色彩 検定 合格 率。 色彩検定の難易度と合格率は?独学での合格は難しい?

カラーコーディネーターはどんな資格?色彩検定との違いや取り方まで

色彩 検定 合格 率

まずは、色の種類についての問題についての解説を書かせてもらいます。 色には、皆さんが思っていますように様々な多種多様の種類があります。 今回問題に入れさせてもらいました 暖色 と 寒色。 『色彩検定』ではもちろん、色の基礎中の基礎の部分です。 暖色は、言葉の通り暖かい色ですので赤や黄などに該当します。 寒色は、寒い色ですから青や水色など。 この二つには、問題で書かせてもらった通りに別名があります。 この別名は『色彩検定』以外での色に関する資格試験でも使われます。 暖色は進出色、寒色は後退色です。 今回は、暖色と寒色と書かせてもらいます。 この暖色の効果は、食欲を沸かせる効果などもあり様々なファーストフード店などで使用されております。 そして、暖色はやはり目立ちやすい色などで視認性もあり、目に移りやすい色でもあります。 寒色は涼しさや爽やかさなどのイメージもあり、落ち着いているなどのイメージがあります。 最近では、ゲームのパッケージを青にして商品棚ではよく目立っています。

次の

色彩検定・カラーコーディネーターの違いとは。それぞれの資格講座もチェック

色彩 検定 合格 率

Contents A・F・T色彩検定1級の試験情報はこの通り A・F・T色彩検定は、他の色にまつわる検定と比べて、ファッションやインテリアの要素が大きい試験範囲となります。 とはいえ、PCCSやXYZなどの表色系システムも勉強しそれぞれの数値やどんなものなのかなども試験範囲となります。 また、代表的な日本の色名や調和の名前などと行ったところも範囲になります。 他の色彩にまつわる検定試験や、資格取得後にどんな活動をしているかをまとめた記事もありますのでこちらからお読みください。 試験開催日や合格率は? 試験は1年に1回、 1次試験が11月、 2次試験が12月に行われます。 1次試験はマークシート方式 一部記述式もあり で90分間、2次試験は一部実技がある記述方式で90分間となっています。 2020年度の予定は以下の通りとなっています。 申込期間 8月3日 月 ~10月1日 木 インターネットでの申込延長期間 10月2日 火 ~10月8日 木 試験日 【1次試験】11月10日 日 【2次試験】12月15日 日 検定料:15,000円 もし1次試験に合格し2試験が不合格となった場合は、2年分まで1次試験が免除できますが、検定料は同じ料金となります。 また、詳しい試験内容は以下の通りです。 色彩と文化、色彩調和論、色の知覚、ファッションビジネス、プロダクトデザイン、インテリアカラーコディネーション、環境色彩、ユニバーサルデザインなど。 2級と3級の内容に加え、以上のような事柄を十分に理解し、技能を持っている。 引用: 【色彩検定1級】1次試験の勉強はシンプルに! 1次試験はほとんどがマークシート方式になるので問題集を解くことも重要ですが、まずはテキストで覚えこみですね。 おすすめのテキストは公式テキストです。 他の出版社のテキストは書店で買うこともできますが、ほとんどが2級、3級のものが多いですね。 併願受験もできますのが、初めて受験する方は2級のテキストと合わせて勉強することもおススメです。 こちらが2級テキストです。 2級テキストは公式のものでもOKですが、書店で売られているものでも対応できます。 問題集についても1次試験は公式のものがおススメですね。 次試験はテキストを3回読むこと! 1次試験の勉強として私が行った勉強方法は、テキストを3回繰り返して読むことです。 1週目はざっと読むこと。 2週目は緑マーカー&赤シートで必要事項をチェックしながら読む。 3週目は赤シートで隠しながら、用語を覚えていく。 このように勉強していきました。 この勉強方法、法律関係などもっと覚えることが多くなる資格試験なら通用しませんが、色彩検定1級のテキスト量ならこの方法で充分でした。 テキストはA4サイズより大きめなので、通勤中や通学中に勉強するならカバンに入れづらいところもありますが、その代わりそんなに厚さはありません。 緑マーカー&赤シートは最近ではセットで売られているので、どのタイプが消えるのかなどわざわざ探す必要もなくなります。 こちらの暗記マーカーセットはテキストに書いている用語にマーカーするだけでなく、ピンクマーカーで書いた文字を消したり、覚えた部分のマーカーを消すペンもセットになっています。 