コスト見直しなどを通じて、今の価格を維持できるよう努めたい」と話す。 ただ、今年は冷夏をもたらすとされるエルニーニョ現象が発生した。 都内の豆類商社は「秋に収穫量を十分確保できず、品薄状態が解消されない可能性がある」と懸念。 関連商品を値上げする動きが広がり、廃業を迫られる和菓子業者も出てくるのではないかと危惧している。

次の