ユカタン 半島 地図。 ユカタン半島マヤ遺跡探訪:トゥルム遺跡とトゥルム町案内

古代アメリカ文明は絶対狙われる!アステカ帝国とインカ帝国の区別はしっかりね

ユカタン 半島 地図

スポンサーリンク メキシコ・ユカタン半島とは?「セノーテ」とは?おすすめスポット紹介! メキシコ・ユカタン半島とは石灰岩で作られて、山・川がない大地です。 隕石のクレーターやマヤ文明の遺跡も多く、世界遺産も点在しており観光にはピッタリの場所です。 ガイドブックには「死ぬまでに行きたい世界の絶景」といわれており、日本人も観光客として訪れるリゾート地でもあります。 「セノーテ」とは?どんな所?おすすめスポットは? メキシコ・ユカタン半島の中でもオススメなのが水中洞窟である「セノーテ」です。 ユカタン半島の石灰岩で作られた地帯によく見られ、陥没した穴に地下水が溜まった「天然の井戸」の事をいいます。 地下水脈の全長は約2万kmで「セノーテ」の数は約7000個もあります。 「セノーテ」は観光客からも人気で、泳いだりダイブすることも出来ます。 この「セノーテ」の最大の魅力は、神秘的な美しい青の水中世界が広がっているところです。 もともとマヤ文明の頃に「セノーテ」は「聖なる泉」と神聖なものとして扱われており、昔から神秘的なものと思われていいたのでしょう。 スポンサーリンク セノーテおすすめスポット~グランセノーテ~ グラン 大きい という名前が付けられたように、有名なセノーテで人気が高いスポットです。 日本でもテレビによく取り上げられているようです。 100m先まで見える透明度を誇り、太陽が光を刺した時の「光のカーテン」が正に神秘的なセノーテを象徴するかのような風景を見ることが出来ます。 水中500mの世界を探索・体験することが出来、スキューバダイビングも楽しめます。 セノーテの水中を泳いで神秘的な美しさを体験したのなら、おすすめスポットです。 そのため、神秘的なセノーテの美しい景色だけでなく、魚を泳いでいる姿も見れるためおすすめです。 さすが「死ぬまでに行きたい世界の絶景」と言われているだけ有ります。 皆さんもマヤ文明の時から神秘的で神聖な物と言われてきた「セノーテ」に訪れてみてはいかがでしょうか? 観光地としてツアーも多いのでぜひご覧になってください! せばな~.

次の

ユカタン半島の観光スポット9選【メキシコのリゾート地】

ユカタン 半島 地図

今注目のメキシコのリゾート地ユカタン半島。 死ぬまでに行きたい場所に選ばれるような場所でもあり、ツアーもたくさん組まれていて、日本人も多く訪れる観光地なんです。 この記事を見たら必ず行きたくなるような、美しくも壮大なユカタン半島の魅力を紹介します。 ユカタン半島って? メキシコにある、メキシコ湾とカリブ海の間にある半島。 ユカタン半島は、日本人が多く訪れる観光地としても知られていて、主に石灰岩で出来ている土地のため山や川がないんです。 ですが、雨によって造られた鍾乳洞や地下水脈、隕石によってできたクレーターや、あのマヤ文明の遺跡が多くあり、とても魅力的な場所なんです。 成田からのアクセス 成田からメキシコに飛び、飛行機でカンクン(ユカタン半島)へ。 バスでカンクンの二通りの行き方があります。 それ以外はアメリカを経由しメキシコへ行くルートですが、アメリカでの手続きが増えてしまうため、直接メキシコに行くことをお勧めします。 体表的な食べ物 photo by shutterstock ユカタン地方の調味料のアチョテを使ったコチニータ・ピビルや、マセワル、ティキン・シクやポージョ・モトゥレーニョ。 もう名前を見ただけでは想像もつきませんよね。 ユカタン半島に来たら、メキシコ料理だけでなく、マヤ料理とユカタン地方の郷土料理を楽しみましょう。 おすすめの観光スポット 1.カンクン・ビーチ photo by shutterstock ユカタン半島カリブ海の、カンクンにあるビーチです。 抜群にきれいな海と真っ白な砂浜が広がっており、カンクンに訪れたら是非いきたい場所です。 大型リゾート地でもあるここは、世界中のセレブが集まります。 もしかしたら、セレブと出会えるかもしれませんね。 2.セノーテ photo by shutterstock メキシコ東部には5000個を超えるほどのセノーテがあります。 世界中のダイバーが恋い焦がれるセノーテというのは、雨で石灰岩が沈没してできた穴に、雨が溜まり地底湖になったものです。 水中とは思えないほどの透明度で、水の存在を忘れるほど綺麗な景色です。 ここでは、夢と現実の間の世界に引き込まれてしまうでしょう。 3.古代都市 チチェン・イッツァ遺跡 photo by shutterstock カンクンにある世界遺産のチチェン・イッツァ遺跡は、マヤ文明の遺跡とも知られていて、あのマヤ文明や、マヤ暦に関わりが深い場所でもあります。 造られた時代と場所によって、旧チチェンと新チチェンの二つに分けられているため、その二つの見どころを分けて紹介したいと思います。 一年で二回、秋分の日と春分の日には、ククルカンが降臨するという現象が起きます。 そのためここはククルカン神殿とも呼ばれています。 しかも!それだけではありません。 エルカスティージョの階段は91段なのですが、その階段は全部で4個。 そして最上段の1段を足すと365段。 365と聞くとピンと来るかも知れません。 これはマヤ暦の一年を表しており、マヤ人はこの巨大な建造物をカレンダーとしても使っていたのです。

