象印 炊飯 器 保温 時間。 象印の高級炊飯器「炎舞炊き」徹底レビュー! もちもち~しゃっきり、保温も食べくらべ!【家電製品レビュー】

炊飯器の保温の温度を解説!象印やタイガー、日立の保温の温度は?

象印 炊飯 器 保温 時間

・保温時間はどのくらいまでOK?【夏編】 出典:著者撮影 まずは、夏に使う炊飯器の保温時間について。 夏は気温も高く、暑いから「もしかして保温機能なんていらないのでは?」と思う人もいるかもしれません。 保温機能は、いったい何度に保たれているものなのでしょうか。 この答えはおよそ70度。 いくら真夏でも、炊飯器の中身を70度に保つことはできませんよね。 真夏は、保温機能を使わなければ40度前後で釜の中身が保たれるといいますが、この温度は雑菌も繁殖しやすいそう。 衛生的に保つためにもご飯をすぐに食べ切らないのであれば、保温機能を使いましょう。 時間は、だいたい5~6時間までと言われています。 長くても12~15時間程度、つまり一晩にとどめておくとおいしいご飯がいただけるようです。 ・保温時間はどのくらいまでOK?【冬編】 出典:著者撮影 冬の炊飯器保温機能は、夏の場合と変わりません。 ただし、夏と違って70度に保つためには、外気温が低い冬は多くの電力を使ってしまうもの。 電気代が気になるようなら、保温機能を使わず冷凍して保存する、食べ切る量だけ炊飯するなどの工夫が必要です。 夏の場合と同じく、5~6時間が保温のめど。 長くても12~15時間が保温できる限界とメーカーが定めています。 ・保温し過ぎたご飯、どのくらいで破棄するのが正解? 出典:photoAC いわゆるご飯の「捨てどき」ですが、長く保温していると変色したり固くなったりします。 このときのご飯にカビや傷みが見られなければ、食べても特別問題はありません。 しかし、風味が損なわれていたり、固い・ベチャッとしていたりするご飯はどうやってもおいしくないもの。 味をつけたり雑炊にしたりして、再度加工するとおいしく食べられるでしょう。 ただし、カビていたり、変色した上ベチャベチャと水分が異常に出ていたりする場合は、ご飯が傷んでいます。 生ごみとして処理し、炊飯器の釜は雑菌を除去できる洗剤で念入りに洗うことをおすすめします。 ・「保温したご飯が匂う…!?」臭くなる理由 出典:photoAC 保温機能を使ったご飯、炊きたてのものよりもなんだか変な匂いがする…なんてことはありませんか?この理由として考えられるのは、釜やふた、ふたの周りのパッキンが汚れているから。 この匂いがご飯に移ってしまい、臭くなると言われています。 炊飯器の釜は毎日洗うかもしれませんが、ふたの内側やパッキンは、気づけば何日も洗っていないなんてこともありえます。 定期的にキレイにしておき、炊飯器とその中身を清潔に保ってくださいね。 ・保温機能が充実したおすすめ炊飯器 出典:著者撮影 実際の炊飯器で、保温機能が充実しているものを3つご紹介します。 こちらの炊飯器は見た目もオシャレで、カラーは「メタリックレッド」と「パールホワイト」から選べるという、スタイリッシュなデザインも人気を集めます。 東芝のこちらの炊飯器も、保温時間は最大40時間と長い時間の保温を可能としています。 朝炊いて、夜ご飯を食べる人におすすめです。 最大で30時間までの「うるつや保温」ができる優れものです。 「前日に炊いたご飯も、固くならない!」と口コミからも人気が伺えました。 ・保温に使う電気代は? 出典:photoAC 保温で使う電気代は、各炊飯器によって異なりますが、先ほどご紹介した象印「極め炊き」を例として挙げ、計算してみました。 1時間あたりの保温時消費電力量は、15. 電気料金は0. 9円 つまり、10時間保温するだけで約4円かかる計算です。 ささいな値段にも思えますが、毎日長時間保温機能を使うとなると、結構かさむことに。 ちなみに、約4円は炊飯器を使って1回炊いた場合と同じ電気料金です。 便利な機能ですが、これぐらいの電気代がかかっていることを知っておきましょう。 保温機能を使いつつおいしくご飯を食べるための保温時間と保温方法、そして余ったご飯を冷凍保存する方法をご紹介します。 出典: さん ・保温時間と保温方法 出典:photoAC これまでご紹介したように、保温時間は5時間以内がベスト。 電気代もそこまで掛からないと仮定できる上、ご飯もふっくらと保てます。 夏・冬ともに保温するためには炊飯器の保温機能を使いましょう。 あたたかいだけでなく、雑菌繁殖も防げます。 ・ご飯の冷凍・解凍方法、冷凍期間は? 出典:photoAC 余ったご飯はラップに包んで冷凍保存するという人は多いかもしれませんね。 冷凍保存すると1週間ほど長期保存でき、使用するときは解凍するだけなのでとても便利。 冷凍の際は1膳ずつ小分けにして、平たく整えラップで包みましょう。 解凍は電子レンジを使ってあたためます。 便利な機能ですが、時間と電気代によっては家計を圧迫することをお忘れなく。 ちなみに、ほかの料理の調理中、炊飯器を使って保温だけしたいということもあるかもしれませんが、釜に匂いが移るため、おすすめはできません。

