愛 は ポロポロ 105 話。 第105話 準備 5

【社会人1年目、ポルシェを買う。】第105話:壊れたシャカヨン号(911 SC)、入庫。

愛 は ポロポロ 105 話

更に数日過ぎたが、作ることはできなかった。 それと、そろそろ魔王討伐の時期だ。 少し前に告知もあった。 だが、今回は見逃そうと思っている。 なんだか見られそうな気がするし、それに勧誘とかで、まともに戦えるかも微妙だからだ。 ということで、魔王討伐を他のプレイヤーに任せて、ポーション作りに没頭しようと思う。 それに僕の場合、別に倒さなくても不利益になることはない。 他のプレイヤーに不利益が被っても、僕には関係ない。 それに断っているんだから、勧誘をしなければ、僕も倒そうと思ったのに。 ホントバカな連中だ。 って、まだ倒せないって決まったわけじゃないし、バカにするのは間違ってるか。 そんなことより、今はジジィの方が重要だ。 ジジィの作るポーションは、すごいものばかりだ。 どうすればそんなものができるのか、ホント謎だ。 ジジィもテキトーにおだてておけば、いろんな情報をポロポロと言ってくれるから、楽でいい。 大体の場合は、言った後に後悔してるけど、自業自得だ。 でも、わざと言っているような感じもする。 このへんは僕にはわからない。 ジジィだけが知ることだから、わかる必要もない。 それと時間を見つけて、これからについて考えている。 まず、考えなければならないのは、追われているこの状況だが、もうどうしようもないから、このまま追われ続けていればいいと思っている。 つまり、考えることを諦めたのだ。 というか、もういろいろ試した。 それでも状況が好転しないから、諦めざるしかなかったのだ。 だから違うことを今は考えている。 それは、これからやり始める、誠と結についてどうやって教えるかだ。 僕のテレポートを見せるわけにはいかない。 それにテレポートじゃ教えられることがない。 かと言って、まともに使える武器を使った突進なんか、テレポートと同じレベルで使えない。 つまり、実演をして教えることができないのだ。 これはこれでいいんだろうけど、もし、戦うところが見たいなんて言われたら、どうしようもない。 だから、少しは普通に戦っているところを見せられるようにしておきたいのだ。 もしかしたら、気にしすぎなのかもしれないが、テレポートがバレるよりも良いと思っている。 こんな感じでポーションを試行錯誤しながら作りつつ、どうバレずに教えるかを考えている。 まあ、どちらもいいアイデアはまだ見つかってないんだけどね。

次の

韓国ドラマ【愛はぽろぽろ】のあらすじ115話~117話と感想

愛 は ポロポロ 105 話

韓国ドラマ「愛はぽろぽろ(恋はぽろぽろ)」前回のあらすじ 韓国ドラマ「愛はぽろぽろ(恋はぽろぽろ)」の一つ前のあらすじ内容をまず見ていきます。 一方パンウルはサンチョルがアリバイを立証できることに一安心していたのだが、密売人が怪しいということを刑事から聞く。 その頃ハン博士は、勝手に土地を売っていたヨンスクを訴えようとしていた。 ウヒョクは事件の犯人がチェリンではないかと疑い始める。 一方サンヒョクはチェリンと言い争いになり、チェリンが落としたボイスレコーダーを拾おうとして事故に巻き込まれてしまう。 そしてパンウルとスンボクはドンジュンが臓器提供を行うと言い出し衝撃を受けていた。 スポンサーリンク 韓国ドラマ「愛はぽろぽろ」あらすじ115話~117話の感想&ネタバレ ウヒョクのドナー提供者やチェリンのタンブラー事件などいろいろなことが発覚していきます。 そうしていろんな事実が明るみに出ることで状況が急展開していきます。 ウヒョクが意識を取り戻してからはチェリンがどんどん窮地に追い詰められているようでした。 いつチェリンが罪を償うことになるのか気になって目が離せない展開でしたね! そして、罪が明らかになっても罪を認めようとしなかったチェリン。 最終的にはも罪を認めざるを得ない状況となりましたが、罪から逃れようとするチェリンには驚きでした…。 自分が行ってきたことに罪悪感などはなかったのでしょうか…。 もし、罪が明らかにならなかったら…と思うとゾッとします。 サンチョルにも濡れ衣を着せていましたし、このまま罪を重ねて生きていくつもりだったんですかね。 チェリンの為にも、罪が明らかになって良かったと思います…。 そして病気が発覚したヨンスク。 ヨンスクが肝硬変だということをパンウルが知ったときどうなるのか、いつどのような形で知ることになるのか…。

次の

[B!] 愛はぽろぽろ

愛 は ポロポロ 105 話

更に数日過ぎたが、作ることはできなかった。 それと、そろそろ魔王討伐の時期だ。 少し前に告知もあった。 だが、今回は見逃そうと思っている。 なんだか見られそうな気がするし、それに勧誘とかで、まともに戦えるかも微妙だからだ。 ということで、魔王討伐を他のプレイヤーに任せて、ポーション作りに没頭しようと思う。 それに僕の場合、別に倒さなくても不利益になることはない。 他のプレイヤーに不利益が被っても、僕には関係ない。 それに断っているんだから、勧誘をしなければ、僕も倒そうと思ったのに。 ホントバカな連中だ。 って、まだ倒せないって決まったわけじゃないし、バカにするのは間違ってるか。 そんなことより、今はジジィの方が重要だ。 ジジィの作るポーションは、すごいものばかりだ。 どうすればそんなものができるのか、ホント謎だ。 ジジィもテキトーにおだてておけば、いろんな情報をポロポロと言ってくれるから、楽でいい。 大体の場合は、言った後に後悔してるけど、自業自得だ。 でも、わざと言っているような感じもする。 このへんは僕にはわからない。 ジジィだけが知ることだから、わかる必要もない。 それと時間を見つけて、これからについて考えている。 まず、考えなければならないのは、追われているこの状況だが、もうどうしようもないから、このまま追われ続けていればいいと思っている。 つまり、考えることを諦めたのだ。 というか、もういろいろ試した。 それでも状況が好転しないから、諦めざるしかなかったのだ。 だから違うことを今は考えている。 それは、これからやり始める、誠と結についてどうやって教えるかだ。 僕のテレポートを見せるわけにはいかない。 それにテレポートじゃ教えられることがない。 かと言って、まともに使える武器を使った突進なんか、テレポートと同じレベルで使えない。 つまり、実演をして教えることができないのだ。 これはこれでいいんだろうけど、もし、戦うところが見たいなんて言われたら、どうしようもない。 だから、少しは普通に戦っているところを見せられるようにしておきたいのだ。 もしかしたら、気にしすぎなのかもしれないが、テレポートがバレるよりも良いと思っている。 こんな感じでポーションを試行錯誤しながら作りつつ、どうバレずに教えるかを考えている。 まあ、どちらもいいアイデアはまだ見つかってないんだけどね。

次の