文鳥 の 由来。 文鳥がかわいすぎる!育て方のコツや魅力を語る

文鳥の歴史と品種

文鳥 の 由来

みなさんは文鳥という鳥を知っていますか? この文鳥という種類の鳥は私が一番最初に飼った鳥で、非常に可愛らしい大好きな鳥です。 大きさはスズメくらいで、くちばしが桜色のこんな形(<)をした鳥です。 文鳥の中でも体の色によってさらに分類されるのですが、代表的なのが白文鳥と桜文鳥の2種類ですね。 白文鳥はその名の通り、体の色が全身真っ白の綺麗な文鳥さん。 桜文鳥は、頭は黒、ほっぺは白、体はグレーの色をした文鳥さんです。 桜文鳥という名前はくちばしの色が桜色に由来します。 まあ白文鳥も、さらに言えば文鳥は全部くちばしが桜色なんですけどね。 他にはシナモン文鳥やシルバー文鳥という種類も最近はいるみたいですよ。 名前の由来はそのままで、体の色がシナモン色だったりシルバーっぽい色をしているからです。 一般に文鳥といえば3000~4000円で購入することができるんですけど、シナモン文鳥やシルバー文鳥はめずらしい種類だからか、白や桜の倍くらいの値段みたいです。 私は手乗りの桜文鳥を飼っていました。 10年以上前の話なのでもうみんないないんですけど、可愛かったですね。 毎日遊んでました。 小さな鳥なのでそれだけで可愛いですし、鳥が手の上や肩に乗っているっていうだけでなんだかほっこりします。 頭の上とかにも乗るので楽しいですよ笑 他の鳥ではどうかわかりませんが、文鳥さんと仲良くなるともっとかわいい現象に出会えます。 この人は信用できると思ってもらえると、安心してなんと掌の中で眠ってくれるようになっちゃったりします。 安心してくれてる状態っていうのは、お腹を掌までペタッとくっつけてくれる状態ですね。 そしたら掌に乗ってる文鳥さんを、軽く指を曲げて包み込んであげるんです。 すると文鳥さんもあったかくなってより心地よくなりますし、文鳥さんの体温もこちらに伝わってきてなんだか優しい気持ちになります。 文鳥さんの寝顔も、超かわいいんですよ。 鳥を触るのが初めての人とかは、文鳥だったりの小鳥が飛んでくるとびっくりして逃げるなんてことがありますけど、一回触れてしまえばたぶん怖くないんだと思ってもらえると思いますね。 つっつかれることが怖いと思っている人がいるかもしれませんがそれも大丈夫です。 例えば、文鳥さんって怒りっぽくって結構つつかれたりすることがあるんです。 なんだかんだでちょっと痛いです。 でも大きさはスズメ大ですからね、大した痛みではないですし、全然怖くはないですよ。 というか、こちらからなにか怒るようなことをしなければ基本大丈夫です。 一番怒らせることといえば、指を指すことでした。 当の文鳥さんからしたら迷惑な話だったんでしょうけど、むしろ怒っているのが可愛らしくて私はよくそうやってましたね笑 人間の世界では人に指を指すなと言われますが鳥の世界でも一緒でした。 他にも、文鳥って水浴びが大好きで日課なんです。 水飲み用の水入れにドボンと入ってブルブルっと。 いやあ、可愛いですよ。 ただ問題もあって、下にはフンを受けるために新聞紙を敷いているんですがしわくちゃになります。 それだけならまだいいんですが、当然鳥籠の外まで水は飛び散りますからね、そういう意味では大変でしたねー。 でも結局なにをしようとかわいいんですよ。 犬や猫と一緒です。 私は見た目がセキセイインコとかよりも文鳥さんの方が好きだったので文鳥を迎えましたが、セキセイインコを飼ってても同じように可愛かったと思います。 もし友達の家に行ったときにそこで小鳥を飼ってたら一緒に遊んでみてください。 きっと鳥の魅力を実感することになると思いますよ。

