鈴木福 パンツ。 鈴木福くん16歳、金髪になる

鈴木福くんのバスツアーがヤバイ

鈴木福 パンツ

福くんが「私物のプレゼントがある」と発表すると、追っかけ歴6年の女性が間髪入れず「パンツ?」と発言。 車内は盛り上がり「変態ですか」と福くんも苦笑い。 11年の成長をスライドショーで鑑賞すると、我が子の成長に感極まる両親のように涙を流すファンの姿も。 マグカップの絵付けでは自らサインを書いて回り、バーベキューでは各テーブルで肉を焼いてあげる福くん。 2ショットチェキでは鼻息を荒くしたファンが、「大満足」「(自分が)ニヤニヤしちゃって危ない」「舐めたいくらいにカワイイ」と絶賛。 最後にはファンへ向けて福くんから感謝状を読み上げ、感動のなかでツアーは幕を閉じた。 子役である福くんがファンツアーを開催、さらに濃いファンの姿に視聴者も困惑を見せている。 しらべぇ取材班で感想を集めてみた。 しかし対象が子役なだけ。 ファンにとって憧れの存在に近づけるツアーは貴重なファンサービスであり、福くんは責務を果たしたに過ぎないのだ。 中学生になり俳優への道を進んでいきたいと未来を語る福くん。 今後も多くのファンは彼を支えていくに違いない。

次の

鈴木福 X スニーカー

鈴木福 パンツ

映画『妖怪人間ベム』で共演すると、そして鈴木がで映画のを明かした。 亀梨と福くんはいつも更衣室で「パンツダンス」を踊ってふざけあうという。 だが、テンションの上がった亀梨は福くんにとんでもないイタズラをしてしまったのだ。 12月15日に映画『妖怪人間ベム』の初日舞台あいさつを終えた3人を、テレビ『』が直撃した。 ドラマの時からキャラクターのベム、ベラ、ベロのように息の合った3人だが、映画でさらに親しくなったようである。 この日レポーターから「好きな女の子のタイプ」を聞かれた鈴木福くんが、「しい人が好き」と答えた。 が「じゃあ、するならベラと杏ちゃんとどっち?」と尋ねると、福くんは「杏さん、優しいから」と即答していた。 今度は、子役仲間のちゃんについて「結婚するなら花音ちゃんと杏ちゃんとどっち?」と亀梨が尋ねると、「ナイショ」と福くんも少し照れていた。 そんなやりとりはまるで兄弟のように見える。 しかも、福くんではなく亀梨が考えた遊びらしい。 「あれだけは本当にゴメンナサイ!」と彼は福くんに申しわけなさそうに詫びていた。 福くんもさすがにパンツを下ろされてはたまらない、「恥ずかしかった」とその時の気持ちを正直に伝えたのである。 亀梨も反省したのだろう、神妙な顔で聞いていた。 鈴木福くんも子役とはいえもう8歳。 インタビューをきっかけにイタズラをカミングアウトして福くんに謝ろうと思い立ったのではないか。 (TechinsightJapan編集部 真紀) あわせて読みたい•

次の

「ホントにごめんなさい」。福くんのパンツを下ろした亀梨和也が反省。 (2012年12月17日)

