ムービック。 代表インタビュー|採用情報|ムービック・プロモートサービス

ムービック会社概要movic

ムービック

5 次元舞台などの制作を手掛ける株式会社ムービックと、舞台、アーティストライブ、落語・古典芸能など幅広い企画を手掛ける株式会社サンライズプロモーション東京による音楽劇「黒と白 -purgatorium- ad libitum」(読み:くろとしろ ぷるがとりうむ あど りびとぅむ)が 2020 年 11 月、ヒューリックホール東京で上演されます。 本舞台は、時代も場所も背景も異なるそれぞれの人生の物語に、各イメージ主題歌を添えて、オムニバス形式でお届けする音楽劇「黒と白 -purgatorium-」(2020 年 2 月上演)の第 2幕となります。 前作から設定はそのままに、新たな天使たちと世界(人)の物語が描かれます。 そんな音楽劇「黒と白 -purgatorium- ad libitum」より、最新情報として公演スケジュールとチケット販売スケジュールが到着しました。 公演回数は前作よりも増え、劇場にご来場頂くことが難しいお客様のために「オンラインシート」をご用意。 また、ストーリーのメインとなるキャラクター(キャスト)もあわせて発表されました。 今後の続報もお楽しみに。 前作をご覧になっていない方や、1 度だけご観劇予定(A、B、C、D 全てを見れない)という方でも、お楽しみいただくことができます。 また、一部日程のみの可能性がございます。 ご了承ください。 その決定に異を唱えた天使たちは、『黒』の烙印を押され、翼を奪われて不完全な世界 人 に堕とされるのだった。 「世界 人 を見捨て天に帰ろう」と『白』の天使たちは、かつての友や兄弟を誘う。 しかし『黒』の天使たちは、人としての生を何度も繰り返しながら、首を振り続けるのだった。 不完全なものだからこそ、世界 人 はこんなに美しいのだ、と。 これは、ここではないどこかで繰り広げられる、世界 人 と、黒と、白の物語。 黒と白の間で、人の子は今日も踊る。 【音楽劇「黒と白 -purgatorium-」とは】 創造主に見放された世界 人 は、滅びるべきか、否なのか。 審判を下すために、人として転生しながら生き続ける黒天使たちと、それを見守り続ける白天使たち。 本作は、時代も場所も背景も異なるそれぞれの人生の物語に、各イメージ主題歌を添えて、オムニバス形式でお届けする音楽劇です。 登場する人物・団体・名称等はすべて架空のものであり、実在のものとは一切関係ありません。 , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,• コメント:•

次の

ムービックのプリライ延期・公式発表・会社が話題

ムービック

勤務条件はあまりよくないですが、社員同士が仲がよくて働きやすい雰囲気です。 辞めてからこの会社の良さがわかりました。 業界自体が先細りして… キャリコネで見られる株式会社ムービックの評判・口コミ キャリコネでは「仕事の面白みにつきましては、会社の業務内容が特定の人ならば趣味を活かして仕事をして行けることや、営業ならばたくさんの案件を抱えることになり、たくさんの人達と知り合えることはとても素敵なことだと思います。 また、会社の人達はとてもユニークな方々が多くそういった意味でも楽しく仕事ができると思います。 」のような、実際の社員が投稿した口コミが観覧でき、 他にも株式会社ムービックの職場の雰囲気、社内恋愛、仕事内容、やりがい、社風、ライバル企業の情報など労働環境・ワークライフバランスに関係した多岐多様な口コミを見ることができます。 さらにキャリコネでは口コミだけではなく、年収、給与明細、面接対策、採用、求人情報も見ることができ、正社員の情報だけではなく契約社員や派遣社員の情報もあります。 このようにキャリコネには転職に役立つ情報が盛りだくさんです。 キャリコネの年収・給与レポート、口コミ・評判レポート、転職・中途採用面接レポートは、有名企業に勤める社員を中心に投稿されたもので、月給だけでなく、残業代、手当、賞与などを具体的にカバーした年収情報と、働く環境やローカルルール、社員にしかわからない口コミや転職時の面接体験などから構成されています。 幹部候補求人を中心とした年収200万円アップの求人も提供しております。 企業の評判や口コミ情報を見ながら、求人応募を行うことができます。 また、企業や仕事に関連した特集コンテンツも充実しており、企業の人事制度や公的データ算出による平均年収や様々な角度から働く人のキャリアをサポートする情報を提供しています。

次の

ムービック

ムービック

5 次元舞台などの制作を手掛ける株式会社ムービックと、舞台、アーティストライブ、落語・古典芸能など幅広い企画を手掛ける株式会社サンライズプロモーション東京による音楽劇「黒と白 -purgatorium- ad libitum」(読み:くろとしろ ぷるがとりうむ あど りびとぅむ)が 2020 年 11 月、ヒューリックホール東京で上演されます。 本舞台は、時代も場所も背景も異なるそれぞれの人生の物語に、各イメージ主題歌を添えて、オムニバス形式でお届けする音楽劇「黒と白 -purgatorium-」(2020 年 2 月上演)の第 2幕となります。 前作から設定はそのままに、新たな天使たちと世界(人)の物語が描かれます。 そんな音楽劇「黒と白 -purgatorium- ad libitum」より、最新情報として公演スケジュールとチケット販売スケジュールが到着しました。 公演回数は前作よりも増え、劇場にご来場頂くことが難しいお客様のために「オンラインシート」をご用意。 また、ストーリーのメインとなるキャラクター(キャスト)もあわせて発表されました。 今後の続報もお楽しみに。 前作をご覧になっていない方や、1 度だけご観劇予定(A、B、C、D 全てを見れない)という方でも、お楽しみいただくことができます。 また、一部日程のみの可能性がございます。 ご了承ください。 その決定に異を唱えた天使たちは、『黒』の烙印を押され、翼を奪われて不完全な世界 人 に堕とされるのだった。 「世界 人 を見捨て天に帰ろう」と『白』の天使たちは、かつての友や兄弟を誘う。 しかし『黒』の天使たちは、人としての生を何度も繰り返しながら、首を振り続けるのだった。 不完全なものだからこそ、世界 人 はこんなに美しいのだ、と。 これは、ここではないどこかで繰り広げられる、世界 人 と、黒と、白の物語。 黒と白の間で、人の子は今日も踊る。 【音楽劇「黒と白 -purgatorium-」とは】 創造主に見放された世界 人 は、滅びるべきか、否なのか。 審判を下すために、人として転生しながら生き続ける黒天使たちと、それを見守り続ける白天使たち。 本作は、時代も場所も背景も異なるそれぞれの人生の物語に、各イメージ主題歌を添えて、オムニバス形式でお届けする音楽劇です。 登場する人物・団体・名称等はすべて架空のものであり、実在のものとは一切関係ありません。 , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,• コメント:•

次の