アトラクト ライト 歌詞。 アトラクトライト のMVと分析(音域、歌詞、テンポ等)

大人気楽曲「アトラクトライト」を考察!その先にあったのは2つの「光」の姿

アトラクト ライト 歌詞

メンバーは岸優太(キシユウタ)、岩橋玄樹(イワハシゲンキ)、神宮寺勇太(ジングウジユウタ)、平野紫耀(ヒラノショウ)、永瀬廉(ナガセレン)高橋海人(タカハシカイト)の6人。 キンプリがジャニーズユニバース第1弾アーティストとして、2018年春念願のCDデビュー予定である。 2015年にジャニーズJr. 内ユニットMr. King vs Mr. Prince(ミスターキングブイエスミスタープリンス)として活動をスタート。 「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」の応援サポーターを務め、音楽番組「ミュージックステーション」に出演。 初披露されたオリジナル曲「サマー・ステーション」では、爽やかな笑顔と青い衣装でたくさんのファンを魅了した。 メンバーそれぞれが舞台やコンサート、写真集発売など様々な分野で切磋琢磨していたところ、平野くんがメンバーに声を掛け、ジャニー社長に「6人でデビューしたい」と直談判。 twitter. 手越祐也、会見で「実質クビ発覚」「失言」も! 一方ジャニーズは「手越のネガキャン」画策か? ジャニーズ事務所との専属契約を終了し、NEWSを脱退した手越祐也が、6月23日に緊急会見を開いた。 ・草間リチャード敬太、「興味ない? 俺に……」! 番組スタッフの言葉に大ショックのワケ 関西ジャニーズJr. のなにわ男子とAぇ!groupがさまざまな企画に挑戦するバラエティ番組『なにわからAぇ!風吹かせます!なにわイケメ... KinKi Kids・堂本光一、「家での仕事が進まない」悩みにアドバイス! ファンから「正論すぎる」の声 KinKi Kidsがパーソナリティを務めるラジオ番組『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)が6月22日深夜に放送され、こ... コメント (3件)•

次の

King&Prince アトラクトライト

アトラクト ライト 歌詞

メンバーは岸優太(キシユウタ)、岩橋玄樹(イワハシゲンキ)、神宮寺勇太(ジングウジユウタ)、平野紫耀(ヒラノショウ)、永瀬廉(ナガセレン)高橋海人(タカハシカイト)の6人。 キンプリがジャニーズユニバース第1弾アーティストとして、2018年春念願のCDデビュー予定である。 2015年にジャニーズJr. 内ユニットMr. King vs Mr. Prince(ミスターキングブイエスミスタープリンス)として活動をスタート。 「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」の応援サポーターを務め、音楽番組「ミュージックステーション」に出演。 初披露されたオリジナル曲「サマー・ステーション」では、爽やかな笑顔と青い衣装でたくさんのファンを魅了した。 メンバーそれぞれが舞台やコンサート、写真集発売など様々な分野で切磋琢磨していたところ、平野くんがメンバーに声を掛け、ジャニー社長に「6人でデビューしたい」と直談判。 twitter. 手越祐也、会見で「実質クビ発覚」「失言」も! 一方ジャニーズは「手越のネガキャン」画策か? ジャニーズ事務所との専属契約を終了し、NEWSを脱退した手越祐也が、6月23日に緊急会見を開いた。 ・草間リチャード敬太、「興味ない? 俺に……」! 番組スタッフの言葉に大ショックのワケ 関西ジャニーズJr. のなにわ男子とAぇ!groupがさまざまな企画に挑戦するバラエティ番組『なにわからAぇ!風吹かせます!なにわイケメ... KinKi Kids・堂本光一、「家での仕事が進まない」悩みにアドバイス! ファンから「正論すぎる」の声 KinKi Kidsがパーソナリティを務めるラジオ番組『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)が6月22日深夜に放送され、こ... コメント (3件)•

次の

SEKAI NO OWARI スターライトパレード 歌詞

アトラクト ライト 歌詞

そのジャケットでは4人の少年少女が、夜明けの空をバックに水面の上に立っています。 『アトラクトライト』のMVにはその内の1人の少年が描かれており、彼が曲中の「僕」であると推測できます。 また『青春』という言葉も連想でき、歌の主役が少年である事が推測できます。 さらに2番ではこのような歌詞が。 特に中学生や高校生、思春期と呼ばれる十代の少年少女達とは深い関わりがあると感じられます。 しかし、ここで少年は『三年前』と過去を歌っています。 一体、どんな過去を示した歌詞なのか考察してみましょう。 「三年前のあの日」に隠された物語とは 先の冒頭の歌詞には、このような歌詞が続けられています。 「マルとバツ」も同様の意味を指していると思われます。 さらに続く歌詞では、そのふたつの「境界線」を探している少年の姿が綴られています。 これは少年が「挑戦」をしているが故に、結果を求めて模索している姿が描かれているのでしょう。 また、続くBメロのではこのようにも歌われています。 しかしそれは叶わず、後半でも「努力は報われない」「誰も認めてくれない」と悲観を歌っています。 同時に挑戦的な歌詞も歌われており、まるで少年自身の叶えたい夢への覚悟を問いかけているようです。 さらに、2番以降の歌詞には次のような歌詞があります。 しかし仲間達はいなくなってしまった。 先の「三年前」が指し示すのは、そんな仲間達がいなくなった事実であり「誰かが夕空に投げた言い訳」というのは、夢を諦めてしまった仲間が口にした言葉だったのかもしれません。 けれど少年は1人になっても夢を諦めなかった。 それはなぜなのでしょうか。 『辞めてしまいたい理由』という言葉は、先のBメロの悲観さと通じるものがあります。 続く歌詞ではその理由の数を数える内容が綴られ、これまでに何度も心が折れそうになった事が読み取れます。 「その全てがちっぽけに見える一つがあった」と歌っていますが、その「一つ」が少年の心を支えていたものだったのでしょう。 それが何なのか、答えと思われるものが、大サビにて歌われています。 実はこの歌詞はアルバム『ラズライトの夢』に収録された楽曲『ラズライト』の最後にも使用されている歌詞でもあります。 『ラズライト』とは鉱物の一種で、青く輝く鉱石。 まさしく「青く光る」石です。 さらにその存在をほのめかすように、Cメロには次のような歌詞が。 さらにラズライトの石言葉は「真理を追い求め続ける、飽くなき探求者」。 夢を追う少年と被る部分があります。 また、この楽曲のタイトルは『アトラクトライト』で日本語にすると『引きつける光』です。 『夢』というのは、いつだって人を引きつけて止まないものです。 となればこの『引きつける光』とは、まさしく少年が求めてやまない『夢』をさす言葉なのでしょう。 つまり、少年が夢を諦めなかったのは『夢』そのものが少年の心を引きつけてやまないものだったから、なのではないでしょうか。 また夢を追う人というのは、他者から見た時輝いて見えるものです。 成し遂げられない困難に立ち向かおうとするほど、力強く光輝いている姿に見え、その姿には目が引きつけられてしまいます。 となれば『アトラクトライト』というのは、少年自身の夢を追う姿も指しているようにも見えます。 多くの人の心を惹きつける人気楽曲となった理由も、そこにあるのかもしれませんね。 TEXT 勝哉エイミカ.

次の