鈴木福 パンツ

何か出そう。 」 望結「良いよ。 福くん。 膣内に出して」 ドピュッ 望結「福くんの精子来てるよ〜。 」 福「望結ちゃんありがとう。 って何してるの?オチンチン舐めるの汚いよ。 」 望結「そんなことないよ。 ママ達のも見たし、学校の友達のママもしてたって。 」 ドピュッ ゴクッ 望結「精子って苦いんだ。 福くん。 Hしてくれてありがとう。 またね。 」 そういい、本田望結ちゃんは帰っていった。 「見ちゃったよ。 あれやるの気持ちいいんだ。 谷花音。 鈴木梨央。 小林星蘭。 桜田ひより。 荒川ちか。 本田望結。 加藤清史郎。 鈴木福の8人だ。 なんの事かわからない8人だが、そんな時校内放送がなった。 キンコンカンコーン 放送「最近性に目覚めたあなた方に、只今よりSEXを始めて頂きます。 どんな風にSEXするかは、お任せします。 では始めてください。 」 キンコンカンコーン 花音「福君のおちんちん頂きま〜す。 」 梨央「梨央も〜。 」 ちか「おまんこにおちんちんほし〜い」 ひより「なんなのこれ! 」 望結「ホンとにね! 」 星蘭「悩む〜。 」 清史郎「なんだこれ?」 福「助けて〜。 清史郎愛菜ちゃんイクいい。 清史郎フェラして.愛菜いいよ気持ち良くしてあげる。 人気子役の鈴木福 小2 は今日もいつも通り仕事を終えた。 福「ぬわぁ〜、疲れたー」 監督「福くん今日の演技も良かったよ!、明日はいよいよ山場だね」 福「監督、明日はどんなシーンを撮影するの?」 監督「えーと、明日は福くんと吉瀬さんのキスシーンを撮る予定なんだけど…」 福「キスシーン?!」 福は監督の思わぬ発言に動揺する。 監督「福くんできるよね?」 福「い、いや僕はそういうのはちょっ…」 マネージャー「当然です!福にNGはありませんので」 福が断ろうとした瞬間、マネージャーが割って入った。 監督「じゃあ明日もよろしく頼むよ、福くん」 福「…………」 福はそのまま重い足取りで帰宅した。 時刻は14時を少し過ぎたくらいだった。 家に親がいることは知っていたが、気分が乗らないので黙ったまま自分の部屋へ向かった。 『ガチャ』 花音「福ちゃんおかえり〜」 部屋に入るなり子役仲間の谷花音 小2 が出迎えた。 福と花音は3歳の頃から友達で、プライベートでもよく遊ぶほど仲が良かった。 福「ち、違うよ!ちょっと遊んでただけだから!」 しかし上手い言葉が何も浮かばない。 福「オレちょっとトイレ行って来る!」 福は恥ずかしさのあまりトイレに逃げこんだ。 福 とりあえず小便でもして落ち着こう 福はパンツを下ろした。 福「ん?」 何やら見慣れない粘液がパンツにベットリと付着している。 福はその粘液を指で掬い顔に近づけた。 福「何これ?!臭っ!」 福 早く流さないと! 福はトイレから出て服を脱ぎそのまま浴室に直行した。 『シャー』 福はシャワーを浴びながら先ほどのことを思い出した。 福 オレ、のんちゃんとキスしちゃったんだ… その現実に福の身は打ち震えた。 罪悪感や恥ずかしさもあったが、それ以上に強烈な快感が脳裏に焼き付いて離れない。 福は気持ちが落ち着くまでしばらく浴室に残ることにした。 今、花音を目の前にしたら欲求を抑えられる自信が無かったからだ。 花音「ねぇ、福ちゃんまだ出られない?」 浴室の外から花音の声が聞こえ福はドキッとする。 花音「福ちゃんおまたせー」 花音「似合うかな?」 福「うん、すっごく似合ってるよ」 福 はぁはぁ…可愛いなぁ… 花音の水着姿に福の股間はムクムク大きくなった。 福「や、やっべ」 福は慌てて股間を抑える。 花音「福ちゃんどうしたの?」 福は最近仕事で忙しく一ヶ月もオナニーしていなかったので溜まりまくっていた。 福 このままじゃ撮影にならない、一回トイレで抜いてこよう 福「俺ちょっとションベン行ってくる!」 福はトイレへ駆け出した。 ガチャ 福 あっ、間違えた!ここ女子更衣室じゃん 急いでいたので誤って女子更衣室に入ってしまった。 福 良かった〜誰もいない 幸いにも今日はCMの撮影で貸切だったため誰もいなかった。 福「ん?」 視線の先に可愛らしいバッグが置いてある。 福「のんちゃんのかな?」 福 ドキドキ 福「見、見るだけだから…」 福は恐る恐るバッグを開けた。 福「やっぱり」 中には花音の上着が入っていた。 福は上着を手に取りゆっくりと鼻を近づけた。 福「流石にまずいよね…」 福はそう言いつつ、花音のパンツをそっと手に取った。 脱ぎたてのパンツはまだほんのり熱を帯びている。 福「はぁ…!はぁ…!!…」 福の手は興奮のあまりプルプルと震える。 そのままパンツを舐め回すように見ると、クロッチ部分に黄色いシミがついていることに気がついた。 ……… 福はそこを凝視したまま完全に静止した。 ポタポタ… 額から大粒の汗が噴き出す。 福は最後の理性を振り絞り己の性欲と戦った。 今からやろうとしていることが最低な変態行為だという自覚はあった。 「ゴクリ…」 生唾を飲む音が静寂を破る。 それは性欲の勝利の雄叫びであった。 己の性欲に完敗した福は崩れるようにパンツに顔をうずめた。 福「スゥ…」 息を吸った瞬間、花音の汗とおしっこが混じった臭いが福の鼻を刺す。 そのまま、深く息を吸い込むと、蒸れて酸っぱくなったアンモニア臭が福の喉を焼き付けた。 福「はぁ…」 福は恍惚の表情を浮かべ、小さくため息をついた。

次の