日本マクドナルド株価。 日本マクドナルドホールディングス(株)【2702】:時系列の株価推移

日本マクドナルドホールディングス(2702)の株主優待紹介

日本マクドナルド株価

スポンサーリンク 日本マクドナルドの株価 株価:5,060 PER:38倍 PBR:4. 4倍 配当金:30円 配当利回り:0. 本家はアメリカです。 業績とか関係なくマクドナルドの株価は上昇しています。 やはり優待人気が半端じゃないですね。 経常利益の推移 利益は回復中。 純利益は2017年過去最高更新。 2014年:-79 億円 2015年:-258 億円 2016年:66 億円 2017年:197 億円 2018年:256 億円 2019年:271 億円(会社予想) 残念ながら営業利益と経常利益は1999年の過去最高を更新できていません。 売上は2015年から徐々に回復しています。 マクドナルド株は割安か? マクドナルド株はやや割高。 現在のPERだけ見るとそこまで割高すぎることもないように感じますが、利益が2012年と同じ水準で株価は2倍以上なので、かなり割高です。 2012年が割安すぎたと考えることもできますが。 2015年に問題を起こして大ダメージを食らったものの、なんとか耐えているという感じですね。 配当利回りは「約0. 優待は12,000円で計算しています。 マクドナルドの株主優待 参照: 100株で年間約12,000円相当の優待がもらえる。 権利月は毎年「6月末・12月末」です。 ・100~299株:優待食事券1冊 ・300~499株:優待食事券3冊 ・500株以上:優待食事券5冊 食事券1冊で以下の3つがセットになったものが6枚つづりです。 たまにマクドナルドに行く人には 月1回セットがタダになると考えるとちょうど良いですね。

次の

日本マクドナルド(2702)株価下がらない人気銘柄!

日本マクドナルド株価

PTSマーケット情報はジャパンネクスト証券株式会社から情報提供を受けています。 PTSマーケット情報に関する知的財産権はジャパンネクスト証券株式会社に帰属します。 技術的不可避な理由によってPTSマーケット情報伝達の遅延や中断が生じたり、ジャパンネクスト証券株式会社の事由によりマーケット情報の変更がある可能性があります。 当社およびジャパンネクスト証券株式会社は、PTSマーケット情報の正確性及び信頼性を保証するものではありません。 また、この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社および情報提供元は一切の責任を負いません。 掲載するPTSマーケット情報は閲覧者自身のみ利用するものとし、第三者に提供することを禁じます。 PTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報を閲覧している端末機以外の媒体への転載を禁ずるとともに、PTSマーケット情報の蓄積、編集及び加工等、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 当社のウェブサイトにおいて掲載するPTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報は、参考情報であり、投資等の勧誘を目的にしたものではなく、いかなる有価証券の価値を保証するものではありません。 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の

日本マクドナルドホールディングス (2702) : 株価/予想・目標株価 [MDHCJ]

