宇都宮 線 遅延 な う。 最多は月19回!「遅延の多い路線」ランキング

「お客様の中に運転士はいませんか」 停電で止まった宇都宮線でまさかのアナウンス 何があった?

宇都宮 線 遅延 な う

リニア中央新幹線建設工事の談合疑惑、東海道・山陽新幹線の台車亀裂など大きなニュースの陰に隠れ、メディアで取り上げられることはほとんどなかったが、首都圏で電車通勤するビジネスパーソンにとっては見逃せないニュースだ。 国交省は2017年度から首都圏の各鉄道事業者の遅延証明書の発行状況、遅延の発生原因、遅延対策の取り組みなどについて数値やグラフを使ってわかりやすく示していくという。 今回の発表では、2016年度について1カ月(平日20日間)当たりの遅延証明書の発行日数がデータとして記載されている。 遅延証明書の発行ルールは、JR東日本(東日本旅客鉄道)では「午前7時~11時の間に、おおむね5分以上遅れた」場合に発行するとしている。 首都圏におけるほかの鉄道事業者もすべて5分以上の遅延で発行するとしている。 つまり、遅延証明書の発行状況を調べることにより、5分以上の遅れがあった日がどのくらいあるかを確認することができる。 5分以上の遅延ワースト1位はJR中央・総武線各駅停車 そこで、首都圏を走る45路線について遅延証明書の発行日数の多い順に並べてみた。 1日という結果になった。 平日20日間当たり19. 1日、つまりほぼ毎日、遅延が発生しているということになる。 8日という結果になった。 11位以下の主な路線を見ると、東京メトロ東西線が11位で16. 4日、東急田園都市線が25位で11. 8日、西武池袋線が26位で11. 1日といった状況だ。 遅延証明書の発行日数が10日を超えたのは45路線中、29路線。 つまり、月の平日の半分以上で遅延している路線は全体の3分の2近くになる。 「定時運行」は世界に誇る日本の鉄道の強みのはずだが、こと朝の時間帯に関してはまったく当てはまらないという状況が浮き彫りになった。

次の

【宇都宮市】線路内に車両が突っ込む、2020年6月10日、新白岡駅〜久喜駅間で交通事故が発生、JR宇都宮線で遅延が出ています

宇都宮 線 遅延 な う

(画像はイメージです) 2020年6月10日(水)、私たちの地元宇都宮市も通っているJR宇都宮線で交通事故が発生した模様です。 6月10日16時45分 配信 宇都宮線:『遅延』 宇都宮線は、新白岡〜久喜駅間での踏切安全確認の影響で、東京〜宇都宮駅間の上下線の一部列車に遅れがでています。 Twitter上では、現場を目撃された方の投稿がありました。 — Japaneseサラリーマン workwork8899 宇都宮線、踏み切り内安全確認中。 久喜~新白岡間。 — パパ若旦那。 wakasama888 どうやら、車両が線路脇に突っ込んだ事故だったようで、車両の前面が大破しているのが分かり、事故の甚大さがうかがえます。 事故原因やドライバーの安否、他にケガ人が出ていないか気になるところです。 皆さんも車を運転される際は、安全運転を再度意識し、時間や気持ちに余裕を持った運転ができるよう心がけていきましょう。 最新の運行状況など詳しくは、JR東日本ホームページをご覧下さい。 (やんちょ).

次の

電車遅延なぜ最近多い!?駆け込み乗車や“自殺”だけではない…ある「理由」とは?

宇都宮 線 遅延 な う

リニア中央新幹線建設工事の談合疑惑、東海道・山陽新幹線の台車亀裂など大きなニュースの陰に隠れ、メディアで取り上げられることはほとんどなかったが、首都圏で電車通勤するビジネスパーソンにとっては見逃せないニュースだ。 国交省は2017年度から首都圏の各鉄道事業者の遅延証明書の発行状況、遅延の発生原因、遅延対策の取り組みなどについて数値やグラフを使ってわかりやすく示していくという。 今回の発表では、2016年度について1カ月(平日20日間)当たりの遅延証明書の発行日数がデータとして記載されている。 遅延証明書の発行ルールは、JR東日本(東日本旅客鉄道)では「午前7時~11時の間に、おおむね5分以上遅れた」場合に発行するとしている。 首都圏におけるほかの鉄道事業者もすべて5分以上の遅延で発行するとしている。 つまり、遅延証明書の発行状況を調べることにより、5分以上の遅れがあった日がどのくらいあるかを確認することができる。 5分以上の遅延ワースト1位はJR中央・総武線各駅停車 そこで、首都圏を走る45路線について遅延証明書の発行日数の多い順に並べてみた。 1日という結果になった。 平日20日間当たり19. 1日、つまりほぼ毎日、遅延が発生しているということになる。 8日という結果になった。 11位以下の主な路線を見ると、東京メトロ東西線が11位で16. 4日、東急田園都市線が25位で11. 8日、西武池袋線が26位で11. 1日といった状況だ。 遅延証明書の発行日数が10日を超えたのは45路線中、29路線。 つまり、月の平日の半分以上で遅延している路線は全体の3分の2近くになる。 「定時運行」は世界に誇る日本の鉄道の強みのはずだが、こと朝の時間帯に関してはまったく当てはまらないという状況が浮き彫りになった。

次の