グノー アヴェ マリア。 Ave Maria (Gounod, Charles)

アヴェ・マリア グノー編曲 バッハ

グノー アヴェ マリア

キリスト教は聖母マリアにとりなしを願う古い伝統をもっています。 天使祝詞とも言われるアヴェ・マリアは、その中でも最も代表的な祈りの一つです。 アヴェ・マリアの祈りは、前半と後半に分けて考えることができるでしょう。 前半の二つの文は、ルカ福音書からのものです。 「恵みあふれる聖マリア、主はあなたとともにおられます」の部分は、大天使ガブリエルがマリアに挨拶する箇所からとられています(1・28)。 「主はあなたを選び、祝福し、あなたの子イエスも祝福されました」の部分は、マリアを迎えるエリサベトの挨拶の一部です(1・42)。 ここでの「イエス」の名は、もともと聖書には記されていませんでしたが、教皇ウルバノ4世(1261-1264)の時に加えられたと考えられています。 このアヴェ・マリアの前半が典礼の祈りとして用いられるようになったのは、6世紀のシリア教会でした。 ローマ教会の典礼においては、7世紀以降に「お告げの祭日」などで使うようになりました。 そして13世紀からは、「主の祈り」、「使徒信条」とともにアヴェ・マリアは、三つの大切な祈りの一つであるという認識が広まったのです。 14世紀になると、朝、昼、晩のお告げの祈り(Angelus)のときに、アヴェ・マリアが唱えられるようになりました。 さて、後半部分の「神の母聖マリア、罪深いわたしたちのために、今も死を迎えるときも祈ってください」の部分は、15世紀の半ばになってようやく現れてきました。 フランシスコ会の修道士ベルナルディヌスによって作られたとされているロザリオの信心とともに、アヴェ・マリアは、前半と後半が合わせられた形として普及し、次第に典礼文としても使われるようになったのです。 さて、ルネサンス期から近・現代に至るまで、多数の作曲家がアヴェ・マリアに曲をつけています。 ルネサンス期のオケゲム、ジョスカン・デ・プレ、パレストリーナ、バードはもちろん、古典派からロマン派にいたるリスト、シューベルト、グノー、ブルックナー、サンサーンスなどが曲を作りました。 その中でも、J. バッハの「平均律クラヴィーア曲集の第一プレリュード」を基にして作られたグノーの作品とW. スコットの『湖上の美人』のドイツ語訳の第3番をもとにして作曲されたシューベルトの作品は、人々に最も親しまれているものでしょう。 『湖上の美人』では、乙女エレンが自分の父と恋人のために聖母マリアに祈る形を取っています。 シューベルトの作品の元となったW. スコットの詩は、次のような内容です。 アヴェ・マリア、やさしき乙女 (Ave Maria! Maiden mild! ) 聞きたまえ 乙女の祈りを (Oh listen to a maiden's prayer)。 荒れし野の果てより 聞きたまえ (For thou canst hear tho' from the wild) 絶望の淵より 救いたもう (And Thou canst save amid despair. ) ののしられ 逐われし身をも (Tho' banish'd outcast and reviled,) 護りたまえ 眠らせたまえ (Safe may we sleep beneath thy care)。 聖女よ、聞きたまえ、乙女の祈りを (Oh, Maiden hear a maidens prayer. ) 御母よ、聞きたまえ、子の願い事を (Oh Mother, hear a suppliant child! ) アヴェ・マリア (Ave Maria! ) シューベルトがこの詩に曲をつけたのは、亡くなる3年前、病気と貧困を極めていた時期でした。 生涯にわたって苦しみの多かったシューベルトは、エレンの祈りを通して慰めと光を求めたに違いありません。 「ののしられ 逐われし身をも、護りたまえ 眠らせたまえ……」。 この部分からは、苦しみの只中で神に向って祈るシューベルトの心が、美しく優しく響いてきます。

