ソフトバンクエアー デメリット。 ソフトバンクエアーの悪い評判に騙されるな!料金、メリットとデメリットを徹底解説

正しいホームルーターの選び方|ソフトバンクエアーとWiMAXを比較

ソフトバンクエアー デメリット

ソフトバンクが提供するネットWi-Fi「 」は、おすすめできる人とできない人がはっきり分かれるサービスです。 SoftBank Airは電波を使ったWi-Fiサービスなので、同じソフトバンクの固定回線(光回線)である とは特徴やメリット・デメリットが全く違います。 なんとなく同じようなサービスだと思ってテキトーに契約しないよう注意しましょう。 私は現在ちょうどSoftBank Airを実際に利用しているので、 SoftBank Airのメリット・デメリットを利用者目線で分かりやすく解説していきます。 公式HP SoftBank Air(ソフトバンクエアー)のメリットは「開通工事が不要」なこと! SoftBank Airのメリットは、 開通工事しないで使えるようになるネットWi-Fi という1点に尽きます。 ただ、この「工事不要で導入できる」というのは人によってはめちゃくちゃ大きいメリットになります。 通常、自宅ネット回線として一般的な光回線(ソフトバンクなら )だと、ネットを繋げるのに(家の中まで回線を引っ張ってくるのに)必ず開通工事が必要になります。 業者を家に呼んで工事してもらう手間もかかりますし、基本的に工事費用も万単位でかかります。 これがSoftBank Airになると、 契約後に郵送されてくる「Airターミナル」というWi-Fiルーターをコンセントに繋いで電源ONするだけで、即ネットが使えるようになるのです。 これがうちのAirターミナル。 ティッシュ箱くらいの大きさのルーターです。 ご覧の通り、コンセントに挿すだけで屋内にWi-Fiを飛ばすことができます。 このように、開通工事をしないでコンセントさえあれば即座にネットに繋げるという特徴は、例えば以下のような人たちに多大なメリットがあります。 こんな人におすすめ• 自宅マンション・アパートで光回線が引けない・開通工事ができない人• 引越しや転勤が多く、引っ越すたびにネット回線を契約して工事するのが面倒な人(SoftBank Airは引越し先でも同じものを使える) それぞれもう少し詳しく説明します。 自宅マンションやアパートで光回線が引けない人はSoftBank Airが第一候補 の需要が一番ある人たちは、自宅で光回線が引けない人です。 賃貸のマンションやアパートに住んでいる場合、ネット回線は基本的に大家さんの意向に従う必要があります。 好きなネット回線を契約していい場合もあれば、建物全体ですでに契約している回線しか使えないという場合もあれば、光回線の工事を禁止している物件もあります。 開通工事を禁止している物件であれば光回線は引けないので、必然的にSoftBank Airのような工事不要で使えるネットWi-Fiを使う以外に方法がありません。 詳しくは下記記事で書いていますが、工事不要で使えるネット回線としては か、auグループが提供している が候補になります。 ただ WiMAXの方は3日で10GB以上使うと厳しい速度制限がかかるので、自宅のネット回線として使うならSoftBank Airの方がおすすめです。 後述しますが、SoftBank Airにも速度制限はあるもののWiMAXほど厳しくありません。 一応「使い放題」と言えるのはSoftBank Airになります 転勤などで引越しが多い人は、持ち運んで使えるSoftBank Airが便利 転勤などで引越しが多いと、その都度ネット回線を契約するのは非常に面倒ですよね。 せっかく工事してもまたすぐ引っ越すし……となるとしんどいです。 その点、 SoftBank AirならAirターミナルを持ち運べば引越し先でもそのまま使うことができるので超便利です。 引っ越すたびの新しい契約も必要ないし、ゴタゴタ工事する必要もなし。 新居に持ち運んでコンセントに挿すだけでOK、簡単です。 ただし注意点として、 SoftBank Airを契約住所とは別の場所で使う場合、 住所変更手続きが必要になります。 変更手続きといっても、ネットからすぐできるので簡単です。 ひとまず、勝手に契約した場所以外に持ち運んで使うのは禁止されています。 もし勝手に別の場所で使っているのがバレると強制解約されるケースもあるので気をつけてください。 住所変更手続きのやり方については以下の記事で詳しく説明しています。 もし必要な人は参考にしてください。 