ジーナ 式 3 ヶ月。 【ジーナ式 2〜3ヶ月】

ジーナ式スケジュール生後3ヶ月記録|またあした!ジーナ式

ジーナ 式 3 ヶ月

生後3ヶ月のジーナ式スケジュール実行のポイント 夜の授乳が本来の時間に 夜中の授乳が0時だった生後2ヶ月の後半から少しずつ前倒しにし、ついに 22時半の授乳が定着。 ようやく本来のジーナ式スケジュールの授乳時間に追いつきました。 夕寝と振り分け授乳は続行 夕寝は本来生後3ヶ月からなくすようになっていますが、私の子供の場合は 15時半になると限界になり、夕寝を無理矢理なくそうとするとぐずるので、昼寝短めで夕寝は継続しています。 また、 夕寝30分とお風呂前後の振り分け授乳は続行。 トータル昼寝時間も3時間半のままで調子が良かったです。 おすすめ• 生後3ヶ月の生活の様子 -12kg減に成功した産後ダイエットの方法 産後ダイエットは最初の3ヶ月が勝負、とよく言いますよね。 少しずつ痩せようと思っているとそのままズルズル太ったままになりそうだったので、私も産後3ヶ月で妊娠前の体重に戻すことを目標とし、 3ヶ月で12kgの体重減に成功しました。 CHECK! おすすめ 赤ちゃんの日焼け止めはいつから? 子供との外出も増えてきて気になるのが日焼け。 日焼け止めはいつから赤ちゃんに使っても大丈夫なのか調べてみました。 CHECK!

次の

産後の寝不足解消だけではないジーナ式のメリット

ジーナ 式 3 ヶ月

ここは今の悩み。 総量も減ってしまっているのを回数でカバーしています。 お昼寝は3時間30分なので、寝すぎなのですが夜も寝てるからまぁいいかなぁと思っています。 ちなみに我が家は「ゆるジーナ式」のアレンジ内容でやってます。 詳細はブログのポストを見ていただけるとわかると思いますが、守ればいいと思ってるのは3点です。 おくるみを卒業してスリーパー導入 使用している10mosiのスリーパー。 カバーオール式にもドレス式にもなるので便利。 この月齢になるとモロー反射で起きてしまうことがなくなると言われおくるみを卒業。 生後2〜3ヶ月ではおくるみは必須でしたが、母の心配をよそになくても寝てくれました。 おくるみ卒業は首が座った3ヶ月すぎたあたりからがおすすめです!• 午前中の授乳間隔を4時間に挑戦! これは3割程度しかできなかったです。 間隔をあける以前に、授乳中に「暴れる」「気が散る」ということがとても増えました。 暴れるのは膝の上だと安定しないため、ということを読んだので試しにリビングで寝かせたまま飲ませたらよく飲む! 若干の心理的抵抗があったのですがしっかり頭を上げて、ゲップを出してあげることでなんとか授乳量を確保。 また、テレビや音楽や周りに人がいるとなかなか飲まないので、できるだけ静かな環境で授乳に集中させています。 22時半の授乳量が減ってくる時期。 だがなくさずに毎回起こして授乳する 最近は22時半の授乳は30〜40ml程度しか飲みません。 ここの授乳は離乳食が落ち着くまでは残す予定なので、一旦起こしだけ起こして飲まなくてもOKとしています。 睡眠退行が始まった! 3ヶ月2週くらいから、お昼寝中にいきなり大声で泣くことが増えた。 調べてみると、入眠した時の状況と目を覚ました時の状況が違うと泣いてしまうことがあるそう。 メリーをつけて寝かしつけたらメリーはつけっ放しにするなど、状況の一致を心がけています。 電気代はもったいない・・・。 でも泣かれるよりいいよね。 旅行や初の実家帰省など環境変化が大きい状況が多かった いつも使っているセット(音楽+スリーパー)を持ち込み、匂いで安心してもらう作戦。 入眠は問題なくしてくれました。 朝まで寝るかどうかは、泊まりに行く場所の朝日をどれだけ遮れるかにかかってくると思います。 旅行であれば事前に部屋の間取りなどを見てお部屋を決めようと思いました。 これまでのジーナ式ネントレ日記.

