落合 陽一 コロナ。 press.prosperity.com: 働き方5.0~これからの世界をつくる仲間たちへ~(小学館新書) eBook: 落合陽一: Kindleストア

press.prosperity.com: 働き方5.0~これからの世界をつくる仲間たちへ~(小学館新書) eBook: 落合陽一: Kindleストア

落合 陽一 コロナ

参加費無料、7月9日【木】開催 新型コロナウイルスの感染拡大は、サプライチェーンの寸断や事業休止による損失、消費需要の減退など、あらゆる業界の企業活動や人々の日常生活に大きな影響を与えた。 一方でこのインパクトは、社会全体の様々な分野でのデジタル化を加速させる新しい潮流ももたらした。 先の見えない状況のなか、企業はこの流れを見極め、より一層迅速な意思決定を下すために、データを活用したビジネスの変革、データ経営へのトランスフォーメーション 構造改革 への対応が求められている。 社内外にあふれるデータに意味を持たせ、利活用できる環境を整備することが、アフターコロナを見据えた、次の一手への備えとなるのではないだろうか。 データ活用に不可欠なソリューションを解説するスポンサーセッションと合わせ、計23セッションを用意した。 視聴者には、その事例を通じて経営戦略を考察するヒントを提供する。 ここでは、基調講演に登壇するメディアアーティスト 落合 陽一 氏の講演概要を紹介しよう。 ウィズコロナ時代、新しい日常とデジタルの関係性 メディアアーティスト 落合 陽一 氏 基調講演に登壇するのは、メディアアーティスト、筑波大学准教授、『news zero』 日本テレビ系 のコメンテーターなど、多方面で活躍する落合 陽一 氏だ。 2020年は2019年の延長であるとは言い難いほどの変化が生まれた。 あらゆるコミュニケーションにデジタル技術が挿入され、人と人の距離や生活様式は大きく変化。 これまでとは違う生き方や働き方が求められ、世界中で価値観が変革する契機になっている。 この変化で生まれつつあるデジタルの萌芽を、企業において次なる飛躍につなげるためには、どういった考え方で過ごせばいいのだろうか。 そして、今まではデジタルが浸透していなかった領域にもデジタルの活用が広がり、社会全体に新たな可能性が見いだされるだろう。 本講演では、変化し続ける時代のなかの新しい日常におけるデジタルの指針を、視聴者と共に探し、データとテクノロジーの関係について展望する。 本フォーラムでは、落合 陽一 氏の基調講演を筆頭に、これからの時代、企業に求められるデータ戦略とは何かを知るための、数々の指針が提示される。 コロナ時代を勝ち抜くためのデータ利活用に興味のある方は、ぜひ、ご参加いただきたい。 フォーラムの概要は以下の通り。 タイトル: マイナビニュースフォーラム 2020 Summer for データ活用 ~不確実性の時代に求められるデータ戦略~• 開催日:2020年7月9日 木 11:00~17:30• 会場:Web配信のみ• 申し込み: 1.お申し込みフォームより必要項目を入力してください。 2.事前登録完了のお知らせをメールでお送りします。 3.受講可能な方には後日、視聴用URLとログインID/パスワードをお送りします。 参加費:無料• 定員:700名 事前登録制.