次の

4. アヴェ・マリア

グノー アヴェ マリア

近代国家では著作権、ということがうるさく言われています。 TPP 環太平洋戦略的経済連携協 などでも「知的所有権」は大きな要素ですし、最近ではインターネットの発達によりたくさんの人間がチェックするので、演歌歌手の作品が、某有名ミュージシャンの歌詞にそっくりで、盗作ではとCD発売早々に指摘され、自主回収という騒動に発展したりもしました。 クラシック音楽の世界では、たくさんの素晴らしいオリジナル作品があるので、いわゆる「盗作」がないか... というと、実は、「使いまわし」は結構あるのです。 もともと、20世紀までの西洋音楽は、長調と短調という2つの調がほとんど、そして厳格な和声の規則にも縛られていたわけですから、どうしても似た曲が出来てしまう... という事情もありますが、中には、時間がないために、自分の曲を使いまわす、ということをよくやる作曲家もいました。 先週に登場したヘンデルや、作曲のペースが驚異的に速くて有名だったオペラ作曲家のロッシーニなどは、しばしば、自分が過去に作曲した作品を、アレンジして、新作の一部として用いましたし、かのモーツアルトでさえ、導入部だけ自作で、あとの主部は、別人の作品をそのまま応用(これはさすがに本人の許諾を得ていますが)した交響曲を作っています。 バッハのプレリュードに1小節だけ追加 今日の登場曲は、クリスマスシーズンに良く演奏される有名曲でありながら、伴奏が「そっくりそのまま他人の作品」という珍しい曲です。 フランスの作曲家、シャルル・グノーの「アヴェ・マリア」です。 シューベルトやカッチーニの作品と並んで「世界三大アヴェ・マリア」と称されるこの作品は、ピアノで演奏される伴奏部分が、ほぼそのまま、かのヨハン・セバスチャン・バッハの「平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 プレリュード」を流用しているのです。 正確には、1小節だけ追加していますが、前奏から、旋律が終わった後の後奏まで、ほとんどバッハ作品のオリジナル、という極めて特徴的な作品です。 クラシックには「変奏曲」という伝統形式があるので、他人の作品をテーマにして、そのあと数々の変奏を加えて別の大きな曲にする... というパターンは多く存在しますが、「そのまんま伴奏に使う」という大胆な曲は、これ以外に思いつきません。 しかも、グノーが「乗せた」旋律がまことに美しく、歌でも、器楽でも、よく演奏されます。 歌詞は、福音書などから取られたラテン語の聖句で、他のアヴェ・マリアと同じです。 義理の父と息子の共同作品 この曲は、もともとグノーの即興演奏でした。 137年も前に書かれたバッハのプレリュードを弾きつつ、その上に素敵なメロディーを、おそらく気軽な調子でつけていったのです。 それを聞いていた、ピアニストにして作曲家、教育家でもあったピエール=ジョセフ=ギヨーム・ツィメルマンという人が、アレンジを思い立ち、ヴァイオリン(またはチェロ)とピアノ、そしてハーモニウムという編成の曲にして、1853年、「バッハの平均律による瞑想曲」として楽譜を売り出すことにしました。 演奏会で演奏される小品としてふさわしいと思ったのでしょう、その目論見は当たり、大ヒットします。 さらに、再びツィメルマンはアレンジを加え、今度は「アヴェ・マリア」のラテン語歌詞をつけた歌の曲とし、タイトルも「グノーのアヴェ・マリア」としたのです。 現在ではこのタイトル、「グノーのアヴェ・マリア」として知られ、クリスマスシーズンや、結婚式の聖歌、コンサートのアンコール・ピースなどとして良く演奏されます。 さらには、様々な楽器にアレンジされたり、クラシック以外の音楽にもなったりと、二人の予想をはるかに超える広がりを持つことになりました。 ちなみに、このツィメルマンという音楽家は、門下からビゼーやフランクといったフランスを代表する作曲家を輩出しただけでなく、娘のアンヌが後にグノーの結婚相手となっていますから、グノーの義理の父、でもありました。 この特殊な成功作、「アヴェ・マリア」は、義理の父と息子の共同作品... いや、バッハと、グノーと、ツィメルマン3者の共同作品といえるかもしれませんね。 【筆者よりお知らせ】 このグノーの「アヴェ・マリア」をソプラノの上田純子さんと私・本田聖嗣で演奏したり、他の人気ミュージシャンも出演するインターネット・クラシック・ラジオOTTAVA(オッターヴァ)の楽しいクリスマスコンサートが、12月19日に東京都大田区のアプリコ大ホールでございます。 くわしくは告知ウェブサイト「5」をご覧ください。

次の

アヴェ・マリア (グノー)