これは回線工事ができない人や引越しが大きい人には大きなメリットがあります。 しかし逆に言うと、 この唯一最大のメリットを享受できない人にはおすすめできないとも言えます。 次でデメリットの面についても解説していきます。 SoftBank Air(ソフトバンクエアー)のデメリットはひとえに「通信速度」にあり! SoftBank Airのデメリットも至ってシンプルです。 それはひとえに 光回線に比べると通信速度が遅いこと です。 SoftBank Airは工事しないので、光回線のように家の中まで回線を引いてくるわけではありません。 スマホと同じように、 外を飛んでいるモバイル回線の電波をキャッチして家の中に広げるという仕組みです。 そのため、通信速度や通信の安定度は、しっかり工事して回線を引いてくる光回線に比べると劣ります。 つまり、光回線に比べると、SoftBank Airは設置面でも通信面でも「ライト」なネット回線というイメージです。 またもう一点重要なこととして、SoftBank Airはスマホと同じモバイル回線のサービスであるため、 利用するエリア(地域)によって速度が変化する性質があります。 スマホでも場所によって電波が届かなかったり弱まったりすることがありますよね? それと同じです。 これら「SoftBank Airの速度事情」について、下記でもう少し詳しく説明します。 ソフトバンクエアーの通信速度を実際にテストしてみる SoftBank Airの通信速度は遅いと言っても、それはあくまで「 光回線に比べたら」の話。 別に普通に買い物したりドライブを楽しむのにF1カー並みの速度が出る必要はありません。 【朝8時】下り83. 6Mbps/上り6. 02Mbps/Ping31ms• 【昼12時】下り45. 8Mbps/上り6. 89Mbps/Ping28ms• 【夕方17時】下り98. 1Mbps/上り7. 38Mbps/Ping29ms• 【夜20時】下り9. 52Mbps/上り7. 43Mbps/Ping33ms 速度テストの数値は日によって結構幅が出るのですが、平均すると大体は• 朝〜夕方:下り30〜80Mbps• 夜(21時以降):下り8〜15Mbps くらいの範囲に収まるケースがほとんどです。 夜間に速度がガクッと落ちていますが、これが後述する 速度制限の影響です。 動画視聴やオンラインゲームも基本的には普通にできる 上記の通り、確かに下り100Mbps以上でる光回線( )に比べるとSoftBank Airの通信速度は遅いです。 しかし実際にSoftBank Airを利用している私の体感的に、 このくらい通信速度が出せればネットをしていて困ることはそうありません。 ネットサーフィンはもちろん、YouTubeで動画を見たり、 や で映画を観るのも普通にできています。 実際に「SoftBank Airで動画視聴は快適にできるか?」という検証も下記記事でまとめているので、気になる人はチェックしてください。 PS4やニンテンドースイッチなどオンラインゲームについても、基本的には普通にできています。 ほとんどゲームは問題なく普通にプレイできた• 格ゲーはオンライン対戦になるとラグが発生することがある• FPSはタイトルによっては重くなる(バトルフィールド1が重かった)• ゲームのアップデートやダウンロードは時間がかかる 基本的にほとんどのゲームはSoftBank Air回線でも普通にプレイできています。 夜間に速度低下を受けた状態でも許容範囲で、わりと普通にプレイできます。 ラグの発生や重さが気になったのは、検証したタイトルの中では格ゲー()のオンライン対戦時と くらいでした。 格ゲーのオンライン対戦は相手側の通信レベルも影響してくるので検証が難しいのですが、一瞬のラグが命取りになるので格ゲーオンライン対戦だけは厳しいイメージです。 ここでは結果だけ書きましたが、ゲーム検証についてもっと詳しくは下記のまとめ記事を書いたので、参考にしてください。 夜間は速度制限あり。 「 回線が混雑した場合に、一時的に速度制限することがある」というやや曖昧なルールになっています。 公式サイトでは下記のように明記されています。 ご利用の集中する時間帯( 夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。 動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。 とはいえ、SoftBank Airの場合は 速度制限を受けても下り10Mbps前後くらいはでます。 私の環境で下り5Mbpsを切ることはほとんどありません。 