ポケモン あく タイプ 弱点。 【ポケモンGO】あくタイプの一覧表/弱点と相性

あくタイプ:ポケモン ゴールド・シルバー攻略Wiki

ポケモン あく タイプ 弱点

39倍 参照元: タイプ相性の倍率早見表 相性補正 倍率 2つのタイプのどちらにも 「こうかはばつぐんだ」 約2. 56倍 「こうかはばつぐんだ」 約1. 6倍 相性なし 1倍 等倍 「こうかはいまひとつ」 約0. 625倍 2つのタイプのどちらにも 「こうかはいまひとつ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 +「こうかはいまひとつ」 約0. ポケモンGOにおいては「こうかなし」の代わりに0. 39倍となる。 2重相性で倍率が激化 2タイプを持つポケモンに対して、両タイプとも「こうかはばつぐん」取れる場合にはダメージが2. 56倍となる。 また、2タイプとも「こうかはいまひとつ」となる場合には、ダメージは0. 39倍まで軽減される。

次の

【ポケモンGO】タイプ相性覚え方まとめ! 理由やこじつけで、わかりにくいものも解説!!

ポケモン あく タイプ 弱点

単色、複合合わせて(カッコ内は弱点タイプ、進化前種族は省略。 単色はたくさんあることが多いので種族は省略。 以上、急いで調べていますので、多少ミスもあるかもしれません。 また調べるのが結構大変でしたので、質問者さんの条件に合わせて種族を絞ることもしませんでした。 それらの点はご容赦ください。 単色タイプの種族とか、伝説抜き、とか、攻撃要員云々、はご自分で考えてください。 ロトム系を見落としていましたので、本文に追加しました。 なおご指摘の特性による弱点減の点は、ドータクンやシビルドンなどでもあるのですが、特性かたやぶりもあります。 厳密には、みやぶるをつかわれると、ヤミラミ、ミカルゲでもかくとうが抜群だったりもします。 ですので、特性はあえて無視させていただいています。 ご了解ください。

次の

【ポケモンGO】あくタイプの一覧表/弱点と相性

ポケモン あく タイプ 弱点

ポケモンや、ポケモンが使う技にはそれぞれ『タイプ』というものがあり、それぞれに相性があります。 例えば、『ほのお』タイプは『みず』タイプや『いわ』タイプに弱く、逆に『くさ』タイプや『むし』タイプに強かったりします。 技を使った時に「効果は バツグンだ!」や「効果は 今ひとつのようだ」などと表示されるものがそれです。 相性が良いと、与えられるダメージが「ポケットモンスター」シリーズでは 2倍になります。 2つのタイプを持っているポケモンもいるので、両方のタイプが効果抜群となると、 4倍になります。 6倍、両タイプが効果抜群で2. 56倍 逆に相性が悪い場合は 0. 5倍 半分 となり、2つのタイプとも相性が悪いと 0. 625倍、両タイプが効果いまひとつで0. 390625倍 また、「ポケットモンスター」シリーズでは『でんき』タイプの技を『じめん』タイプのポケモンに使った時などは 0倍となり、全くダメージを与えられない相性もあります。 相手の弱点をつけば有利に戦いを進められますが、逆に弱点をつかれれば不利な戦いになってしまいます。 タイプ相性はしっかりと理解して頭に入れておく必要があるでしょう。 変化技はタイプ相性がない 一部を除く.

次の