北予備 東大。 東進模試 | 大学受験の予備校・塾・東進

現役合格実績[2020年]|大学受験の予備校・塾 東進

北予備 東大

はじめに この記事を開いたあなた! もしかして、東大英語の対策に困っていませんか?? 東京大学の英語は、問題量に対して制限時間が少ないこと、設問パターンが豊富なことから対策をしていないと、なかなか高得点は見込めません。 英語は東大の受験対策を考える上で最優先教科です。 文系・理系共に英語は合否に関わる重要な科目であるため、周りの受験生に差を付けられないようしっかりと対策をする必要があります。 ここでは、東大英語の設問別の出題傾向と対策法、時間配分、おすすめの参考書等について現役東大1年の私が詳しくお伝えしていきます。 本番で80点以上取りたい受験生は必見です! 東大英語の勉強法で悩んでいる受験生! 今すぐ対策を始めてみましょう! 東大英語の配点と目標点 先に簡単に東大英語の試験情報をお伝えしたいと思います。 これを頭に入れた上で、具体的な東大英語の対策に進みましょう。 配点と出題形式 東大英語の試験は制限時間が120分の120点満点で行われます。 出題形式はSpeakingを除くReading, Listening, Writingの3技能を意識した設問となっています。 リスニングの試験は試験開始45分後に約30分間行われます。 大問は全部で5つです。 詳しい出題形式は下で紹介しています。 年度によって多少の細かい変更はありますが、基本的にこの構成は何年も続いているのでこれを頭に入れてください! 詳しいデータが公表されていないため正確な配点は分かりませんが、予備校の模試などを参考に考えるとおおよそ、Readingが60点、Listeningが30点、Writingが30点です。 正確な配点が分からない以上、あまり細かな配点に拘る必要はありません。 過去問を解く際も正確な配点でなくていいので、おおまかな点数を出すように心がけましょう! 合格者平均点と目標点は何点? 細かな配点は気にせず、大体の点数で良いと言いましたが、何点取れば合格点なのでしょうか? 東大に入学してすぐの英語の授業では、入試の成績によってクラス編成がなされます。 それを見ると、合格者の上位1割ラインが90点前後。 上位4割ラインが75点前後です。 平均的な人は70点台後半、苦手な人の場合は低くとも文系が70点、理系が65点を目標にするといいでしょう。 ここでは、英語に関して合格点とも言える80点以上を目指すための勉強法に絞って書いていきます。 東大英語の時間配分と設問別対策 時間に余裕を持つ時間配分とは? 東大英語の特徴として制限時間が短いことが挙げられます。 受験生の多くが時間の少なさに悩んでいると思います。 実際、私も時間が足りなくて点数に伸び悩む時期がありました。 ただし、過度に問題を解き切ることに意識が傾くと、今度は、正答率が下がってしまいます。 前者は、後々の対策法を参考にすることで可能です! ここでは、即効性のある時間配分と解く順番について私のやり方をご紹介します! これが私の受験時の時間配分でした。 この時間で解く事が出来れば、かなり点数は安定してくるはずです。 意識してみましょう。 次に問題を解く順番です。 英作文から解き始める人は珍しいと思いますが、試験が始まって緊張した中で、すぐに英文を読み始めると頭に入ってこない時があったので、先に英作文から解いていました。 東大英語の解答用紙は英作文の面積が大きいので、英作文を先に終えると心理的な安心感も生まれます。 ですが、これは私の好みなので自分でやりやすい方法を身に付けましょう。 ただ、リスニングが途中で入るので中断して困る長文読解などではなく、文法や和文英訳をリスニングの直前に解くようにしましょう。 設問別の東大英語の対策と出題形式 要約編 大問1のAは要約問題です。 要約問題は300字程度の英文を読んで100字程度でまとめます(2017年度は70〜80字) 英文の内容が抽象的な年もあり、指定字数内で上手くまとめることのは至難の業です。 この問題で大事なのは、解答ポイント(=メインの主張)を素早く見つけて解答に反映させることです。 読み進める中で、文章の構成に気を付けると良いでしょう。 東大の要約問題で多いのが「二項対立」です。 二項対立の文章が出題された時は、どちらがメインの主張なのかを見抜きましょう。 もう片方の主張・意見は、メインの主張を強調するために引き合いに出されている場合がほとんどです。 それを見抜けたら後は解答にそれを反映させるだけです。 この東大の要約問題は数十年続いている形式なので、過去問がたくさんあります。 過去問を解く中で色んなバリエーションの英文の型に触れてください。 そしてもう一つ、頭で理解できていても、瞬時に指定字数内で文字に起すのは多少の訓練が必要となります。 問題を解く際は必ず時間は測って手を動かすことを心がけてください。 いずれにせよ文脈を元に選択肢を吟味していくことに変わりはありません。 英語で現代文の問題を解くイメージです。 解き方のコツとしては、代名詞・指示詞・冠詞に着目しましょう。 これらは問題を解く上で大きなヒントとなり得ます。 特に段落の冒頭で指示詞やtheが使われている場合は直前の段落末で指示内容が明示されている場合があります。 さらに人の名前が出てきた時には固有名詞を含む段落が先、その人称代名詞を含む段落が後と分かります。 文章の内容を追うのは勿論ですが、このような様々なヒントを頼りに素早く解いていきましょう。 特化した問題集は無いのでやはり過去問を使って練習しましょう。 英作文編 大問3は英作文です。 題材は、意見を述べる問題から絵、グラフ、ことわざの説明、英文の要約まで様々な問題が出題されています。 その場で考えるテーマが多く、テンプレートの丸暗記はあまり効果を持たないでしょう。 