日本 新型 コロナ ウイルス。 新型コロナウイルス 国内感染の状況

日本の新型コロナウイルス対策――クラスター対策と行動変容 / 服部美咲 / フリーライター

日本 新型 コロナ ウイルス

2020. 12 2020. 05 2020. 02 [別ウィンドウ] 2020. 30 2020. 29 2020. 22 2020. 15 2020. 14 2020. 14 2020. 01 2020. 23 2020. 22 2020. 16 2020. 15 2020. 09 2020. 05 [別ウィンドウ] 2020. 04 [別ウィンドウ] 2020. 03 2020. 26 2020. 21 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 関連情報リンク• 一般社団法人 日本内科学会• 一般社団法人 日本老年医学会• 一般社団法人 日本感染症学会• 特定非営利活動法人日本高血圧学会• 一般社団法人日本循環器学会.

次の

日本における2019年コロナウイルス感染症の流行状況

日本 新型 コロナ ウイルス

NTT 東日本 - IPA 「シン・テレワークシステム」 新型コロナウイルス対策用 テレワークシステム 緊急構築・無償開放・配布ページ NTT 東日本 - IPA 「シン・テレワークシステム」 緊急構築・無償開放・配布ページ NTT 東日本 - IPA 「シン・テレワークシステム」 とは• 2020 年 5 月 1 日に、国の「新型コロナウイルス感染症専門家会議」が「新しい生活様式」の提言を発表し、治療法確立・ワクチン開発等による終息までの間は、当面の感染拡大防止と新規感染者数増加に対する備えが求められることになりました。 在宅勤務が今すぐ必要とされていますが、在宅勤務のためのシステム シンクライアント、VDI、VPN など の導入には時間が必要で、間に合わない場合も多くあります。 このような非常事態下では、契約や調達を行なうことなく、直ちにインストールでき、簡単に利用開始できる、無償・ユーザー登録不要の、自宅から会社のパソコンを操作することができるシステムが必要です。 本システムの利用においては、申込み、契約などは一切不要です。 個人情報の提供、メールアドレスの登録も不要です。 NTT 東日本の回線サービスに限らず、一般的な任意なインターネット回線で利用できます。 企業環境における一般的な HTTP プロキシやファイアウォールにも対応しています。 HTTPS TCP ポート 443 が外向きに通信できる環境であれば、利用可能です。 ルータ・プロキシ・ FW 等の内側の PC に、ルータ・プロキシ・FW の設定に例外設定のポートなどを開けることなく、安全にリモートアクセスができます。 超高速・低遅延・高性能・安定・セキュア・企業や行政機関のファイアウォールとの親和性を最優先に、開発・提供を行なっております。 デバイスドライバ等のカーネルモードモジュールのインストールは一切必要ありません。 ユーザーモードのみで動作します。 2020 年 5 月 29 日 金• NEW! 2020 年 5 月 1 日の国の「新型コロナウイルス感染症専門家会議」の提言を受け、現在のところ、新型コロナウイルス「徹底した行動変容」または「新しい生活様式」が求められている期間中は、当面の間、実験継続したいと考えています。 2020 年 5 月 14 日 木• 実証実験の状況、中継システムのハードウェアの写真、1 ユーザーあたり発生コスト、新機能の開発について掲載しました。 しました。 2020 年 5 月 1 日 金• しました。 グラフはリアルタイムで更新されます。• 2020 年 4 月 30 日 木• しました。• 「ワンタイムパスワード認証 OTP 」 を追加しました。 企業環境での既存のセキュリティポリシーに準拠するため、「二要素認証に対応してほしい」、「OTP に対応してほしい」というご要望にお応えして、新規開発をいたしました。 是非、お使いください。• 2020 年 4 月 28 日 火• 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 CSAJ セキュリティ委員会殿により が策定・公開されました。 12 ページの PDF 資料となっており、一般的な企業環境でそのまま適用可能な、大変充実した内容となっています。 「シン・テレワークシステム」を企業環境で導入・利用する際に、ご参考になるものと思われます。 企業環境で「シン・テレワークシステム」を導入する際の留意事項、社員が守るべきポリシー等について、検討されている企業の方々におかれましては、ぜひ本ドキュメントをご参考になさってください。• 2020 年 4 月 27 日 月• しました。• 2020 年 4 月 24 日 金• をリリースしました。 