秋生まれ 男の子 名前。 秋生まれの男の子!古風でかっこいい名前はこれ!厳選157例

【最新版】春生まれ・夏生まれ・秋生まれ・冬生まれの季節別での男の子の名付け方!漢字やランキングは?

秋生まれ 男の子 名前

9月生まれの子は こんなコ(性格)になるかも?• 9月生まれの子につける 「キーワード」とは?• 男の子の名前!• 女の子の名前! 関連:アンケート投票によるリアルな声!• スポンサーリンク 9月生まれの子はこんな性格になるかも! 9月に生まれてくる子の特徴としては、 「計画性がある・平和主義・センスが良い」が挙げられます。 計画性がありかつ知的なので、「石橋を叩いて渡るタイプ」なので、無駄や失敗が少ないです。 一方で、時には「大雑把に推し進める面」も。 ただし仕事に対してはとことん真面目。 完璧主義なところがあります。 また、好き嫌いがはっきりしているタイプですが、「なるべく平和に仲良く」な 平和主義。 さいごに、「芸術の秋」と言われる9月生まれぴったりの「センスの良さ」も持ち合わせています。 時に個性的すぎるものや、一風変わったものも好みますが、これらの感覚を活かして「芸術の道」に進む方も少なくないです。 ヒントとなるワードとしては、• 長月 (9月の異名)• 青女月 (9月の異名)• 梢の秋 (9月の異名)• お月見 (十五夜に行われる宴)• 敬老の日 (第3月曜日)• 宇宙の日 (9月12日)• 世界の法の日 (9月13日)• 空の日 (9月20日)• 秋分の日 (9月23日頃)• 梨 (旬の果物)• 紫苑 (9月が最盛期の花) などが挙げられます。 長には「時間の幅が大きい」「大きくなる」「すぐれている」などの意味があることから、• 人一倍、長生きできるように• 長として周りをリードできるような人になってほしい などの願いを込めることができます!• 長武(おさむ)• 宋長(そうた)• 長嗣(たけつぐ)• 忠長(ただなが)• 長一(ちょういち)• 長一郎(ちょういちろう)• 長貴(ちょうき)• 長吾(ちょうご)• 長悟朗(ちょうごろう)• 長作(ちょうさく)• 長三郎(ちょうざぶろう)• 長士郎(ちょうしろう)• 長治(ちょうじ)• 長十郎(ちょうじゅうろう)• 長二朗(ちょうじろう)• 長亮(ちょうすけ)• 長誠(ちょうせい)• 長三(ちょうぞう)• 長太(ちょうた)• 長多郎(ちょうたろう)• 長之介(ちょうのすけ)• 長磨(ちょうま)• 長哉(ちょうや)• 哲長(てつなが)• 寿長(としたけ)• 利長(としなが)• 長通(なかみち)• 長秋(ながあき)• 長雄(ながお)• 長志(ながし)• 長斗(ながと)• 長俊(ながとし)• 長晴(ながはる)• 長久(ながひさ)• 長秀(ながひで)• 長寛(ながひろ)• 長文(ながふみ)• 長政(ながまさ)• 長道(ながみち)• 長幸(ながゆき)• 長義(ながよし)• 信長(のぶなが)• 長(ひさし)• 藤長(ふじなが)• 幸長(ゆきなが)• 義長(よしなが) スポンサーリンク 「青」を使った男の子の名前 続いては、青女月 (せいじょづき)の「青」を使った人気の名前を紹介しましょう。 この『青』という漢字からは、「澄み切った空の色」「汚れない澄んだ色」「深く広大な海」などがイメージされますね。 