ドコモからワイモバイル データ移行。 ワイモバイルへの電話帳移行の方法/他社からののりかえでも機種変更でも安心!

docomo(ドコモ)からY!mobile(ワイモバイル)へ乗り換える注意点

ドコモからワイモバイル データ移行

ドコモの古いスマホから、新しく購入したスマホに機種変更する際、引き継ぎのために「データ移行」すると思います。 データ移行はショップでもできますが、オンラインショップで買った端末などはどのようにデータを移行したらいいのでしょうか? 自分で行うには「上手く移行できないかもしれない」「やり方が難しそう」など不安に感じて、億劫になっている方も多いでしょう。 実はDOCOPYというサービスや、Android OS標準のバックアップ機能などを駆使すれば、誰でも 簡単にデータ移行ができます。 この記事では、 ドコモの端末で可能なデータ移行の代表的な方法を紹介します。 機種変更を考えている方は、ぜひ参考にしてください。 今ならギガホ・ギガライト契約で Amazonプライム1年分ついてくる! 代表的なデータ移行方法 ・ドコモショップに常設されている「DOCOPY(ドコピー)」 ・Android OS標準のバックアップ機能 ・バックアップアプリを使ったデータ移行 ・iTunesを使ったデータ移行 移行させたいデータや端末によって、移行方法は変わります。 例えばDOCOPYなら、電話帳や写真、ムービーなどが移行可能。 Androidを使っているなら、Android OS標準のバックアップ機能が使え、iPhoneならiTunesを使ったデータ移行も選択できます。 それぞれ特徴や移行可能データが違うので、次の項目で詳しく解説しましょう。 DOCOPY(ドコピー) DOCOPYについて DOCOPY(ドコピー)とは、ドコモショップに設置されている専用機器で、 端末間のデータ移行やCD・DVDへのバックアップができるサービスです。 専用機器に古い端末と新しい端末を接続し、あとは画面の案内に沿ってデータを移行させるだけでOK。 こんな人におすすめ! ・AndroidからAndroidにデータ移行する人 ・Googleアカウントを持っている人 バックアップアプリを使ったデータ移行 バックアップアプリを使ったデータ移行 バックアップアプリを使ったデータ移行も可能です。 ドコモなら 「ドコモデータコピーアプリ」がおすすめ。 端末同士のダイレクト接続なので、データ移行を一括、スピーディー、大容量で行えるのが特徴です。 データ移行以外にも、SDカードのバックアップ・復元ができるので、もしもに備えて大事なデータをバックアップしておくこともできます。 使い方は 古い端末に、ドコモデータコピーアプリを導入して利用開始。 端末同士を接続するQRコードを新しい端末で読み取って、移行させたいデータを選択すれば完了です。 OSの種類、バージョンによっては使えなくなるケースもあります。 アプリによって引き継ぎ準備や対応OSは違うので、事前に確認して備えておきましょう。 おサイフケータイなどのスマホ決済サービス スマホ決済サービスにも注意! おサイフケータイやスマホ決済サービスの扱いにも要注意です。 機種変更後に再ログインすれば大丈夫なものもあれば、 移行前に準備が必要なケースも存在します。 中には移行に伴い使い切らなければいけない、というパターンも。 せっかく機種変更したのに、旧端末にお金が残ったままという状況は避けましょう。 サービスごとで移行の仕方が違うので、こちらも事前に確認しましょう。 データ移行方法の選ぶポイント ・ガラケーからスマホに乗り換えるなら「DOCOPY」 ・Androidのデータ移行なら「Android OSのバックアップ機能」 ・大容量のデータ移行を行うなら「ドコモデータコピーアプリ」 ・iPhoneからiPhoneにデータ移行するなら「iTunes」 機種変更するなら、データ移行も合わせてスムーズに行いましょう。 端末やOS、移行したいデータの種類によって方法は変わります。 また、移行前の注意点なども忘れずに、大切なデータはきちんと新しい端末に引継ぎましょう。 どのデータ移行の方法で行うかはポイントを参考に選んでみてください。 今ならギガホ・ギガライト契約で Amazonプライム1年分ついてくる! ドコモスマホを購入する賢い方法 スマホを買うのに、どこに行きますか? 多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。 家電量販店で買う人も多いですね。 でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか? いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう? 一番多い答えが、ショップスタッフと「 相談ができないから」という理由です。 スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。 そこでおススメなのが、 LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス! やり方は簡単。 下のボタンかQR コードから「 LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談 料金は無料。 サービスの流れ.