を設置しました。 マナーを守ってご活用ください。 を開始しました。 本システム側で特定 IP アドレスを一括して規制いたします。 希望される組織様におかれましては、是非ご活用ください。 2020 年 4 月 21 日 火 この Web ページを初公開し、 を公開しました。 はこちら• はこちら 特徴・仕組み 簡単に会社の PC をシンクライアント化• 会社の PC に「シン・テレワークシステム サーバー」 をインストールします。 次に、自宅の PCに「シン・テレワークシステム クライアント」をインストールします。 これにより、自宅の PC から、会社の PC を操作することができるようになります。 キーボード・マウスの操作が自宅 PC から会社 PC に送信され、画面がリアルタイムで自宅の PC に伝送されます。 会社の HTTP プロキシサーバーやファイアウォールの設定を変更することなく利用できます。 HTTPS TCP ポート 443 が外向きに通信できる環境であれば、利用可能です。 「グローバル IP アドレス」や「固定 IP アドレス」などが不要です。 NAT やブロードバンドルータの内側にある PC に、インターネットからアクセスできます。 ユーザー登録、申込み、契約は不要で、本日からすぐに利用することができます。 クリップボード、ファイル、プリンタの共有• ローカルとリモートとの間で、クリップモード、ファイル、プリンタの共有ができます。 動作しない場合もあります ファイル持ち出し禁止のセキュリティポリシーへの合致• サーバー側は 「共有機能無効版」 のインストーラも用意• 職場のセキュリティポリシーで、ファイルの持ち出しが禁止されている場合 リモート画面で閲覧・操作は可能であるがファイルを職場外に持ち出してはならない がある場合に利用可能 セキュリティ• SSL-VPN 暗号化トンネルでは TLS 1. 3 が使用されています。 さらに、システムモードで動作させている「シン・テレワークシステム サーバー」においては、End-to-End の暗号化が提供されます。 中継システムであっても解読することができない暗号化• ユーザー認証は、単純なパスワード認証のほか、PKI 証明書 認証や企業の RADIUS サーバーと連携した認証が可能です。 サーバー側ログの syslog 送付が可能です。 接続元 IP アドレスを制限することができます。 IP アドレス単位またはサブネット単位で複数のルールを設定できます。 二重・三重のセキュリティチェックによる多層防御。 システムモードで動作させている「シン・テレワークシステム サーバー」を用いてログインするには、「コンピュータ ID」、「シン・テレワークシステムのパスワード」、「Windows のログオンパスワード」の 3 つの秘密の文字列をすべて知っている必要があります。 システム管理者権限不要• サーバー側、クライアント側ともにインストールと動作が一般ユーザー権限で可能です。 ただし、一部の機能が制限されます。 職場の PC では以下の作業を行なってください 会社のパソコンにインストールするソフトウェア から、「シン・テレワークシステム」 の Windows 用インストーラをダウンロードし、アイコンをダブルクリックしてインストールを開始します。 インストールは、一般ユーザー権限でも可能です Administrators 権限は不要です。 ただし、職場の PC にインストールする際には、必ず事前に管理者の承諾を得てください。 インストールは、セットアップウィザードをクリックするだけで完了します。 所要時間は、最短で、1 分程度です。 ただし、途中で表示される注意事項等を、よくお読みください。 下図の赤枠で囲ってある部分が、「シン・テレワークシステム サーバー」 のメイン設定画面です。 最初の設定を行なうときだけ起動します。 設定が終わったら、閉じていただいて構いません。 会社の PC で起動しているアプリケーション 下図の例では、メールソフト、パワーポイントソフト、表計算ソフト、Web ブラウザ、OS 付属のゲームソフト は起動したままで大丈夫です。 「シン・テレワークシステム サーバー」 のメイン設定画面で重要なタスクは、以下の 2 つのみです。 ユーザー登録、申込み、契約等は一切不要です。 メールアドレスの登録も不要です。 リモートアクセス用のパスワードを設定すること。 十分複雑なパスワードを設定してください。 ただし、自宅から接続する際に必要ですので、忘れないようにご注意ください。 職場の PC サーバーになる を一意に識別するための ID を決めること。 ある程度複雑な ID を決定することを推奨します。 ID はメモをとっておくと良いでしょう。 