次の

楽天ブックス: 働き方5.0

落合 陽一 コロナ

都市の未来を創造するテクノロジーの可能性を発信する「Media Ambition Tokyo(MAT)」()が、渋谷や六本木など東京都内各所で3月8日(一部は14日)まで開催された。 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、イベントが中止や延期になったり、トークセッションがLIVE配信になったりと、過去7回とは異なる様相での展示が続けられている。 (TOP画像:Photo by Koki Nagahama) いまの状況では、関心があっても実際に会場を訪れることができない人のために、展示の中から、メディアアーティストの落合陽一さんの作品『計算機自然のしつらえ~質量に保存する,制約を与える,有限の存在にする~. 』を、ご本人の解説を交えて紹介する。 落合さんの作品は、渋谷スクランブルスクエア15階の渋谷キューズで展示されている。 縁が黒色の畳が敷かれ、その上に作品が並ぶ。 超音波振動によって薄い膜に映像を投影することを可能にした、落合さんの初期の代表的な作品だ。 中央の奥には、フレネルレンズをはめた格子で区切られた丸い窓。 その手前に、枯れ木とLEDの発光管で作られた、生きていない「生け花」のインスタレーションが置かれている。 空間の中央で天井に向けて展示されているのは、ヤマトタマムシの背中を高解像度で撮影し、墨和紙と銀箔(ぱく)の上に印刷した新作の写真作品だ。 空間全体の印象は、日本家屋の「床の間」だ。 そこに、鐘の音や何かの鳴き声(イルカの声だそうだ)が時折聞こえてくる。 伝統的な和の要素と、テクノロジーを使った作品を融合させている点は、落合さんが総合監修した日本科学未来館の常設展示に通じるものがある。 あちらは、銀色の金属柱で、寺院や茶室の周囲にある竹林を想起させていた。 落合さんは、今回のMATでの展示の狙いについて、次のように語ってくれた。 落合陽一さん Photo by Koki Nagahama 「メディアアートをやり続けて10年ぐらい経ちました。 メディアアートは壊れるものです。 ですから、ビデオアートではなく、なぜわざわざ壊れやすいメディアアートをやるのかという葛藤をずっと抱えてきました。 そして、メディアアートがやっていることは何かを考えてみたのですが、それは『質量に保存すること』ではないでしょうか。 ですから今回は『記録することと、保存することと、質量性との対話』がテーマです。 畳の部屋に、生ける、眺める、座る、聴くなどの所作に伴う装置を使った過去の作品と新作を配置して、『自然と呼応する生活空間』を構築しました。 プラチナプリントの写真は、保存状態が良ければ500年持つとされる。 つまり、横にある被写体のメディアアート作品そのものよりも、はるかな未来まで残ることになる。 そして、このプラチナプリント写真は、解像度が驚くほど高い。 磁気テープをメディアに用いた昔のレコーダーの内部を撮影した1枚は、部品にうっすら積もったほこりの粒まで鮮明に記録していた。 「500年ぐらい保存できるものと、明らかにあと数日で壊れそうなものが同居している空間は、非常に批評性があって面白いと思いました」(落合さん) もし何世紀も先の未来に、美術品のアーカイブの中からこの1枚を見つけた人がいたら、これが遠い昔に記録も失われてしまったオーディオ機器の写真だとは理解できず、コンピューターで描かれた絵だと考えるかもしれない。 真新しい施設に構築された「床の間」で、仏具が奏でる音を聞きながら鑑賞したからだろうか、そんな想像がふくらんだ。 展示されている落合さんの写真作品「質量に保存する,制約を与える,有限の存在にする. 」 MATには、そのほかにも見るべき展示がたくさんあった。 しかし、残念ながら、新型コロナウイルス感染防止に取り組んでいる状況下では、実際に会場で見ることができた人は限られていた。 しかし、それぞれの作品が、どこかまた別の場所で鑑賞できる機会があれば良いと思う。 落合さんの今回の作品は、日本科学未来館での常設展示とリンクしているので、いまの状況が落ち着いたら、そちらも訪れてほしい。 東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。 2015年World Technology Award、2016年PrixArs Electronica、EUよりSTARTS Prizeを受賞。 Laval Virtual Awardを2017年まで4年連続5回受賞、2019年SXSW Creative Experience ARROW Awards など多数受賞。 近著として「デジタルネイチャー(PLANETS)」、「2030年の世界地図帳(SBクリエイティブ)」、写真集「質量への憧憬(amana)」。 「物化する計算機自然と対峙し,質量と映像の間にある憧憬や情念を反芻する」をステートメントに、研究や芸術活動の枠を自由に越境し、探求と表現を継続している。 (文・&M編集部 久土地亮) あわせて読みたい.