問題集は繰り返し解く 他の資格試験でもそうですが、あとは過去問題集を繰り返し解きますね。 マークシート方式にありがちなんですが、繰り返し問題を解くと、選択肢の記号を覚えてしまって勉強した気になってしまうということも起こります。 そういう時は問題を解く順番を変えてみたり、間違いやすい問題、クリアした問題をチェックしていくという方法が取れます。 すぐに問題集に取り掛かる勉強方法は? インプットとアウトプットの繰り返しで覚えていくという勉強方法もありますよね。 インプット、アウトプットに関する記事はこちらから アウトプットを意識した勉強方法と言うと、 テキストを一通り読む前にその学習した箇所の問題を解き記憶の定着をはかる方法なんですが、そこまでしなくてもテキストを完璧にしてからでも問題集に取り掛かるのは遅くないと感じました。 私は2級試験に合格してから1年後に1級試験に挑戦したのですが、これくらいのブランクがあっても、上記の勉強量で足りましたね。 2級・3級は年に2回試験がありますし、併願もできます。 全くの初心者なら講座を受けることも確実な方法ですよね。 勉強しながら、常に新しい試験対策の情報が得られるので安心です。 2級・3級おすすめの対策講座はこちらです。 月額料金で他の資格講座も受けることができるので、将来のビジョンを立てやすいところが特徴です。 【色彩検定1級】2次試験に合格するためのポイントは? 無事一次試験に合格し、いざ2次試験の勉強を始めようとするなら、 1次試験の勉強方法では通用しません。 また2次試験用の公式テキストは販売されていないので、こちらのテキストを使うと勉強方法が分かると思います。 また、2次試験はカラーカードが必須となっていきます。 出された問題に従った配色を考え貼っていく試験となりますからね。 試験には一人1個下記のような配色カードが渡されます。 「199a」は一番小さいタイプになるので、配色の勉強用には一回り大きい「199b」タイプのほうがつかいやすいです。 さらに大きいB6サイズの配色カード「199c」もあるのですが、こちらはビスで止まっていないのでバラバラになりやすく使いづらいので、上記のサイズがちょうどよいです。 もちろん、試験にははさみ、のりも必要となっていきます。 最低限覚えておきたいPCCSの色相、明度、彩度番号 PCCSの色相、明度、彩度の番号は覚えておかないと、配色カードを貼ることができないのでかなり重要箇所です。 私の場合は下の色相環、トーンの配置を番号で書けるように覚えておき、 試験が始まったらすぐに問題用紙に書いておくという対策を取りました。 引用: 上記の図をそのまま番号だけで先に書いておくと、頭の中から整理して引き出さなくても間違いが少なくなりますよね。 こちらの覚え方を表にして覚える方法も見つけましたので紹介します。 配色用語を整理しておく 上記の番号を覚えたら、次は各種配色用語の意味を確認しておきます。 色相 明度 彩度 同一 0 0 0 隣接 1 0. 5 1 類似 2-3 1-2 2-3 中差 4-7 2. 5-3. 5 4-6 対照 8-10 4以上 7-9 補色 11-12 上記の数値は差を表しています。 各トーンのイメージを整理しておく ビビット、ブライト、ストロングなどの各トーンのイメージを整理しておきましょう。 重要配色の用語、規定を整理しておく 各配色の色相、明度、彩度にどういった特徴があるのかを覚えておきましょう。 重要配色の一覧• ドミナントカラー• ドミナントトーン• トーンオントーン• トーンイントーン• トーナル• カマイユ• フォカマイユ• ビコロール• トリコロール• ダイアード• スプリットコンプリメンタリー• トライアド• テトラード• ペンタード• ヘクサード 最新の2次試験の解答速報が発表されていますが、回答を見るだけでも少しは問題量が把握できると思いますが、制限時間90分以内に配色カードを切り貼りする作業となるので、 1度は通して過去問題を解くことをおすすめします。 【色彩検定1級】試験勉強の時間は? ここはスミマセンがはっきりと覚えていません… 当時は学生での受験でしたので、電車での移動時間にテキストを読んだり、自宅での学習は1~2時間程度だったと思います。 期間としては、1次、2次合わせて3か月程度でした。 まとめ 以上私の合格体験記でした。 最初のほうに合格後の資格証を紹介しましたが、最近ではデザインがかなり変わっているようですね。 合格すると上記の資格証のほか、 大きめの認定証も送られます。 ざっと対策方法を紹介しましたが、私の体験を参考にして自分なりの勉強方法を見つけてくださいね。