これらのことから、• 広く大きな心を持った人に育って欲しい• 汚れない善悪の分かる人に育って欲しい• 青(あお)• 青生(あおい)• 青樹(あおき)• 青志(あおし)• 青輔(あおすけ)• 青星(あおせ)• 青空(あおぞら)• 青汰(あおた)• 青多郎(あおたろう)• 青翔(あおと)• 青夏(あおな)• 青之(あおの)• 青之心(あおのしん)• 青法(あおのり)• 青晴(あおはる)• 青晴(あおば)• 青彦(あおひこ)• 青弥(あおや)• 青澄(あすみ)• 一青(いお)• 一青(いっせい)• 旺青(おうせい)• 海青(かいせい)• 煌青(こうせい)• 紫青(しせい)• 秋青(しゅうせい)• 翔青(しょうせい)• 青馬(しょうま)• 星青(せいあ)• 青一(せいいち)• 青吾(せいご)• 青治(せいじ)• 青汰朗(せいたろう)• 青斗(せいと)• 青那(せいな)• 青磨(せいま)• 青也(せいや)• 青嵐(せいらん)• 青龍(せいりゅう)• 大青(たいせい)• 青(はる)• 青臣(はるおみ)• 青樹(はるき)• 青汰(はるた)• 青翔(はると)• 青馬(はるま)• 誠青(まさはる)• 悠青(ゆうせい)• 莉青(りお)• 琉青(りせい)• 龍青(りゅうせい)• 涼青(りょうせい)• 稜青(りょうせい)• 玲青(れいせい)• 蓮青(れんせい)• 和青(わせい) スポンサーリンク 「梢」を使った男の子の名前 残念ながら、男の子の場合は「梢」を使った名前がありません。 「月」を使った男の子の名前 続いては、「お月見」から『月』を使った人気の名前を紹介しましょう。 お月見は「十五夜」に開かれる、満月を見ながらの宴を言います。 ちなみに十五夜は、「9月7日から10月8日の間で、満月が出る日」とされており、毎年変わります。 月(あかり)• 陽月(あきづき)• 碧月(あつき)• 蒼月(あづき)• 偉月(いつき)• 依月(いづき)• 宇月(うつき)• 生月(うづき)• 翔月(かつき)• 和月(かづき)• 神無月(かんなづき)• 希月(きつき)• 月華(げっか)• 月幸(げっこう)• 月心(げっしん)• 月平(げっぺい)• 煌月(こうが)• 光月(こうつき)• 颯月(さつき)• 真月(さなつき)• 志月(しづき)• 瀬月(せづき)• 蒼月(そうげつ)• 汰月(たつき)• 月(つき)• 月影(つきかげ)• 月児(つきじ)• 月太郎(つきたろう)• 月斗(つきと)• 月音(つきね)• 月之心(つきのしん)• 月之丞(つきのじょう)• 月之助(つきのすけ)• 月陽(つきひ)• 月宏(つきひろ)• 月弥(つきや)• 月頼(つきより)• 都月(つづき)• 登月(とつき)• 長月(ながつき)• 渚月(なつき)• 晴月(はづき)• 陽月(ひづき)• 洋月(ひろつき)• 文月(ふみづき)• 穂月(ほづき)• 三日月(みかづき)• 実月(みつき)• 三月(みづき)• 睦月(むつき)• 優月(ゆつき)• 悠月(ゆづき)• 月光(らいと)• 凛月(りつき)• 瑠月(るき)• 月(るな)• 環月(わづき) スポンサーリンク 「敬」を使った男の子の名前 続いては、敬老の日の「敬」を使った人気の名前。 9月の第3月曜日は「敬老の日」ですね。 この「敬」という漢字は、「敬語・尊敬」などの熟語に使われている事から分かるとおり、「敬う」「思いやり」などのイメージが連想されます。 そのことから、• 周りから尊敬される、謙虚で誠実な人になって欲しい• 秋敬(あきたか)• 麻敬(あさたか)• 敬士(あつし)• 敬人(あつと)• 厚敬(あつひろ)• 篤敬(あつよし)• 一敬(いちたか)• 敬心(いっしん)• 敬聖(いっせい)• 敬稀(いつき)• 宇敬(うけい)• 興敬(おきたか)• 景敬(かげたか)• 和敬(かずたか)• 一敬(かずひろ)• 勝敬(かつたか)• 葛敬(かつたか)• 仁敬(きみたか)• 敬大(きょうた)• 敬平(きょうへい)• 清敬(きよたか)• 邦敬(くにたか)• 敬(けい)• 敬一(けいいち)• 敬一郎(けいいちろう)• 敬貴(けいき)• 敬悟(けいご)• 敬策(けいさく)• 敬三郎(けいざぶろう)• 