イチジク 挿し木 時期。 イチジクの育て方|栽培のコツ、植え付け・剪定の方法

イチジクの挿し木は何月が適期ですか。

イチジク 挿し木 時期

イチジクは古くから薬の木と言われている果物なんだそうです。 そんなイチジクの栽培って難しいのかとかどのぐらい収穫するまでに掛かるのかなど、あまり知られていないですよね。 私も実際にイチジクの栽培の仕方や収穫出来るまでにどの位掛かるのか分かりません。 そこでイチジクは栽培してからどのぐらいで収穫できるのか調べてみたので紹介していきたいと思います。 イチジクを収穫できる年数は何年? イチジクの栽培は果樹栽培初心者には最適の果物なんだそうです。 ついでに、イチジクの育て方も調べたので簡単に紹介しておきますね。 1年目の初夏 3枝のみ残して他の枝を切る。 2年目の冬 夏果専用種類…前年の枝の先端に付いた小さな実を切らずに、他の込み合った枝を間引いたり、長すぎる枝を切るだけにしておく。 秋果専用種類…成長する新しい枝に実を付けるので必ず枝を切る。 また、込み合った所を間引きする。 ポイント! 植え付け1年目の実は収穫しないことです! イチジクは枝を伸ばしながら実を付ける果物のようです。 なので、肥料を多く吸収するみたいです。 また、無農薬だと虫が心配になると思いますが、幹の周りに消石灰を撒くと虫よけになるそうですよ! 収穫する時期と期間のタイミングとは? 収穫の時期は夏果専用種類と秋果専用種類で違うみたいなんです。 それに収穫時期が来ると長い期間の間、少しずつ採れるみたいですよ。 夏果専用種類… 6月下旬~8月上旬が収穫時期 秋果専用種類… 8月下旬~10月中旬が収穫時期 またイチジクを収穫する時のタイミグは、イチジク全体が赤褐色になり果実の先端が割れてきたら成熟したという証拠みたいなので、鳥に盗られないうちに収穫するといいみたいです。 スポンサードリンク まとめ イチジクの栽培は初心者の方でも簡単に育てられる果物と分かり、しかも植え付けてから2年~3年で収穫出来ることも分かりました。 果物を栽培するなら、まずはイチジクから始めてみるといいかもしれないですね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事 カテゴリー•

次の

イチジクの挿し木は何月が適期ですか。

イチジク 挿し木 時期

イチジクの育て方|挿し木の時期 の詳しい画像をご紹介します。 [家庭菜園]イチジク(挿し木) いちじくの挿し木の方法を時期別に解説しています。 1.休眠期(12月〜2月)に、充実していて、病気に侵されていない枝 (挿し穂)を採取します。 ポイント:挿し穂は、何年生でもいいですが、 1年生(去年伸びた新梢)が一番望ましいです。 2.採取した挿し穂を、ビニール袋で密封し、 乾燥させないように、4月まで、冷蔵庫に入れて保管します。 ポイント:保管に自信のない人は、2月下旬に挿し穂を採取し、 期間を短縮させるといいです。 3.4月になったら、保管しておいた挿し穂を 10〜20センチの長さに切り、挿し床に挿します。 ポイント:挿し床は、弱アルカリ性に調節すると、 生育が良くなります(PH6. 5〜7. 2くらい) 5月5日のイチジクの挿し木画像・・・発根するまでに、 ビニール袋などを被せて、乾燥から守ってあげます。 5月12日のイチジクの挿し木画像・・・イチジクの芽は 出ていますが、発根はまだ始まっていません。 5月19日のイチジクの挿し木画像・・・ 発根が始まっていますので、引き抜いて確認してはいけません。 5月27日の挿し木画像・・・先端より、根元のほうが生育が良い? 6月15日の挿し木画像・・・よく発根してくれたおかげか、 6月に入ってから、生育が旺盛です。 6月24日の挿し木画像・・・6月30日の挿し木画像・・・ 7月7日の挿し木画像・・・挿し木とは思えない成長ぶりです。 7月14日の挿し木画像・・・ 7月22日の挿し木画像・・・真夏日が続いているせいか、 下層の葉が黄色化しています。 8月4日の挿し木画像・・・猛暑による落葉が心配でしたが、 下層にある葉だけで済みました。 8月18日の挿し木画像・・・ 9月1日の挿し木画像・・・夏が終わる頃には生育が停止します。 9月22日の挿し木画像・・・ 10月12日の挿し木画像・・・ 11月4日の挿し木画像・・・ 11月23日の挿し木画像・・・ 11月30日の挿し木画像・・・黄葉が始まってきました。 12月7日の挿し木画像・・・ 12月14日の挿し木画像・・・ 12月21日の挿し木画像・・・完全に落葉したので、剪定をします。 生育旺盛だったものは、切り返し剪定、 旺盛でなかったものは、間引き剪定を行いました。 来年は4本のイチジクが、どう成長するのか楽しみです。

次の

イチジクの育て方

イチジク 挿し木 時期

イチジク 無花果 の挿し木の方法は? 挿し穂の選び方 挿し穂とは、挿し木に使う枝のことです。 イチジクの挿し穂には、病気になっていない、充実した枝を選びます。 いつ伸びた枝を使ってもかまいませんが、前の年に伸びた枝を使うとよいですよ。 挿し木の手順• 枝の先端は15~20cmくらい、太い枝なら30cmくらいを目安に、枝をぶつ切りにする• 切り口が乾燥しないよう水に浸ける• 1本ずつ育てるときは3号の育苗ポット、複数一気に育てるときは7~10号の素焼き鉢を準備する• 容器の底に大粒の赤玉土を2~3cmほど敷く• 容器の8割くらい赤玉土(小粒)や、市販の挿し木用培養土を入れる• 土に割り箸で穴を空け、挿し穂の切り口が潰れないようにする• たっぷりと水を与える• 発根するまでビニール袋を鉢全体に被せる• 土が乾かないよう水やりをして、日陰で管理する• 十分に発根したら1株ずつ10号鉢か日当たりのよい地面に植え付ける イチジク 無花果 の挿し木をするときの注意点は? 挿し穂は、上は芽の上から2cm、下は芽の下から1cmのところで切り取るようにします。 芽のすぐ上で切ってしまうと、芽の下まで枯れ込んでうまく育たないことがあります。 また、上の切り口にトップジンMやカルスメイトなどを塗ることで、病原菌の侵入や枯れ込みを防ぐことができますよ。 挿し木をした後は、日陰で育てることも大切なポイントです。 強い光に当たると乾燥したり、葉っぱが焼けたりして弱ってしまいます。 芽が出てきたら根が出てきた証拠なので、徐々に日光に当たる場所へ移してください。 病害虫としては、カミキリムシに注意。 株の中に侵入して食害するので、見つけらすぐに捕殺するか、殺虫剤を散布して駆除します。

次の