国民年金。 国民年金保険料|日本年金機構

国民年金の受給額!計算式と簡単早見表で支給額チェック【動画で解説】 [年金] All About

国民年金

厚生年金というのは、主に会社に勤めている人が加入する年金制度のことです。 厚生年金には、次のような特徴があります。 ・保険料は収入によって決まる 厚生年金の保険料は、各自違います。 3カ月間の給与の平均から算出される「標準報酬月額」に18. 自分の標準報酬月額がいくらなのかは、給与明細などを見るとわかります(明細の形式によっては記載されていない場合もあります)。 ・保険料は雇用主と従業員が折半して支払う 厚生年金の保険料は18. 残りの9. ・厚生年金保険料の中には国民年金保険料も含まれている 厚生年金に加入している人は、自動的に国民年金にも加入していることになります。 つまり、将来は国民年金と厚生年金の両方から年金を受け取ることができるということです。 ・扶養している配偶者を「第三号被保険者」にできる 厚生年金に加入している人の配偶者の収入が少ない場合、被扶養者として届け出ることで、配偶者を第三号被保険者にすることができます。 第三号被保険者は年金保険料を支払う必要がなく、将来は国民年金を受け取れます。 国民年金は、厚生年金に加入できない人(無職の人、学生の人、自営業の人など)が加入する年金制度です。 日本では、原則として20歳から60歳までの人は全員がいずれかの年金に加入し、保険料を納めなければいけないとされています。 そのため、まだ会社に入っていない20歳の大学生などは、まず国民年金に加入することになります。 とはいえ、状況によって国民年金を支払うのが難しい人もいるでしょう。 そこで、学生や一定以下の所得額の人に対しては、免除制度や納付猶予制度が用意されています。 このような制度を利用した場合、後から保険料を納めるか、将来減額された年金を受け取ります。 なお、年金は10年以上加入した実績がないと受給できません。 たとえば、厚生年金に8年間加入していた人は、ほかに国民年金に2年以上加入していた実績がなければ年金を受け取ることができません。 国民年金を支払っていた学生が会社に入社して厚生年金に加入した場合、自分自身で手続きをしなくても、自動的に年金制度が国民年金から厚生年金に切り替わります。 そのため、基本的には両方の保険料を支払ってしまうということは起こりません。 例外が、国民年金の保険料を前払いでまとめて支払っていた場合です。 1年分を前納していたにもかかわらず、途中で会社に入社し厚生年金になったという場合は、払いすぎた国民年金保険料の返金を受けることができます。 特に自分で手続きをする必要はありません。 自宅に通知が届くはずですから、待ちましょう。 また、月の途中で厚生年金と国民年金が切り替わった場合は、月末時点でどちらに加入していたかによって支払う保険料が変わります。 3月15日に就職した場合は、3月分の国民年金保険料の納付は不要で、厚生年金保険料を支払います。 厚生年金は、国民年金に比べてかなり手厚い制度です。 しかし、昨今の年金不安や長生きリスクを考えると、老後資金としては不安が残ると考えている人も多いでしょう。 ましてや、国民年金加入者はなおさらです。 そこでおすすめなのが、確定拠出年金を利用して将来に備える方法。 確定拠出年金とは、自分自身が拠出した資産を元に運用して老後に備える制度のことです。 個人型と企業型がありますが、自営業者は個人型、会社員は個人型か企業型のどちらか(あるいは両方)に加入することができます。 拠出金は全額が所得控除の対象になるため、所得税や住民税の節税対策としても優れた制度です。 将来への備えが不十分であると感じている人は、加入を検討してみましょう。

次の

国民年金基金制度とは?