次の

炊飯器の保温

象印 炊飯 器 保温 時間

保温性能が高い炊飯器の選び方 保温時間をチェック By: 一般的な炊飯器の場合、炊いたご飯をおいしく食べるなら5~6時間までの保温が限界です。 それより長く保温すると、ご飯の水分が抜けて風味が落ち、色も黄ばんでしまいます。 保温性能が高い炊飯器であれば、長時間保温しても炊きたてのおいしさを保てるのが魅力。 保温時間はメーカーにもよりますが、IH式や圧力IH式の炊飯器ならおおむね24時間、マイコン式炊飯器なら12時間ほどの保温が可能です。 また、圧力IH式炊飯器のなかには、保温中の内釜内にスチームを送り込んで水分量を保つ「スチーム保温」機能を搭載したタイプもあり、最長40時間おいしく保温することが可能です。 各メーカーが優れた保温機能を開発しているので、炊飯器を選ぶ際の参考にしましょう。 サイズをチェック By: 炊飯器のサイズは3合・5. 5合・1升サイズとさまざまな大きさのモデルがラインナップされています。 1人暮らしなら3合、2~3人家族なら5. 5合、4人以上の家族なら5. 5~1升ほどが目安となるので、選ぶ際の参考にしましょう。 ただし、食べ盛りの子どもがいる場合は、少し大きめのモデルを選ぶのがおすすめです。 なお、炊飯器は最大容量よりも少なめの量で炊く方がおいしく炊き上がる傾向にあります。 炊飯中にお米が上下にかき回され、ムラなく炊けるため、おいしさにこだわるなら少し大きめの炊飯器を選ぶのもおすすめです。 家族数やライフスタイルに合わせて最適な炊飯器を選んでください。 加熱方式をチェック By: マイコン式 マイコン式の炊飯器は、コスパ重視の方におすすめ。 マイコン式は、炊飯器に搭載されているヒーターの熱で内釜を下から加熱して炊き上げます。 容量が少ない炊飯器に多く採用されているので、家族が少なく、安い価格の炊飯器を探している方にぴったりです。 マイコン式の炊飯器は下方向からしか加熱できないため、炊きムラが生じやすいのがデメリット。 炊きムラを防ぐ機能を備えたものや、炊きムラが起きないよう熱伝導率に優れた厚めの釜を選びましょう。 なお、マイコン式炊飯器の中には保温性能が優れていないモデルもあるので、購入を検討する際はスペックをしっかりチェックしてください。 IH方式 IH方式の炊飯器は「1粒1粒がしっかりと立ったお米」が好みの方におすすめ。 IHコイルで釜全体を外側から加熱して炊き上げる方式です。 釜自体も発熱するので、内部でお米の対流が発生し、ムラなく炊けます。 おいしく炊ける上、価格が高すぎない点も人気です。 圧力IH方式 圧力IH方式の炊飯器は、もちっとした食感のご飯を炊きたい方におすすめ。 また、高火力で一気に熱を入れることで、お米本来の栄養素が保てる点も魅力。 ほかの方式を採用した炊飯器よりもスピーディーに炊き上がるので、時短にも役立ちます。 内釜をチェック By: 内釜は、炊飯器の機能を左右するパーツの1つ。 各メーカーが鉄・銅・土・炭などさまざまな材料で独自の内釜を開発しています。 鉄製の内釜は、発熱性・蓄熱性・断熱性が高いのが特徴です。 鉄はIHとの相性がいいのでスピーディーな炊飯を実現できます。 また、銅でできた釜は熱伝導がよいので、一気にムラなく加熱することが可能です。 炭で作られた内釜は、遠赤外線効果が期待できるのが魅力。 加えて、熱伝導にも優れています。 ただし、割れやすいので取り扱いには注意が必要です。 また、土鍋は蓄熱性に優れているので、十分な蒸らしができ、お米をふっくらとしたお米に炊き上げます。 冷めにくいので保温にも最適です。 なお、炊飯器を内釜で選ぶ際は、素材だけでなく、構造にも注目しましょう。 釜を分厚くした「厚釜」や、複数の素材を用いた「多層釜」、真空構造の「真空釜」など、目的に合わせてさまざまな釜が開発されています。 各メーカーがオリジナルの特性を持たせた内釜を発表しているため、スペックを確認した上で、どんな機能をもつ釜がよいかを検討しましょう。 その他機能をチェック 炊き分け機能 By: 白米だけでなく玄米・五穀米・赤飯・おこわなども炊きたい方におすすめなのが、「炊き分け」機能を搭載している炊飯器。 お米や穀物に合わせて炊き方を変えられるものや、好みの食感まで指定できるモデルもあります。 米の種類や炊き具合にこだわりのある方はチェックしておきましょう。 料理機能 By: 毎日の料理を楽しくしてくれる機能を備えたモデルもおすすめです。 料理好きな方に最適なのは、パン作りに活用できる「発酵機能」や「煮込み機能」などが付いたモデル。 