松島 幸太朗。 松島幸太朗の『家族』~ジンバブエ人の父親と日本人の母親を持つハーフ侍

松島幸太朗 (ラグビー選手)

松島 幸太朗

父・ロドリックさんは ジンバブエ人で、経済記事を書く新聞記者でした。 ロドリックさんは南アフリカを拠点として活動していたので、松島選手も南アフリカの首都プレトリアで生まれています。 父・ロドリックさんはサッカーが好きだったので、松島選手も幼少期はサッカーをやっていました。 そして、南アの学校で先生に「やってみないか?」と誘われたのがラグビー。 最初はタックルを受けて驚きますが、すぐにラグビーの魅力にのめり込み、松島選手の人生は大きく動き出したのでした。 年齢は、現在(2019年9月) 55歳になります。 名前から分かるとおり、母・多恵子さんは日本の人。 今から30年ほど前、非政府組織(NGO)の研究員として南アのアパルトヘイト(人種隔離)の問題に携わっていました。 母・多恵子さんは、両親に黙って単身で南アの黒人居住区に滞在していたそうなので、父・ロドリックさんとはこの頃出会ったのでしょう。 現在は社会福祉士として、様々なハンディキャップを抱える人々を支える活動を行っています。 47歳の若さでした。 当時、神奈川・桐蔭学園高校でラグビーに打ち込んでいた松島選手は、ショックで2日間ほど自室に閉じこもったといいます。 辛かったと思います。 あんなに落ち込んだ姿は、見たことがなかったので と語るのは、桐蔭学園の藤原監督。 ちょうど、高校日本代表の合宿がある時期で、藤原監督は辞退させることも考えましたが、 行かせてください と、申し出たのは母・多恵子さんでした。 父の思い出と母の信念を胸に、松島選手は海外遠征に参加したのでした。 それだけでなく母・多恵子さんからも、毎年きれいな字で手紙が送られていました。 校長先生は、 『こんな親御さんはいない』 と驚いていたそうです。 松島選手は、友達や先生に恵まれたため、 出自に関するイジメはほとんどありませんでした。 しかし、小学生のころに一度だけ、松島選手は ママの(肌の)色がいい と漏らしたことがあります。 2018年2月の松島選手の誕生日。 母・多恵子さんは、松島選手へ手紙を渡しました。 その美しい肌の色と、きらきらした目と、自由な心がいいね 松島選手は照れくさそうに手紙を読んで 「ありがとう」 と小さく笑いました。 僕は人生の転機で自分を導いてくれる人たちに出会えた。

次の

松島幸太朗の名言や年収やwiki経歴!彼女や奥さん(妻、嫁)はいる?【ラグビー日本代表】

松島 幸太朗

その後の日本へ帰国し、2013年からラグビートップリーグのサントリーサンゴリスへ入団。 現在も所属 スポンサーリンク 2014年に念願の日本代表デビュー。 app. goo. 予選リーグ全て出場を果たし、 南アフリカを歴史的大逆転劇を演じ、スポーツ史上最大の番狂わせと世界から絶賛された日本代表の中心として大活躍であった。 そして2019年日本で開催されるラグビーW杯にも選出され、 中心メンバーとして活躍が期待されている。 再び快速男は日本で大暴れの予感。 app. goo. 規格外のスピードを生かした最高のステップワーク。 驚異的なスピードと強靭な肉体を持ち、優れたパワーを持つ。

次の

松島幸太朗オフィシャルWEBサイト

松島 幸太朗

南アフリカ共和国出身。 身長 178cm、体重 88kg。 父親はジンバブエ人、母親が日本人。 血液型:A型、ラグビー選手。 6歳のとき、南アフリカでラグビーを開始。 中学2年のとき、ワセダクラブに加入して 本格的に日本で活動。 2014年 サントリーサンゴリアスに加入。 2015年 ワラターズに加入。 2015年 ラグビーワールドカップ2015の 日本代表に選出される。 2016年 レベルズに加入。 2016年 スーパーラグビーサンウルブズの 2017年スコッドに入る。 2019年 ワールドカップ日本代表。 松島 幸太朗・名言 中学1年の1年間を 南アフリカで過ごし、 その時の学校の先生に 誘われたのがラグビーを 始めたきっかけです。 家族は誰もラグビーを やってなかった。

次の