次の

色彩検定試験の難易度・合格率・試験日など

色彩 検定 合格 率

2020年からカラーコーディネーター検定はリニューアルされました。 ファッションやアパレル、美容師やヘアメイクなどの美容系、インテリアやグラフィックなどのデザイナーや広告系全般の仕事を目指す方向け資格の中でとてもややこしいのが、 色彩検定と カラーコーディネーター検定です。 どちらも実践的な色彩の知識を学ぶことができる資格ですが、どちらの検定を受ければいいのか迷っている方もたくさんいると思います。 僕は、色彩検定とカラーコーディネーター検定、それぞれ1級を取得しました。 今回は、色彩検定とカラーコーディネーター検定の違いと、両方の資格の取得を考えている方への効率的な受験の方法について書きたいと思います。 ぜひ参考にしてください。 2020年版は カラーコーディネーター検定は年齢層が高く、社会人向けの資格といった印象じゃ! 受験したときの印象では、色彩検定は10〜20代が圧倒的に多く、カラーコーディネーター検定は20〜30代後半が多いといった感じでした。 もともと、色彩検定はファッションカラーコーディネーター検定試験という名前だったことのもあり ファッション分野に強く、カラーコーディネーター検定は試験の内容から 工業分野に強いと言われています。 受験者の業種のグラフを見ても、色彩検定はアパレルなどのファッション系・美容師やヘアメイクなどの美容系を目指す専門学校生などの学生が、カラーコーディネーター検定はメーカーや建築系・プロダクトデザインや広告系の専門的な分野に就職を希望する大学生が多く受験しているのがわかります。 色彩検定 カラーコーディネーター検定 主催団体 色彩検定協会 東京商工会議所 受験資格 制限なし。 何級からでも受検可能 制限なし。 何級からでも受検可能 スケジュール 3級 夏期(6月) 冬期(11月) 3級 6月 12月 2級 夏期(6月) 冬期(11月) 2級 6月 12月 1級 冬期 1次試験(11月) 2次試験(12月) 1級 12月のみ 併願可能 併願可能 受験時間 3級 70分 3級 120分 2級 80分 2級 120分 1級 1次試験:90分 2次試験:90分 1級 150分 試験方式 3級 マークシート方式 3級 マークシート方式 2級 マークシート方式+記述式 2級 マークシート方式 1級 1次試験マークシート方式+記述式 2次試験:記述方式(一部実技) 1級 3分野から1分野選択 マークシート方式+論述問題 合格ライン 各級満点の70%前後。 問題の難易度により多少変動 100点満点。 色彩検定1級、カラーコーディネーター検定の1級の試験は、 年に一度しか実施されません。 これは、受験のスケジュールを組む上でとても重要になってきます。 検定の難易度を下げる方法の一つして、 前の級と併願して一気に取得する方法と、 実施回を続けて取得する方法があります。 両方とも、前級の内容がベースになっていたり、内容が重複している場合にとても有効な受験方法です。 集中して一点突破できます。 同日に2つの級を受験する併願の場合は気にすることはありませんが、実施回を続けて受験する場合は1級と2級の受験のタイミングに気を付けて下さい。 2級を受験する場合、 色彩検定は夏期(6月)、 「 カラーコーディネーター検定」は6月に受験するのがいいでしょう。 上級を目指す場合、 色彩検定2級は、 夏期(6月)に受験する カラーコーディネーター検定2級は、 6月に受験する 色彩検定1級2次試験の受験資格 色彩検定1級は、1次試験と2次試験の2つに分かれています。 2次試験の受験資格は、 1次試験合格者と 1免システム適用者のみです。 色彩検定1免システム 色彩検定1級1次試験に合格し、2次試験に不合格になった場合、または2次試験を欠席した場合は、 その後2年間に限り1次試験が免除になり、2次試験の結果のみで合否が決定されます。 出典 検定料 検定料は、カラーコーディネーター検定より色彩検定の方が高くなっています。 公式テキストは、カラーコーディネーター検定の方が色彩検定より高いです。 色彩検定 カラーコーディネーター検定 3級 光と色 色の分類と三属性 色彩心理 色彩調和 色彩効果 ファッション インテリアなど 以上のような色彩に関する 基本的な事柄を理解している 1. 色の性質 2. 色と心理 3. 色を表し、伝える方法 4. 配色と色彩調和 5. 光から生まれる色 6. 色が見える仕組み 7. 色の測定 8. 混色と色再現 9. 色と文化 2級 照明 色名 表色系 配色技能 配色イメージ ビジュアルデザイン ファッション プロダクト インテリア エクステリアなど 3級の内容に加え、 以上のような基本的な事柄を理解し、 技能を持っている 1. コーディネーションの意義 ・カラーコーディネーションの際に考慮すべき基礎事項 2. 