また、玄米や麦飯などが炊けるモデルは、健康志向の方にぴったりです。 また、家事や育児で忙しい家庭には、「早炊きコース」「おかず同時調理機能」の付いたモデルがおすすめ。 ほかにも各メーカーが多彩な料理機能を開発しているので、ライフスタイルに合わせて便利な機能が搭載されたモデルを選んでください。 蒸気が出ない機能 By: 小さな子供・高齢者・ペットのいる家庭におすすめなのが、「蒸気が出ない」仕様や、「蒸気が少ない」仕様の炊飯器。 炊飯時の蒸気を抑えられるモデルであれば、高温の蒸気によってうっかり火傷をしてしまうという心配もありません。 また、蒸気によって家具や壁紙を傷めることもないほか、炊飯器の上部スペースを有効活用できます。 お手入れ性能 By: 炊飯器は毎日使うものだからこそ、お手入れのしやすさもチェックしておきましょう。 たとえば、内ふたを丸洗いできるタイプや、汚れが溜まりやすい凹凸のないデザインなどがラインナップされています。 掃除しやすいものなら毎日清潔に使えるので、選ぶ際の参考にしましょう。 保温性能が高い炊飯器のおすすめモデル 象印マホービン ZOJIRUSHI IH式炊飯器5. 5合 NP-VJ10 象印の人気炊飯器である「極め炊き」シリーズの製品です。 高火力で炊き続けることでうま味を引き出す「豪熱沸とうIH」なので、芯までふっくらとしたご飯が炊き上がります。 白米の炊き上がり硬さは、「ふつう・かため・やわらかめ」の3コースから選択可能です。 お米の甘みを引き出す「熟成炊き」機能も搭載しています。 「うるつや保温」機能が搭載されており、厚さ約1. 7mmの黒まる厚釜の底部にあるセンサーによって、ご飯の水分が蒸発し過ぎないように温度をコントロール可能。 最長30時間まで、ご飯のおいしさをキープします。 また、「高め保温」に設定しておけば、長時間保温しておいてもご飯の温かさを維持することが可能です。 さらに、パンの発酵や焼きができるほか、ケーキ作りも可能。 材料を入れてボタンを押すだけで、焦げつきのないふっくらとしたおいしさに仕上がります。 庫内はフラットなので、サッと拭くだけでお手入れできるのもポイント。 また、内ぶたは取り外して丸洗いが可能です。 パナソニック Panasonic 圧力IH式炊飯器5. 5合 SR-VSX108 保温中のパサつきや嫌なニオイを軽減させる「スチーム保温」機能を搭載した炊飯器。 保温開始から約6・12時間経つと自動的にスチームが投入されます。 朝炊いたご飯を夜になっても味を維持しておくことが可能です。 また、保温性能が高いだけでなく、どんなお米も新米のようにおいしく炊ける「Wおどり炊き」機能も魅力。 2つのIHコイルを用いた「大火力」と、「可変圧力」のパワーによって、内釜内で激しい熱対流を起こしてお米をおどらせることで、1粒1粒にしっかり火を通し、ふっくらと仕上げます。 ベタつきが少なくハリのあるご飯を炊くことが可能です。 ほかにも、圧力センサーがお米の鮮度に合わせた炊き方をコントロールする「鮮度センシング」機能、「食感自在炊き分け」機能、「合計50銘柄炊き分け」機能なども搭載しているのもポイント。 好みに合わせてさまざまなおいしさを楽しめる1台です。 タイガー魔法瓶 TIGER IH式炊飯器5. 5合 JKT-J100 金属釜の表面に土鍋コーティングを施した、「銅入り3層遠赤釜」を採用した炊飯器。 土鍋と似た性質をもつ内釜なので、熱を逃がしにくく、保温性能が高い点が魅力です。 炊きたて時より低い温度で24時間保温し、黄ばみ・パサつきを抑え、おいしさをキープします。 土鍋の遠赤効果によって水分を1粒1粒に届けて、ふっくらと粘りのあるご飯が炊けるのも特徴です。 さらに、お米本来の甘みを引き出すために開発された、「剛火IH」を採用。 内釜全体を強い火力で包み込んで加熱し、芯までふっくら炊き上げます。 付属の調理かごをセットすれば、ご飯と同時におかずも作れるので、調理を時短したい方にもおすすめ。 野菜・肉・魚を入れて、炊飯スイッチを押すだけでおいしいおかずができあがります。 また、パンやケーキ、麦めし、雑穀米、煮込み料理などが簡単に調理できる「炊き分けメニュー」機能も搭載。 便利なレシピ付きなので毎日の料理に活用できます。 ふたや調圧キャップを外して丸洗いできるため、お手入れがしやすいのも魅力。 本体の内釜は、粘ついたご飯がこびりつきにくい仕様です。 日立 HITACHI 圧力&スチームIH式炊飯器5. 5合 RZ-AW3000M ご飯を最高40時間までおいしく保温できる炊飯器です。 