自宅の PC では以下の作業を行なってください 自宅のパソコンにインストールするソフトウェア から、「シン・テレワークシステム」 の Windows 用インストーラをダウンロードし、アイコンをダブルクリックしてインストールを開始します。 インストールは、セットアップウィザードをクリックするだけで完了します。 所要時間は、最短で、1 分程度です。 ただし、途中で表示される注意事項等を、よくお読みください。 クライアントソフトウェアは、大変シンプルな作りです。 会社の PC で決めた「コンピュータ ID」を入力して、「接続」ボタンをクリックします。 接続先のコンピュータが稼働していれば、ユーザー認証が開始されます。 職場の PC に設定したパスワードを入力してください。 すると、自宅のパソコンから、会社のパソコン画面に接続されます。 引き続き仕事を自宅から行なうことができます。 上図の画面全体は、自宅の PC の画面を表しています。 赤枠の中に、会社の PC の画面が表示され、遠隔で仕事の継続が可能です。 仮想マルチディスプレイ機能 職場 PC がマルチディスプレイ非対応でも、自宅から接続するとマルチディスプレイに変身• Beta 3 では、「仮想マルチディスプレイ機能」を追加しました。 「職場の PC」にディスプレイが 1 枚しかない場合でも、自宅の PC にディスプレイが 2 枚以上あれば、自宅から職場の PC をリモート操作する際にマルチディスプレイ化して、大変快適に操作することができます。 これを機会に、自宅から快適に仕事を行ない、通勤量の削減を目指しましょう。 詳しい情報• 提供元• 本実証実験システムを緊急で構築するための連携協力と既存インフラおよび技術の統合について• 本システムを実現するためには、インターネット上で極めて多数のテレワーク通信セッションを中継するシステムが必要でした。 本システムは、以下のような技術・要素の組み合わせです。 本企画をわずか 2 週間程度で実現するためにご協力いただいている多数の方々に深く感謝いたします。 NTT 東日本の大規模サービス構築・運営に関する経験豊富な知見• IPA 産業サイバーセキュリティセンターの有する調査分析用のネットワーク設備• IPA 未踏ソフトウェア創造事業 2003 年度の成果物• 新型コロナウイルス対策のため 2020 年 2 月より当面の間無償開放中 なお、Desktop VPN のコードが利用されていますが、多くの部分が新たに書換えられています。 筑波大学のという大規模通信中継システム NAT・FW 越え、冗長化 に関する研究成果• が東京都内の電話局間に張り巡らせている光ファイバ網• ニコニコ動画のインターネットバックボーン運営社 が有している国内主要 ISP との間の超高速・低遅延の BGP ネットワーク• IPA から、JGN を経由して、主要な接続先上流 AS として大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立情報学研究所の SINET を利用させていただいております。 本システムは、公益に資するために提供されるものですが、システムそのものが実証実験であり、不完全、未完成の状態で、いち早くリリースされるものです。 そのような点をご理解いただいた上で、ご利用ください。 といっても、今のところ約一万人が利用しているにもかかわらず、極めて安定しておりますが... ご注意 本テレワークシステムは、新型コロナウイルス感染症拡大防止と事業継続支援のため、研究開発中の試験的プログラムや無保証のインフラや実験ネットワークを組み合わせ、限られたリソースの元で、学術的・試験的な実証実験として、一時的・緊急的に提供されるものです。 アプリケーションや中継システムの品質・機能・性能・セキュリティレベルは、実験段階のレベルであり、完成された商用レベルではありません。 したがって、本テレワークシステムは現状有姿で提供されるものであり、その有用性、合目的性および商業性等は一切保証されません。 不具合によりデータの滅失、改変、ハードウェアやネットワーク装置の故障が発生する可能性もあります。 アプリケーションや中継システムの一部または全部を利用されたこと、または利用できなかったことが原因で、何らかの損害がユーザーまたはその所属組織等に発生しても、損害の種類、内容および金額の如何を問わず、提供元は一切責任を負いません。 たとえこれらの損害の可能性を知らされていた場合でも同様です。 本テレワークシステムでは、商用の通信サービスと同様の保証や、個別のユーザーサポートが提供されません。 提供元は、個別のお問い合わせには応じません。 ユーザーは、提供元各組織の通常の商用サービスまたは通常業務用のコールセンター等への問い合わせを行うことはできません。 すべての問題はユーザーの責任で解決していただくこととなります。 あなたはこのホームページの 272,424 人目の訪問者です。