そのため、どんなテーマに対しても自分の考えをスムーズに伝えられる力を日頃からつけることが大事です。 時間制限が短く構成を考える時間はほぼないので、日頃から書きまくって叩き込みましょう。 構成のテンプレ程度は準備しておいてもいいでしょう。 例えば私の場合、 In my opinion, 主張 for the following reasons. そして、書きまくった英作文は、必ず添削を受けましょう。 東大の英作文の採点はネイティヴの先生が行っているという噂があるので、ネイティヴの方に添削を頼むのがベストです。 難しい表現を無理に使う必要はないので、自分の使える表現で素早く書いていくことが大切です。 リスニング編 東大のリスニングは大問が3つで設問が各5問ずつあります(全てマーク)。 おそらく30点分の配点があると考えられます。 これは対策しないわけにはいきません。 講義を聞いて内容理解を問う問題なので、設問としてはシンプルです。 2回流れるため取り組みやすく、聞き取れれば問題は簡単に解けます。 そのため、リスニングは東大英語の中でも稼ぎどころと言われています。 ここは3問ミス以内で乗り切りましょう。 東大リスニングでは、 先読みが必須です。 先に設問を見ておくだけで内容が予想できたり注意して聞くポイントも分かります。 先読みは5分あれば終わるので、リスニング開始5分前にスタートしましょう。 対策としては、リスニングを毎日継続して行うことです。 これに尽きます! リスニング対策は面倒になりがちですが、電車の行き帰りの時間などをうまく活用してみてください。 東大志望の多くは、キムタツの東大リスニングという参考書を使っています。 これに加えて過去問と余裕のある人はTED TalksやCNNなどを聞いています。 私は夏頃からリスニング対策を始めましたが、聞いて音読のサイクルをこなしているだけで、秋以降、聞こえる単語が確実に増えて成長を感じました。 リスニングは、しっかりやれば確実に力になる分野なので頑張りましょう! 和文英訳編 和文英訳には、東大を目指す受験生にとってはそこまで複雑な文構造は含まれていません。 しかし、いざ日本語に訳すとなると上手く訳せなくてもどかしくなる、そんな問題です。 大事なのは英文の中での文脈を考えることです。 単語も直訳するのではなく、文脈を考えた訳を当てる必要があります。 文脈を踏まえた解答であることをしっかりアピールすることで周りの受験生に差を付けられます。 文脈や文構造を大きく外さないように基本的な和訳を完璧にした後、過去問を使って訳し辛さを体感してください。 和訳は点の稼ぎどころのため、8割以上を狙いましょう! 文法編 文法問題は不要語削除や語句整序です。 時間があれば解けるけれど、短時間で全問正解するとなると難しい問題が多いです。 ここは、5問中3問正解を狙うといいでしょう。 内容的にはそこまで難しい文法事項は問われません。 基本的な文法を完璧にした後は過去問で引っ掛けパターンに慣れてください。 長文読解編 大問5は長文読解問題です。 これは論説系というよりは随筆・小説など文学的な題材がよく使われています。 設問は空所補充、内容理解、心情理解などがあり、記述問題もあります。 東大の小説は、なかなか手強いので苦手な人はまず5割を目標にしてみましょう。 東大英語の長文読解対策で大事なのは、会話表現などカジュアルな表現に慣れることです。 過去問だけではなく、簡単な洋書などに手を出してみるのもいいでしょう。 studyplusでは東大志望者の勉強時間・人気教材などあらゆる受験情報がゲットできます。 気になる人はぜひチェックしてみてください。 メルカリで鉄壁専用カバーを購入しました!サイズぴったりで愛用しててモチベーション上がります! 赤シートを使った勉強だけじゃなくて、自分でメモを書き込んだりとかするといいと思います! 真面目にやれば英単語力は絶対つく!!! 英文要旨要約問題の解法 これは東大英語の要約対策に使える、数少ない参考書兼問題集です。 要約問題に出てくる英文のパターンを分類しそれぞれの取り組み方を詳しく解説してくれています。 英文の文章構成をパターン化することで素早く要旨を見抜くことができるようになります。 また、細かい採点基準が公開されているので、独学で勉強する人も使いやすくなっています。 東進の東大特進コースで東大英語を担当されている、宮崎尊先生の著作です。 『東大英語総講義』と名乗るだけあって、東大英語の全大問について、実際の過去問を並べながら解説してあります。 一冊丸ごと、ほぼ東大英語です。 宮崎尊先生は「英語」を「英語」として理解させようとする方針です。 すなわち、予備校チックな構文分析はあまり行わず、誤解を恐れずに言えば「フィーリング」で説明しようと試みています。 宮崎尊先生の言葉を借りれば、「英語のカン」というやつですね。 その意味で、本書は基礎徹底のための参考書だと言えるでしょう。 英文の読み方に大部分のページを割いていますので。 ですから、使用するのであれば高2からスタートすることをオススメします。 できれば周回したいですね。 東大志望者に限っては、過去問を消費してしまうという点をお忘れなきよう。 大問ごとにバラバラにして配置してありますから、過去問演習の際に「1年セット」で本番同様に解くことは難しくなります。 既知の問題が複数混ざるので。 もちろん復習にはなりますが、本番の感覚とは程遠いものになるでしょう 他大志望者であれば、特に悩むことなく手を出して構わないと思います。 分厚くはありますが、1ヶ月あれば余裕で終わります。 論説文や小説の章だけでも十分に役立つでしょう。 東京大学の英語はとてもよく作り込まれた良問です。 その良問を使わずに残しておくのは勿体無いの一言です。

