モバオク 検索。 ハンカチのモバオクの相場・価格を見る|モバオクのハンカチのオークション売買情報は59件が掲載されています

ハンカチのモバオクの相場・価格を見る|モバオクのハンカチのオークション売買情報は59件が掲載されています

モバオク 検索

モバオク有料会員から解約する方法 モバオクの有料会員から解約するには、それより先に「利用休止」をする必要があります。 利用休止をした時点で無料会員扱いとなりますので、料金などは発生しません。 今後モバオクを利用する予定がないのであれば、利用休止のあとに「退会申請」という手続きに進みます。 退会方法を教えてください 退会は[マイページ]内の[退会申請]から行なえます。 有料登録をしている場合、先に利用休止を行なってください。 下記のような状態では利用休止をすることは出来ません。 退会できないと表示がでます 以下の場合は、退会できませんのでご注意ください。 ・入札中や出品中のアイテムがある ・落札後手続きを行なっていない取引がある ・未払いの落札システム利用料がある ・モバペイ取引の入金が完了していない モバオクの利用休止の方法 上記の公式ヘルプを確認してわかる通り、退会するためには、それよりも先に「利用休止」をする必要があります。 休止の場合には有料会員としてのデータは残るため「利用再開」した場合には以前の取引実績を引き継ぐことが可能です。 上記手順より利用休止をすることができます。 料金未納の場合にも無料会員となります 利用停止をしたつもりがないのに、有料会員登録が必要ですと表示される場合には、利用休止状態(無料会員)となっている可能性が高いと言えます。 この状態では当然ですが、出品・落札などはできません。 利用休止していないのに有料登録が必要と表示されます 【各携帯電話会社の決済サービスをご利用のお客様】 携帯電話の契約内容の変更や料金のお支払い状況などの理由により、決済サービス auかんたん決済、ドコモ ケータイ払い、ソフトバンクまとめて支払い が利用できなくなることがあります。 利用休止の際の請求額について モバオクは利用登録日から1カ月ごとに月額請求となります。 日割りでの請求や返金はありません。 利用期間途中で利用休止した場合、日割返金されますか 月額利用料 324円[税込] の日割り計算はしておりません。 利用期間途中で利用休止された場合でも、日割りでの返金はできませんのでご了承ください。 スマートフォンにて「ログイン」>「既に携帯版モバオクを利用していた方」へ 2. 入力フォームにそって、引き継ぎ。 ケータイから、パスワード設定 2. スマートフォンから「ログイン」 (メールアドレスと設定したパスワードを入力) 機種変更の際には事前に無料会員に変更をお願いします。 という記載がありますが、無料会員とは[利用休止]の事を指します。 利用停止手順は[]をご確認ください。 登録情報引継ぎ PC版モバオクでは、携帯版モバオクでご利用の情報を引継ぎすることができます。 これまでご利用されていた「ニックネーム」「登録情報」「取引情報」をそのままご利用いただけます! 引継ぎ時に登録が必要な情報 ・メールアドレスとパスワード ・クレジットカード(月額使用料のお支払いに必要です。 引き継ぎ手続きの最後にご登録いただきます。 ) モバオクで登録情報引継ぎが出来ない場合の一つの要因 Q. 機種変更しても今までの登録情報を引き継げますか 機種変更後も、モバオクの登録を引き続きご利用いただけます。 ・利用休止をせず機種変更をしたときには、機種変更後1~2日程度 土日祝日を除く お待ちいただくと自動的に有料登録が解除されます。 時間をあけてから、登録情報を引き継いでください。 ・利用休止をすると、その時点で残りのご利用期間は全て無効になります。 ・登録情報の引継ぎには、登録メールアドレス、生年月日、暗証番号の入力が必要です。 ・暗証番号の入力を同日内に3回誤ると、最後の手続きから24時間を経過しないと引継ぎできません。 機種変更の際には「利用休止」をしてから、機種変更をするのが正しい方法となります。 利用休止をしないで機種変更した場合には自動的に有料会員が解除され「無料会員」状態となるので、データの更新などが反映された数日後に会員情報の引き継ぎができるようになるようです。 ちなみにモバオクはdocomoのマイメニューから解約が出来ないので公式サイトから解約を行ないます。 携帯ショップで有料登録しましたが、利用方法がわかりません 【利用休止をご希望の場合】 1. スマートフォンから、スマートフォン版トップページにアクセス 2. ページ最下部の[利用休止]をタップ 3. ご利用の携帯電話会社を選択 4. その後「spモードパスワードを入力して「決定」をタップする」すると完了です。

