コロナ 趣味。 自粛中に家でできること!~新型コロナに負けないぞ~

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を : トピックス : ニュース : 読売新聞オンライン

コロナ 趣味

テレビと並ぶ主要メディアに。 7割が「こまめな手洗い」「外出回避」「手指の消毒」を実施。 4人にひとりが「オンラインでの買い物が増えそう」と回答。 調査の結果見えてきたのは、デジタルを駆使して情報収集をし、他者とのつながりを求め、在宅生活を充実させようとする能動的なシニアの姿でした。 テレビと並ぶ2大メディアに。 ・アクティブシニアの82. 7%がインターネットで新型コロナウイルスにする情報を収集。 テレビ(93. 3%)の次に大きなメディア。 「こまめな手洗い」「不要不急の外出の回避」「手指の消毒」は 約7割が実施。 ・日常生活で気を付けていることとして「3密(密閉空間、密集場所、密接会話)を満たす場所を避ける」と答えた人はアクティブシニアの79. 9%で、アンケート上1位。 男性(77. 2%)よりも女性(87. 2%)の方が回避に積極的。 ・日常生活で気を付けていることとして「3密(密閉空間、密集場所、密接会話)を満たす場所を避ける」と答えた人はアクティブシニアの79. 9%で、アンケート上1位。 男性(77. 2%)よりも女性(87. 2%)の方が回避に積極的。 今後は買い物もオンラインに。 ・オンラインで行うことが増えたことの一位に「ネットニュースを読む」(60. 9%)他には「無料動画を見る」(27. 6%)、「SNSを読む」(25. 4%)、「アプリで家族・友人とやり取りする」(23. 7%)が挙げられており、新型コロナをきっかけにアクティブシニアのデジタル行動が加速化。 3%)「家で過ごす時間を充実させたい」(46. 3%)「健康のために運動をしたい」(46. 1%)が挙げられた。 1%)。 他には「友人・仲間に会う」(58. 1%)「外食する」(47. 6%)が挙げられた。 男性よりも女性の方がこの傾向は顕著。

次の

コロナ禍で密かに流行りだした趣味「スケートボード」が話題に!【3密避けで出来る遊び】

コロナ 趣味

こんにちは、Kです! コロナウイルスの自粛ムードで 3密を避ける趣味が脚光を浴びてきましたね。 たとえば室内で行える趣味ですと• 家庭用ゲーム機• DVD鑑賞• ストリーミングビデオ などなど・・・ 一方、 室外で行える趣味としては• ランニング• ウォーキング• 縄跳び• スケートボード などなどあります! 今回のテーマは最後に挙げさせてもらったこのスケートボード 私も深夜、人が居ない時間帯に運動不足解消に散歩に出かけることがあるのですが 最近、やたらとスケートボードをやっている人を見かけるのです! 1人スケボーはコロナ対策にもいいからずっとしてるよ!!!! コロナで暇すぎてスケボー始めました。 スケボーを行う際は3密を避け、一人で近所の方に迷惑がかからないようにやりましょう。 なぜ今スケートボードが流行っているのか 3密を避けられる 今回のコロナ騒動で話題となっている"3密"とは• 密接 という3つの密を感染症対策のために避けましょうという試みです。 2020東京オリンピックの追加種目となった タイトル通り、東京五輪の追加種目となったことで脚光をあびました。 以下競技概要です。 前後に車輪がついた板に乗り、トリック(ジャンプ、空中動作、回転などの技)を行い、その技の難易度や高さ、スピードなどを評価する採点競技。 東京2020大会で新たに採用される。 スケートボードの起源は諸説あるが、1940年代にアメリカ西海岸で木の板に鉄の車輪をつけて滑った遊びが始まりとされており、1950年代に入って木製の板にゴム製の車輪がついた「ローラーサーフィン」という商品が販売され、これが現在のスケートボードの原型になったといわれる。 とくに若者に人気の比較的新しいスポーツで、1980~1990年代にかけて世界に広まった。 1990年代後半からは、グラフィックや音楽、ファッションをともなってストリート・カルチャーの中心的位置を占めるようになった。 オリンピックで行われる種目は2つ。 街の中を滑るようなコースで技を競う「ストリート」と、複雑な形のコースで技を競う「パーク」だ。 それぞれ男女別に行われる。 引用元: これら2つの理由が、スケートボードが流行りだした原因ではないかと推測します。 コロナになってスケートボードをやってて良かったと思う事。 誰にも迷惑をかけずにストレス発散出来るスポットを知ってる。 それは普段から怒られない迷惑かからない場所を探して工夫して滑って来てるのでその経験が宝となってる。 25~インチ これはAmazonでも販売しているのでお店に赴く必要はありません! 自粛期間中の注意 何度もしつこいようですが、現在は外に出ること自体がグレーゾーンとされています。 特にスケートボードは何かと注意を受けることが多いスポーツです。 コロナ禍の現在なら尚更なので、以下のことに気をつけてください。 3密を避ける• 近所の方の迷惑にならないように行う• 禁止されている場所で行わないようにする• グループで行わず必ず一人で行う• 人との接触8割減と言われているのに、夜な夜な人が居なくなったショッピングセンターの駐車場で10数人の馬鹿者、あ、若者がスケボーして騒いでるんだが。 マスクもせず男女が、キャイのキャイの言うとるんです。 通報しときました。 — NMW NMW50808113 まとめ 本日はコロナ禍で密かに人気を集める趣味スケートボードついて書かせていただきました! 本日もご覧頂きありがとうございました!.

次の

コロナウィルス感染防止

コロナ 趣味

また私は将来的なことも考え、現在この記事の様にブログを始めており収益を得る方法などを勉強中です。 成果が出るのに個人差があり基本的には長期戦になるので即座の収入には繋がりませんが、 PCスキルや文章の構成力なども身につくので自粛中の時間を活用し取り組んでいます。 無料で始めることができるので興味がある方は、一度始めてみてもいいと思います。 無料のブログサービスはたくさんあります。 私は『』を使用しているのですが、素人の私でも簡単に始められたのでおすすめです。 笑 車は割とやってたりするかもしれませんが、バイクと自転車は放置されていたり。 私は健康面を考え逆に禁酒しています! こちらの記事でお酒にまつわる記事を書いているので、健康に気を使うかたは禁酒チャレンジもおすすめですよ! 番外編:外出系 自粛 外出 基本的に外に出るのは控えるようになっていますが、政府の見解では健康のための散歩は問題ないとされています。 あくまで人が少ないことが条件と思われますので、街中というよりは自然のある場所が好ましいかとは思いますがマスクなど万全に対策をして、散歩に出かけましょう。 また私が心がけていることとしては、 ・早朝に散歩する ・なるべく何にも触らない ・目や鼻の粘膜には決して触れない ・帰ったら手洗いうがい、シャワー 念には念をということで自主的に行っており、妻にも協力してもらっています。 毎日行くわけではないですが、やはり自宅に籠ると気持ち的によくないのでたまに散歩に出ています! まとめ この記事のまとめです.

次の