次の

【浪人】予備校は途中から入塾可能?【東大志望】

北予備 東大

情報は記事公開時のものです。 変更の可能性があるので、特待生制度を利用を検討する際は、各予備校のホームページを必ずご覧ください。 駿台の特待生制度 まずは駿台の特待生制度から見ていきましょう。 駿台の特待生制度一覧 駿台が実施している特待生制度は大きく 「現役生向けの特待生制度」と 「高卒生向けの特待生制度」の二つに分けることができます。 駿台の現役生向けの特待生制度 まずは、現役生向けの特待生制度についてです。 今年の駿台の入塾用パンフレットを読んだところ、特待生制度に関する記述は見られませんでしたが、昨年までは特待生制度に関する情報がパンフレットに記載されていたので、駿台が公に認めている限りでは消滅してしまったのかもしれません。 しかし、それとは別に、駿台側が公にしていない特待生制度が存在します。 実際、筆者は高三時 昨年 、駿台に在籍していたのですが、同じく駿台に通っていた友人の一部が、特待生制度によって、1講座分の授業料が無料になったと話していました 筆者は残念ながらそうではなかったのですが…… 特待生認定の具体的な基準は分かりませんが、先述の友人のうちの一人曰く、高一から高三における駿台模試の成績の伸び率が著しい人が選ばれているのではないか、ということです。 実際、彼の高一時の成績は、偏差値にして50台だったのが、高三時には、70台にまで上昇していました。 また、駿台側が公にしていないこともあって、認定の条件を満たしている学生には駿台側から直接電話がかかってくるそうです。 元々駿台に通っているかどうかに関わらず、駿台模試を受験した学生は全員対象になっていると思われます。 この特待生制度は、基準など、明らかでないことも多く、また、現在も存在しているかどうかはわからないので、あくまで参考程度に、駿台から連絡があったらラッキー!程度に考えておきましょう…… 駿台の高卒生向けの特待生制度 高卒生向けの特待生制度としては、入塾用パンフレットにこのような記述があります。 「学業成績、生活態度の優れた方を前期・後期の各期ごとにスカラシップ生として認定し、奨学金・記念品を授与し、表彰します。 選考:前期・後期の各期の学業成績と出席状況・品行などにより選考します。 表彰:奨学金・記念品を授与して表彰します。 」 こちらは、現役生のものとは違って、駿台が公にしているものですが、聞くところによると、駿台の授業に必ず出席しなければいけなかったり、駿台が指定する駿台模試を必ず受験しなければいけなかったりと、かなりその条件は厳しいようです。 駿台の特待生制度は、3大予備校の中ではややハードルが高い? 駿台の特待生制度は、以上のように、基準が明確になっていないこともあり、筆者の個人的な意見としては、認定のハードルはかなり高いのではないかと思います。 河合塾の特待生制度 続いて、河合塾の特待生制度です。 河合塾の特待生制度一覧 河合塾の特待生制度は、現役生対象のものはなく、 高卒生対象のもののみのようです。 河合塾のスカラシップ制度 ということで、高卒生向けの特待生制度、「スカラシップ制度」について紹介します。 を見ると、このように記載されています。 入塾後の成績が優秀であり、かつ授業への出席などの面で他の塾生の模範となるような塾生をスカラシップ生として認定し、奨学金を授与します。 詳細は入塾後にご案内します。 上述のように、選考基準は明らかにされていないので、認定条件が厳しいのかどうかはなんとも言えませんが、駿台の高卒生向け特待生制度と近いような気がします。 