タピオカ 騒動 ユッキーナ。 木下優樹菜(ユッキーナ)タピオカ恫喝事件まとめ!姉の店の場所はどこ?

木下優樹菜のタピオカ店恫喝騒動が訴訟に!?どんな罪に問われるの?

タピオカ 騒動 ユッキーナ

2人の離婚の原因と言われているタピオカ離婚とはどういう意味なのでしょうか? タピオカ騒動とは 2019年7月東京都にオープンしたタピオカ店にユッキーナの実のお姉さんが従業員として勤務していました。 ユッキーナはそのお店をインスタで宣伝する際に実の姉のお店であるかのように宣伝しました。 そのことで姉はお店側と溝ができ退職。 木下がこの出来事に腹を立てSNSで店長にダイレクトメッセージを送ります。 その内容は「ウチらを怒らせたらどうなるか教えてやろうか?」「事務所総出でやりますね」という脅しのよう内容でした。 2019年10月にこのやりとりがSNSで公開されユッキーナは非難の的に。 2019年11月に芸能活動を自粛することになります。 この一連の流れがタピオカ騒動です。 タピオカ騒動が離婚の原因? あまりにひどいタピオカ騒動ですがそれが離婚の原因なのでしょうか? 報道によると… お笑いコンビ「FUJIWARA」のフジモンこと藤本敏史(49)と、タピオカ騒動で活動休止中のユッキーナこと木下優樹菜(32)が離婚することが30日、分かった。 2人の子供がいるおしどり夫婦として知られたが、スポニチ本紙の取材では1年ほど前から関係が悪化。 ひそかにマンション内別居していた。 すでに双方が代理人弁護士を立て子供の親権などについても話し合いは済んでおり、31日にも離婚届を提出するとみられる。 インターネット上で炎上騒動があってもフジモンがユッキーナを支える。 ケンカをしても最後には仲直り。 周囲の目にはそんなふうに映った芸能界のおしどり夫婦も今度ばかりは関係を元に戻すことはできなかった。 「実は1年ほど前から別居が続いていた。 これまでも衝突することはあったけど、大きなきっかけはケンカ。 藤本さんが強い調子で木下さんを怒った。 それ以降、関係が悪くなって一緒に暮らすことができなくなった」(知人) 周囲の話を総合すると、これまでは2人の娘の養育を考えて同じマンション内で別々の部屋を借りて別居していたという。 夫婦共演していたCMの問題もあり、関係修復を見据え何度も話し合いをもったが改善に至らず、契約終了のタイミングでけじめをつける道を選んだ。 関係者によると、代理人弁護士を立て、財産分与の話し合いも済んでおり、親権は木下が持つ。 31日にも離婚届を提出するとみられる。 夫婦を巡っては、木下が実姉が勤務していたタピオカ店に対して恫喝(どうかつ)めいたメールを送ったことが明るみに出たことで大きな騒動に発展した。 木下は周囲に迷惑をかけたことを反省して、11月に無期限の活動自粛に入っている。 離婚との関連性について広告関係者は「タピオカ騒動の前から2人の間では別れるという結論は出ていた。 ただ、周りから見ると、タピオカの件が最後の最後でダメ押しになったように映ってしまう。 そう思われても仕方がない」と話した。 12年には第1子となる女児が、15年には第2子が生まれるなど順風満帆に見えたが、最近ではユッキーナのインスタグラムにフジモンが登場することも激減し、周囲では心配する声も上がっていた。 知人の一人は「若くしてママドルと言われるのも重荷になっていたようです。 離婚をきっかけに心機一転、やり直せれば」と振り返っていた。 8月にはバラエティー番組で「実は離婚していた」というドッキリを2人そろって若手芸人に仕掛ける企画があったが、迫真の演技ではなく、気持ちを隠して収録に臨んでいたことになる。 タピオカ騒動では、いまだ世間のバッシングは強く、活動再開のメドは立っていない。 千葉・東京ディズニーランドのシンデレラ城の前でガラスの靴を渡されプロポーズというユッキーナの夢をフジモンがかなえて始まった夫婦生活。 砕け散ったガラスの靴をもう履くことはできない 引用: タピオカ騒動の前から2人の中では離婚の道が決まっていたようです。 しかしタピオカ騒動があって離婚のダメ押しになったという見方が強いと言われています。