敬志(けいし)• 敬四郎(けいしろう)• 敬真(けいしん)• 敬志(けいじ)• 敬次朗(けいじろう)• 敬祐(けいすけ)• 敬三(けいぞう)• 敬樹(けいた)• 敬太郎(けいたろう)• 敬斗(けいと)• 敬之進(けいのしん)• 敬之祐(けいのすけ)• 敬馬(けいま)• 敬哉(けいや)• 実敬(さねたか)• 茂敬(しげたか)• 貴敬(たかあき)• 敬雄(たかお)• 敬臣(たかおみ)• 敬(たかし)• 敬路(たかじ)• 敬継(たかつぐ)• 敬照(たかてる)• 敬翔(たかと)• 敬直(たかなお)• 敬成(たかなり)• 敬之進(たかのしん)• 敬教(たかのり)• 敬治(たかはる)• 敬久(たかひさ)• 敬英(たかひで)• 敬仁(たかひと)• 敬衡(たかひら)• 敬廣(たかひろ)• 敬文(たかふみ)• 敬真(たかまさ)• 敬也(たかや)• 敬幸(たかゆき)• 敬良(たかよし)• 忠敬(ただたか)• 常敬(つねたか)• 照敬(てるたか)• 信敬(のぶたか)• 憲敬(のりたか)• 敬丈(のりたけ)• 敬公(のりひと)• 敬尋(のりひろ)• 敬之(のりゆき)• 華敬(はなたか)• 速敬(はやたか)• 晴敬(はるたか)• 久敬(ひさたか)• 秀敬(ひでたか)• 敬史(ひろし)• 洋敬(ひろたか)• 敬人(ひろと)• 敬信(ひろのぶ)• 敬文(ひろふみ)• 敬之(ひろゆき)• 史敬(ふみたか)• 真敬(まさたか)• 優敬(まさゆき)• 幹敬(みきたか)• 道敬(みちたか)• 嶺敬(みねたか)• 康敬(やすたか)• 幸敬(ゆきたか)• 優敬(ゆたか)• 佳敬(よしたか)• 頼敬(よりたか) 「宇宙」を使った男の子の名前 続いては、「宇宙の日」から『宇宙』を使った人気の名前を紹介しましょう。 毛利衛 (もうりまもる)が、「日本人として初めてスペースシャトルに搭乗して飛び立った日」が9月12日だったため、この日が「宇宙の日」として定められました。 『宇』という漢字は、あるものを「ドーム状に覆うもの」に対して使うようになりました。 すなわち、地球を覆う「天」や「空」のことですね。 (そこから宇宙という漢字にも使われるようになった) このことから「スケールの大きいもの」が連想されるため、• 何事に対しても、大きな心をもった人になってほしい• 大きな希望をもった人生を送ってほしい などと願いを込めることが出来ます。 一方の宙にも、「果てしない大空」という意味があり、「包容力」「無限大な可能性」を連想させます。 そのことから、• 包容力のある、他人から頼られる存在になってほしい• 小さなことに拘らない、器の大きい人になってほしい• 大きな夢を持ち、実現にむけて努力できる人になってほしい などの意味を込めることが出来ますよ!• 宇生(うい)• 宇一郎(ういちろう)• 宇海(うかい)• 宇喜(うき)• 宇吉(うきち)• 宇敬(うけい)• 宇咲(うさき)• 宇作(うさく)• 宇佐司(うさじ)• 宇汰(うた)• 宇孝(うたか)• 宇太弥(うたや)• 宇太郎(うたろう)• 宇宙(うちゅう)• 宇月(うつき)• 宇渡(うと)• 宇都(うど)• 宇海(うみ)• 宇紋(うもん)• 宇弥(うや)• 宇李(うり)• 一宇(かずたか)• 玖宇(くう)• 玖宇翔(くうと)• 小宇(こう)• 瑚宇二(こうじ)• 小宇星(こうせい)• 宇宙(こすも)• 吾宇(ごう)• 詩宇(しう)• 柊宇(しゅう)• 翔宇(しょうう)• 滋宇(じう)• 世宇(せう)• 想宇(そう)• 宇宙(そら)• 宇翔(たかと)• 宇駿(たかとし)• 宇玄(たかのり)• 宇悠(たかはる)• 宇宙(たかひろ)• 翔宇理(とうり)• 陽宇(はるたか)• 風宇(ふう)• 未宇(みう)• 