次の

モバオクとは|モバオクを解説

モバオク 検索

モバオク オークション企画部 生田目部長 フィーチャーフォンからスマートフォンに変わったタイミングで、変わったことはありましたか? 生田目氏:フィーチャーフォンの時代はカメラの画素数が低く、写真以外に説明を細かく記述することで、魅力を伝えていましたが、スマートフォンに変わってからは、商品画像で買うかを判断する傾向が強くなってきました。 それに、画面が大きく、表現できる幅がとても大きくなったので、UIやファーストインプレッションを重要視するようになりましたね。 このあたりは、少し変えるだけでクリック率などが大きく変わってくる部分です。 それに、ネイティブアプリを強化するような動きにもなりました。 オークションサイトにおける検索は「肝」 「UI」と同時に、今回「検索」に注目されたのは何故なのでしょうか 生田目氏:検索はオークションにとって、ある意味「肝」です。 商品を探す人は、ほとんど検索を使いますから。 「肝」ですね。 一方で、オークションサイトの検索は、他のサイトと比較して、異なる特徴がいくつかあります。 ひとつは、新しい商品が売れれば良いというわけではなく、「古い商品」も見せなければならないということ。 これは、古い商品でも売れなければずっと残っているので、「今回は売れなかった商品」もしっかり検索に表示してあげなければならないということです。 そしてもうひとつの特徴は、利用者がオークション終了間際の商品に注目している傾向があるということ。 オークションサイトの検索は一般の検索よりは複合的で、複雑な利用者のニーズに応えていく必要があります。 検索における課題が、明確にあったのでしょうか? 生田目氏:もちろん、goo Search Solutionを導入する前から検索機能は提供していましたが、単純なテキストを検索するだけのものでした。 でも「モバオク!」では商品点数が多いこともあり、なかなか利用者がほしい商品に辿りつけていなかったんです。 それに、レスポンススピードも大きな課題でした。 レスポンスが遅いと、それだけ利用者が滞留して、待ちの状態を作ってしまいますから。 レスポンススピードは、社内に基準があり、その数値を満たせるかもカギでした。 「0件ヒットをなくす」ことが CTRにもSEOにも好影響をもたらす サービス導入にあたり他社との比較検討をされたと思いますが、最終的な決定要因を教えてください 生田目氏:比較検討にあたって注目したのは「表記ゆれ」や「関連語の紐づけ」を、どういったワードで抽出していくか、形態素解析でどういったワードを抽出するのか、でした。 こういった機能は、他社でも提供しているものだと思います。 でも、あえてNTTレゾナントを選んだのは、NTT、ポータルサイト「goo」というバックヤードがあり、その情報量とこれまでの知見、実績が圧倒的だったことです。 この点は、社内のエンジニアからお墨付きをもらっていました。 先ほども検索はオークションサイトにとって「肝」と話しましたが、その通りで、とても重要な機能であり、それを預けるのですから、真剣に、前のめりにやってくれる会社さんとお付き合いしたかったというのもあります。 打ち合せなどやり取りを進めさせて頂く中で、そのような姿勢が見れらた、というのも決定要因のひとつでもあります。 また、メッセージとして「0件ヒットをなくす」は、フックになりましたね。 0件ヒットを無くすことは、オーガニック検索からの流入増にも繋がります。 私たちは月額費をいただいているサービスですから、多くの人に、まずサイトに訪れてもらうことが重要なんです。 検索結果が良くなると良い影響をもたらすことが期待できると考えていました。 実際に導入して、SEO効果もあったと伺いました。 具体的な効果について、お聞かせください 生田目氏:導入後、2か月ほどABテストを行いました。 まず「0件ヒットをなくす」については明らかな改善が見られました。 利用者の滞在時間も長くなりましたね。 次に、利用者の求めている商品が検索結果上位に出せているか。 つまり検索結果の品質もチェックしました。 具体的には、検索をした後にアイテムを見たかどうか、その1人あたりの遷移を指標にしていました。 ABテストの結果、ほぼ全日に渡り改善されており、日によっては10%以上の変化が見られました。 SEO効果の点では、リリースをしてから、オーガニックの流入が月当たり約数万件も増えたんです。 これは、非常に大きな効果だったと言えます。 ABテストで定量的な結果にも表れましたし、定性的にも社内のメンバーで確認して、100%「goo Search Solution」に切り替えて問題ない、という話に至りました。 定性的な確認では、どの点に着目されたのでしょうか。 生田目氏:ランダム性が増えましたね。 これまでは、検索結果が一定の出品者に寄ったり、ID順になることがありました。 それが上手いことバラつきが出るようになりました。 バラつくことで、他にも何かありそうだという期待をもって見てもらえるのではと考えます。 「モバオク!」の今後考えている展望がありましたらお聞かせください 生田目氏:現状の「モバオク!」のカテゴリはかなり深くて複雑です。 商品数が少ないカテゴリなどはあまり有効でないため、今後はそのカテゴリ構造自体を見直したいと考えています。 「goo Search Solution」が商品に対して自動で「タグ」を付与する「オートタギング」機能がありますので、そういったものも利用して効率的にカテゴリ編成を成し遂げたいです。 今後もユーザビリティをどんどん向上させるため、機能拡充をしていきたいと思っています。 ありがとうございました.

