マウンテン デュー。 赤いマウンテンデュー CODE RED

マウンテンデューとは

マウンテン デュー

マウンテンデューとは、(英名Mountain Dew)とは ・味の薄の弱飲料である。 かつては合成着色料を使用したをしていたが、にで由来のチン色素を使用したの物になった。 ナップとしてプ味のマウンテンデューも存在する。 販売元はコだが、内での製造・販売はが行っている。 名称はで「山の」を意味する。 にコが販売権を獲得し、ではより販売開始。 初登場時は果汁1含まれていたらしいが、今は残念ながら果汁である。 味 一般的な飲料によくありそうな味だが、が強すぎずゴクゴク飲みやすい。 関連動画 関連コミュニティ 関連商品 関連項目• ー (社の競合製品)• (社の競合製品)• 大会のを務めた。

次の

Mountain Dew & Mello Yello

マウンテン デュー

瓶のパッケージ 1960年代 10月に日本でのペプシコブランド製品のマスター権(マーケティング及び製造販売総代理権)取得に関してペプシコと基本合意し、同年12月15日に契約を締結。 翌年の1月に、日本ペプシコーラが行っていた事業を分割し、製造・マーケティング機能を(現・)へ、営業・販売機能をサントリーフーズへそれぞれ移管。 同年3月に「」のリニューアルと同時に「」と共にサントリーの製品として本格発売を開始した。 当初は現在も発売されている350ml缶・500ml缶に加え、250ml缶と1. 5Lペットボトルも設定されていた。 5月に仕様の330ml瓶を追加し、350ml缶・500ml缶をパッケージリニューアル。 このタイミングでロゴマークを同年からアメリカをはじめ全世界で使用されている現行のロゴに変更となった。 5月に初の500mlペットボトル製品である「マックスエアー」を発売。 通常の「マウンテンデュー」のシトラス系フレーバーをベースに、炭酸を増量して爽快な刺激とすっきりとした味わいを楽しめる設計とし、液色をブランドカラーであるグリーンに変更した。 その後、2008年5月には炭酸を更に増量してパッケージをリニューアルした「マックスエアー2」を 、2009年5月には甘みを調整してすっきりとした後味に仕上げ、パッケージをリニューアルした「マックスエアー3」を発売し 、年次改良を行いながら約3年にわたって販売された。 4月にはとのにより、同社のゲーム「」の登場キャラクターがデザインされたデザイン缶(350mlのみ)が数量限定で発売された。 特典としてマウンテンデューもしくはのどちらかひとつがデザインされたTシャツを着た兵士でゲーム上で遊ぶことが出来るパスコードがついている。 5月には紫色パッケージで「マウンテンデュー グレープ」が発売(350ml缶のみ)。 なお、当初は同年4月に発売が予定されていたが、同年3月に発生したの影響により発売が延期となり、5週間遅れての発売となった。 4月にリニューアルを行い、人工を不使用化。 また、既存の缶製品(350ml・500ml)に加え、500mlペットボトルも新設された。 同年6月には爽やかでスッキリとした味わいのクールシトラスフレーバーで、白い液色とブルーのパッケージである「ホワイトアウト」を発売(500mlペットボトルのみの設定)。 6月に500ml缶を仕様変更。 同年7月には、2009年まで販売されていた「マックスエアー」を5年ぶりに新仕様として数量限定で再発売。 製品名を2007年当時の名称であった「マックスエアー」に戻し、内容量は先にリニューアル発売された「C. サイダー」同様、600mlに増量した。 なお、通常の「マウンテンデュー」とは異なり、人工着色料が使用されている。 店舗によっては公式の発売日よりも数日前から発売を開始している場合がある• 330ml瓶 (2006年5月23日発売の期間限定品)• 500ml缶• 500mlペットボトル• マウンテンデュー グレープ350ml缶 (2011年5月24日発売)• マウンテンデュー ホワイトアウト 500mlペットボトル(2012年6月12日発売)• マックスエアー 500mlペットボトル(2007年5月22日発売)• マックスエアー2 500mlペットボトル(2008年5月20日発売)• マックスエアー3 500mlペットボトル(2009年5月19日発売)• マックスエアー 600mlペットボトル(2014年7月29日発売)• キックスタート 350ml缶(2018年4月10日発売) テレビCMに出演した人物 [ ]• リバー・ウルノブ• 出典 [ ]• - サントリー株式会社 ニュースリリース 1997年12月18日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー株式会社 ニュースリリース 1998年1月19日(2014年7月29日)• - サントリー株式会社 ニュースリリース 2006年4月25日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー株式会社 ニュースリリース 2007年4月17日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー株式会社 ニュースリリース 2008年4月22日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー食品株式会社 ニュースリリース 2009年4月14日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー食品株式会社 ニュースリリース 2010年3月23日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー食品インターナショナル株式会社 ニュースリリース 2011年1月26日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー食品インターナショナル株式会社 ニュースリリース 2012年1月25日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー食品インターナショナル株式会社 ニュースリリース 2012年4月24日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー食品インターナショナル株式会社 2014年6月24日(2014年7月29日閲覧) 外部リンク [ ]• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