次の

【ジーナ式 2〜3ヶ月】

ジーナ 式 3 ヶ月

スポンサーリンク ジーナ式スケジュール実践のポイント 1.朝起きるスタート時間と夜寝るゴール時間を守る ジーナ式スケジュールは、朝7時に起きたら夜7時に寝るようになってます。 でも、毎日きっかり7時に起きるとは限らないわけで。 そのへんは 6時に起きたら18時に寝る、8時に起きたら20時に寝るって感じで、最初と最後を合わせれば大丈夫みたいです。 2.2時間以上起こしておかない&お昼寝をさせすぎない ジーナ式スケジュールでは、分刻みか!というくらい細かくスケジュールが決まっています。 が、実際そんなにストイックにスケジュールは守れないし、何より赤ちゃんが時間通りに動いてくれるわけもなく。 実際にジーナ式を実践してみると、30分や1時間のズレなんてどんどん出ます。 私はもともとアバウトな性格なこともあり、次の要点さえ守れればまあいいかという、ゆるジーナでやってますが、それでも十分うまくいってます。 お昼寝をさせすぎない 赤ちゃんの1日のトータル睡眠時間は決まっているそうです。 だから、 昼間に寝過ぎるとその日の睡眠時間を消化しきってしまい、夜眠らない子に。 うちの子がまさにそうでした。 昼夜逆転させず、夜も長時間眠らせるためには、夜の就寝時間までのお昼寝タイムをトータルで4. 5時間以下に抑えます。 3.寝かし付けの時に泣いても、すぐには手を出さない 赤ちゃんを寝かしつける時に泣き出すと、ああやっぱり寝てくれないのかと、すぐ抱っこしたり授乳したりすると思うんですよ。 でも、 泣いたら手を出すということが赤ちゃんを興奮させて、かえって入眠の邪魔をすることがあるというのがジーナの主張。 お昼寝の時間、子供をベッドに寝かせてその場を離れると、最初はだいたい泣きます。 今までならすぐ抱っこしてたんですが、ジーナ式を始めてからは、ジーナの教えに従って、あえて放って様子を見てみました。 すると… だいたいは10分も経たないうちに泣き止んで寝ます。 寝入った後も、時々あー!とか、にゃー!とか泣き出すことがありますが、これも数分そのままにしておくと静かになる。 が、ジーナ曰く、 赤ちゃんには自分で眠りに戻る力が備わっていて、それを邪魔せず1人で眠れるようになることがジーナ式育児の目的。 実際にやってみて、本当にそうなんだなあと。 それに、別に泣きっぱなしにさせるわけではなく、20分以上泣く時には授乳したり、あやして落ち着かせますしね。 赤ちゃんが泣くことに振り回されなくなるので、こっちの気持ちにも余裕が出ます。 ゆるジーナでも、寝かし付け効果は十分ある 以上、私が実践している、ゆるジーナのスケジュールと実践のポイントでした。 ジーナ本ってすごく読みにくいので、 実は私、まだ全部読んでません。 私のやってるジーナ式は、スケジュールをおおまかに守りつつ、わからないところは辞書的に調べるという、超アバウトゆるジーナ。 でも、そんなテキトーなやり方でも、夜寝ない新生児の寝かし付け効果は十分あります。 24時間体制で授乳している• 赤ちゃんは満腹になったら寝ると思っている• 赤ちゃんが夜寝てくれず、寝不足と疲労でもう死にそう そんなママさんには、ジーナ式はおすすめです。 本を読むとなんだか複雑で難しそうですが、ゆるジーナでも全然大丈夫。 朝7時に生活をスタートするだけでもこんなに違うのかとビックリしますよ。

次の