煽り運転 特定。 常盤道あおり運転犯人特定か?逮捕時の刑罰や同乗女の撮影理由がヤバい!

伊藤寿の顔画像や会社・FaceBookを特定?名古屋市で煽り運転

煽り運転 特定

INDEX• 事件の発端はインスタのフォロー 2019年8月、日本中を驚かせる動画が流れました。 そこには高速道路上で必要にあおり運転をし、車の進路を塞いだ上で路上に出て被害者の男性に必要に暴力をふるう男の姿とその一部始終をガラケーで撮影する同乗者の女の姿が。 被害男性は顔を何度も殴られ、モザイクが入っていても出血がわかるようなケガを負わされていました。 あおり運転については被害者が死亡する事件もあり、ここ数年心配するドライバーも増えていましたが、それでもここまでの被害がでるのは衝撃的。 連日ニュースで取り上げられ、同じ人物が各地で同じようにあおり運転をしていた形跡があることから警察も全国指名手配し、あおり運転男を追っていました。 最初の頃、まだ容疑者という段階であったこともあり、動画の顔にモザイクがかけられていましたが、この頃からネットでは 「あおり運転の犯人捜し」が始まっていました。 しばらくしてあおり運転男の実名と顔写真が公開されると待ってましたとばかりにすぐにネット上でSNSも特定され、インスタ写真もどんどん拡散されていきました。 それと同時にネットで特定合戦が始まったのが、加害者の車に同乗していた ガラケー女。 ガラケー女については容疑が定まっていなかったこともあり、加害者男性の実名と写真が公表されてからも謎のままでした。 そこでネット上では加害者男性の繋がりからガラケー女を特定する動きがでてきたのです。 今回、ガラケー女と間違えられた女性は、加害者男性が一方的にインスタをフォローしていただけにも関わらず、 「身に着けている帽子やサングラス、洋服が似ている」という理由だけで、ある日突然犯人扱いされることになってしまったのです。 女性は勝手にフォローされていただけで加害者男性とも全く面識がなかったので、ある朝突然ガラケー女として誹謗中傷を浴びることになって大変困惑したようです。 「ガラケー女」として実名、顔写真が拡散された 女性はガラケー女としてTwitterで実名と顔写真を晒されました。 この時、ガラケー女についてはまだ警察やマスコミからの正確な報道はなかったため、世間の注目を一気に集めてしまい、瞬く間に拡散。 リツイート機能で雪だるま形式に間違った情報が流れてしまったのです。 女性は知人からこの事実を知らされ、自身のインスタでも事実無根であることを訴えましたが、犯人と決めつけられて一方的に誹謗中傷を浴びることに。 また実名や会社まで特定されてしまったことでネット上だけでなく、会社へのクレームも入るようになり計り知れないほどの精神的苦痛を味わうこととなりました。 結局、本物のガラケー女は警察によって抑えられ、実名と顔も公表されたのですが、一度出回ってしまった誤情報は訂正するのもなかなか大変です。 一旦ネットに晒された情報を完全に消し去ること、訂正することはかなり困難でしょう。 ガラケー女と間違われたしまった女性が会見を開いたのは精神的苦痛を受けたことの責任追及はもちろんですが、拡散されてしまった情報について改めて誤解を解きたいという思いもあるのではないでしょうか。 【スポンサードリンク】 あおり運転のガラケー女デマ情報はなぜ拡散された? 今回のように、個人の名前や顔写真を晒されるようなネット上の人権侵害はここ10年ほどで3倍近く増えているそうです。 ガラケー女に間違えられた女性も間違った情報であるにもかかわらず、個人情報を晒され拡散され、誰ともわからぬ人々から執拗に誹謗中傷を浴びることとなってしまいました。 なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか。 そもそも見ず知らずの人の個人情報を拡散したり、自分と全くかかわりがないのに誹謗中傷をするのいったいどんな心理が働いているのでしょうか。 1.匿名性が責任感を薄れさせる ネット上ではお互いに実名や名前を明かさず、匿名で情報をやり取りすることができます。 そのため、 実生活よりも発言や行動の責任を感じにくいところがあるようです。 今回のように確実な情報でないにも関わらず、デマを発信してしまうのは自分自身の責任を感じにくいが故の安易な行動と言えるのではないでしょうか。 情報を流す際に、自分の実名や顔写真を公表するわけではありませんし、広いネットの中の話なので、ほんの些細な事と感じてしまうのかもしれないですね。 2.正義感という名のストレス解消 「ガラケー女が許せない!」「早く自首してほしい!」など、正義感から便乗してしまったという人もいるようです。 しかし、これは明らかに本心なのでしょうか。 もちろん本人は正義感をもってとった行動かもしれませんが、本当に何とかしたいなら警察に情報提供すればよいですよね?(そういう方もいらっしゃったかもしれませんが)なぜわざわざネット上で、本人に誹謗中傷を浴びせる必要があるのでしょうか。 口汚く罵る人たちの中には普段はほのぼのとした家庭の様子や、自分の子供たち、友達との楽しい時間を発信している方も多かったようです。 そういった方の一部のお話では、「自分もあおり運転にあったことがあって許せなかった」「自分も被害にあうかもしれないので早く捕まってほしかった」などの意見があるようです。 実社会であれば、面と向かって人に文句を言うのはかなり勇気がありますが、ネット上では匿名性もあり言いたいことが簡単に言えてしまう。 そういったことも重なって助長してしまうのかしれませんね。 3.最新の情報を提供できる優越感 みんながまだ知らないことを自分が発信できるというのは気持ちの良いものです。 今回はそんな気持ちの高まりから情報を拡散させてしまった方もいたようです。 まだ警察も知らない、マスコミも抑えていない情報を自分が発見した!と嬉しくなってしまったのかもしれませんね。 本来は情報の信ぴょう性をしっかりと確認しなければ危険なことであるにも関わらず、スピード重視で発信してしまったのでしょうか。。。 ネットは最新の情報が常に発信されていますから、のんびりしていたら先を越されてしまうという焦りの心理もあったのかもしれませんね。 今回Twitterで瞬く間に間違ったガラケー女の情報が拡散されてしまいましたが、「ネット上だったら匿名だし」「犯人絶対許せない」「早く皆に教えてあげなくちゃ」とわざわざ考えてリツイートした人ばかりではなかったはずです。 リツイートはボタン一つで簡単にできてしまいます。 何も考えず、流れてきた情報をざっと読んで「そうなんだ~。 みんなもやってるし拡散しとこう」と安易にリツイートしてしまった人がほとんどだったかもしれません。 ガラケー女の情報に関心があって拡散したようにも捉えられますが、本当に関心があれば情報の真意にも無関心ではいられないのではないでしょうか。 実際に「正しい情報なのか?」「そもそも公表されてないのに実名出しちゃダメでしょ」と拡散を止めた方もいたはずです。 実際ガラケー女の情報は誤情報で、間違えられた女性はかなりの精神的苦痛を受けることになってしまいました。 リツイート一つでその後どんな影響がでてしまうのか、そこまで考えることが必要ですね。 【スポンサードリンク】 まとめ ガラケー女と間違えられた女性は今後責任追及をしていく方針だそうです。 すでに女性に対して謝罪されている方もいらっしゃるようですが、ネットでの安易な行動には気を付けたいものですね。