次の

NTT 東日本

日本 新型 コロナ ウイルス

新型コロナウイルスは中国でいつ発生・発見されたのか? 新型コロナウイルスはいつ発生・発見されたのか? 「Yahooニュース」では、下記のように 「新型コロナウイルスは2019年12月8日に中国で発生した」と報じていました。 yahoo. 日本国内で感染者の報告があったのは2020年で、ニュースになったのも2020年1月でした。 しかし中国では2019年の時点ですでに発生していたのですね。 今回の「新型コロナウイルス」は、世界保健機関(WHO)によって 「2019-nCoV」と呼ばれていましたが、正式に「COVID-19 コビッド・ナインティーン 」という名前が付けられました。 名前に「2019」を表す「19」がついています。 ここからも 「新型コロナウイルス」の発生時期は確かに「2019年」だということが分かりますね。 「COVID-19」という名前の由来については『』にまとめています。 新型コロナウイルスは日本でいつ発生・発見されたのか? 「新型コロナウイルス」が日本で初めて発生・発見されたのは2020年1月15日ごろです。 日本国内で初めて報告された感染者は中国人男性でした。 その男性は1月3日に中国の武漢に滞在していましたが、1月6日に日本に帰国、その後発熱があったため医療機関で受診したところ1月15日に「新型コロナウイルス」の感染が発覚したそうです。 1月3日の時点で発熱があったとのことなので、武漢市で感染したものと思われます。 1月9日には高熱で39度ほどあり入院もしていましたが、1月15日には退院したようです。 日本国内で「新型コロナウイルス」の感染者1人目が確認されて約9日ほどたったころ、今度は2人目の感染者が発生しました。 2人目もやはり武漢市に住んでいる中国人男性で、観光で日本に来日していたときに症状が出たんですよね。 2人目も 武漢市で感染してから日本に入国してしまった形ですね。 そうして何人か日本国内で中国人感染者(旅行者など)の報告が出ていたのですが、日本人初の感染者はバスの運転手さんでした。 中国人観光客を乗せたバスを運転されていたとのことで、中国人観光客からの「ヒトヒト感染」の可能性がとても高いです。 この運転手さんは、過去14日間以内に中国への渡航歴もなかったので、日本国内で感染したことになります。 新型コロナウイルスは「飛沫感染」「接触感染」で感染します。 また「換気の悪い密閉空間で、近い距離で多くの人が会話する」などが感染リスクを高めるようです。 集団感染しやすい場所については「」にまとめています。 新型コロナウイルスの情報公開が遅れた理由は? 中国の湖北省武漢市の市長「周先旺さん」は「新型コロナウイルス」の情報公開が遅れたことを認めつつ、下記のように話していました。 yahoo. 中国国内でも2019年12月8日に「新型コロナウイルス」についての情報は公開されていませんでした。 中国人たちも「新型コロナウイルス」のことを知らないまま約3週間が過ぎたころ。 2019年12月30日に「原因不明の肺炎が広がっている?」とウワサになったことがあったようです。 ウワサの理由は ネット上に内部報告の公文書「原因不明の肺炎救援工作をよくすることに関する緊急通知」が流出したことです。 12月8日 中国・武漢市で原因不明の肺炎患者が発生。 30日 インターネット上で中国当局の公文書「原因不明の肺炎救援工作を良好に実施することに関する緊急通知」が流出。 31日 中国メディア「第一財経」が、ネットで流出した文書が本物であること、12月8日に最初の患者の報告が行われていること、感染者が市内の華南海鮮市場の出店者であることなどを報じる。 中国当局が事実を認め、WHO中国事務所に病例を報告。 html) 2019年12月30日の時点では「公文書はニセモノ」という声があったようですが、コレがじつは本物だったということです。 公文書が流出した翌日の2020年12月31日に中国メディア「第一財経」が公文書が本物であることを報道し、このときはじめて中国国内で「新型コロナウイルス」の存在が国民に知れ渡ったことになります。 