これがWiMAXやポケットWi-Fiだと、制限を食らうと下り最大1Mbpsまで制限を食らうのでかなり厳しいです。 1Mbpsを切るレベルだとネットサーフィンもストレスが溜まるレベルで、動画やゲームは厳しいです。 その意味でも、 自宅用のネット回線でオンラインゲームもするならWiMAXやポケットWi-FiよりもSoftBank Airの方がまだおすすめできます。 参考記事 【重要】SoftBank Airはエリアによって速度が変わる!契約前のエリア確認が必須 最後に一番重要なことです。 前述した通り、Softbank Airはスマホと同じモバイル回線サービスなので、 利用可能エリア(地域)というのが細かく決まっています。 利用するエリアによって引き出せる最大速度が異なり、体感的にも速度がかなり変わってきます。 この記事で書いた通信速度などは、すべて私の利用可能エリアで使っている結果です。 SoftBank Airは 利用可能エリアが外れると速度が遅すぎて使い物にならないので、まずは 自分の住所がSoftBank Airのエリア圏内かどうかを必ず確認が必要です。 この利用可能エリアは、 の「 住所別下り最大速度情報」というページで確認できます。 このように、かなり細かくエリアが区切られています。 右の「対応速度」というのはSoftBank Airがそのエリアで出せる最大速度。 つまり、 これらのエリアならSoftBank Airで最大261Mbpsの速度が出せるということです。 私が使っているのも「261Mbps」のエリアです。 逆に言うと、 このエリア情報に掲載されていないエリアは、速度レベルがダダ下がることが公式にも記載されています。 メリット:開通工事しなくてもネットが使える• デメリット:光回線に比べると速度が遅い 特徴がとてもはっきりしているので、選ぶ際に迷いはないと思います。 開通工事できない・したくない人のためのネット回線である 改めて書きますが、SoftBank Airは「 工事できない(したくない)人のためのネット回線」です。 物件で工事禁止にされていたり、引越しが多い人には非常にありがたいネット回線と言えるでしょう。 しかし逆に言うと、「 工事できる人は光回線にしておくに越したことはない」とも言えます。 通信速度などスペック面においては、全てにおいて光回線の方が盤石です。 ソフトバンクユーザーであれば を選びましょう。 月額料金などコストについては、SoftBank AirもSoftBank 光もそこまで大きな差がありません。 SoftBank光であれば、オンラインゲームでも全く心配なく快適にプレイできます。 検討したい人は下記記事など役に立つと思います。 リンク 【参考記事】 【参考記事】 ソフトバンクエアーの月額料金(購入/レンタル)について 最後に、大事な月額料金についても触れておきます。 ソフトバンクAirの月額料金は、Airターミナルを「 購入」するか「 レンタル」するかで変わってきます。 新生活が始まるこの時期、• もっとも簡単に• もっとも早く 自宅でインターネットを使い始めたい人にオススメのWi-Fiです。 コンセントに挿して、電源を入れる。 これだけ。 いますぐお家でネットが使えます!.

次の

ソフトバンクエアーのレンタルと買取の違い。どちらがメリット・デメリット?

ソフトバンクエアー デメリット

固定回線と比べたソフトバンクエアーのデメリット ソフトバンクエアーは固定回線とは大きく異なるサービス。 ソフトバンクエアーは固定回線よりも手軽にWiFiが使える分、デメリットも多くなります。 固定回線よりも通信速度が遅い 固定回線は通信回線を直接持ってくるため、その分通信速度が早くなります。 一方で、ソフトバンクエアーは無線で通信するため、固定回線よりも通信速度は遅くなります。 通信が途切れやすい 無線タイプなので、通信回線から直接繋いでいる固定回線よりも、電波の安定性が低くなります。 そのため、つながりにくい時間帯があったり、通信が途切れることが多くなってしまいます。 ping値が低くオンラインゲームに向いていない オンラインゲームをするなら、間違いなく固定回線を選ぶべき。 ゲームをするためには、ping値がとても大切です。 ping値はゲームの応答速度に関係する値のことで、このping値が悪いとゲームの反応が遅くなってしまうため、オンラインゲームをするのにかなりストレスが溜まってしまいます。 場合によっては、ゲームにならないこともあります。 ソフトバンクエアーは、固定回線と比べてこのping値がかなり高くなってしまいます。 