次の

チクシュルーブ・クレーター

ユカタン 半島 地図

重力分布データによる隕石跡。 なお、白点はの分布を示す。 チクシュルーブ・クレーター(またはチュチュラブ・クレーター、チチュルブ・クレーター、: Chicxulub crater)は、の北部にある約6604万年前の衝突跡()。 名称は中心付近の地名に由来し、で「悪魔の尻尾」という意味がある。 地磁気異常、、およびの分布によって確認される。 これらはいずれもきれいなを描いており、この円の中心が衝突地点とされる。 直径は約160km。 既知の地球上のクレーター(隕石衝突跡)では三番目の規模であり(、に次ぐ。 これらを総称し3大隕石衝突、3大インパクトとも)、(5億4200万年以降)に形成されたことが確認されるものとしては最大級である。 この衝突が、を含む大型をはじめとする多くの生物がした末の()の、もっとも有力な原因と考えられている。 発見 [ ] 、がにおいて、末、約6550万年前のでK-Pg境界を発見。 は世界各地でその後発見されるが、この地層を境に恐竜を始めとして発見されるの種類が激変することが分かった。 また、K-Pg境界では多量のが含まれ、小惑星の衝突によってができたという説が浮上した。 この説が登場すると衝突跡を探す研究者が増えた。 初頭にの大学院生であった アラン・ラッセル・ヒルデブランド(Alan Russell Hildebrand、1955年 - 、2013年2月現在)がの山地で、K-T層に含まれ惑星衝突時の巨大津波で運ばれたと推定できる岩石を発見する。 これらの岩石は特にカリブ沿岸に集中していた。 ヒルデブランドと彼の教官のボイントンは研究成果を出版する。 しかしカリブ海には肝心のクレーターを発見することはできなかった。 この話に興味を持ったの記者カルロス・ビヤーズはヒルデブランドに連絡をとり、にグレン・ペンフィールドがユカタン半島で発見したクレーターがK-T層を形成したときに出来た小惑星の衝突跡ではないかという話をした。 1978年当時、ペンフィールドはメキシコ国営石油で発見のための調査を行っていた。 ペンフィールドは磁気データが綺麗な弧を描いていることに気付いた。 そこで彼は、ユカタン半島付近の重力分布データを地図に起こした。 するとチクシュルーブ の村を中心として円を描いていることに気付く。 このことを発表するが大きな関心事になることは無かった。 ペンフィールドは諦めずにいた。 彼はから続いていた付近のメキシコ国営石油の採掘井戸の1,300m付近からイリジウムを含むがでることを知っており、これがクレーター跡の証拠と考えていた。 しかし同様の岩石はでも作られることが知られており、小惑星衝突の証拠として長い間否定的に見られていた。 ヒルデブランドは、ペンフィールドとコンタクトを取り、油田から出た岩石とヒルデブランドの発見した岩石と比較を行い、サンプルはほぼ小惑星の衝突で出来た物と推定された。 参考文献 [ ]• 毎日新聞. 2010年3月5日. の2010年3月12日時点におけるアーカイブ。 2010年3月11日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• AFPBBニュース 2010-03-05 2010年6月15日閲覧。 - Earth Impact Database.

次の