国民年金

切り替え方法を知る前に、国民年金と厚生年金について、改めてどのようなものなのか特徴を確認しておきましょう。 ・国民年金 日本に住んでいる20歳~59歳の人が全員加入する年金制度です。 「会社員は?」と思われるかもしれませんが、会社員が加入する厚生年金には国民年金が含まれているため、会社員は厚生年金と国民年金の両方に加入しているということになるのです。 国民年金は、「基礎年金」とも呼ばれます。 ねんきん定期便には「老齢基礎年金」という名前で記されています。 国民年金には「扶養」という制度がありません。 夫が自営業者で妻が専業主婦、子どもが20歳以上の大学生という家庭は、3人分の国民年金保険料を納めます。 年金保険料は収入にかかわらず一定額です。 ・厚生年金 厚生年金は会社員が加入する年金制度です。 厚生年金保険料には国民年金保険料も含まれていて、雇用主と会社員が折半して支払うことになっています。 厚生年金には所得の少ない配偶者を扶養する制度があり、妻の国民年金保険料は夫の厚生年金保険料に含まれるものとします。 妻の有無によって厚生年金保険料が上下することはありません。 夫が会社員で妻が専業主婦、子どもが20歳以上の大学生という家庭の場合、夫の給料からは厚生年金保険料が天引きされますが、それとは別に、子どもの分の国民年金保険料の納付をすることになります。 日本では満20歳になると全員が国民年金に加入するため、大学を出て就職するときには、国民年金から厚生年金に切り替えることになります。 この手続きは会社がするものですから、自分で年金事務所などに出向く必要はありません。 ただし、切り替えには年金番号が必要になるため、年金手帳の提出を求められる可能性が高いでしょう。 どこにいってしまったかわからないという人は、探しておいてください。 フルタイムで契約期間を定めずに雇用される一般的な正社員の場合、入社後は社会保険に加入することになります。 これは、試用期間が設けられている場合や、月給制ではなく時給制の場合でも同様です。 そのため、就職したのにいつまで経っても健康保険や厚生年金の加入について説明がないような場合は会社に問い合わせる必要があります。 月の途中で国民年金から厚生年金、または、厚生年金から国民年金に切り替わった場合、年金保険料はどうなるのでしょうか? 結論から言うと、保険料はどちらかの支払いだけで、両方かかってしまうことはありません。 安心して切り替え手続きをしましょう。 ただし、最後の給料から厚生年金保険料が控除されるかどうかは、それぞれの会社によって違います。 4月の給料から3月分の保険料を控除する会社があるためです。 払いすぎた国民年金保険料がある場合、後ほど自宅に「国民年金保険料還付請求書」が届くので、必要事項を記入して返送すれば、保険料を返してもらえます。 国民年金から厚生年金への切り替えは会社がやるものなので、切り替えを忘れるということはまずありません。 忘れてしまう可能性があるのは、厚生年金から国民年金への切り替え手続きです。 とはいえ、たとえ手続きを忘れてしまったとしても、厚生年金を脱退したという報告が会社から年金事務所に伝えられますから、そのままになってしまうことはありません。 手続きをしないまま放置していると、「国民年金に加入してください」というお知らせが届きます。 そのため、忘れていることに気づかないままになるということはないでしょう。 ただし、あまり手続きが遅れると、脱退時からの「納めるべき年金保険料」がどんどん高額になっていってしまいます。 退職したら、すみやかに役所で手続きすることをおすすめします。

次の

国民年金と厚生年金の切り替え方法は?手続きを忘れるとどうなるの?

