貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ。 旧・貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

夏にナスダック大暴落で全員脂肪⭐️

貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

どうもスピちゃんです。 アメリカ株はスルスル上がっていくね。 ナスダックが牽引してもう怖くて買えないよ。 まぁタイミングを無視して適当に買おうと思っているから別にいいんだけども。 Jリートを最近買っているんだけども、キャッシュはまだまだ余っている。 5月はJリート買ったから、6月はアメリカ株買うぜ。 でも、暴落したらその時は全力でインするぜ。 暴落しなかったら計画通り、年内にかけて毎月インするよ。 ピッフィーさんTwitterより引用 11億円運用のさとこ株さん、コロナショックを僕が知る限り唯一当てた未来人ピッフィーさんが暴落を予想。 ぶちこさんTwitterより引用 ぶちこさんも危険信号発信。 全力さんTwitterより引用 ハイテクはバブってるよ。 いつもいい記事ありがとうございます。 現在のダウ、強い。 マーケットタイミングってほんと難しい。 2月下旬は、いつが底かわからんかったし、3月下旬には、典型的なブルトラップと広瀬隆雄さんはいうから買えなかったし。 セルインメイの格言通り、夏に向けてこれから2番底くるかもしれんし。 マーケットタイミングは本当に難しい。 やっぱり適当に買って長期間気絶が1番だな。