また、 世界保健機関(WHO)に初めて「新型コロナウイルス」が報告されたのも2019年12月31日です。 そして 「新型コロナウイルス」の発生源といわれている「華南海鮮城(市場)」が閉鎖されたのは2020年1月1日です。 「新型コロナウイルス」の発生日は2019年12月8日、そして発生源の「華南海鮮城」閉鎖は2020年1月1日なので、約1ヶ月も無防備にウイルスが拡散されていたことになります。 閉鎖されるまで多くの中国人が「華南海鮮城」でマスクもせずに買い物を楽しんでいたので、感染拡大は避けられませんね・・・。 新型コロナの感染が心配ですが「買い物」は生活するうえで必須ですよね。 「スーパーマーケットで買い物するときの感染リスク」については「」にまとめています。 新型コロナウイルスはいつから流行し始めた? 中国政府によると 「新型コロナウイルス」の潜伏期間は最短で1日、最長で14日ほどとのことです。 「新型コロナウイルス」は症状が出ていない潜伏期間中でも人に感染するらしく、自分が感染していると知らない感染者が人混みを歩き回った結果、どんどん拡大が広まっていったようです。 中国では 2020年1月末~2月ごろにかけて流行し始めていたのではないでしょうか。 2020年1月末あたりから、1日の感染者数が数百人単位で増えていました。 2月に入ってからは、1日で多いときは数千人単位で感染者が増えていましたが、3月8日には100人を下回ったと報道されていました。 いろいろな国で感染者が増えており、 世界各国で10万人を超える感染者が発生しています(2020年3月11日時点)。 感染者は発生源である「湖北省武漢市」周辺に多いようですが、最近ではイタリア・韓国なども感染者が増えているようです。 新型コロナウイルスは日本でも流行するのか? 心配なのは「新型コロナウイルスは日本でも流行するのか?」ということですよね。 日本国内でも、油断すると「新型コロナウイルス」が流行する可能性はあり得ると思います。 春節(長期休み)を利用して、多くの中国人観光客が日本に来ていたからです。 中には 武漢市からの観光客もいたとのことですから・・・。 最初は観光で日本に来日した中国人観光客などの感染が多かったのですが、いまは日本人にも感染が広がり、感染経路が不明な方も増えています。 ライブハウスや屋形船などで集団感染も確認され、このまま感染拡大してしまうのか?という不安もありました。 しかし、いま日本は一致団結して感染リスクの高いイベントなどを自粛しています。 しばらくは感染者数が増えるかもしれませんが、みんなで手洗いやマスク装着や人の多い密閉空間を避けたりしてがんばっているので、 日本国内での 大流行は避けられるかもしれませんよね。 ワクチン(特効薬)が完成すればちょっと安心なのですが、まだ時間がかかりそうですね・・・。 ワクチン開発状況については「」にまとめています。 どこに感染者がいるか分からないので「」に記載したように、国内旅行にかんして「キャンセルしようかなあ・・・」と悩んでいる方がいらっしゃるのも分かります。 お店やホテル、テーマパークなど色々な場所が困ってしまうので、早く収束してくれるのを願うばかりです。 いったい「新型コロナウイルス」はいつまで続くのか?収束はいつになるのか?の予想については「」にまとめています。 まとめ 今回は「新型コロナウイルスはいつから流行し始めた?いつ発生・発見したのか」と題しまして、新型コロナウイルスがいつ発生したのか?いつ発見されたのか?日本での流行は?などについてまとめてみました。 新型コロナウイルスの感染を予防するには「手洗い」「換気」などが有効的だと言われています。 手洗いは毎日、自宅でも職場でもできますよね。 手は公共の場所をたくさん触るので、ウイルスが付着しやすいです。 しっかりと自分にできる予防方法を実践して「新型コロナウイルス」から身を守りましょう。 「温泉」や「映画館」については、感染リスクが少ないという専門家の方々の見解もあります。 予防対策をしっかり行いつつ、感染リスクの少ない場所でリフレッシュするというのも、精神的に良いかもしれませんね。 映画館の感染リスクについては「」にまとめています。 温泉の感染リスクについては「」にまとめています。

次の