美宇太(みうた)• 望宇(みたか)• 優宇(ゆう)• 有宇貴(ゆうき)• 悠宇士(ゆうじ)• 由宇仁(ゆうじん)• 雄宇大(ゆうた)• 悠宇翔(ゆうと)• 由宇馬(ゆうま)• 義宇平(ようへい)• 羅宇(らう)• 李宇(りう)• 琉宇(るう)• 晃宙(あきひろ)• 秋宙(あきみち)• 朱宙(あけみち)• 宇宙(うちゅう)• 一宙(かずひろ)• 和宙(かずみち)• 勝宙(かつみち)• 兼宙(かねみち)• 邦宙(くにみち)• 宇宙(こすも)• 禎宙(さだみち)• 実宙(さねみち)• 茂宙(しげみち)• 宇宙(そら)• 宙(そら)• 宙太郎(そらたろう)• 宙翔(そらと)• 崇宙(たかひろ)• 隆宙(たかみち)• 忠宙(ただみち)• 千宙(ちひろ)• 宙一(ちゅういち)• 宙一郎(ちゅういちろう)• 宙希(ちゅうき)• 宙志(ちゅうじ)• 宙太(ちゅうた)• 宙大(ちゅうだい)• 宙万(ちゅうま)• 宙哉(ちゅうや)• 照宙(てるみち)• 智宙(ともみち)• 憲宙(のりみち)• 遥宙(はるみち)• 宙(ひろ)• 宙輝(ひろき)• 宙志(ひろし)• 宙翔(ひろと)• 宙真(ひろま)• 宙大(ひろまさ)• 宙弥(ひろや)• 宙之(ひろゆき)• 宙義(ひろよし)• 将宙(まさひろ)• 真宙(まそら)• 優宙(まひろ)• 宙影(みちかげ)• 宙太(みちた)• 宙恒(みちつね)• 宙時(みちとき)• 宙直(みちなお)• 宙成(みちなり)• 宙秀(みちひで)• 宙平(みちひら)• 宙文(みちふみ)• 宙宗(みちむね)• 光宙(みつひろ)• 美宙(みひろ)• 康宙(やすみち)• 幸宙(ゆきみち)• 義宙(よしみち)• 頼宙(よりみち) 「法」を使った男の子の名前 続いては、「世界の法の日」の『法』を使った人気の名前を紹介します。 1965年9月13日に、「法の支配を国際社会で確立することによって、世界の平和を実現しよう」という趣旨で、定められました。 この漢字には「秩序を維持するための規範」「一定の手順」などの意味があり、• 真面目• 調和 などが連想されます。 そのことから、• 知識や知性に溢れた人になって欲しい• 他人の模範となれるような、真面目な人に育って欲しい• 周りとの調和を大切に、他人を愛し、他人に愛される人になって欲しい といった願いを込めることができます!• 秋法(あきのり)• 朱法(あけのり)• 李法(いのり)• 興法(おきのり)• 景法(かげのり)• 法生(かずき)• 和法(かずのり)• 法真(かずま)• 克法(かつのり)• 兼法(かねのり)• 君法(きみのり)• 邦法(くにのり)• 貞法(さだのり)• 実法(さねのり)• 茂法(しげのり)• 住法(すみのり)• 敬法(たかのり)• 剛法(たけのり)• 忠法(ただのり)• 為法(ためのり)• 常法(つねのり)• 哲法(てつのり)• 時法(ときのり)• 敏法(としのり)• 智法(とものり)• 法(のり)• 法秋(のりあき)• 法生(のりお)• 法影(のりかげ)• 法勝(のりかつ)• 法紀(のりき)• 法清(のりきよ)• 法邦(のりくに)• 法貞(のりさだ)• 法茂(のりしげ)• 法助(のりすけ)• 法純(のりずみ)• 法忠(のりただ)• 法達(のりたつ)• 法太郎(のりたろう)• 法睦(のりちか)• 法経(のりつね)• 法輝(のりてる)• 法登(のりと)• 法刻(のりとき)• 法俊(のりとし)• 法豊(のりとよ)• 法直(のりなお)• 法之助(のりのすけ)• 法宣(のりのぶ)• 法久(のりひさ)• 法英(のりひで)• 法仁(のりひと)• 法平(のりひら)• 法大(のりひろ)• 法史(のりふみ)• 法光(のりみつ)• 法宗(のりむね)• 法本(のりもと)• 