一瞬の遅れでゲームオーバーになってしまうこともあるので、オンラインゲームをするなら固定回線一択です。 ポケットWiFiと比べたソフトバンクエアーのデメリット 仕事や遊び、旅行に持っていけない ソフトバンクエアーとポケットWiFiを比べたデメリットは、自由に持ち歩けないところ。 ソフトバンクエアーも固定回線と比べるとコンセントに挿すだけでサクッと使えるので便利ですが、ポケットWiFiのようには自由に持ち歩けません。 外でパソコン作業や仕事をしない、Youtubeや動画をあまり見ないというのであれば問題ありませんが、もし外でWiFiが欲しくなるのであれば、持ち運べないのは間違いなくデメリット。 フリーWiFiやWiFiのあるカフェをいちいち探すのは手間がかかるので、外でも使いたいのであれば、ポケットWiFiを選びましょう。 WiMAXの置くだけWiFiと比べたソフトバンクエアーのデメリット 引っ越しするときは住所変更が必要 ソフトバンクエアーは、登録した住所以外で使うことができないという大きなデメリットがあります。 契約した住所以外で使うためには、住所変更の申請が必要になります。 WiMAXの置くだけWiFiはどこでも自由に使えるので、ソフトバンクエアーは使う場所が限定されてしまいます。 夜になると通信が途切れやすい 正直、ソフトバンクエアーはこれが一番大きなデメリットだと思います。 固定回線はもちろん、WiMAXの置くだけWiFiも頻繁に通信が途切れるということはありません。 ソフトバンクエアーは、毎回夜に数回程度通信が途切れてしまい、YoutubeやWebサイト、Twitterを見ていると、急に繋がらなくなってしまいます。 コンセントを抜いて、もう一度挿して電源を入れ直すと電波は回復しますが、度々通信が途切れてしまうのは正直かなりストレスがたまります。 もちろん、エリアによって違いはあると思いますが、夜になると途切れやすいというのがソフトバンクエアーの一番のデメリットだと思います。 大手のプロバイダーがない WiMAXの置くだけWiFiの場合は、SONY系列のSo-netや東証一部上場企業のGMOグループが運営しているGMOとくとくBBなどの、知名度のあるプロバイダから契約することができます。 一方で、ソフトバンクエアーをソフトバンクではなくプロバイダーから契約しようとすると、聞いたことのないプロバイダから契約することになります。 もちろん、知名度が高いからといってサービスが良いとか質が高いとかは関係ありません。 通信回線のプロバイダーの大半は、知名度に関係なく契約内容やサービスの内容が複雑で不親切なケースが多いので、評判の悪い口コミもよく見かけます。 しかし、聞いたことのない会社から契約するのが怖いという方にとっては、知名度の低いプロバイダしかないというのは少し不安です。 もし不安な場合はソフトバンクから契約するのが一番ですが、料金がかなり高くなってしまうのには注意してください。 その他のソフトバンクエアーのデメリット 申し込むまで使えるエリアかどうかわからない ソフトバンクエアーは、使えるか使えないかが申し込むまでわからないというデメリットがあります。 SoftBank Airは、ソフトバンク株式会社が指定するサービス提供エリア内の方のみに提供します。 申込みのご住所がサービス提供エリア外と判定された場合は、お電話を差し上げますのであらかじめご了承ください。 使えないエリアは契約できないというのは、使えない回線を契約しなくて済むという意味ではいいかもしれません。 ですが、申し込むまでわからないとなると、すぐにWiFiを使いたいという方にとっては大きなデメリットです。 ちなみに、ソフトバンクエアーの対象エリアに入っていそうかどうかはで確認できるので、気になる方は確認してみてください。 ソフトバンクエアーのデメリットまとめ 【固定回線と比べたデメリット】 ・固定回線よりも通信速度が遅い ・通信が途切れやすい ・通信が途切れやすい 【ポケットWiFiと比べたデメリット】 ・仕事や遊び、旅行に持っていけない 【WiMAXの置くだけWiFiと比べたデメリット】 ・引っ越しするときは住所変更が必要 ・夜になると通信が途切れやすい ・大手のプロバイダーがない 【その他のデメリット】 ・申し込むまで使えるエリアかどうかわからない どのサービスと比べるかによって、デメリットは違ってきます。 大切なのは、自分の使い方やライフスタイルにソフトバンクエアーが合っているかどうか。 ここにあげたデメリットで問題ないなら、あなたにとってはソフトバンクエアーは良いサービスになります。 自分がどんな風にソフトバンクエアーを使いたいのか考えて、デメリットを比較しましょう。 ソフトバンクエアーを契約するなら、しっかりと契約するプロバイダを選ぶのが大切。 失敗しないプロバイダを選びたいなら、「」を参考にしてください。

