素敵 なあ の 人 付録。 素敵なあの人 2019年 11月号 【付録】 MATURITĒ ポシェット型 マルチケース

大人のおしゃれ手帖特別編集 素敵なあの人 春号 (e

素敵 なあ の 人 付録

ファッション雑誌の素敵なあの人2020年8月号の付録! ご紹介する雑誌の付録は人気ブランドTABASA(タバサ)リュックが変身!3通りに使える便利な軽量バッグです。 中に物を入れてご紹介しています。 さらにバッグを使ったコーディネートもご紹介! 発売日は2020年6月16日、値段は1,200円(税込)です。 3通りの持ち方で楽しめる3WAYリュック。 色はブラックでゴールドのファスナーがポイントで入っています。 前面の下部分にブランドロゴ入りのタグが付いているだけで、とてもシンプルです。 生地は薄手で柔らかいですが、とても丈夫で軽量です。 持ち手を持ってトートバッグに。 後ろについているショルダーストラップを斜めがけすればボディバッグ。 ショルダーストラップのファスナーを開ければ2本のベルトに変身! からってリュックとして使えます。 コーディネートや用途に合わせて持ち方を変えられる便利なバッグです。 内側も黒で内ポケットはありません。 前面に一つ大きな外ポケットがあります。 サイドにファスナーが付いていて、上を開けることなくサイドからも取り出し可能。 中は500mLペットボトルやノート、長財布、メイクポーチもすっぽり入ります。 持ち手を肘にかけずに手持ちするとショルダーストラップが下についてしまいました。 ストラップも一緒に手持ちすればつきませんでした。 たっぷり収納できてコーデに合わせて楽しめる、お出かけにおすすめのバッグですよ。 特に50代、60代の年齢層の女性に限らず30代、40代と幅広い方にお使い頂けるバッグだと思います。

次の

【60代女性誌 素敵なあの人】宝島社から創刊!「若作りじゃない、自然体」どんな内容?

素敵 なあ の 人 付録

初めて、素敵なあの人春号購入しました。 特別付録のキッピスお出掛けショルダーが可愛いく、正直付録狙いです。 結城アンナさん表紙の雑誌気になっていましたが、少しターゲットが上なので雑誌のみなら買わない雑誌です。 キッピスのショルダーは単独付録でいくつか持っていますが、グリーンのカラフルな柄は初めてでキッピスらしく可愛いです。 ネイビーの地色も落ち着いた雰囲気です。 キルティング地もしっかりしていて、真ん中がファスナー、両脇に二箇所ポケットがあります。 見た目はコンパクトですが、かなり、 小物類でしたら、沢山入る容量です。 旅行時のサブバッグショルダーに最適な感じです。 60代ターゲットですが、結城アンナさんが素敵で、もう少し年齢を重ねてもこんなおしゃれでいられたらと思う程、40代も50代も参考になるコーディネートのファションばかりです。 コスメの記事も程々でとても読みやすかったです。 毎号付録が付いていたら、大人のおしゃれ手帳のように、継続して購読したいです。 付録付きの雑誌を初めて買いました。 こんなにちゃんとしたバックが付録だなんて、びっくりしました。 1296円の雑誌にこういうバックが付いてくるなんて、他の国でもあることなんでしょうか。 日本人て本当に真面目で誠実です。 とても機能的で良く出来たバックなのですが、柄の出方も途中で途切れたりせず、光沢があって、見た目には安っぽさがありません。 ストラップもしっかりしています。 付録目当てではなく、いつも買っている雑誌をいつも通り買っただけなのですが、出版社が頑張ったのかアンナさんの拘りなのかわかりませんが、あまりにも良心的でただただびっくりしました。 対象にしている読者層の方々のファッションにしっくりくる色とデザインなので、グレイヘアと陽の光にとても似合うバックだと思います。 雑誌はこれからゆっくり読みますが、アンナさんがスウェーデンのお土産を一人一人に買ってきて下さったような気がして、ありがとうとお伝えしたいです。