国民年金

6 前項の届出は、厚生労働省令で定める場合を除き、に規定する第一号厚生年金被保険者(以下「第一号厚生年金被保険者」という。 )である第二号被保険者の被扶養配偶者である第三号被保険者にあつては、その配偶者である第二号被保険者を使用する事業主を経由して行うものとし、同項第二号に規定する第二号厚生年金被保険者(以下「第二号厚生年金被保険者」という。 )、同項第三号に規定する第三号厚生年金被保険者(以下「第三号厚生年金被保険者」という。 )又は同項第四号に規定する第四号厚生年金被保険者(以下「第四号厚生年金被保険者」という。 )である第二号被保険者の被扶養配偶者である第三号被保険者にあつては、その配偶者である第二号被保険者を組合員又は加入者とする国家公務員共済組合、地方公務員共済組合又は日本私立学校振興・共済事業団を経由して行うものとする。 第十八条の三 船舶が沈没し、転覆し、滅失し、若しくは行方不明となつた際現にその船舶に乗つていた者若しくは船舶に乗つていてその船舶の航行中に行方不明となつた者の生死が三箇月間分らない場合又はこれらの者の死亡が三箇月以内に明らかとなり、かつ、その死亡の時期が分らない場合には、死亡を支給事由とする給付の支給に関する規定の適用については、その船舶が沈没し、転覆し、滅失し、若しくは行方不明となつた日又はその者が行方不明となつた日に、その者は、死亡したものと推定する。 航空機が墜落し、滅失し、若しくは行方不明となつた際現にその航空機に乗つていた者若しくは航空機に乗つていてその航空機の航行中に行方不明となつた者の生死が三箇月間分らない場合又はこれらの者の死亡が三箇月以内に明らかとなり、かつ、その死亡の時期が分らない場合にも、同様とする。 第三十条 障害基礎年金は、疾病にかかり、又は負傷し、かつ、その疾病又は負傷及びこれらに起因する疾病(以下「傷病」という。 )について初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日(以下「初診日」という。 )において次の各号のいずれかに該当した者が、当該初診日から起算して一年六月を経過した日(その期間内にその傷病が治つた場合においては、その治つた日(その症状が固定し治療の効果が期待できない状態に至つた日を含む。 )とし、以下「障害認定日」という。 )において、その傷病により次項に規定する障害等級に該当する程度の障害の状態にあるときに、その者に支給する。 ただし、当該傷病に係る初診日の前日において、当該初診日の属する月の前々月までに被保険者期間があり、かつ、当該被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が当該被保険者期間の三分の二に満たないときは、この限りでない。 第三十条の三 疾病にかかり、又は負傷し、かつ、その傷病(以下この条において「基準傷病」という。 )に係る初診日において第三十条第一項各号のいずれかに該当した者であつて、基準傷病以外の傷病により障害の状態にあるものが、基準傷病に係る障害認定日以後六十五歳に達する日の前日までの間において、初めて、基準傷病による障害(以下この条において「基準障害」という。 )と他の障害とを併合して障害等級に該当する程度の障害の状態に該当するに至つたとき(基準傷病の初診日が、基準傷病以外の傷病(基準傷病以外の傷病が二以上ある場合は、基準傷病以外のすべての傷病)の初診日以降であるときに限る。 )は、その者に基準障害と他の障害とを併合した障害の程度による障害基礎年金を支給する。 第三十三条の二 障害基礎年金の額は、受給権者によつて生計を維持しているその者の子(十八歳に達する日以後の最初の三月三十一日までの間にある子及び二十歳未満であつて障害等級に該当する障害の状態にある子に限る。 )があるときは、前条の規定にかかわらず、同条に定める額にその子一人につきそれぞれ七万四千九百円に改定率(第二十七条の三及び第二十七条の五の規定の適用がないものとして改定した改定率とする。 以下この項において同じ。 )を乗じて得た額(そのうち二人までについては、それぞれ二十二万四千七百円に改定率を乗じて得た額とし、それらの額に五十円未満の端数が生じたときは、これを切り捨て、五十円以上百円未満の端数が生じたときは、これを百円に切り上げるものとする。 )を加算した額とする。 4 障害基礎年金の受給権者であつて、疾病にかかり、又は負傷し、かつ、その傷病(当該障害基礎年金の支給事由となつた障害に係る傷病の初診日後に初診日があるものに限る。 以下この項及び第三十六条第二項ただし書において同じ。 )に係る当該初診日において第三十条第一項各号のいずれかに該当したものが、当該傷病により障害(障害等級に該当しない程度のものに限る。 以下この項及び第三十六条第二項ただし書において「その他障害」という。 )の状態にあり、かつ、当該傷病に係る障害認定日以後六十五歳に達する日の前日までの間において、当該障害基礎年金の支給事由となつた障害とその他障害(その他障害が二以上ある場合は、すべてのその他障害を併合した障害)とを併合した障害の程度が当該障害基礎年金の支給事由となつた障害の程度より増進したときは、その者は、厚生労働大臣に対し、その期間内に当該障害基礎年金の額の改定を請求することができる。 2 障害基礎年金は、受給権者が障害等級に該当する程度の障害の状態に該当しなくなつたときは、その障害の状態に該当しない間、その支給を停止する。 ただし、その支給を停止された障害基礎年金の受給権者が疾病にかかり、又は負傷し、かつ、その傷病に係る初診日において第三十条第一項各号のいずれかに該当した場合であつて、当該傷病によりその他障害の状態にあり、かつ、当該傷病に係る障害認定日以後六十五歳に達する日の前日までの間において、当該障害基礎年金の支給事由となつた障害とその他障害(その他障害が二以上ある場合は、すべてのその他障害を併合した障害)とを併合した障害の程度が障害等級に該当するに至つたときは、この限りでない。 