次の

評判悪い?SoftBank Air(ソフトバンクエアー)契約前の3つの注意点

ソフトバンクエアー デメリット

どうも。 元ビジフォン販売員のTOTO( )です。 自宅のネット回線として「ソフトバンクエアー」を検討しているけどネットの評判があまり良くなくて、申し込むのに二の足を踏んでいる人も多いですよね。 実際にネットでソフトバンクエアーについて調べてみると、「おすすめしない」とか「デメリット」とかネガティブな情報ばかり出てきます。 確かに ソフトバンクエアーには、契約期間と分割払いの期間が違うなど気を付けないといけない点はあります。 しかし逆に言うと、気を付けるべき点を抑えてさえおけば、自宅のWiFi環境を整えるのにソフトバンクエアーは決して悪い選択ではないんです。 今回の記事では「ソフトバンクエアーの悪い評判に騙されるな!料金、メリットとデメリットを徹底解説」について書いていきます。 レンタルの場合は端末代の代わりにレンタル料が発生し、端末代の割引である月月割は適用されません。 また端末を購入した場合のみ「SoftbankAirスタート割」が適用となるので、 端末はレンタルするよりも購入した方がソフトバンクエアーの月額料金が安くなるんですね。 端末の分割払いの注意点 ソフトバンクエアーの端末は分割払いで購入するんですが、実はソフトバンクエアーを利用する上で最も注意しないといけないのがここなんです。 ソフトバンクエアーの契約期間は端末を購入する場合でもレンタルする場合でも2年ですが、 端末の分割払いの回数は36回となっています。 最初の2年契約満了時点でソフトバンクエアーを解約すると、その時点で月月割の適用も終了となり、残り12回分19,800円を精算しなければいけません。 じゃあ端末代の分割払いが終わった時点で解約すればとなりますが、分割払いが終わった時点では更新した2年契約の真っ最中なので9,500円の違約金が発生します。 ですからソフトバンクエアーで 端末を購入した場合には、違約金も端末代の精算も無しに解約するには最低4年は使い続けないといけないわけです。 この点をしっかり理解しておかないと、「ソフトバンクエアーは解約しにくい」ということになってしまうんですね。 ソフトバンクエアーを契約するならモバレコAirがおすすめ! ソフトバンクエアーを契約するのであれば「モバレコAir」の利用をおすすめします。 は「株式会社グッドラック」が運営しているサービスなんですが、簡単に言うとソフトバンクエアーの格安SIMみたいなものです。 ですから モバレコAirで使う回線も端末もソフトバンクエアーと全く一緒、繋がりやすさや通信速度などの通信品質も変わりません。 それでいてモバレコAirでは、キャッシュバックが貰える上に、モバレコAir独自の料金割引も受けられるんですね。 出典:【公式】モバコレAir(株式会社グッド・ラック) モバレコAirの料金体系 モバレコAirの月額料金は下記の通りです。 モバレコAir料金体系 金額 月額料金(1~2ヶ月) 1,970円 月額料金(3~12ヶ月) 3,344円 月額料金(13~24ヶ月) 3,344円 キャッシュバック -28,000円 事務手数料 3,000円 独自の「モバレコAir限定月額キャンペーン」が適用されて、最初の2か月間は何と月額1970円で利用できます。 3か月目以降も月額3,344円ですから、ソフトバンクや先に紹介した代理店で申し込むよりも月500~1,500円ほど安くなるんですね。 ちなみに端末をレンタルする場合でも、独自の料金割引は受けられます。 モバレコAirのキャッシュバックでさらにお得 モバレコAirは料金が安いことに加えて、 28,000円のキャッシュバックも貰えます。 利用開始翌月にモバレコAirから送られてくるメールの内容に従って振込口座を登録すれば、その翌月に28,000円が口座に振り込まれます。 キャッシュバックの案内メールは利用開始翌月に送られてきますから、忘れたり見落としたりして手続きをし損ねる危険性は低いですね。 ただキャッシュバックを受け取る口座の登録には期限があり、それがメールを受け取ってから10日前後と結構シビアなので注意しましょう。 モバコレAirの端末スペック モバコレAirで使われるは当然ながらソフトバンクエアーの機種になります。 