次の

文鳥ってどんな鳥?【性格・鳴き声・寿命・魅力】

文鳥 の 由来

柿の種の名前の由来は意外なミスだった! 柿の種の名前の由来は意外なところからです。 新潟県長岡市にある老舗「浪花屋製菓株式会社」にその由来がありました。 この会社が現在の柿の種の元祖です。 「柿の種」誕生秘話は、大正13年に遡ります。 浪花屋は、大阪のあられを参考にもち米を使ったあられを作っていたのです。 何しろ、昔のことですから今のように便利な機械はなく全て手作業でした。 当時は薄く切った餅を何枚か重ねたものを小判型の金型で切り抜いてあられを作っていたのですが、その肝心の金型を創業者であった今井與三郎の妻がうっかり踏み潰してしまいました。 従業員たちは焦って、何とかその踏み潰された金型を直そうとしましたが、ムリだったので、壊れたままで使ったところ、歪んだ小判型のあられになったのです。 ある商人がこのあられを見て「柿の種みたい。 」と言ったのがきっかけでこのあられは、「柿の種」という名前になったとか。 奥様のミスというのが、何とも微笑ましいですが、当時の会社としては大変ことだったでしょうね。 スポンサーリンク 実際の柿の種に形が似てないとの声も 上記の画像は「筆柿」という愛知県産の柿です。 タネの形が「柿の種」そっくり。 もしかしたら当時、この柿の種を見て「柿の種に似ている」と言われたのかもしれません。 地方にもよりますが、普段、私たちが良く食べる柿の種とは違いますね。 よく見るのは次郎柿 実際よく見るのはこのような形の次郎柿ではないでしょうか。 地方にもよりますが、関東近郊の人ですと、このような形の柿が多いかと思います。 筆者がよく見るのもこのような柿です。 因みに、筆者は神奈川県在住。 確かにこのような柿の種ですと、丸っぽいのであられ「柿の種」とは形が異なりますね。 そのようなところで、実際の柿の種と形が違うと言われたのでしょう。 スポンサーリンク 現在発売されている柿の種の種類 それでは、現在発売されている「柿の種」をご紹介します。 実は、筆者は大の「柿の種」好きなので、好きな物や興味のある物を色々とご紹介したいと思います。 辛いものは苦手ですが、なぜか「柿の種」の辛さは大好き。 あの辛さは特別ですし、ピーナッツが入っているので辛さがマイルドになっているのかもしれません。 以下は今年6月に東京駅で開催された「柿の種ワールド」で分類されていた柿の種です。 e-kakinotane. ネーミングもおしゃれですし、カレー味は柿の種に合いそう。 東京限定ならば、関東在住の筆者にはすぐ手に入りそうですが、なかなか近くで売っていません。 東京駅に行った時に探してみるつもりです。 e-kakinotane. 実は、次男がバイクの一人旅で信州に行った時に買ってきてくれました。 お金もないのに、わざわざ私の好きな物を買ってくれたと思うと、うるうる来た思い出の味です。 従来のワサビ味よりマイルドなので、マヨラーの人に好まれる味かもしれません。

次の

ブンチョウ

文鳥 の 由来

文鳥の日とは? 文鳥の日は、2005年3月に文鳥の飼育本など多数出版されている伊藤美代子氏によって制定されました。 一般社団法人・日本記念日協会にも、記念日として登録されています。 「江戸時代から愛されてきた文鳥について考える日」とされています。 インコやオウムでも、「オウムとインコの日」という記念日が6月15日に制定されています。 なぜ10月24日が文鳥の日?制定理由と由来 それでは、10月24日がなぜ「文鳥の日」なのでしょうか?由来を調べたところ、に、以下の点が制定理由とされていました。 10と24で「手に(10=テンと2)幸せ(4)」と読む語呂合わせ• 手乗り文鳥のヒナが出回ること また、1024という数字が文鳥の姿を表せることも由来になっています。 わずか数分の間に数十件の「 文鳥の日」の投稿が行われており、追いきれないほどです。 その中で、いくつか「 文鳥の日」の投稿を紹介したいと思います。 Twitterを見ると、その勢いはトレンドにも入りそうな勢いです。 まとめ・終わりに 本日10月24日は「文鳥の日」の記念日です。 2005年に伊藤美代子さんによって策定年に1度の文鳥の日ということで、文鳥愛好家が非常に盛り上がりを見せています。 Twitterのタイムラインには「文鳥の日」のツイートが多数流れてきています。 文鳥を飼われている飼い主の方も、文鳥が好きな人も、ぜひ年に一度の文鳥の日をお楽しみください。

次の