第三十九条 配偶者に支給する遺族基礎年金の額は、前条の規定にかかわらず、同条に定める額に配偶者が遺族基礎年金の受給権を取得した当時第三十七条の二第一項に規定する要件に該当し、かつ、その者と生計を同じくした子につきそれぞれ七万四千九百円に改定率(第二十七条の三及び第二十七条の五の規定の適用がないものとして改定した改定率とする。 以下この項において同じ。 )を乗じて得た額(そのうち二人までについては、それぞれ二十二万四千七百円に改定率を乗じて得た額とし、それらの額に五十円未満の端数が生じたときは、これを切り捨て、五十円以上百円未満の端数が生じたときは、これを百円に切り上げるものとする。 )を加算した額とする。 第三十九条の二 子に支給する遺族基礎年金の額は、当該被保険者又は被保険者であつた者の死亡について遺族基礎年金の受給権を取得した子が二人以上あるときは、第三十八条の規定にかかわらず、同条に定める額にその子のうち一人を除いた子につきそれぞれ七万四千九百円に改定率(第二十七条の三及び第二十七条の五の規定の適用がないものとして改定した改定率とする。 以下この項において同じ。 )を乗じて得た額(そのうち一人については、二十二万四千七百円に改定率を乗じて得た額とし、それらの額に五十円未満の端数が生じたときは、これを切り捨て、五十円以上百円未満の端数が生じたときは、これを百円に切り上げるものとする。 )を加算した額を、その子の数で除して得た額とする。 第四十九条 寡婦年金は、死亡日の前日において死亡日の属する月の前月までの第一号被保険者としての被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が十年以上である夫(保険料納付済期間又は第九十条の三第一項の規定により納付することを要しないものとされた保険料に係る期間以外の保険料免除期間を有する者に限る。 )が死亡した場合において、夫の死亡の当時夫によつて生計を維持し、かつ、夫との婚姻関係(届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含む。 )が十年以上継続した六十五歳未満の妻があるときに、その者に支給する。 ただし、その夫が障害基礎年金の受給権者であつたことがあるとき、又は老齢基礎年金の支給を受けていたときは、この限りでない。 第九十条 次の各号のいずれかに該当する被保険者等から申請があつたときは、厚生労働大臣は、その指定する期間(次条第一項から第三項までの規定の適用を受ける期間又は学校教育(昭和二十二年法律第二十六号)第五十条に規定する高等学校の生徒、同法第八十三条に規定する大学の学生その他の生徒若しくは学生であつて政令で定めるもの(以下「学生等」という。 )である期間若しくは学生等であつた期間を除く。 )に係る保険料につき、既に納付されたものを除き、これを納付することを要しないものとし、申請のあつた日以後、当該保険料に係る期間を第五条第三項に規定する保険料全額免除期間(第九十四条第一項の規定により追納が行われた場合にあつては、当該追納に係る期間を除く。 )に算入することができる。 ただし、世帯主又は配偶者のいずれかが次の各号のいずれにも該当しないときは、この限りでない。 第九十条の二 次の各号のいずれかに該当する被保険者等から申請があつたときは、厚生労働大臣は、その指定する期間(前条第一項若しくは次項若しくは第三項の規定の適用を受ける期間又は学生等である期間若しくは学生等であつた期間を除く。 )に係る保険料につき、既に納付されたものを除き、その四分の三を納付することを要しないものとし、申請のあつた日以後、当該保険料に係る期間を第五条第四項に規定する保険料四分の三免除期間(第九十四条第一項の規定により追納が行われた場合にあつては、当該追納に係る期間を除く。 )に算入することができる。 ただし、世帯主又は配偶者のいずれかが次の各号のいずれにも該当しないときは、この限りでない。 2 前項の場合において、その一部につき追納をするときは、追納は、第九十条の三第一項の規定により納付することを要しないものとされた保険料につき行い、次いで第八十九条第一項若しくは第九十条第一項の規定により納付することを要しないものとされた保険料又は第九十条の二第一項から第三項までの規定によりその一部の額につき納付することを要しないものとされた保険料につき行うものとし、これらの保険料のうちにあつては、先に経過した月の分から順次に行うものとする。 ただし、第九十条の三第一項の規定により納付することを要しないものとされた保険料より前に納付義務が生じ、第八十九条第一項若しくは第九十条第一項の規定により納付することを要しないものとされた保険料又は第九十条の二第一項から第三項までの規定によりその一部の額につき納付することを要しないものとされた保険料があるときは、当該保険料について、先に経過した月の分の保険料から追納をすることができるものとする。 第九十四条の三 基礎年金拠出金の額は、保険料・拠出金算定対象額に当該年度における被保険者の総数に対する当該年度における当該政府及び実施機関に係る被保険者(厚生年金保険の実施者たる政府にあつては、第一号厚生年金被保険者である第二号被保険者及びその被扶養配偶者である第三号被保険者とし、実施機関たる共済組合等にあつては、当該実施機関たる共済組合等に係る被保険者(国家公務員共済組合連合会にあつては当該連合会を組織する共済組合に係る第二号厚生年金被保険者である第二号被保険者及びその被扶養配偶者である第三号被保険者とし、地方公務員共済組合連合会にあつては当該連合会を組織する共済組合に係る第三号厚生年金被保険者である第二号被保険者及びその被扶養配偶者である第三号被保険者とし、日本私立学校振興・共済事業団にあつては第四号厚生年金被保険者である第二号被保険者及びその被扶養配偶者である第三号被保険者とする。 以下同じ。 )とする。 )の総数の比率に相当するものとして毎年度政令で定めるところにより算定した率を乗じて得た額とする。

次の