今日のニュース検定の答え。 <池上彰のニュース検定>クイズ・答え テレビ朝日【グッド!モーニング】|JCCテレビすべて

想定問答その8|歌舞伎美人

今日のニュース検定の答え

2020. 16 本日のグッドモーニングニュース検定、問題は「地球と月の距離は地球とISSの何倍?」です。 問題「地球と月の距離は地球とISSの何倍?」に対する答えの選択肢がこちら ・10倍 ・100倍 ・1000倍 このうち、答えは ・1000倍 でした。 2020. 16 本日のグッドモーニングお天気検定、問題は「関東甲信の梅雨明けに関して過去に1回しかないのは?」です。 問題「関東甲信の梅雨明けに関して過去に1回しかないのは?」に対する答えの選択肢がこちら ・6月の梅雨明け ・8月の梅雨明け ・沖縄より早かった このうち、答えは ・6月の梅雨明け でした。 2020. 16 本日のグッドモーニングことば検定、問題は「そうめんの名前の由来は?」です。 問題「そうめんの名前の由来は?」に対する答えの選択肢がこちら ・細い ・縄をなう ・無表情 このうち、答えは ・縄をなう でした。 2020. 15 本日のグッドモーニングニュース検定、問題は「クラウド業界のトップ企業はどこの傘下?」です。 問題「クラウド業界のトップ企業はどこの傘下?」に対する答えの選択肢がこちら ・アマゾン ・フェイスブック ・マイクロソフト このうち、答えは ・アマゾン でした。 2020. 15 本日のグッドモーニングお天気検定、問題は「気象庁が定める激しい雨は?」です。 問題「気象庁が定める激しい雨は?」に対する答えの選択肢がこちら ・30以上~50mm未満 ・50以上~80mm未満 ・80mm以上 このうち、答えは ・30以上~50mm未満 でした。 2020. 15 本日のグッドモーニングことば検定、問題は「楊貴妃と関係の深い言葉は?」です。 問題「楊貴妃と関係の深い言葉は?」に対する答えの選択肢がこちら ・鶴翼の陣 ・比翼の鳥 ・関西の礼 このうち、答えは ・比翼の鳥 でした。 2020. 14 本日のグッドモーニングニュース検定、問題は「LVMHが去年11月買収を発表したブランドは?」です。 問題「LVMHが去年11月買収を発表したブランドは?」に対する答えの選択肢がこちら ・ティファニー ・ディオール ・ブルガリ このうち、答えは ・ティファニー でした。 2020. 14 本日のグッドモーニングお天気検定、問題は「暖かく湿った空気が最も流れ込みやすいのは?」です。 問題「暖かく湿った空気が最も流れ込みやすいのは?」に対する答えの選択肢がこちら ・前線の北側の部分 ・北に曲がった部分 ・南に下がった部分 このうち、答えは ・北に曲がった部分 でした。 2020. 14 本日のグッドモーニングことば検定、問題は「いびつの語源は?」です。 問題「いびつの語源は?」に対する答えの選択肢がこちら ・おひつ ・毛筆 ・姑が嫁を… このうち、答えは ・おひつ でした。 2020. 13 本日のグッドモーニングニュース検定、問題は「ペストの正体を暴いたのは?」です。 問題「ペストの正体を暴いたのは?」に対する答えの選択肢がこちら ・野口英世 ・北里柴三郎 ・志賀潔 このうち、答えは ・北里柴三郎 でした。

次の

検定

今日のニュース検定の答え

「新聞はどんどん破いていい」と話す池上さん=東京都千代田区で、内藤絵美撮影 新聞やテレビのニュースを読み解き、活用する力を養う「ニュース時事能力検定試験」は、4月から13年目に入ります。 これまで毎日新聞社や全国の地方新聞社などが主催してきましたが、2019年度から朝日新聞社が新たに加わり、より広がりを持った検定になります。 なぜ、時事問題を読み解くことが大事なのか。 新聞やニュースに接すると生活の中でどのように役立つのか。 テレビでもおなじみのジャーナリスト、池上彰さんにお話しいただきました。 【聞き手・毎日教育総合研究所代表取締役、小島明日奈】 今、新聞を読んでニュースに関心を持つことが、なぜ必要か。 それは私たちの暮らしが世界の状況に大きく影響されているからです。 例えば、米国のトランプ大統領が何かを発言すれば、そのひと言で世の中が動く。 米国と中国の貿易摩擦にしても、この2国に限らず影響は日本にも及び、私たちの生活にも関わることなんです。 最近は厚生労働省の毎月勤労統計が問題になっていますね。 この統計を基にして、雇用保険や労災保険の金額も決まりますが、データが間違っていたので、その金額が少なくなっていました。 本来、もらえるものをもらえない人がたくさん出てきてしまった。 これらも新聞を読むと、きちんと書いてある。 国の統計処理だけの問題ではなく、私たちの暮らしに直接関わる出来事だということがよく分かります。

次の

好みの飲み方も学べて一石二鳥、難関の「ウイスキー検定」に儲けのヒントが|ニフティニュース

今日のニュース検定の答え

2003年の2月下旬、ハノイに到着したばかりの中国系アメリカ人が、体調不良を訴え入院しました。 男性は、謎の肺炎を発症した広東省の医師と同時期に、香港のホテルに宿泊し、その直後にハノイ入りしていました。 この時、謎の肺炎が中国で流行しているという情報は既に出回っていて、急激に重症化する男性を見たウルバニ医師は、その肺炎の可能性があると考えたのです。 ウルバニ医師は危機感を抱きます。 「このままでは感染が急拡大する恐れがある」と思ったのです。 不安は現実となりました。 医療スタッフに同じ症状が出始めたのです。 ヒトに感染することが確実になりました。 対策は待ったなしです。 ウルバニ医師の命がけの奮闘.

次の