法弥(のりや)• 春法(はるのり)• 久法(ひさのり)• 秀法(ひでのり)• 博法(ひろのり)• 文法(ふみのり)• 法市(ほういち)• 法一郎(ほういちろう)• 法華(ほうが)• 法貴(ほうき)• 法吾(ほうご)• 法作(ほうさく)• 法司郎(ほうしろう)• 法治(ほうじ)• 法二郎(ほうじろう)• 法助(ほうすけ)• 法太朗(ほうたろう)• 法平(ほうへい)• 法麻(ほうま)• 法耶(ほうや)• 正法(まさのり)• 道法(みちのり)• 光法(みつのり)• 美法(みのり)• 宗法(むねのり)• 康法(やすのり)• 幸法(ゆきのり)• 慶法(よしのり) 「空」を使った男の子の名前 続いては、「空の日」の『空』を使った名前です。 山田猪三郎が開発した「山田式飛行船」が、「東京上空を、滞空時間1時間で一周飛行した」ことを記念して、9月20日に制定されました。 空という漢字からは、「どこまでも続く空間」「青々としてさわやかなもの」「飛び回る」などが連想されますね。 このことから、• のびのびと、大きく育ってほしい• 他人を思いやれる、器が大きい人に育ってほしい• さわやかな人から好かれる人になってほしい• 空渡(あいと)• 空夢(あいむ)• 空大(あお)• 蒼空(あおく)• 青空(あおぞら)• 空音(あおと)• 空輝(あき)• 空翔(あきと)• 明空(あくあ)• 空瑚渡(あこと)• 空聖(あさと)• 空朱(あしゅ)• 蒼空(あそら)• 空月(あつき)• 空音(あのん)• 空太(あらた)• 空嵐(あらん)• 歩空(あるく)• 空玲(あれい)• 一空斗(いくと)• 緯空(いそら)• 永空(えいく)• 笑空(えそら)• 大空(おおぞら)• 海空(かいあ)• 和空(かずあ)• 叶之空(かのあ)• 楽空(がく)• 輝空(きあ)• 輝空也(きくや)• 紀空(きそら)• 空(くう)• 空海(くうかい)• 空翔(くうが)• 空樹(くうき)• 空悟(くうご)• 空心(くうしん)• 空星(くうせい)• 空太(くうた)• 空太郎(くうたろう)• 空大(くうだい)• 空叶(くうと)• 空天(くうま)• 空舞(くうま)• 空弥(くうや)• 空生(くお)• 空音(くおん)• 空隆(くりゅう)• 琥空(こあ)• 空樹(こうき)• 空助(こうすけ)• 空星(こうせい)• 空太(こうた)• 空太朗(こうたろう)• 爽空(さく)• 咲空音(さくと)• 志空(しく)• 秋空(しゅうあ)• 空(すかい)• 星空(せいあ)• 誠空(せら)• 爽空(そあ)• 颯空(そうあ)• 大空(そら)• 空(そら)• 蒼空(そら)• 空一(そらいち)• 空貴(そらき)• 空志(そらし)• 空治(そらじ)• 空次郎(そらじろう)• 空泰(そらた)• 空太朗(そらたろう)• 空斗(そらと)• 空乃(そらの)• 空之介(そらのすけ)• 空秀(そらひで)• 空文(そらふみ)• 空幸(そらゆき)• 空義(そらよし)• 空和(そわ)• 空翔(たかと)• 空陽(たかはる)• 空大(たかひろ)• 空慶(たかよし)• 太空(たく)• 大空翔(たくと)• 佑空(たすく)• 大空(だいあ)• 叶空(とあ)• 燈空(とうあ)• 希空(のあ)• 羽空(はく)• 陽空(はるあ)• 遥空(はるく)• 青空(はるたか)• 陽空(ひそら)• 大空(ひろあ)• 泰空(ひろたか)• 大空(ひろと)• 帆空(ほそら)• 穂空(ほだか)• 舞空(まいく)• 真空(まそら)• 愛空(まなと)• 美空(みあ)• 碧空(みそら)• 悠空(ゆあ)• 優空(ゆうあ)• 幸空(ゆきあ)• 夕空(ゆら)• 夜空(よぞら)• 頼空(らいあ)• 良空(らく)• 凛空(りく)• 利空(りくう)• 利空斗(りくと)• 莉空士(りくと)• 鈴空(りんく)• 瑠空(るあ)• 琉空(るく)• 零空(れいあ)• 呂空(ろあ)• 和空(わく) 「秋」を使った男の子の名前 続いては、秋分の日の「秋」を使った人気の名前です! 