日本マクドナルド株価

マクドナルドの株価は買い時はいつ?株主優待が大人気の王道銘柄です 6月は人気の株主優待の権利月が数多くある月です。 最近の株価下落で日本株も若干ながら割高感も減りましたね。 さて本日は優待銘柄の王道、マクドナルド 2702 の株主優待と株価について考えたいと思います。 ご存知の方も多いかと思いますがマクドナルドは元々アメリカの企業です。 そのためマクドナルドの株式の米国株と日本株は別の会社です。 好みのバーガーなどに交換可能なマック利用者にはとっても便利な優待券です。 ただし利用に関しては色々と細かいルールが設定されています…。 日本国内のマクドナルド店舗でご利用いただけます。 (一部ご利用いただけない店舗もございます。 マックデリバリーサービスではご利用いただけません。 シートは切り離して1枚ずつご利用いただけます。 バーガー類お引換券は、バリューセットのメインにお選びいただける商品(期間限定商品、朝マック商品(朝マック時間帯のみ)を含む)いずれかおひとつとお引換えいただけます。 (一部の商品ではご利用になれない場合がございます。 サイドメニューお引換券は、バリューセットのサイドにお選びいただける商品(期間限定商品、朝マック商品(朝マック時間帯のみ)を含む)いずれかおひとつとお引換えいただけます。 (一部の商品ではご利用になれない場合がございます。 ドリンクお引換券は、バリューセットのドリンクにお選びいただける商品いずれかおひとつとお引換えいただけます。 サイズのある商品はS・M・Lの中からお選びいただけます。 (一部の商品ではご利用になれない場合がございます。 マックシェイク・マックフロートは、販売時間(10:30~翌1:00)のみお引換えいただけます。 バーガー類お引換券、サイドメニューお引換券およびドリンクお引換券を同時にご利用いただいた場合に限り、ハッピーセットとお引換えいただくこともできます。 バーガー類お引換券、サイドメニューお引換券を同時にご利用いただいた場合に限り、「ビッグブレックファスト」、「ビッグブレックファスト デラックス」のいずれかおひとつとお引換えいただくこともできます。 有効期限は、株主ご優待券の表面に記載しております。 マクドナルドの株主優待券はいつ届く? さて人気の株主優待のマクドナルドの優待券です。 株主優待はいつ頃届くのでしょうか? 6月権利月の株主優待券は9月下旬に発送されれます。 12月権利月の株主優待券と翌年3月末に発送されます。 所定の月が過ぎても優待が届かない場合は郵便事故の可能性などもあります。 様々な可能性がありますが…事実をしっかり企業や郵便局に伝えましょう。 もちろん時期によって優待の買取価格は変わります。 需要と供給の関係で成り立つ時価ですね。 現在のところ、マクドナルドの食事券は1冊あたり3500円程度で売買されているようです。 マクドナルドの現在の株価4935円で優待利回りを算出しました。 参照:SBI証券 マクドナルドの株価チャートより 2016年半ば頃にはマクドナルドの株価は3000円前後で安定していました。 しかしアベノミクスによる株価上昇の追い風でグングンと株価は上がりました。 株価は5000円前後で安定です! 2018年中頃にはマクドナルドの株価は6000円程度になります。 5000円前後のマクドナルドの株価の安定感は素晴らしいですね。 安くなったら参入したいと思いつつ…中々参入できてません。 いつも通り配当利回りと株価指数から考えたいと思います。 現在の株価、4935円でマクドナルドの予想PERは37. 3倍です。 PBRは4. 49倍程度になります。 続いて配当利回りを確認してみましょう。 マクドナルドの予想1株配当は30円で、年間配当利回りは0. 単元株を保有した場合の総合利回りは2. マクドナルドは株価指数的にも利回りの観点でも割高と感じますね。 今後のマクドナルドの株価はどうなる?業績予想から考えてみた 株価は割高感が拭えないマクドナルドの株式ですが今後はどうなるでしょうか? 株価は長期的には業績に沿うので現在の割高度も将来は解消されるかもしれません。 直近の業績発表より2018年の結果と次期2019年度の予想を見てみましょう。 参照: 2018年度の売上高は前期比で6. しかし経常利益まで前期に比べてプラスで推移していますので力強いです! 2019年のマクドナルドの業績予想はどうなっているでしょか? 売上高は前期比で5. 金額すれば267億円の増収…凄い値ですね。 一方、純利益は174億円で前期比-45億円となっています・・・。 こちらも経常利益まではプラス推移の予定です。 最近の株価下落で5000円を割って安くなれば現物買いも検討したいと思います。 人気優待銘柄は株価が高くて中々投資するチャンスがありませんね! 管理人クロノはSBIネオモバイル証券で端株投資を実践中です。 単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。 一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。 最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。 Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。 端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。 無料口座開設 公式サイト 関連記事>>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の