次の

【ファッション雑誌トップシェア】宝島社が60代女性誌『素敵なあの人』を創刊!さらに“大人市場”を開拓!|株式会社 宝島社のプレスリリース

素敵 なあ の 人 付録

弊社は、2010年以降、30~60代の大人世代に向け『リンネル』『GLOW(グロー)』『大人のおしゃれ手帖』『otona MUSE(オトナミューズ)』『& ROSY(アンド ロージー)』『MonoMaster(モノマスター)』の6誌を創刊。 読者ターゲットの年齢を上げ、ファッション雑誌の「大人化」を図り、大人市場へ参入してきました。 来年2020年には日本の女性2人に1人が50歳以上になります。 今回、『素敵なあの人』を創刊することで、さらなる大人市場の拡大・開拓を狙いとしています。 同誌はファッションムック(当時タイトル『素敵なあの人の大人服』)として第1号を2017年12月に発売。 発売わずか3日で重版し5万部を突破、「グレーヘア」などの社会現象を起こしました。 その後、発売したシリーズ 4冊もすべて売れ行きが好調であったことから、『大人のおしゃれ手帖』の増刊として6月25日に発売する号を 最後に9月に月刊創刊することになりました。 これまでに40~60代など幅広い年齢層をターゲットにしたカジュアル系ファッション雑誌や健康情報誌などはありましたが、60代向けファッションに特化した雑誌は同誌が初めてとなります。 宝島社は、新たな雑誌を創刊することで、常に新しい価値観やライフスタイルを提案するとともに、新市場を 創出・開拓してまいりました。 今後も雑誌出版のリーディングカンパニーとして、新しい市場を開拓し、業界を 盛り上げていくことに尽力してまいります。 彼女たちが素敵なことから『素敵なあの人』としました。 世の中のファッションがどんどんカジュアルになるにつれ、60代以上もラフな普段着が好みに。 また、軽さや動きやすさも絶対条件。 特に土踏まずのアーチが潰れて足幅が広くなり、外反母趾や魚の目などのトラブルを抱えがちな 『素敵なあの人』世代は、おしゃれな楽ちん靴を愛用。 お料理も、手軽に作れるけど、ダイエットや健康維持に役立つレシピに興味津々。 より進化したスキンケアアイテムのシンプルな使い方、ビフォーアフターで違いがしっかりわかるテクニックいらずのメイク法などは、いつも人気企画の上位にランクイン。 美容の悩みを読者に聞くと「全部!」という声が返ってくるほど切実。 今でこそ、テレビや雑誌でも人気のコンテンツ「街歩き」は今の60代がけん引してきたもの!友人や娘、お嫁さんと共有したい情報が盛りだくさん。 【これまでの60代と何が違う!? 新しい大人市場とは】 「グレーヘア」「60代ファッション」etc. これまでの調査でも、 「若々しい」と言われるより「自然体」と言われるほうが嬉しいと感じる人の割合が上回る結果がでており、60代市場の新しい流れをいち早く捉えたことが多くの支持を集めた背景にあります。 今の60代はアンアン・ノンノ第一世代です。 今までとは違います。 読者とともに新しい大人市場を、 そして新しい大人文化を創る大きな機会が来たのです。 人生100年時代 未来ビジョン研究所 所長 阪本節郎氏 【60代女性ファッション誌が今、なぜ支持を集めるのか】 仕事もリタイアし、子育ても一段落した60代は、実は一番おしゃれを楽しめる世代。 自分らしいおしゃれを知った大人世代が今、最も素敵です! 編集長:神下敬子(かみした けいこ) 今の60代以上の女性に「シニア」という言葉は当てはまりません 彼女たちが青春を過ごした60年代や70年代は、ビートルズの来日やミニスカブーム、『anan』『non-no』などの女性誌が創刊されるなど、カルチャーやおしゃれ文化が花開いた時代。 まさに、今の若者文化をけん引してきた世代。 いつまでも「センスのいいもの」を探し求め、アンテナを張っています。 「金時(きんとき)持ち」で「卒家事」世代 今の時代は定年後=終わった世代ではありません。 今の個人消費の6割を占めるのは50代以上。 2020年には女性の2人に1人が50代以上になるといわれており、特に一番下の子どもが社会に出て、教育費がかからなくなる60代は、若い世代よりも趣味や旅行に、より多くのお金をかける傾向に。 また、夫が定年を迎え、子どもが巣立つと同時に、60代以上の女性は、自分も主婦業を定年した気分になり、さらに外に目が向くようになります。 60代はおしゃれの再燃期 働いている人は定年を迎え、主婦は子育てを終え、会社やママ友社会に属さなくなることで、自分の好きな洋服を選べるようになります。 友達との社交も増えるので、もう一度装うことを楽しみたい60代はおしゃれの再燃期です。 どんな服がおしゃれに見えるか、トレンドにも興味津々。 母娘、女子3世代で楽しむ デパートやモールでは、おばあちゃん、娘(嫁)、孫の3世代でお買いものをしている姿を多く見かけます。 お母さんのほうが情報通で「これが流行っているみたいよ」と、娘の分も一緒に購入。 編集長 神下 敬子 かみした・けいこ プロフィール 1973年生まれ。 外資系ファンドのコンプライアンス、商社のアパレル担当を経験した後、ライター業を開始。 ビューティやファッション関連本など様々な媒体に携わる。 実用書編集部員を経て、2016年宝島社入社。 ファッション、インテリア、家事、健康など様々な本を手がける。 『素敵なあの人』を企画したきっかけは 『美しく暮らす大人のインテリア』というムックの取材で会った50~60代の方のファッションが素敵だったことから。 中学生の子を持つ母。 趣味は食べ歩き、最近興味のあることはお腹ヤセ。

次の