マウンテンデューとは

マウンテン デュー

瓶のパッケージ 1960年代 10月に日本でのペプシコブランド製品のマスター権(マーケティング及び製造販売総代理権)取得に関してペプシコと基本合意し、同年12月15日に契約を締結。 翌年の1月に、日本ペプシコーラが行っていた事業を分割し、製造・マーケティング機能を(現・)へ、営業・販売機能をサントリーフーズへそれぞれ移管。 同年3月に「」のリニューアルと同時に「」と共にサントリーの製品として本格発売を開始した。 当初は現在も発売されている350ml缶・500ml缶に加え、250ml缶と1. 5Lペットボトルも設定されていた。 5月に仕様の330ml瓶を追加し、350ml缶・500ml缶をパッケージリニューアル。 このタイミングでロゴマークを同年からアメリカをはじめ全世界で使用されている現行のロゴに変更となった。 5月に初の500mlペットボトル製品である「マックスエアー」を発売。 通常の「マウンテンデュー」のシトラス系フレーバーをベースに、炭酸を増量して爽快な刺激とすっきりとした味わいを楽しめる設計とし、液色をブランドカラーであるグリーンに変更した。 その後、2008年5月には炭酸を更に増量してパッケージをリニューアルした「マックスエアー2」を 、2009年5月には甘みを調整してすっきりとした後味に仕上げ、パッケージをリニューアルした「マックスエアー3」を発売し 、年次改良を行いながら約3年にわたって販売された。 4月にはとのにより、同社のゲーム「」の登場キャラクターがデザインされたデザイン缶(350mlのみ)が数量限定で発売された。 特典としてマウンテンデューもしくはのどちらかひとつがデザインされたTシャツを着た兵士でゲーム上で遊ぶことが出来るパスコードがついている。 5月には紫色パッケージで「マウンテンデュー グレープ」が発売(350ml缶のみ)。 なお、当初は同年4月に発売が予定されていたが、同年3月に発生したの影響により発売が延期となり、5週間遅れての発売となった。 4月にリニューアルを行い、人工を不使用化。 また、既存の缶製品(350ml・500ml)に加え、500mlペットボトルも新設された。 同年6月には爽やかでスッキリとした味わいのクールシトラスフレーバーで、白い液色とブルーのパッケージである「ホワイトアウト」を発売(500mlペットボトルのみの設定)。 6月に500ml缶を仕様変更。 同年7月には、2009年まで販売されていた「マックスエアー」を5年ぶりに新仕様として数量限定で再発売。 製品名を2007年当時の名称であった「マックスエアー」に戻し、内容量は先にリニューアル発売された「C. サイダー」同様、600mlに増量した。 なお、通常の「マウンテンデュー」とは異なり、人工着色料が使用されている。 店舗によっては公式の発売日よりも数日前から発売を開始している場合がある• 330ml瓶 (2006年5月23日発売の期間限定品)• 500ml缶• 500mlペットボトル• マウンテンデュー グレープ350ml缶 (2011年5月24日発売)• マウンテンデュー ホワイトアウト 500mlペットボトル(2012年6月12日発売)• マックスエアー 500mlペットボトル(2007年5月22日発売)• マックスエアー2 500mlペットボトル(2008年5月20日発売)• マックスエアー3 500mlペットボトル(2009年5月19日発売)• マックスエアー 600mlペットボトル(2014年7月29日発売)• キックスタート 350ml缶(2018年4月10日発売) テレビCMに出演した人物 [ ]• リバー・ウルノブ• 出典 [ ]• - サントリー株式会社 ニュースリリース 1997年12月18日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー株式会社 ニュースリリース 1998年1月19日(2014年7月29日)• - サントリー株式会社 ニュースリリース 2006年4月25日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー株式会社 ニュースリリース 2007年4月17日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー株式会社 ニュースリリース 2008年4月22日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー食品株式会社 ニュースリリース 2009年4月14日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー食品株式会社 ニュースリリース 2010年3月23日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー食品インターナショナル株式会社 ニュースリリース 2011年1月26日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー食品インターナショナル株式会社 ニュースリリース 2012年1月25日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー食品インターナショナル株式会社 ニュースリリース 2012年4月24日(2014年7月29日閲覧)• - サントリー食品インターナショナル株式会社 2014年6月24日(2014年7月29日閲覧) 外部リンク [ ]• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の