次の

木下優樹菜ユッキーナのタピオカ店恫喝問題まとめ!姉の顔画像は?|waonのブログ

タピオカ 騒動 ユッキーナ

「A店の関係者は、すでに代理人弁護士を立て、実は年末年始にも訴える予定でした。 ところが、年末にユッキーナが離婚したので様子を見ていたようです。 そしたら、折からのコロナ禍で裁判所が止まってしまったらしい。 でも、緊急事態宣言も解除されたし、いよいよ動きだすようですよ。 裁判所から通知がタワーマンションにいくはずです」 木下は昨年10月ごろ、A店を訪れ関係者に直接謝罪を試みている。 ところが関係者は不在で、謝罪は果たされていない。 「姉のことを思ってやったこととはいえ、ユッキーナもさすがに軽率だったと反省している。 直接謝罪できないと、やはりテレビに復帰することは難しい。 騒動が勃発して以降、バッシングがまったく収まらないことに頭を抱えていましたよ」とは芸能関係者。 引用元:.

次の

ユッキーナついに法廷へ タピオカ店恫喝騒動→一回すっきりさせたほうがいいよね。

タピオカ 騒動 ユッキーナ

木下は恫喝騒動で現在芸能活動を休止中。 その間も不倫疑惑が浮上するわ、フジモンと離婚するわとゴタゴタ続きだ。 ようやく静寂を取り戻したかに見えるが、安心するのはまだ早い。 フライデーによると、藤本と木下は昨年大みそかに離婚を発表後、都内の高級マンションを引き払い、現在は同じ都心のタワーマンションに移り住んでいるという。 ただ2人は同居しておらず、借りているのはそれぞれ別の部屋。 同誌の直撃に藤本は、子供の学校など送り迎えをする必要から、このような形を取っていると説明し、イメージ悪化を避けるための偽装離婚ではないことを強調している。 お笑い関係者の話。 「2人が離婚したのは、子供の進学先に対する考え方とか、生活スタイルの違いがだんだんストレスになっていったから。 一時期はかなり激しい夫婦喧嘩もあったようです。 結果的に離婚に至りましたが、子供を大事にしたい思いは一致しているので、距離を取った関係を続けているんです。 『フライデー』に友達のような関係だと言っていますが、ウソではないでしょう」 木下といえば、昨年10月に発覚した恫喝騒動が記憶に新しい。 「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」などと、恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送りつけたのだ。 芸能プロ関係者は「『テレビに出ている良いイメージの裏の顔がこれかよ!』と世間は裏切られてしまったんです。 ユッキーナはママタレとして好感度が高かった分、反動はすさまじい。 その後、真偽不明ですが、サッカー元日本代表・乾貴士との不倫疑惑まで取りざたされてしまった。 乾は否定しましたが、予想外の展開になりました」 だが、そんな騒動の裏側でA店の被害が大きかったことは、あまり報じられていない。 A店関係者は見ず知らずの人から写真を撮られ、嫌がらせのメールも届くなど、営業を一時やめざるを得なくなったのだ。 「さらにユッキーナから謝罪のDMが届いたものの、第三者に口外しないよう口止めを求める条件まであり、『これが謝る態度なんでしょうか?』と不信感は募る一方。 そこで法的措置も検討するようになったのです」(前出芸能プロ関係者) では、その後どうなったのか? 本紙が取材を進めると、A店は訴訟をあきらめていなかったことが分かった。 テレビ関係者がこう証言する。 「A店の関係者は、すでに代理人弁護士を立て、実は年末年始にも訴える予定でした。 ところが、年末にユッキーナが離婚したので様子を見ていたようです。 そしたら、折からのコロナ禍で裁判所が止まってしまったらしい。 でも、緊急事態宣言も解除されたし、いよいよ動きだすようですよ。 裁判所から通知がタワーマンションにいくはずです」 木下は昨年10月ごろ、A店を訪れ関係者に直接謝罪を試みている。 ところが関係者は不在で、謝罪は果たされていない。 「姉のことを思ってやったこととはいえ、ユッキーナもさすがに軽率だったと反省している。 直接謝罪できないと、やはりテレビに復帰することは難しい。 騒動が勃発して以降、バッシングがまったく収まらないことに頭を抱えていましたよ」とは芸能関係者。 結局、タピオカ店恫喝騒動は間もなく法廷バトルに移ることになる。 東京スポーツ.

次の