毎年、9月23日ごろに迎える「秋分の日」。 この「秋」という漢字からは、• 紅葉の情緒豊かな時期• 芸術の秋• スポーツの秋• 読書の秋 などなど、さまざまなイメージが連想されます。 これらのことから、• (情緒ある、紅葉の時期から)穏やかな雰囲気の人に育ってほしい• 色々な感覚(センス)に長けた人に育ってほしい• 健やかな、そして運動神経の良い子に育ってほしい• 秋(あき)• 秋壱(あきいち)• 秋生(あきお)• 秋臣(あきおみ)• 秋景(あきかげ)• 秋一(あきかず)• 秋克(あきかつ)• 秋兼(あきかね)• 秋邦(あきくに)• 秋真(あきさだ)• 秋聖(あきさと)• 秋実(あきざね)• 秋志(あきし)• 秋繁(あきしげ)• 秋次(あきじ)• 秋二郎(あきじろう)• 秋佑(あきすけ)• 秋澄(あきずみ)• 秋蔵(あきぞう)• 秋敬(あきたか)• 秋忠(あきただ)• 秋太朗(あきたろう)• 秋津(あきつ)• 秋継(あきつぐ)• 秋経(あきつね)• 秋輝(あきてる)• 秋翔(あきと)• 秋常(あきとき)• 秋利(あきとし)• 秋智(あきとも)• 秋豊(あきとよ)• 秋直(あきなお)• 秋也(あきなり)• 秋之佑(あきのすけ)• 秋信(あきのぶ)• 秋教(あきのり)• 秋葉(あきは)• 秋晴(あきはる)• 秋芭(あきば)• 秋久(あきひさ)• 秋秀(あきひで)• 秋仁(あきひと)• 秋寛(あきひろ)• 秋文(あきふみ)• 秋優(あきまさ)• 秋巳(あきみ)• 秋宙(あきみち)• 秋光(あきみつ)• 秋嶺(あきみね)• 秋矢(あきや)• 秋康(あきやす)• 秋之(あきゆき)• 秋嘉(あきよし)• 秋頼(あきより)• 秋空(あきら)• 景秋(かげあき)• 一秋(かずあき)• 邦秋(くにあき)• 茂秋(しげあき)• 秋(しゅう)• 秋一(しゅういち)• 秋永(しゅうえい)• 秋央(しゅうおう)• 秋樹(しゅうき)• 秋吉(しゅうきち)• 秋玄(しゅうげん)• 秋悟(しゅうご)• 秋咲(しゅうさく)• 秋志(しゅうし)• 秋次(しゅうじ)• 秋介(しゅうすけ)• 秋晴(しゅうせい)• 秋太(しゅうた)• 秋太郎(しゅうたろう)• 秋大(しゅうだい)• 秋斗(しゅうとう)• 秋平(しゅうへい)• 秋茉(しゅうま)• 秋弥(しゅうや)• 純秋(すみあき)• 晴秋(せいしゅう)• 貴秋(たかあき)• 剛秋(たけあき)• 知秋(ちあき)• 常秋(つねあき)• 輝秋(てるあき)• 利秋(としあき)• 朋秋(ともあき)• 成秋(なりあき)• 信秋(のぶあき)• 教秋(のりあき)• 悠秋(はるあき)• 英秋(ひであき)• 将秋(まさあき)• 磨秋(ましゅう)• 道秋(みちあき)• 嶺秋(みねあき)• 康秋(やすあき)• 之秋(ゆきあき)• 嘉秋(よしあき)• 頼秋(よりあき) 「梨」を使った男の子の名前 続いては、9月が旬の果物である「梨」を使った名前です。 女の子に付けるイメージがありますが、男の子にも使えますよ! さて、そんな梨という漢字には、「博愛」「愛情」などの花言葉があります。 また、「梨園」という言葉に使われることから、「芸術」を連想させますね。 これらのことから、• すべての相手に愛情を持って接する優しい子に育ってほしい• (梨という)可愛い雰囲気を持った子になってほしい• 芸術的な面で長けている子に育ってほしい などの願いを込めることができます!