端末スペック(ソフトバンクAir) Airターミナル4 Airターミナル3 Airターミナル2 Airターミナル サイズ HxWxD 約 225x103x103mm 約 208x95x95mm 約 261x220x64mm 重さ 本体:約 635gアダプタ:約 197g 本体:約 550gアダプタ:約 197g 本体:約 610gアダプタ:約 185g 通信方式 4G方式:AXGP(2. 5GHz)TDD-LTE 3. 5GHz 4G LTE方式:FDD-LTE 2. 1GHz 4G方式:AXGP(2. 5GHz) 4G方式:AXGP(2. 3Gbps IEEE 802. そこで実際にソフトバンクエアーを使ってみた感想はどうなのか、Twitterで調べてみました。 先に紹介したメリット・デメリットを挙げている人が多いんですが、これはソフトバンクエアーのユーザーでないと分からないといった意見もありましたよ。 良い口コミ ソフトバンクエアーのメリットに関するツイートは以下の通りです。 ソフトバンクエアー契約しました。 最短で3日、最長で1週間後には 届きます。 — れーじ🍮 ReijiFake ソフトバンクエアーをネットで申し込んだ場合でも、端末が手元に届くのが早いという意見は多く見られました。 便利な通信機器では初期設定が面倒な場合もありますが、ソフトバンクエアーはコンセントに繋ぐだけで初期設定不要なのも大きなメリットです。 機会が苦手な人や女性でも簡単に設置でき、誰でも簡単に使えるのが嬉しいですね。 悪い口コミ ソフトバンクエアーのデメリットに関する口コミは以下の通りです。 どんなときも WiFiを乗り換えてる人は多いが、絶対ソフトバンクエアーsoftbankairだけはやめたほうがいい。 本体代は3年分割、通信は2年契約で違約金は9500円。 つまりきれいにやめるためには4年かかるということ。 それ以外でやめると違約金プラス本体代一括で払う必要がある。 ソフトバンクエアーの通信速度については、十分出ているという人ももちろん居ますが、遅いという意見が目立ちます。 オンラインゲームをプレイするにはラグが大きすぎるというのは、実際にソフトバンクエアーでオンラインゲームをプレイしてみないと分からないことですね。 評判を調査!ソフトバンクエアーのデメリット ソフトバンクエアーの利用を検討していると嫌というほど目にしているかもしれませんが、改めてソフトバンクエアーのデメリットを紹介します。 ネット上に挙げられている主なソフトバンクエアーのデメリットは以下の6つです。 4年縛り• 通信速度が遅い• 2年目以降料金が高くなる• レンタルだと割引が無い• 持ち運び不可• 繋がりにくい 無料解約は4年後・・・ ソフトバンクエアーの端末を購入した場合、最初だけですが、 実質的に4年縛りになってしまいます。 ソフトバンクエアーは自動更新型の2年契約で、端末代の分割払いは36回すなわち支払期間3年です。 なので端末代の精算も違約金も発生せずに、無料でソフトバンクエアーを解約しようと思ったら最低4年は使い続けないといけないわけです。 最近は契約期間の縛りを設けないポケットWiFi事業者も増えているので、ソフトバンクエアーの4年縛りはかなりのデメリットと感じる人が多いんですね。 速度の遅さに不満の声も多い・・・ ソフトバンクエアーの通信速度について調べてみると、WiMAXなど他のモバイル回線と比べても「遅い」という意見が少なからず見られます。 ソフトバンクエアーの通信速度には地域差があり、100Mbps近く出ているところもあれば、反対に5Mbpsも出ていないところもあるんですね。 中には1Mbps前後しか出ないケースもあり、どうしてもネットの意見は悪目立ちするので、ソフトバンクエアー=通信速度が遅いという評判になってしまいます。 しかし実際に使ってみないとどのぐらいの通信速度が出るか分かりませんから、通信速度が遅いという意見が多いのは無視できませんね。 2年目以降の月額料金が高くなる 端末を 購入してソフトバンクエアーを利用する場合には「SoftbankAirスタート割」が適用されて、1,080円引きの月額3,800円となります。 ところがスタート割だけあって割引が受けられるのは最初の1年間だけで、2年目以降はスタート割が無くなって月額4,880円と一気に月1,080円も高くなってしまいます。 スマホやポケットWiFiでは途中で料金が高くなることは珍しくありませんが、大抵は契約更新時なので料金が高くなる前に解約することができます。 