次の

全力で米国株に突っ込むブログ

貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

こんにちは。 okometsubuです。 前回も記事にしましたが、SPXLやTECL等の最近流行している3倍商品が最悪無くなるかもしれない可能性が出てきました。 以下全力米国株さんのブログを改めて引用させて頂きます。 THE END OF ゲリオン 貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ 米証券取引委員会 SEC がに規制をかけようとしています。 規制というか 廃止も視野に入っているという。 ~~~ この先どうなるか分かりませんが、こういう提言がから出てきた時点でもう結果は8割方見えているんじゃないでしょうか? 最悪の事態は3倍が即になる事です。 時期は不明とのことです。 私も昨日送ってみました。 以下全力米国株さんのツイートを引用させて頂きました。 米証券取引委員会へのご意見をこちらにお寄せ下さい。 」Direxion社のご意見ページを参考までに貼っておきます。 保存希望者は是非コメントを! — 念仏米国株 貯金と給料を念仏でなんとかしたい komcdspxl 昨日に続き2度も書いてしまいました。 それほどまでに衝撃的だったのです。 4倍を賭けています。 おそらくこの二つに割合適当に決めて投資することになるかもしれません。 なぜ当時採用しなかったかというと、信託報酬が約0. SPXLやTECLとほぼ同じです。 2倍なのに! そして、これらの商品は 為替ヘッジありです。 つまり、投資後に「 円安」になった場合、為替ヘッジ無しであれば儲かるのですが、「 あり」なので損をします。 これから日本は「 円安」に進むと言われています。 そんな中為替ヘッジ「 あり」で投資をしていたらと思うと・・・ ともあれ、現時点ではそれ以外の選択肢は他にあまりないので、私は上記2つを「スイッチ」先として考えることになると思います。 とりえあず実験で500円買ってみました。 基本的には約定日の株価が参照されるようです。 以下の基準価額について取引より引用させて頂きます。 基準価額決定、約定確認のタイミングは? 取引ガイド 主に海外に投資するファンド お申込受付日の 翌営業日の基準価額で約定します。 あらかじめ目論見書等で詳細をご確認のうえ、お申込みください。 図で説明されていたので私でもなんとか理解できました。 以下QAサイトにて、と明示的に記載がありました。 引用させて頂きます。 また、お申し込み日の翌営業日が約定日となる(投資対象が海産等)は、お申し込み日の当日の海外等のマーケットのを基に算出し、約定日の翌日に前営業日の日付で公表されます。 なお、約定日の前日に日本が休場で、海外マーケットが開いている場合には、そのマーケットのが基になります。 そのため、「 スイッチ」する場合はこんな感じになると思います。 からにスイッチする手順• まずはiFreeレバを購入する。 すると実際の約定日が分かる• 引け成り売りです。 可能ならそうする。 iFreeが翌朝辺りで約定する だと成行はできても引け成りはできないようなのであきらめるしかなさそうです。 もしくは、「リアルタイム購入」とかいう有料のサービスを購入すればできるのかもしれませんが詳細不明。 私は適当にやるかなぁと思います。 さて、スイッチ方法は分かりました。 では、その「 iFree」とは一体どのような商品なのでしょうか。 以下の公式サイトより引用させて頂きました。 基本的に為替ヘッジがあると信託報酬も増えちゃうのでやっぱりヘッジ無し商品が欲しいです。 さん辺りでこれを機会に新しい商品だしてくれないですかねぇ~~。 それこそSPXLとTECLまんま商品出してくれたら真っ先に買うのですが! では続いてNASDAQ100についての引用記事となります。 日々の基準価額の値動きがNASDAQ100指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となることをめざします。 為替ヘッジ部分は同じですね。 そしてNASDAQ100は、今流行っている「QQQ」と同じですね。 それの2倍と考えてください。 いわゆる、ハイテク重視の銘柄となります。 SPXLとTECLも大体このぐらいの金額だったのですが、後者は3倍。 2倍程度で同じ金額払うのはなんか釈然としませんが仕方ありません。 他に選択肢が無いのですから・・・ ではでは、この2つについてどのぐらいの性能があるのでしょうか。 最近できたばかりのようで、2018年10月ぐらいからのグラフになりますが、一応見てみましょうか。 VOOとQQQ、それとSPXLとSPXLを66. SPXLを66. 66667:33. 33333 にしたもので、これにより約2倍、つまり、今回の iFreeレバと同じぐらいの倍率にしたものとなります。 とりあえず前提条件を記載します。 リバランスは毎月としました。 2018年10月19日~2020年1月31日までの結果• 1位: iFNAS100 : 1. 54倍• 2位:SPXL :1. 51倍• 36倍• 4位:iFSP500 : 1. 34倍• 5位:QQQ :1. 18倍• 6位:VOO :1. 12倍 この結果の補足として、日本のと海外は営業日が異なります。 そのため日付のずれが生じている点ご了承下さい。 面倒だったのでそのまま日を削ったりしないでグラフ化しています。 概ねの動向が分かればいいという形で見て頂ければ幸いです。 ということで、結果を見るに、「 iFree NASDAQ100」がこの期間で言えば一番結果が良かったことになりそうです。 そして私は今まで2. 4倍使いだったので、それが2倍になることから少しリスクを多めにとってもいいかなと思っています。 つまり、投資額の引き上げもしくは、ハイテク側の比率を上げるかどちらかです。 なぜなら私は「 10年で1億」をどうしても稼ぎたくて、この長く苦しい戦い 検証 とSPXL,TECLへの投資を実行に移したからです。 過去検証より、2倍程度の動きであれば、早期償還や二度と復活できないようなことにはならなさそうなため、 全力でNASDAQ100でもいいぐらいかもしれません。 何故ならNASDAQ100はハイテク寄りではありますが、ハイテクだけを扱っているわけではないのと、有名企業わんさかあるのでそう簡単には滅びないでしょっていう感覚を持ってます。 以下そう思える根拠となる過去記事です。 「3倍レバ:現金」が70:30の割合が2. 1倍なので、「ITバブル+」を食らっても2倍レバであれば20年あれば復活はできそうです。 これはSPXL,TECLが本当に無くなりそうだったら改めて銘柄とかも踏まえて確認しようかなと思っています。 ともあれ、上記により何とかスイッチ先は見つかりそうで安心しました。 