コース カ ベイサイド ストアーズ 横須賀。 神奈川【新店舗】アメツチテラス 横須賀店(コースカベイサイドストアーズ)6月5日 OPEN!

新たに開業する横須賀の「コースカベイサイドストアーズ」を徹底解説!

コース カ ベイサイド ストアーズ 横須賀

公開:2020. 02 など観光でも人気の横須賀市本町に、ショッピングモール「 Coaska Bayside Stores(コースカベイサイドストアーズ)」が 2020年4月24日(金)にグランドオープンすることが決定。 ショッピングの他にも、映画館やボウリング、スポーツアスレチックやブックカフェなどのエンタメエリアも展開、1日楽しめる施設を目指します。 地元の人を中心に長く愛され続けた同施設と横須賀の歴史に敬意を払い、「港」「鉄」「船」「異文化交流」「豊かな食と自然環境」などのキーワードを紐解きながらデザイン。 建物の内外装は、重厚感が有り、どこか異国情緒あふれる艶やかな空気感や風合いを体感できるように設計し、内外装や設備の一新、全館LED化など安全性や環境性能にも気を配り改装を実施します。 横須賀・三浦半島に在住の方には生活の基盤として新しい拠点となることを目指し、観光で訪れる方には地域の魅力を存分に味わえるお店を揃えて展開。 コースカベイサイドストアーズ 施設概要 京急本線「汐入駅」から徒歩3分、「横須賀中央駅」から徒歩10分、JR横須賀線「横須賀駅」から徒歩9分の距離に位置。 国道16号線沿いにあり、横浜横須賀道路横須賀ICからも至近のため、電車、車を使って近隣、また広域からもアクセスしやすい立地にある点が特徴です。 グルメ・ショッピング・エンターテインメントの豊富なチョイスをワンストップでお届けします。 1階・2階はシーサイドレストランやカフェ、フードマーケット、軍港めぐり乗船場、3階・4階はファッションや生活雑貨の店舗、映画館、ブックカフェなど子供から大人まで楽しめる専門店が集結。 5階・6階は都市化型アスレチックやボウリング場を継続発展します。 出店テナントはグランドオープンに向けて順次発表、わかり次第追記にてお知らせ。

次の

【横須賀市本町】コースカ ベイサイド ストアーズ(オープン予定日/テナント情報/採用求人情報)

コース カ ベイサイド ストアーズ 横須賀

神奈川・横須賀に新商業施設「コースカベイサイドストアーズ (Coaska Bayside Stores)」が、4月24日に開業する。 三浦半島が誇る新鮮食材を豊富に取り揃えた食の集積ゾーンのほか、100を超えるショッピング、グルメ、エンターテイメントの出店店舗の概要が発表された。 同施設は、長年に渡り地元に親しまれたショッパーズプラザ横須賀を約1年かけ、フルリノベーションし、刷新。 地上6階建ての館内のあらゆる場所からは、横須賀の港や海辺の景色を楽しめるようになっており、電車、バス、車でもアクセスしやすい好立地となっている。 館内はグルメ、ショッピング、エンターテイメントの3つのカテゴリーから構成。 グルメゾーンで目玉となるのは、2階に出来るエリア最大規模の「食」集積ゾーンとなる「スカイチ(SKA-1)」。 日本でも有数の食材の宝庫として知られる横須賀・三浦半島が誇る新鮮な肉、魚、野菜などを豊富に取り揃えるスーパーマーケットや物販店舗に加え、海を臨みながら食事ができる700席超のオーシャンビューフードコート、飲食店を展開する。 注目店舗とし、旧店の2. 5倍に拡大した「イオンスタイル横須賀」の他、三浦半島が誇る葉山牛をはじめとした良質な肉を取り扱う「横須賀晃進」、三浦半島で水揚げされた鮮魚などを取り扱う「長井水産」、地域を結ぶ直売広場「わくわく広場」などが出店。 レストラン街「スカイダイニング」には、国内初店舗のレストラン「グリル とぽ」を始め、12店舗がオープンする。 ファッションやインテリア、雑貨アイテム、コスメなどをワンストップで買い物できる空間となっているのも特徴だ。 また、1階には日本で唯一、米海軍と海上自衛隊の艦船を同時に見られるツアー「YOKOSUKA 軍港めぐり」の乗船場を併設するなど、海辺地域の特性を活かしたエンターテイメントも提供。 横須賀・三浦半島の新たなライフベース、観光拠点として、「衣食住遊知健美」を幅広く網羅する新ランドマークが誕生する。

次の

Access & Parking

コース カ ベイサイド ストアーズ 横須賀

神奈川・横須賀に新商業施設「コースカベイサイドストアーズ (Coaska Bayside Stores)」が、4月24日に開業する。 三浦半島が誇る新鮮食材を豊富に取り揃えた食の集積ゾーンのほか、100を超えるショッピング、グルメ、エンターテイメントの出店店舗の概要が発表された。 同施設は、長年に渡り地元に親しまれたショッパーズプラザ横須賀を約1年かけ、フルリノベーションし、刷新。 地上6階建ての館内のあらゆる場所からは、横須賀の港や海辺の景色を楽しめるようになっており、電車、バス、車でもアクセスしやすい好立地となっている。 館内はグルメ、ショッピング、エンターテイメントの3つのカテゴリーから構成。 グルメゾーンで目玉となるのは、2階に出来るエリア最大規模の「食」集積ゾーンとなる「スカイチ(SKA-1)」。 日本でも有数の食材の宝庫として知られる横須賀・三浦半島が誇る新鮮な肉、魚、野菜などを豊富に取り揃えるスーパーマーケットや物販店舗に加え、海を臨みながら食事ができる700席超のオーシャンビューフードコート、飲食店を展開する。 注目店舗とし、旧店の2. 5倍に拡大した「イオンスタイル横須賀」の他、三浦半島が誇る葉山牛をはじめとした良質な肉を取り扱う「横須賀晃進」、三浦半島で水揚げされた鮮魚などを取り扱う「長井水産」、地域を結ぶ直売広場「わくわく広場」などが出店。 レストラン街「スカイダイニング」には、国内初店舗のレストラン「グリル とぽ」を始め、12店舗がオープンする。 ファッションやインテリア、雑貨アイテム、コスメなどをワンストップで買い物できる空間となっているのも特徴だ。 また、1階には日本で唯一、米海軍と海上自衛隊の艦船を同時に見られるツアー「YOKOSUKA 軍港めぐり」の乗船場を併設するなど、海辺地域の特性を活かしたエンターテイメントも提供。 横須賀・三浦半島の新たなライフベース、観光拠点として、「衣食住遊知健美」を幅広く網羅する新ランドマークが誕生する。

次の