ところが ソフトバンクエアーの場合は、2年契約の最初の1年が経過して時点での料金アップですから、端末代の精算や違約金を考えると解約しにくいんですね。 ルーターレンタルは月額料金が高い ソフトバンクエアーで端末を購入すると、契約期間と分割払い期間がちがったり、2年目から料金が高くなったりと注意すべきことが多くなっています。 それなら端末をレンタルすればとなりますが、レンタルは レンタルで割引が受けられないので単純に月額料金が高いんですね。 ソフトバンクエアーの基本料金は月額4,880円ですが、 レンタルの場合は端末のレンタル代490円がプラスされて月額5,370円となります。 最近は端末をレンタルする通信サービスも増えていますが、その多くはレンタル料無料で、無制限プランが3,000円台となっています。 それに比べてソフトバンクエアーは、端末のレンタル料が発生する上に、月額料金が5,000円オーバーですからかなり割高な印象です。 ポケットWiFiのように持ち運びできない ソフトバンクエアーは固定回線代わりとして使うことを前提としているので、 ポケットWiFiのように持ち運んで外で使うといったことはできません。 バッテリーが搭載されていませんから端末を充電することはできず、コンセントから給電しないとソフトバンクエアーは通信できないんですね。 「じゃあ会社や友人の家などコンセントのある場所に持って行けば」と思うかもしれませんが、ソフトバンクエアーではそれもできません。 ソフトバンクエアーは契約時に登録した住所でしか利用できないことになっており、別の場所で利用した場合には通信が制限されてしまいます。 場合によっては強制解約なんてこともありえますから、ソフトバンクエアーを自宅以外の場所に持って行って使うことは絶対にしちゃいけませんよ。 障害物で電波が届かなくなることも・・・ ソフトバンクエアーは電波を使って通信しますが、 電波は電気を通しやすいものにぶつかると反射してしまうことがあります。 例えば鉄筋コンクリート造りの建物の壁際にソフトバンクエアーの端末を置いていると、壁の中の鉄筋に基地局からの電波が反射して端末が電波をキャッチできなかったりします。 また水分を含みやすい土壁でも電波が不安定になりますから、家の壁が障害物となってソフトバンクエアーが繋がりにくくなることがあるんですね。 ソフトバンクエアーのメリット ソフトバンクエアーに否定的なサイトではデメリットだけを紹介していることも多いですが、ソフトバンクエアーにはメリットももちろんあります。 ソフトバンクエアーのメリットしては以下4つが挙げられます。 工事不要• 通信量無制限• 即日開通可能• 高額キャッシュバックが貰える 回線工事が不要 ソフトバンクエアーは電波を使って通信するので、光回線のような回線工事は不要です。 光回線だと回線工事が実施されるまでに1か月以上待たされることもあります、回線工事には立ち会わないといけません。 ところがソフトバンクエアーは回線工事不要ですから、申し込んでから利用開始まで待たされたとしてもせいぜい1週間ぐらい、当然工事の立ち会いも必要ないんですね。 開通に手間も時間もかからないのが、ソフトバンクエアーの大きなメリットです。 データ容量が無制限 ソフトバンクエアーは通信量無制限ですから、好きなだけ動画を見たりSNSを使ったりしても通信制限を受ける心配がありません。 さらに WiMAXなどのように3日間10GBといった制限もソフトバンクエアーにはありませんから、まさに「使い放題」なんですね。 ですから自宅の固定回線としてソフトバンクエアーを家族で使う場合でも、通信量を気にせず使えるというわけです。 ただしソフトバンクに「極度のヘビーユーザー」と見なされた場合には通信制限を受ける恐れがあるので、使い過ぎには注意してくださいね。 店頭で即日受け取れる ソフトバンクエアーはソフトバンクショップや家電量販店でも申し込むことができ、 店舗に端末の在庫があれば、申し込んだその場で端末を受け取ることも可能です。 端末の初期設定はスタッフが行ってくれるので、自宅に持ち帰ってコンセントに繋ぐだけでソフトバンクエアーを使い始めることができます。 申し込みから利用開始まで1か月も待つと使いたい気持ちも萎えてしまいますから、申し込んですぐに使い始められるのは大きなメリットですね。 代理店経由なら高額キャッシュバックがある ソフトバンクエアーはソフトバンクに直接申し込む以外にも、代理店を経由して申し込むこともできます。 代理店を経由して申し込むと、ソフトバンクエアーの通信品質はそのままで、高額キャッシュバックが貰えるチャンスがあるんです。 