内釜に残ったご飯の量に合わせて、6~7時間おきに3回スチームを送り込み、しっとりとしたおいしさを保ちます。 本製品は「ふっくら御膳」という名の通り、炊飯機能に優れているのも魅力です。 最高1. 2気圧の圧力をかけて高温で加熱し、圧力をかけながらスチームで蒸らす炊飯方式を採用しています。 炊飯中には蒸気がほとんど出ない仕様なので、子供やペットが近付いてうっかり火傷してしまう心配もありません。 また、内釜には、アルミ合金製の底面に「鉄」の粒子を打ち込むことで伝熱性を高めた、「高伝熱 打込鉄・釜」を採用。 わずか1膳分のお米でもふっくら艶やかに、炊きムラなく仕上げることが可能です。 白米のほか、雑穀米・玄米・麦ご飯・発芽玄米・炊き込みご飯・おかゆ・赤飯・おこわなどの調理ができるのもポイント。 温泉卵やケーキなどが作れる「バラエティー調理」機能も搭載しています。 また炊飯器の上部スペースが活用できるので、スライド式のキッチンキャビネットにも設置できます。 タイガー魔法瓶 TIGER マイコン式炊飯器5. 5合 JBH-G101 タイガー独自の「黒遠赤厚圧釜」を採用したマイコン式炊飯器。 遠赤効果の高い内釜なので、炊きムラが抑えられます。 7mmの厚さがあるので、保温性も十分です。 スチームを約30%カットすることで電気代を抑えられる「エコ炊きメニュー」も搭載しています。 ふっくらおいしいご飯を炊けるほか、さまざまな調理ができるのも本製品の魅力。 ビーフシチューのように火加減の難しい煮込み料理もスイッチ1つで簡単に作れます。 本体サイズは幅25. 5cmとコンパクトなのでキッチンの邪魔になりにくいのもポイント。 炊飯・保温・調理機能を備えていながらも価格はリーズナブルなので、コスパも優秀です。 三菱電機 MITSUBISHI IH式炊飯器3. 5合 NJ-SE068 金属釜を備長炭でコーティングした「炭炊釜」を搭載した炊飯器。 炭の遠赤効果でふっくらとした食感を実現し、保温性能にも優れています。 本製品は、特許を取得した「連続沸騰」技術によってお茶碗1膳分の少量炊きもおいしく仕上げることが可能で5重のヒーターによる強火で断続的に加熱することで、お米のおいしさを引き出し、ムラなく炊き上げます。 独自構造のカートリッジを搭載しているため、ふきこぼれを防いでうま味を逃しません。 また、研いだ後のお米はしばらく浸水させてから炊くのが一般的ですが、本製品なら研いですぐに炊飯可能。 1秒間に約8万8千回振動する超音波によって、芯までしっかり水を吸わせることで、お米のうま味を閉じ込めます。 甘くてふっくらとした粒感があり、冷めてもおいしいご飯が炊けるのも魅力です。 ほかにも、甘みをさらに引き出す「芳潤炊き」モードのほか、「お急ぎ」や「エコ炊飯」といった便利機能も搭載しています。 本体サイズは幅23. 9cmのスクエア型デザイン。 一般的な炊飯器と比べると奥行きがすっきりしているので、場所を取らないのも魅力です。 東芝 TOSHIBA 真空IH式炊飯器5. 5合 RC-10VRL 保温中に空気を抜いて密閉し、ご飯のおいしさを保つ真空釜を採用した炊飯器。 白米・無洗米なら最長40時間、麦ご飯・雑穀米・玄米なら最長12時間まで保温可能です。 保温性能はもちろん、炊飯性能に優れているのも魅力。 また、内釜には「鍛造かまど銅釜」を採用。 好みに合わせて食感を炊き分けられる3つのコースを搭載しているほか、ご飯を炊く機能のほか調理コースも充実しているので、お米だけでなくパンの発酵やケーキ、温泉卵づくりなども楽しめる1台です。 象印マホービン ZOJIRUSHI 圧力IH式炊飯器1升 NW-JA18-TA 大家族や食べ盛りの子どもがいるご家庭におすすめの炊飯器。 1升分のご飯が炊ける上、最長約40時間、おいしさをキープ可能です。 発熱効率に優れた「鉄器コートプラチナ厚釜」を採用しており、内釜内に溶け出た甘み成分(溶出還元糖)でお米の表面をコーティングすることで、一般的な炊飯器で炊いたご飯よりも甘みがアップします。 また「大火力沸とう」によって、お米1粒1粒を均等に加熱し、ふっくらおいしく炊き上げることが可能です。 また、49通りの炊き方機能を搭載しているのも魅力。 前回のご飯についてのアンケートに答えると、炊飯器が自動的に炊き方を微調整し、ご家庭の好みに合わせて炊き上げます。 蒸気口のセットが不要な二重ぶた構造なので、洗うのは内ぶた2点と内釜だけとお手入れがしやすいのもポイント。 本体外側も凹凸の少ないフラット形状なので、サッと拭くだけでキレイにできます。