色彩の歴史的展望と現状 ・近現代のデザインとカラーの歴史 ・色彩の文化史 ・自然界と身近な色彩的特徴 3. 生活者の視点からの色彩 ・色の見えに影響を与える要因 ・色の見え方の多様性とカラーユニバーサルデザイン ・照明の特性の測定 ・色彩と照明 ・色彩の法的規制 4. 生産者の視点からの色彩 ・色材の基礎 ・色の測定と表示 ・色の差の測定と表示 ・流行現象の理論と色彩の流行 ・色彩の品質管理 5. ファッションカラ-の定義と重要性 2. 身体色の特徴 3. ファッションと色彩文化 4. ファッションカラ-の品質管理 6. ファッションカラ-の調査と手法 7. 流行色の意義と変遷 8. ファッションビジネスのカラ-コ-ディネ-タ-の役割 9. ファッションビジネスにおける色彩計画の実際 10. 化粧品メ-カ-のマ-チャンダイジングと色彩計画 11. 衣服と化粧のカラ-コ-ディネ-ト 12. ファッションカラ-の色彩調和 第2分野「商品色彩」 1. 経営と色彩 2. 経営に色彩を活かすための諸デ-タの整備 3. 商品の色彩計画のための理論と実践 4. 色彩の材料および技術の開発動向 商品・インテリアの色彩計画 第3分野「環境色彩」 1. 環境色彩とカラ-コ-ディネ-ション 2. カラ-コ-ディネ-ションの方法とそのプロセス 3. 建築計画 4. 環境計画 5. カラ-コ-ディネ-ションのための材料知識 6. 環境色彩の基礎知識 色彩検定よりカラーコーディネーター検定の方が範囲が広く、内容も深くなっています。 テキストの内容は、 色彩検定1級よりカラーコーディネーター検定3級の方が難しいです。 購入前に一度、本屋などで確認してみてください。 合格率は、色彩検定よりカラーコーディネーターの方が低いぞ! 合格率はどの級も、色彩検定の方がカラーコーディネーター検定よりも高くなっています。 注目して欲しいのは、 受験者の数です。 受験者数は、カラーコーディネーター検定よりも色彩検定の方が圧倒的に多いです。 おそらく学校や専門学校などが生徒のまとめて受験申請をしているからだと思いますが、色彩検定は年齢層も広く、大変人気があります。 合格率が高めなことと、一般的な色の知識を浅く広く学ぶことができることがその理由だと思います。 色彩検定の合格ラインは、 満点の70%前後で難易度により合格者数が調整されます。 カラーコーディネーター検定の合格ラインは、 100点満点で各級70点以上です。 カラーコーディネーター検定1級(論述問題)について 一番の難しいのは、「カラーコーディネーター検定1級」です。 「カラーコーディネーター検定1級」にはマークシート選択問題に加え、 3 分野共通の200字論述問題と、 分野固有の500字論述問題があります。 マークシート選択問題の配点は 65点です。 たとえ選択問題で満点が取れたとしても、論述問題で何も書けないと合格点には届かないようになっています。 200字論述問題の配点は 10点です。 選択問題に自信がない方は、200字論述問題を満点取れたとしても合格点には届かないので、500字論述問題にも着手しなければいけません。 カラーコーディネーター検定1級には今までのテキストでの勉強に加え、 論述対策が必須になってきます。 どちらを選ぶ? 色彩検定とカラーコーディネーター検定の違いについて説明してきました。 どちらも受験者の年齢層や業種は幅広く、アパレル、ファッション、インテリア、グラフィックなどのデザイナーから、製造や建築業といった業種、販売、企画、事務などの職種までと幅広い職種で受け入れられています。 これはあらゆるモノに色がある証拠で、それらに関わるすべての人が試験の対象となっているからだと思います。 色彩検定とカラーコーディネーター検定のどちらを選ぶかは、どこまで上級を目指すのかによって変わってきます。 どちらでもいいので、3級を取得したいのなら、 色彩検定3級を取得しましょう。 比較的短時間で取得でき、一般的な色の知識を身に付けることができます。 色彩検定とカラーコーディネーター検定の両方を取得したい、できるだけ上級を目指したいという方は、 カラーコーディネーター検定3級の勉強から始めることをおすすめします。 カラーコーディネーター検定3級の知識があれば、色彩検定3級と色彩検定2級は容易に取得できます。 カラーコーディネーター検定3級・色彩検定2・3級は、 7割ほど内容が重複しています。 カラーコーディネーター検定3級 色彩検定3級・色彩検定2級の順だと易しく感じ、色彩検定3級・色彩検定2級 カラーコーディネーター検定3級の順だと難しく感じます。 カラーコーディネーター検定3級 色彩検定3級・色彩検定2級の順番で受験するのが一番効率的で、スムーズに連続取得を目指せます。

次の