詳しくは後で紹介しますが、面倒な手続きや 有料オプションへの加入などの条件も無しで30,000円以上のキャッシュバックが貰える代理店もあります。 ソフトバンクのサイトやショップで申し込むとキャッシュバックは貰えませんから、ソフトバンクエアーは代理店経由で申し込むのがお得ですよ。 ソフトバンクエアーでキャッシュバックを貰う方法は? ソフトバンクエアーは 代理店を経由して申し込むことで、高額なキャッシュバックが貰える可能性があります。 ソフトバンクエアーの申し込みでキャッシュバックが貰える代理店は結構あるんですが、その中でも比較的簡単に貰えるおすすめの代理店を3つ紹介します。 これから紹介する3つの代理店では、申し込みの時点でキャッシュバックの手続きも行うので、キャッシュバックを貰い損ねる心配がありません。 またキャッシュバックが貰える時期もソフトバンクエアー利用開始の2か月後と早く、有料オプション加入などお金のかかる条件も付いていません。 その際に、キャッシュバックキャンペーンの利用と キャッシュバックの振込口座を伝えるだけで28,000円のキャッシュバックが振り込まれます。 さらに申し込みから3日以内に事前情報登録を行うと2,000円プラスとなり、キャッシュバック金額が30,000円にアップします。 ソフトバンクから送られてくるSMSに記載されているURLにアクセスして、支払い方法の選択と本人確認書類のアップロードを行えば事前情報登録はOKです。 ただしソフトバンクエアーの端末をレンタルする場合は、キャッシュバックは貰えません。 ネクストのサイトでソフトバンクエアーを申し込んで確認の電話がかかってきたら、 キャッシュバックキャンペーンの利用と振込口座を伝えるだけでキャッシュバックの手続きは完了です。 ネクストのキャッシュバック金額は30,000円ですが、申し込み後に送られてくるソフトバンクからのSMSを受け取ってから2日以内に事前情報登録をしないとキャッシュバックが2,000円減額されてしまいます。 またソフトバンクエアーの端末をレンタルする場合は、キャッシュバック金額は15,000円となります。 こちらもアウンカンパニーのサイトで申し込み、アウンカンパニーから確認の電話がかかってきたら• キャッシュバックキャンペーンの利用• キャッシュバックの振込口座 を伝えるだけでOK。 ソフトバンクエアーの 利用開始翌々月に、指定した口座に30,000円のキャッシュバックが振り込まれます。 ただし申し込み後に、ソフトバンクから送られてくるSMSを受け取ってから2日以内に事前情報登録をしないとキャッシュバックが28,000円になります。 またソフトバンクエアーの端末をレンタルする場合は、キャッシュバック対象外です。 ソフトバンクエアーがおすすめな人 ソフトバンクエアーは通信速度があまり速くなくてラグもあるので、動画やオンラインゲームには向いていません。 ですから毎日動画を見たりオンラインゲームをプレイしないのであれば、ソフトバンクエアーでも十分ネットが楽しめますね。 また ソフトバンクエアーにはソフトバンクスマホとのセット割もあるので、ソフトバンクユーザーにもおすすめです。 さらにソフトバンクエアーは工事無しで利用できますから、• 自宅でネット回線をすぐに使いたい• 回線工事が面倒 といった人にも向いています。 それからソフトバンクエアーの通信には電波を使うので面倒な配線も不要ですし、端末の初期設定が施された状態で手元に届きます。 なので機器の配線や端末の初期設定が苦手という人にも、ソフトバンクエアーはおすすめですよ。 ソフトバンクエアーがおすすめでない人 通信速度はネット回線の使い勝手を決める大事な要素で、とにかく ネット回線は通信速度重視という人にはソフトバンクエアーは向いていません。 またソフトバンクエアーは持ち運べないので、持ち運んで使いたい場合にはソフトバンクエアーではなくモバイルルーターを選びましょう。 それからソフトバンクエアーは ラグもあるので、オンラインゲームをプレイするにはちょっと力不足です。 対戦や協力プレイをしないならともかく、を使った方が良いですね。 まとめ ネットに散々書き込まれているように、ソフトバンクエアーにはデメリットは決して少なくありません。 しかし全く使いものにならないサービスというわけではなく、ソフトバンクエアーの特徴をしっかりと理解すれば光回線の代わりとして使うことだってできます。 ですからネット上の意見を鵜のみのするのではなく、メリットデメリットを自分なりに理解してソフトバンクエアーの利用を検討してみてください。

次の