河合塾の特待生制度は、最もオーソドックスな特待生制度 先述したように、駿台が公にしていない特待生制度を実施していることや、後述の東進が多種多様 むしろ多すぎる? の特待生制度を設けていることに比べると、この河合塾の 「スカラシップ制度」は最もオーソドックスな特待生制度と言えるのではないでしょうか。 東進の特待生制度 最後に、東進の特待生制度についてです。 東進の特待生制度一覧 東進にはいくつかの特待生制度があります。 順を追って説明していきます。 東進の東大特進コースの特待生制度 東大特進コースとは、東大受験に特化した、現役生のみを対象とした特別コースのことです。 東進というと映像授業のイメージが強いですが、このコースでは有名講師 林修先生など の授業を生で受けられるというのが最大の売りになっています。 東大を目指そうとしている現役生なら誰でも受講できるので、興味がある方は受講を検討してみてはどうでしょう? さて、ここからが本題です。 東大特進コースの特待生制度について説明していきます。 東大特進コースでは、かなりの数の講座が開講されているのですが、模試の成績によって、段階的に授業料が無料になる講座数が決まるという制度になっています。 何言ってるかイマイチ分かりにくいと思うので、具体的に説明していきたいと思います。 例えば、東進が実施している「東大本番レベル模試」において、A判定で6講座無料、B判定で5講座無料、・・・、E判定で2講座無料といった具合です。 その他にも東進のセンター模試や他予備校主催の模試の成績、さらには学校の定期試験の成績などでも認定してくれるので、気になる方は東大特進コースへ直接問い合わせてみるか、資料請求してみましょう。 東進衛星予備校 東進のフランチャイズ が行なっている特待生制度 東進のフランチャイズである東進衛星予備校は、校舎ごとに独自の基準を設けて、入会金や模試受験料を無料にすることに加え、映像授業の講座を数講座分無料にするなどの内容の特待生制度を実施している場合があります。 校舎によって実施していなかったり、基準が違ったりするのですが、例えば筆者が通っていた横浜駅西口校は、駿台模試で偏差値70弱くらい取れば、2講座分無料になるといったような内容でしたね。 詳しくは、各校舎に直接問い合わせてみてください。 その他の東進の特待生制度 東進にはその他にも様々な特待生制度が用意されています。 調べた中で面白いと思ったものをピックアップして紹介します。 まず一つ目に、数学特待制度と呼ばれるものがあります。 以下のいずれかの成績条件を満たす中2生、中3生 東進では高0生と呼ばれているそうです を対象に、数学の講座の授業料を無料にするなどといった内容です。 条件は以下の通り• 通知表(通信簿)の直近の評価で数学が5段階評価の「5」であること• 「全国統一中学生テスト」もしくはその他模試にて、成績優秀であること 中高一貫校に通っている場合、個別にご相談に応じるということだそうです。 詳しくは各校舎に問い合わせてみましょう。 詳しい概要はを参考にしてください。 次に紹介するのは、米国大学留学支援制度というものです。 日本からハーバード大学への留学を目指している学生を対象に、奨学金を支援するというものです。 詳しくはを参考に。 東進は多様な特待生制度を展開 以上を見ても分かるように、東進は多種多様な特待生制度を展開しており、成績の条件もそれほど難しくないものもあることから、3大予備校の中ではハードルが低い方と言えるかもしれません。 模試や学校の定期試験で良い成績を取ったという場合は、積極的に利用してみてはどうでしょうか。 まとめ 各予備校は様々な特待生制度を設けています。 模試や学校の定期試験などで良い成績を取った!という場合は、積極的に各予備校へ問い合わせてみると良いかもしれませんね。