グノー アヴェ マリア

Contents• Ave Maria とは Ave Mariaとは、キリストの母、マリア様を讃える音楽のタイトルです。 歌詞は伝統的に ラテン語で歌われます。 教会音楽では、決まった歌詞に、様々な作曲家が自分のメロディーをつけて作曲していきます。 中にはラテン語ではなく自国の言語でメロディーをつけている作曲家もいて、様々な作品があります。 Ave Mariaと聞いて、一番よく耳にするのは、フランスの グノーという作曲家の作品ではないでしょうか。 この曲は、音楽の父 バッハの『平均律クラヴィア』という鍵盤作品を伴奏として、グノーがメロディーをつけたものです。 ) ヘルマン・プライ(私が好きな歌手です。 )の朗らかな演奏でバッハ・グノーのAve Mariaを楽しみながら続きをお読みください。 Ave Maria, gratia plena, おめでとう マリア 恵みに満ちた方 Dominus tecum, 主はあなたとともにある benedicta tu in mulieribus, あなたは女性の中で祝福されている et benedictus fructus ventris tui Jesus そしておなかの中の子、イエスもまた祝福されている。 Sancta Maria mater Dei, 聖なるマリア 神の母 ora pro nobis peccatoribus, 私たち罪人のためにお祈りください nunc, et in hora mortis nostrae. 今も、私たちの死のときも Amen. アーメン 出典は聖書や教会での祈祷で使われた文言などです。 これらが組み合わさって現在演奏される形にまとまりました。 この歌詞は中世にまとまったものですので、古代に使われていたラテン語と少し違うところもあるのですが、ほとんど同じだと思ってもらって構いません。 私たちが普通「ラテン語」といって習うのは、 1世紀頃に使われていた「古典ラテン語」です。 歌詞の内容 以下では、具体的に歌詞を見てみましょう。 ラテン語をかじった人や、ラテン語は知らないけど興味がある人に向けてできるだけかみ砕いて書いています。 ラテン語を初めて見た人でも、それがどんな言語かイメージできるようにしたつもりです。 便宜上、母音の長短を表すため、古典ラテン語では長く読まれる母音の上に横棒をつけています。 あわせて読みたい Ave Maria… Ave Maria「おめでとう マリア」 最初の Aveは、もともとは動詞の命令形でしたが、この場合は、 挨拶の決まり文句です。 意味は「おめでとう」とか「こんにちは」みたいな感じです。 Mariaは女性名詞の主格・呼格形です。 「マリア様」と呼びかけているわけです。 この単語は、ラテン語の中でも、 奪格という形と結びつきます。 この単語の格変化を見てみましょう。 (格変化のない現代語なら、《filled with 名詞》というように前置詞の力を借りるところですね。 大文字になっているのはこれがキリストを指しているからです。 benedicta tu in mulieribus「あなたは女性たちの中で祝福されています」 benedicta(祝福されて)は -aで終わっているので 女性形ですね。 Mariaのことを指しています。 tuは「あなたは」。 in mulieribusは「女性たちの中で」という意味。 mulieribusは mulierという女性名詞の 複数奪格の形です。 in(~の中で)という前置詞が後ろに奪格をとるという決まりがあるわけです。 et benedictus fructus ventris tui Jesus「そしてあなたのおなかの子であるイエスも祝福されています」 etはフランス語と同じで、「~も」という接続詞です。 さて、さっきはbenedictaでしたが、今度は benedictusとなっていますので、 男性のことを表します。 ここでは主である Jesusのことです。 Sancta Maria… Sancta Maria mater Dei「聖なるマリア、神の母」 sanctaは、形容詞 sanctus(聖なる)の 女性形です。 もちろんMariaにかかります。 materは「母親」を表す女性名詞の主格です。 Dei(神の)は男性名詞 Deusの 単数 属格です。 属格は「~の」を表すのでした。 マリアに向かって「お祈りください」と願っています。 後ろには 奪格をとります。 1人称複数代名詞 nosと男性名詞 peccatorの複数の活用は以下です。 et「そして」。 horaは「時間、時」の意味の女性名詞です。 (英語のhourも似ていますね。 その「~の」にあたるのが、 mortis nostrae「私たちの死の」です。 mortisは女性名詞 morsの 単数 属格です。 nostraeは「私たちの」を表す形容詞の同じく 女性単数 属格形です。 このように、 ラテン語では名詞の格と性が語尾で明示されるので、それが何にかかるかがわかるようになっています。 Amen 最後の言葉は、Amenです。 ヘブライ語由来の単語で、意味的には 「まことに、そうでありますように」といった感じです。 教会音楽や祈祷では最後に付け加えられます。 おわりに 現代語を見据えて 以上が Ave Mariaの歌詞解説でした。 ラテン語がどのような言語か知らなかったという方は、すこしだけイメージがつかめたでしょうか。 名詞は性があって格があります。 多くの現代語では失われたこの性質によって、 ラテン語では文中の言葉の修飾関係が一目瞭然になります。 そして、 ラテン語をマスターすることは、この格変化を覚えて、動詞の活用を覚えることに他なりません。 難しく思えるかもしれませんが、繰り返し書いて覚えて、口頭で唱えて…を繰り返せばかならず身に付きます。 何より、 ラテン語は現代語とのつながりも深く、学ぶ価値は大きいです。 歌詞に出てきたラテン語は英語ともつながっています。 たとえば、 bendictusは英語の benediction(祝福)と結びついています。 -dictusは「言う」という意味の動詞 dicereの過去分詞です。 英語の dictionary(辞書)、 contradict(矛盾する)なんかもこれと関連しています。 mortis(主格はmors)は、英語の mortalといった形容詞と関連しています。 英検1級でよく出る英単語 impeccable(非の打ちどころのない)は、ラテン語の peccator(罪人)と関連しています。 ラテン語の遺産は、英語をはじめどの言語でも本当に大きいわけです。 最後に、Ave Mariaをもう一つ紹介しておきます。 私が好きなメンデルスゾーン作曲のAve Mariaです。 8人の独唱と8声の合唱による壮大な作品です。

次の