次の

できる100ワザ 儲かる!ヤフオク&モバオク (できる100ワザ ネットオークション (できるシリーズ)

モバオク 検索

モバオク オークション企画部 生田目部長 フィーチャーフォンからスマートフォンに変わったタイミングで、変わったことはありましたか? 生田目氏:フィーチャーフォンの時代はカメラの画素数が低く、写真以外に説明を細かく記述することで、魅力を伝えていましたが、スマートフォンに変わってからは、商品画像で買うかを判断する傾向が強くなってきました。 それに、画面が大きく、表現できる幅がとても大きくなったので、UIやファーストインプレッションを重要視するようになりましたね。 このあたりは、少し変えるだけでクリック率などが大きく変わってくる部分です。 それに、ネイティブアプリを強化するような動きにもなりました。 オークションサイトにおける検索は「肝」 「UI」と同時に、今回「検索」に注目されたのは何故なのでしょうか 生田目氏:検索はオークションにとって、ある意味「肝」です。 商品を探す人は、ほとんど検索を使いますから。 「肝」ですね。 一方で、オークションサイトの検索は、他のサイトと比較して、異なる特徴がいくつかあります。 ひとつは、新しい商品が売れれば良いというわけではなく、「古い商品」も見せなければならないということ。 これは、古い商品でも売れなければずっと残っているので、「今回は売れなかった商品」もしっかり検索に表示してあげなければならないということです。 そしてもうひとつの特徴は、利用者がオークション終了間際の商品に注目している傾向があるということ。 オークションサイトの検索は一般の検索よりは複合的で、複雑な利用者のニーズに応えていく必要があります。 検索における課題が、明確にあったのでしょうか? 生田目氏:もちろん、goo Search Solutionを導入する前から検索機能は提供していましたが、単純なテキストを検索するだけのものでした。 でも「モバオク!」では商品点数が多いこともあり、なかなか利用者がほしい商品に辿りつけていなかったんです。 それに、レスポンススピードも大きな課題でした。 レスポンスが遅いと、それだけ利用者が滞留して、待ちの状態を作ってしまいますから。 レスポンススピードは、社内に基準があり、その数値を満たせるかもカギでした。 「0件ヒットをなくす」ことが CTRにもSEOにも好影響をもたらす サービス導入にあたり他社との比較検討をされたと思いますが、最終的な決定要因を教えてください 生田目氏:比較検討にあたって注目したのは「表記ゆれ」や「関連語の紐づけ」を、どういったワードで抽出していくか、形態素解析でどういったワードを抽出するのか、でした。 こういった機能は、他社でも提供しているものだと思います。 でも、あえてNTTレゾナントを選んだのは、NTT、ポータルサイト「goo」というバックヤードがあり、その情報量とこれまでの知見、実績が圧倒的だったことです。 この点は、社内のエンジニアからお墨付きをもらっていました。 先ほども検索はオークションサイトにとって「肝」と話しましたが、その通りで、とても重要な機能であり、それを預けるのですから、真剣に、前のめりにやってくれる会社さんとお付き合いしたかったというのもあります。 打ち合せなどやり取りを進めさせて頂く中で、そのような姿勢が見れらた、というのも決定要因のひとつでもあります。 また、メッセージとして「0件ヒットをなくす」は、フックになりましたね。 0件ヒットを無くすことは、オーガニック検索からの流入増にも繋がります。 私たちは月額費をいただいているサービスですから、多くの人に、まずサイトに訪れてもらうことが重要なんです。 検索結果が良くなると良い影響をもたらすことが期待できると考えていました。 実際に導入して、SEO効果もあったと伺いました。 具体的な効果について、お聞かせください 生田目氏:導入後、2か月ほどABテストを行いました。 まず「0件ヒットをなくす」については明らかな改善が見られました。 利用者の滞在時間も長くなりましたね。 次に、利用者の求めている商品が検索結果上位に出せているか。 つまり検索結果の品質もチェックしました。 具体的には、検索をした後にアイテムを見たかどうか、その1人あたりの遷移を指標にしていました。 ABテストの結果、ほぼ全日に渡り改善されており、日によっては10%以上の変化が見られました。 SEO効果の点では、リリースをしてから、オーガニックの流入が月当たり約数万件も増えたんです。 これは、非常に大きな効果だったと言えます。 ABテストで定量的な結果にも表れましたし、定性的にも社内のメンバーで確認して、100%「goo Search Solution」に切り替えて問題ない、という話に至りました。 定性的な確認では、どの点に着目されたのでしょうか。 生田目氏:ランダム性が増えましたね。 これまでは、検索結果が一定の出品者に寄ったり、ID順になることがありました。 それが上手いことバラつきが出るようになりました。 バラつくことで、他にも何かありそうだという期待をもって見てもらえるのではと考えます。 「モバオク!」の今後考えている展望がありましたらお聞かせください 生田目氏:現状の「モバオク!」のカテゴリはかなり深くて複雑です。 商品数が少ないカテゴリなどはあまり有効でないため、今後はそのカテゴリ構造自体を見直したいと考えています。 「goo Search Solution」が商品に対して自動で「タグ」を付与する「オートタギング」機能がありますので、そういったものも利用して効率的にカテゴリ編成を成し遂げたいです。 今後もユーザビリティをどんどん向上させるため、機能拡充をしていきたいと思っています。 ありがとうございました.

次の