ということで、私は現在投資しているSPXLやTECLはそのままにし、投資方針も以前まとめたまま行動することになると思います。 何故なら、彼らが大暴落で株価を下落させた場合、 「iFree 」達も同様に株価を下落されているからです。 以下投資方針をまとめた過去記事です。 私の集大成 自分用 です。 そして私も過去検証よりほぼ同意見に至っています。 なので、この「 iFree 」商品は 何気に良商品である可能性が高いと睨んでいます。 4倍かつTECL側も2. 4倍なのでスイッチする際0. 4倍の誤差が出ます。 もし暴落していたら下落率は大きくなりますがそこはもうあきらめます。 今から比率を変えるには、SPXLやTECLを売るか、現金側を多くして投資額全体を増やす必要があるためです。 余剰資金的に増やしたくないし、売って投資額を減らしたくも無いです。 どちらもやりたくないのでもう0. 4倍部分は諦めると思います。 どうなるか分からんです! さて、では次に「 iFree 」も商品が無くなるかもしれないというリスクがあります。 が、それはもうケアしません。 そうなったらそうなった時考えます。 iFreeについてとても詳しく記事にされているので実際にご覧になった方が良いと思います。 私なんかより分かりやすく詳しい記事が載っています! iFreeNASDAQ100の運用は目論見書通りでした - が節税して 売れ行きは 次は設定来の総口数の推移です。 残念ながら人気を獲得できていません。 金額にして数千万円を超える急激な変動があるのは型らしいです。 直近でも5千万円程度買われていますが、またすぐ売られるかも知れません。 設定日の純資産総額が3億円ありますが、これは運営側による初期投資だと思われます。 よって、受益者の投資による純資産総額は4. 38億円しかありません。 目論見書には総口数が30億口を切ると繰上償還することがあると書かれています。 こんなに不人気だとその可能性は十分あります。 なお、当然ですが、つみたてNISA適格ではありませんから、繰上償還に際してに遠慮は不要です。 当時、全然人気が無かった様です。 記事にされたのが2019年12月で「 4. 38億円」。 あれ、 この商品本当に大丈夫か!? 予想外というかすっかり忘れてました。 そう、これも理由の1つでSPXLやTECLに投資しようと思ったんだった。 では、現在は一体どうなっているのでしょうか!? ということで、調べてみたところ、以下のようになっていました。 65 億円• iFree NASDAQ100: 24. 打って変わってNASDAQ100。 昨年の河童氏の記事の時点で「 4. 38億円」でした。 2019年12月でです。 が、その後一時期「 30億円」まで達成していましたが、現在は「 24. 57億円」に至っているようです。 完全に短期売買のお遊び場っぽくなってますね。 しかしですよ?! SPXLとTECLが無くなるであろう未来!かなりの長期投資家たちがこぞって流れるんじゃないかと思われます!そして 私のこのブログ記事により爆発的に参加者が増えることになるのだ!!! さんは私に宣伝費をこっそり送ってもいいよ!いつでも受け付けてるよ! 冗談は置いておいて、まじめにある程度の人がこの銘柄に飛びつくことになるんじゃないかなぁと予想します。 他の選択肢もあるので全員が全員くることは無い気はしますがある程度の需要はあると思います。 とはいえ、10年後まで続くかは分かりませんし、解約するときに受益者が少なくて売るに売れなかった、となると悲しいですね。 とはいえ、私は10年で1億を目指すわけですから、30億円あれば売却時に耐えてくれると信じてiFreeに賭けるのはありかなぁと思っています。 というわけで、まとめると、私は現時点では「 レバNASDAQ100」に全力スイッチさせて頂くことになると思います。 話は変わりますが、前日の記事でありがたいコメントを頂戴しました!以下引用内容となります。 不安に感じたので、先ほど大和アセットマネジメントさんに電話して状況を聞いてみました。 30億口=純資産額30億円だと解釈しています。 それはは一般的に純資産額30億円が基準と言われているようです。 以下お金の窓口さまのサイトを引用させて頂きます。 の「純資産額」は30億円がボーダーライン!活用法や注意点を解説 お金の窓口 これには色々な答えがあるものの、 「30億円」をボーダーラインとするやが多いようです。 なぜなら、金融機関側から見た となる純資産額が30億円とされているからです。 解釈がもし違う様なら申し訳ありません。 86億でしたので、多分これかなぁと思った次第です。 ただ、繰上償還されることは過去にあると回答があると。 もしくは基準価額を1万で割り、1口あたりの基準価額を出し、純資産を割ればいい、とのことです。 また、前日のコメントでご質問頂きました「 2040」についても軽く書きます。 「 NEXT NOTES NYダウ・ダブル・ブル・ドルヘッジ ETN」のダウ平均の2倍ですね。 こちらを投資先とするかどうかというご質問でしたが、私の考えとして、「 ダウ平均」は30銘柄しかないため今回調査対象から外しています。 管理費0. これについてはもし興味がでてきたら調べるかもしれません。 サッと調べた限りだと、「 ダウ平均」より「 NASDAQ100」の方がハイテク寄りですので好みでiFreeにするかなぁと言った次第です。 どちらにしてもSPXLが無くなると分かった数年後にどちらか片方が生き残っているのか、どちらも投資して安心か、等々を改めてその時調べることになると思います。 2020-03-05 okometsubu-blog.

次の

繊維筋痛症の激痛でも容易に僅か数回で改善する事実を公開

貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ

資本主義の奴隷による全力米国株投資の記録。 2018年1月から米国株投資を開始。 2018年2月〜6月で貯金を全て米国株にぶち込む。 月の給料から生活費とクレジットカード決済額を引いて、残ったマネーを全額突っ込む投資スタイル。 社会人になって必要に迫られ英語修得(現在も学習中)。 上司・同僚は英・米・仏・日・豪・印・露・タイetc(入れ替わり激しいので全部は覚えてない。 )という国籍入り混じった組織で約5年働く。 この数年間の実戦経験でTOEICも上がっていると嬉しい。 仕事中の社内文書、社外文書、email、電話、会話、会議等は99%英語。 映画(洋画)は字幕無しで大体OK。 しかし純ジャパ・留学経験無しなのでネイティブ相手の英語は今でも苦手意識が抜けない。 英字新聞やネットメディアの英日翻訳は英語学習にも投資の勉強にも良いと感じている。 最近は読者の皆さんが沢山「米国株」ボタンを押してくれるのでブログ更新のモチベーションになっています。 いつもお読み頂きありがとうございます。

次の