次の

炊飯器の保温温度は?象印・東芝・パナソニックなど主要メーカーの設定温度を調査!

象印 炊飯 器 保温 時間

美味しいご飯を炊くコツ1つ目は、米や水にこだわるということです。 米や水にこだわって美味しいものを使えば美味しく炊くことができます。 ただ、お値段がするので毎日は難しいですよね。 魚沼産コシヒカリなどの1級の特Aランクのお米がおすすめです。 お水は、軟水の方が良いそうですよ。 日本の水は水道水でも軟水が多いですが、こだわるのであれば天然水などのミネラルウォーターを使ってください。 最初に吸わせる水と炊き上げるときの水に特にこだわりましょう。 おすすめの美味しいお米• 北海道産「ゆめぴりか」• 山形県産「つや姫」• 新潟県魚沼産「コシヒカリ」• 秋田県南産「あきたこまち」• 山形県産「はえぬき」• 岩手県南産「ひとめぼれ」• 熊本県城北産「ヒノヒカリ」• いつもの炊飯器でいつものお米でいつもより美味しくお米を炊く方法になります。 高級なお米を高級な炊飯器で炊いたときには負けるかもしれませんが違いを感じることができるはずです。 炊飯器で美味しいお米を炊く手順• 米の分量を正確に量って、やさしく研いでください。 素早く研ぐのがコツです。 研いだお米を内釜に入れて水の分量も正しく量りましょう。 炊飯器に内釜をセットする前に外側についた水滴などの水分を拭きあげてください。 いつものように炊飯器をセットしましょう。 お米が炊き上がったら、最初に蓋や釜の上についた水滴をふき取ってください。 水滴をふき取ったら、ご飯をしゃもじで均等にほぐします。 釜の中でこんもりとお米を盛れば完成です。 その場ですぐに食べるのであれば盛らなくて大丈夫です。 まず、お米を研いだあとに水に浸けておきます。 夏は30分、冬は60分浸けておきましょう。 お米が水を十分に吸ったら、ざるにあけて水気を切ってください。 米を土鍋に移し水を加えましょう。 2合に対しては水400〜450ml、3合に対しては水600〜650mlが目安になります。 沸騰するまで中火で温めましょう。 沸騰してからは、弱火で15分程度温めます。 1度蓋を外して水気が飛んでいるか確認してください。 土鍋によっては音で確認できるものもあります。 水気が飛んでいたら強火で10秒程加熱した後に鍋から下ろします。 鍋から下したあとに10分程度蒸らすと完成です。 美味しいご飯を炊くコツを紹介しました。 美味しいお米を食べるために重要なお米の保存方法についても気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。

次の