次の

落合陽一の父親は落合信彦! 母親との奇妙な生活とは一体…

落合 陽一 コロナ

落合陽一プロフィール: メディアアーティスト。 1987年生まれ。 東京大学大学院学際情報学府博士課程修了 学際情報学府初の早期修了 、博士 学際情報学。 筑波大学准教授・デジタルネイチャー推進戦略研究基盤代表・JST CREST xDiversityプロジェクト研究代表 2015年World Technology Award、2016年PrixArs Electronica、EUよりSTARTS Prizeを受賞。 Laval Virtual Awardを2017年まで4年連続5回受賞、2019年SXSW Creative Experience ARROW Awards 受賞、2017年スイス・ザンガレンシンポジウムよりLeaders of Tomorrow選出。 個展として「Image and Matter(マレーシア・2016)」、「質量への憧憬(東京・2019)」、「情念との反芻(ライカ銀座・2019)」など多数開催。 近著として「デジタルネイチャー(PLANETS)」、「日本進化論(SBクリエイティブ)」、写真集「質量への憧憬(amana)」。 専門は計算機ホログラム、デジタルファブリケーション、HCIおよび計算機技術を用いた応用領域(VR、視聴触覚ディスプレイ、自動運転や身体制御)の探求。 『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望』を出版 -今回、『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望』を出版するにあたり、SDGsに着目した理由を教えて下さい。 日本でもSDGsが話題となるにつれて、新聞で目にする機会や、胸にSDGsバッジを付けている企業の人が増えてきていますよね。 でもその割にはあまり本質的な議論が行われていないように思います。 バッジを付けている人も意外とSDGsについて知らない現状があるので、そこに違和感を感じていました。 -SDGsと新しい経済を掛け合わせた理由はなんですか? 投資家の方がSDGsのバッジをつけていることも多いですが、それに対しても半分ぐらい矛盾していると思っています。 そのため、社内でのちょっとした取り組みについてSDGsに言及するよりも、SDGsに対する取り組みをしている機関に投資されているかどうかの方が重要かもしれません。 にも関わらず、SDGsの達成について話されているのに、ESG投資に対する説明が行われないのは順序が逆なのではないかという疑問もあります。 原則に賛同する投資期間は署名し、遵守状況を開示・報告する必要がある。 企業経営のサステナビリティ(持続可能性)を評価するという概念が普及し、SDGsと合わせて注目されている。 そもそもESG投資は、ソーシャルグッドに近い会社に投資を入れることを率先する枠組みであったはずです。 しかし、資本主義的なものとSDGs的考えが遠いなどと言われることもあり、そういった矛盾も不思議に思います。 そもそもSDGsの背景にはESG投資の流れがあります。 そのため、資本主義を投資の原則でうまく助成すればSDGsの目的に沿えると思っていました。 ですが、やはりそれはゴールとして明確に設定しないと、意外と難しかったということかもしれないですね。 例えば、MDGsで上手くいかなかった点などは先進国と開発途上国の共有可能で明確な目標設定がうまくいかなかったからなのではないかと言われています。 新しい経済といっても現状の資本主義の上に乗るESG投資のような話なのか、もしくはシェアリングエコノミーのような話なのかは重要です。 そしてその下にSDGsの枠組みが繋がっています。 その上で未来の展望ということで、あと10年後のことを考えようという本にしました。 いろんなデータを集めている中で、新たな気づきなどありましたか? 思っていたよりMDGs以来のサブサハラ・アフリカ(サハラ砂漠より南の地域)の問題が大きいなと思いました。 地図はできていたのですが、本文中の記述を全ての参考文献に合わせるのに苦労しました。 特に1章については出典が100ぐらいあり、そのファクトチェックに時間がかかりましたね。 しかし日本の方がヨーロッパよりもGDPは高いので、アメリカン・デジタル(オープンソースなどをうまく活用したイノベーティブな帝国主義)のようなやり方もおそらくできるではないかと思っています。 そうです。 だから両者のいいとこ取りも可能かもしれません。 我々はまだデジタル0. 0ですから。 日本は中国と比べると、まだデジタル度が低いと思いますね。 他にもアフリカでブロックチェーンやデジタルエコノミーが一気に発展する可能性が大いにあるのではないでしょうか。 例えばリブラ(フェイスブックが発行を予定している仮想通貨)をローンチしたら、アフリカでも相当ユーザー数が増えると思います。 潜在ユーザーが何十億人もいるからです。 そう考えると、サードウェーブ・デジタル(アフリカやインドを中心に一足飛びに生まれる新種のイノベーション)の流れも今後注目できると言えますね。 そういう意図もあったのでしょうか。 世の中の問題は本質的には、ほとんどテクノロジーで解決できると思っています。 ただその解決策が最適解というわけでは常にはないかもしれません。 それは大きな問題です。 安い価格、もしくは無料で提供されていたり、貧困層でも問題なく利用できたりするシステムなのに、必要とする人ほど利用できることを知らないという現状はありますね。 