次の

煽り運転女性取り違えデマを流した市議が辞職 正当性は?第一投稿者は特定可能?

煽り運転 特定

「Getty Images」より 10日早朝に茨城県・常磐自動車道で起きたあおり運転事件。 被害者男性のドライブレコーダーには、その一部始終が映っていた。 前を走る白の高級SUVがおよそ5分間にもわたって煽り続け、「降りてこい」「殺すぞ」などと叫んで後続の被害者の車を無理やり停車させた。 さらに、SUVから降りてきた男が被害者男性を窓越しに殴打。 顔面を計5発も殴られた被害者男性は流血していた。 14日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では、このショッキングなドラレコ映像を放送。 白のSUVは、神奈川県内の販売店から最低3週間は貸し出されていた「試乗車」であり、これまでにも静岡県内、愛知県内でもあおり運転を繰り返していた可能性が高いと伝えた。 被害者男性はすでに被害届を提出しており、茨木県警が捜査を進めているという。 番組で羽鳥慎一アナウンサーが「車のトラブルですから『あおり運転』というくくりにはしましたけど、傷害事件ですね」とコメントしていたとおり、犯人の行為はかなり悪質かつ危険だ。 犯人の早期逮捕と事件解決が望まれることは間違いないだろう。 ネットの匿名掲示板にはSUVの車両ナンバーや犯人の名前を書き込む者が現れ、SNSなどを通して流布されている。 世間の関心の高い事件を素早くまとめて閲覧数と広告収入を稼ぐ「トレンドブログ」のなかには、こうした真偽不明な情報をあたかも真実であるかのように拡散させているものもある。 出どころの分からないネット上の情報はどれも信ぴょう性が低く、デマが含まれている可能性も大いにある。 そうした情報をむやみに信じて拡散させたり、誹謗中傷に加担しないでほしい。 「東名煽り運転事故」ではデマ情報書き込みで書類送検 「あおり運転」が社会問題化するきっかけとなったのは、2017年6月に起こった神奈川県の東名高速道路で起こった「東名あおり運転事故」であった。 この事故では、家族4人が乗ったワゴン車が前を走る車にあおり運転を受けて無理やり停車させられ、後続のトラックが追突。 当時高校1年生の長女と小学6年生の次女は軽傷を負い、夫婦2名が亡くなるという痛ましい事故だった。 あおり運転を行った石橋和歩被告は昨年12月、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われ、懲役18年の判決を受けている。 ただし、「刑が軽すぎる」という声もあり、「あおり運転」の量刑について議論が続いている。