次の

ドコモからYモバイルにMNP乗り換え!手順に事前に確認すべきことまとめ。

ドコモからワイモバイル データ移行

ワイ吉 ドコモからYモバイルへの乗り換えを検討している方。 ドコモの料金って高いですよね…。 しかも、いくら使っても一向に安くならず 「なんで毎月のスマホ代ってこんなに高いの」と不満を抱えている方も多いでしょう。 私もかつてドコモを使っていた時は、毎月の料金に本当に頭を抱えていました。 毎月1万円、年間12万円はバカになりませんから。 そんな時に気になるのが格安SIM。 中でもYモバイルはソフトバンクのサブブランドということもあって、格安SIM初心者の方安心して契約できますよね。 とはいえ、 スマホの乗り換えを一人で進めるのはなんだか難しそうじゃないですか?特に今までドコモで店員さんに全ての手続きをやってもらっていた方にとってはハードルが高いですよね。 ということで、この記事はそんな乗り換え初心者の方のために書きました! ドコモからYモバイルへ乗り換える方法や、注意点をとにかく丁寧に1つ1つ解説しますから、安心してついて来てくださいね。 実は、ドコモからYモバイルへは 4つのステップを順番に進めるだけで簡単に乗り換えらるんですよ。 ワイ吉 どこで申し込んでも基本的に手数料などは変わらないので、心配な場合は電話やドコモショップで対応してもらいましょう。 確実に条件に当てはまっていない場合は、ドコモオンライン手続きでの発行が手軽です。 契約名義人もチェック! Yモバイルで契約名義人になる方と現在ドコモの契約名義人の方は同一人物でなければなりません。 例えば、奥様が使っている回線の名義人が旦那様の場合、そのまま旦那様の名義で乗り換える必要があるということです。 乗り換えのタイミングで旦那様名義から奥様名義に変更することはできません。 名義を変更したい場合は、 事前にドコモで名義変更を行うか、乗り換え後にYモバイルで名義変更を行う必要があります。 設定アプリを開く• メニューボタンより「新しいAPN」を選択して、必要項目を入力・保存する• APN一覧でYモバイルのAPNを適用する 設定の必要項目は、以下の表にまとめたとおりです。 YモバイルのAPN設定項目 名前 Y! mobile APN APN plus. acs. plusacs. jp MMSポート 8080 APNタイプ default,mms,supl,hipri あら、ちゃんと確認しなきゃ。 jp」は、Yモバイルに乗り換えると消えてしまいます。 しかし代わりに、Yモバイルで新しく「 yahoo. jp」や「 ymobile. jp」のメールアドレスがもらえます。 メールアドレスが変わったら、知人にアドレスの変更を教えるのを忘れないように気をつけてください。 なお、 Apple IDやAmazonなどの会員サイトでドコモのメールアドレスを使っている方は、全て変更しなければサービスを継続で使えなくなってしまうことにご注意ください。 あら、130円ならリーズナブルだわ。 パソコンをでバックアップをとった場合は、バックアップ作成後、新しいiPhoneをパソコンに接続して、復元させれば手続きは全て完了です。 AndroidからiPhoneへは、「Move to iOS」でデータ移行 AndroidからiPhoneに乗り換える場合は、GooglePlayストアで「Move to iOS」というアプリをインストールしましょう。 アプリを起動して画面の指示に従えば、かんたんにデータを移行できます。 AndroidからiPhoneへは、Googleアカウントやクラウドストレージでデータを移せる AndroidからiPhoneへのデータ移行手順は、以下のとおりです。 Yモバイルへの乗り換え後に使うスマホを選ぶ• ドコモでMNP予約番号を取得する• ウェブか店舗でYモバイルを申し込む• 初期設定をして、利用開始 1つ1つ注意点と共に解説してきたため、記事も長くなってしまった部分がありますが…乗り換え自体は上記の 4ステップで完了するんです。 特に難しいところもなく、1つ1つ丁寧に行えば誰でもカンタンにできます。 流れがある程度わかったところで、本番もこの記事通りに進めれば失敗することはありません。 なお「まだ不安なところがある」「よくわからない部分がある」という場合は、私でよければ出来るだけ力になりますので、下のコメント欄でもツイッターでもメールでもお気軽に連絡ください! これであなたの乗り換えがスムーズにいきますように…。

次の

ワイモバイルオンラインで機種変更する流れをわかりやすく画像付き解説

ドコモからワイモバイル データ移行

iPhoneはApple社製品となりますので、パソコン用でApple提供のiTunesと言うアプリケーションで同期(データの書き換え)が可能でございます。 まずはお手持ちのパソコンにiTunesをインストールします。 (mac系は標準装備)• USBケーブルを用いて、iPhoneとパソコンを接続。 iTunesに表示されるiPhoneマークをクリックし、「バックアップ」を選択。 バックアップが完了したら、新しいiPhoneを接続。 新しいiPhoneにバックアップデータを適用させる(同期する)。 iCloudとは、現在のiPhone利用時に作成しているApple IDで利用できる、ネット上にデータを保存できるサービスです。 この方法を利用する場合は、以下の手順での設定が必要になります。 iPhoneの設定アプリから一番上のアカウントを選択。 次のページに表示される項目からiCloudを選択。 実際に引き継ぎしたいデータを選択。 あとは、その設定状態のままWi-Fi環境のある場所で接続すれば、自動的にバックアップが開始されます。 ここでの注意点は、iPhoneではSDカードが使えない、AndroidではiCloudやiTunesが使えないと言うそれぞれの移行ツールが互いに通用しないと言う点にあります。 メールの内容や連絡先はMove to iOSで! Android内にある連絡先や重要なメールの内容、保存した写真をiPhoneへ移動させる方法についてのご紹介です。 これにはAppleからサービス提供されているMove to iOSと言う機能を利用します。 STEP1:AndroidにMove to iOSをインストール まずはGoogle Playから「Move to iOS」を検索し、アプリをインストールします。 インストールが完了しましたら、そのままアプリを起動させます。 そしてアプリを進めると、規約への同意などを求められますので問題ないかチェック後に同意、「コードを検索」と言う画面で「次へ」を選択します。 ここまで完了すれば、次はiPhoneでの作業に移ります。 STEP2:Apple初期設定でデータを引き継ぐ 続いてはiPhone側での操作となります。 iPhoneでも初回起動時に初期設定が必要になりますので、ひとまず進めていきましょう! そしてこの画面まで進めたら「Androidからデータを移行」を選択しましょう。 そこから更に進めると、iPhone側で10桁のコードが発行されます。 STEP3:コードをAndroidで入力 ここで、再度Androidへの入力へ移り、iPhoneで発行された10桁のコードを入力します。 すると、この様にデータ移行中を示す表示が出ますので、しばらく待ちましょう! そして完了画面が表示されれば完成です! 完了すれば、念のためiPhoneを操作してしっかりとデータが移行できているかの確認を行い、終了です。

次の