次の

北九州予備校について質問です。

北予備 東大

おそらく自分もあなたと全く同じ境遇ですね…… 自分も東大志望でしたが今年の合格は見込めませんでした。 あまりお金がないので鹿児島の予備校しか行けません。 北予備は入学金10万+授業料59万=69万だったと思います。 東大志望でしたら、模試認定や高校推薦で全免もしくはそれに等しい免除がもらえると思います。 自分は模試認定でほぼ全免もらえました。。 合格実績ですが、おそらく去年含めて鹿児島の北予備から東大に行った人はいないと思います。 一昨日北予備(鹿児島)に行っている先輩に話を聞いたところ、東大文系コースは存在せず、国立文系60人クラスで一くくりだそうです。 東大〇〇のような東大専科の授業は東京校のDVD視聴しかないそうです。 補足より 確かに医学部は凄すぎますよね… ただ鹿児島の北予備は医学部受験が300人近くいると聞きました。 (嘘だったらすみませんでも確かだったと思います)その環境の中で勉強ができると思えばいいですよね。 自分が思うに、ただ東大志望生が北予備を避けて他の大手に行ってるだけではと…夏や冬の講習会受けた限りでは、講師の面白さ、すごさに感動しました。 あと、あなたが文理どちらか知らないのに先の回答で文系のことを書いてすみませんでした。 つい自分のことを書いてしまいました。 先月まで通っていました。 博多駅校しかわからないですが、東大クラスはありませんでした。 代わりに東京校にある東大対策授業のDVDが無料で見れます。 授業に関しては 博多駅校や小倉校が 人気講師が集まると聞きました。 あくまで噂でしたが… 他の予備校に比べて厳しいと良く言われますが、 勉強したい人や多少の強制力がないとできないって人にはオススメです。 講師との距離感が近いため公私問わず仲良くなったりもできるのが魅力の一つでした。 高校と違って自分でしないと…て感じです。 料金に関しては テストを受けてその成績に準じた授業料免除の特待制度や、学校推薦、高校時のよかった模試 進研など を提出しても授業料免除になったりします。 夏期や冬期の講習代は別途なのでもっと詳しく知りたい場合は北予備のHPにアクセスしたり問い合わせをしてみたらいかがですか?.

次の