次の

あおり運転のガラケー女間違いはなぜ起こった?インスタ特定と拡散の心理とは

煽り運転 特定

スポンサーリンク BMWx5煽り運転でナンバー特定で横浜304ゆ4929!愛知と茨城で暴力事件! BMW煽り運転で ナンバー特定され、ナンバー「横浜304ゆ4929」からBMWx5だとバレました。 ネットで既にナンバー晒されてました。 一部報道でも、ナンバーが映っていたみたいです。 BMWのX5?X6?との情報。 愛知県内でもやらかしていたみたいです。 常習犯みたいですね。 — 貧乏旗本四男坊 gvAu5vmP4JTUWXR 特定された経緯は、BMW煽り運転が報道された際、車のナンバーのモザイクが一部かかっていなかったことでナンバー特定。 (画像引用元:) そして、ナンバーが特定されたことで、車種が調べ上げられてしまったのでした。 (画像引用元:) それだけでなく、ナンバー特定からの車種特定で、どんどん情報が募っており、犯人包囲網が敷かれているのでした。 横浜ナンバーってことは、赤の地域に住んでる可能性が高いです。 — Kaneshow わらび? 前の車から降りてきた男性が窓越しに運転手の男性を殴りつける。 殴られた痛みに顔を押さえる男性だが、 前の車の男性による殴打はさらに続いて2発目で流血、計5発も殴る様子が映っていた。 殴られた男性によると、この前に前の車によるあおり運転があったという。 茨城県常磐自動車道。 10日、勤務先に向かう男性を追い抜いていったドイツ製の白いSUV(スポーツ用多目的車)。 約1分後、再び現れたSUVは道を譲るのかと思いきや衝突寸前のタイミングで割り込もうとする。 この後、SUVの運転はエスカレート。 前に割り込んでランプを点滅させる。 避けようと車線変更すると前で蛇行運転。 斜めに止まって車線をふさぐ。 SUVには窓から身を乗り出す人影が。 殴られた男性によると、こう叫んでいたという。 殴られた運転手の男性:「『降りてこい』『殺すぞ』と叫び、真ん中車線に無理やり停車させられた」 その後も、進路をふさぐような動きを見せたSUV。 しばらくして降りてきたのは、携帯電話を構えた女性と青っぽいジャケットに白のパンツ姿の男性。 窓から手を突っ込んで運転手の男性を引きずり出そうとする。 抵抗するものの上に引っ張られた拍子に車が少し前に出てしまう。 その直後、SUVの男性が運転手の男性の顔を殴り始める。 その時の恐怖を男性は…。 引用: BMW煽り運転犯人が静岡・愛知でも発生で常習犯? そんな BMW煽り運転の犯人は茨城だけでなく、静岡と愛知でも煽り運転をする常習犯だったようです。 実際に 静岡県内でも同じ車種の同一人物と思われる男による案件が報道されています。 緊急注意喚起?? 】 茨城常磐道での煽り運転暴力事件。 静岡県内でも同じ車種の同一人物と思われる男による案件がありました 【白のBMW X5 SUV車】 【横浜】ナンバーが、一致との報道 【横浜】ナンバーの同車種に注意。 — 貧乏旗本四男坊 gvAu5vmP4JTUWXR それだけでなく、 愛知県でも7月23日に蛇行・煽り運転を行っていたことが報告されています。 ネットで既にナンバー晒されてました。 一部報道でも、ナンバーが映っていたみたいです。 BMWのX5?X6?との情報。 愛知県内でもやらかしていたみたいです。 常習犯みたいですね。 — 貧乏旗本四男坊 gvAu5vmP4JTUWXR そのため、犯人は煽り運転だったりと交通ルールを守らない常習犯だったことが明らかになりました。 BMWx5煽り運転でナンバー特定!横浜304ゆ4929が茨城で事件で逮捕間近! BMWx5煽り運転は報道でモザイクがされてなかったことによりナンバー特定され、車種も特定されました。 そして、このBMW煽り運転は茨城に愛知、静岡でも事件を起こしている常習犯だったのです。 流石にここまで特定され、ここまでの事件が明るみになったので、警察も黙っているわけもなく捜査をしているでしょう。 警察には一刻も早くBMW煽り運転を逮捕し、二度とBMWどころか車を運転できないように免許を取り上げて独房にぶち込んで貰いたいです。

次の