CourseraやedXなどのプラットフォームを通じ、アメリカの有名大学や東京大学などの講義も見られる。 そういう情報の感度が高い友達に接続するコストが一番高いからです。 情報の感度が高いグループにいる人ほど安くて質の高いeラーニングを利用しているのではないでしょうか。 世の中の人のほとんどはグループに属するコストにお金を払っています。 例えばアメリカだったら、スラムに住むのと高級住宅街に暮らすのとでは、かかるお金が全然違います。 日本ではあまりそういったゾーニングはされていませんが、どのコミュニティにいるかでまるで考え方が異なったりすることも珍しくありません。 そこをなんとかしないといけないなと思っています。 結局属しているコミュニティは会社だったり年収別だったり生まれた(育った)地域別になってしまうことが多いと思います。 ネットだけだとフィルターバブルの分断も大きいので、やはり未だテレビなどのマスメディアが架け橋となるのではないでしょうか。 そこは絶望せず発信を続けるのは重要なことだと思います。 しかし、「サスティナブル(Sustainable)」という言葉の理解が広まれば面白いなと思います。 そうです。 リユースやリサイクル・古着もサスティナブルと考えられます。 ではクラシックカーに乗るのは、どちらでしょう。 廃棄はしていないけど二酸化炭素も排出しているから、環境負荷を考えるとトントンかな、とか。 人や社会、環境に配慮した消費行動のことを「倫理的消費(エシカル消費)」と呼び、フェアトレード商品やエコ商品、リサイクル製品、被災地産品などを積極的に購入することを指す。 例えば、最新のディープラーニングのアルゴリズムをトレーニングする際の電力消費の二酸化炭素排出量の換算が、車一生分の5倍の二酸化炭素の排出量に匹敵するといった指摘もあります。 (出典: そのように考えてみると、世の中においてエネルギーを使っているものが分かるし、面白いですよ。 人間1人が持続可能な生活を送るために必要な、生産可能な土地面積(水産資源の利用を含めて計算する場合は陸水面積となる)として表わされる。 さらに、みんながSDGsを自分ごと化するために、どんなことが必要だと思いますか? 私もそれを考えていました。 先程例に出した二酸化炭素では、個人で認識しようと思っても難しいと思いますが、集団の意思決定は有効かなと思います。 個人で考えると二酸化炭素の排出量なんてほとんどわからないと思います。 そこで効いてくるのが、集団の意思決定です。 例えば10人でも100人でも、その人たちが意思決定するときにどちらを選ぶかという話です。 二酸化炭素の排出量が多い方と少ない方を選ぶときは、みんなで少ない方を選ぼうという方法です。 一人ひとりが二酸化炭素の排出量をどうするかということではなく、100人の会社を経営しているときに、経営陣が二酸化炭素を出さない方にしようと決めたら、会社のみんなもそちらを選ぶといったものですね。 集団の意思決定はみんなで決めるというのが多分原則でしょうね。 バーチャルウォーターも重要な問題ですね。 穀物需要に関して一個人の努力ではあまり変わらないですから。 数百万、数千万人が見ているので、意思決定をする際にどちらがよいかと考えて、環境によい方を選ぶようになるとよいのではないでしょうか。 あらかじめ視聴者の側に持っておくべき価値基準としてSDGsは機能すると思います。 さらに、プラスチックごみを減らそうと思ったときに、「これはプラスチック素材である必要があるかどうか」というところまで考えられるようになれば、よりよくなると思います。 素材に対してもっと愛を持っていれば、価値が出やすいと思いますね。 そうです。 食べ物や飲み物を1週間摂っていると、クレジットカード1枚分のマイクロプラスチックを体内に取り込んでいるという話もありますからね。 出典: あとは雨粒の一つひとつにマイクロプラスチックがすごく含まれているみたいな話などもあります。 もちろん地域差もあると思いますが。 ただ、そこで一人ひとりがプラスチックごみを減らしたからといって、急にプラスチックごみの量が減るわけではありません。 ですが、無意識的に使っているプラスチックを少なくしようと心がけることは価値があることだと思います。 率直にいうと、たったの10年では何も変わらないと思います。 しかし、次世代のスマホのようなものが出ているといった時代感はあるでしょうね。 この10年間では震災があったり元号が変わったり、日本の企業も大きく変わっていますね。 日本製のスマホを使っている人は減っているし、通販ではAmazonと日本企業でも大きく差が出ているし、アリババとテンセントがこんなに大きくなるとは思っていなかったはずです。 次の10年もきっと変化は起こります。 予測もされていますが、インドの人口は増加し、中国も経済成長を続けていきます。 世界の構造が変わっていくのは間違いないでしょう。 でも、その中でもこのくらいの変化はあるだろうと分かった上で、もっと日本の産業が付加価値を創造する方に舵を切ると面白いと思います。 日本はこれをやってもしょうがない、ということをあらかじめ理解していると、10年間の過ごし方も変わるのではないでしょうか。 ひとまず、僕が普段話す大学の学生さんや社会人の方などにこのくらいは知っておいて欲しいなぁと思う内容をいつも以上に丁寧に書いたと思っているので、ぜひ手にとってもらいたいなぁと思います。

次の