• 旺梨(おうり)• 海梨(かいり)• 輝梨斗(きりと)• 珠梨(じゅり)• 勝梨(しょうり)• 泰梨(たいり)• 桃梨(とうり)• 梨太(なした)• 梨太郎(なしたろう)• 梨也(なしなり)• 梨信(なしのぶ)• 梨彦(なしひこ)• 梨光(なしみつ)• 梨杏(りあん)• 梨一(りいち)• 梨生(りお)• 梨樹(りき)• 梨玖(りく)• 梨工斗(りくと)• 梨津(りつ)• 梨仁(りと)• 梨悠(りはる)• 梨仁(りひと)• 琉梨(りゅうな)• 梨太(りんた)• 梨太郎(りんたろう)• 梨之介(りんのすけ)• 鈴梨(りんり) 「紫」を使った男の子の名前 続いては、紫苑の「紫」を使った名前を紹介します。 紫苑とは、「9月に最盛期を迎えるキク科の花」のことを言います。 紫という漢字は、古くから「高貴な色」であると世界的に捉えられてきました。 事実、日本でも603年に制定された「冠位十二階」では、紫の冠は「位の高い人間」のみ付けれる色でした。 今でも「品のある」「優雅」などのイメージを持たれているのは、そのような歴史があるからなのです。 これらのことから、• 品のある人に育ってほしい• 優しい美しさのある子になってほしい などの願いを込めることができます! なお、海外では「紫色」は女性が身に付けることが多いため、色としては「女性っぽく見られる色」という事は認識しておきましょう。 蒼紫(あおし)• 篤紫(あつし)• 一紫(いっし)• 宇都紫(うとし)• 一紫(かずし)• 京紫(きょうし)• 慧紫(けいし)• 京紫郎(けいしろう)• 健紫(けんし)• 弦紫(げんし)• 幸紫(こうし)• 紫杏(しあん)• 紫偉(しい)• 紫宇(しう)• 紫央(しおう)• 紫恩(しおん)• 紫樹(しき)• 紫久(しく)• 紫呉(しぐれ)• 紫彗(しすい)• 紫星(しせい)• 紫月(しづき)• 紫斗(しと)• 紫之(しの)• 紫之介(しのすけ)• 紫春(しはる)• 紫史(しふみ)• 紫紋(しもん)• 紫生(しゅう)• 紫陽(しょう)• 紫蘭(しらん)• 紫龍(しりゅう)• 紫蓮(しれん)• 紫朗(しろう)• 奏紫(そうし)• 大紫(たいし)• 斗紫(とし)• 都紫貴(としき)• 芭紫(はし)• 浩紫(ひろし)• 太紫(ふとし)• 真紫樹(ましき)• 美紫生(みしお)• 紫(むらさき)• 結紫(ゆうし)• 世紫生(よしお)• 麗紫(れいし)• 平岡 祐太(ひらおか ゆうた)• 今市 隆二(いまいち りゅうじ)• 田村 裕(たむら ひろし)• 染谷 将太(そめや しょうた)• 宍戸 開(ししど かい)• 中丸 雄一(なかまる ゆういち)• 草刈 正雄(くさかり まさお)• 仲村 トオル• 伊達 みきお• 山本 博(やまもと ひろし)• 氷川 きよし• 長渕 剛(ながぶち つよし)• 山崎 賢人(やまざき けんと)• 松本 人志(まつもと ひとし)• 谷 隼人(たに はやと)• 坪倉 由幸(つぼくら よしゆき)• 堤下 敦(つつみした あつし)• 松田 翔太(まつだ しょうた)• 内 博貴(うち ひろき)• 矢作 兼(やはぎ けん)• 小籔 千豊(こやぶ かずとよ)• 安田 章大(やすだ しょうた)• 丸山 茂樹(まるやま しげき)• 長友 佑都(ながとも ゆうと)• 玉置 浩二(たまき こうじ)• 松坂 大輔(まつざか だいすけ)• 矢沢 永吉(やざわ えいきち)• 中村 獅童(なかむら しどう)• 成宮 寛貴(なりみや ひろき)• 宮田 俊哉(みやた しゅんや)• 宮川 大輔(みやがわ だいすけ)• 北山 宏光(きたやま ひろみつ)• 中井 貴一(なかい きいち)• 西川 貴教(にしかわ たかのり)• 小田 和正(おだ かずまさ)• 安倍 晋三(あべ しんぞう)• 石井 竜也(いしい たつや)• 渋谷 すばる• 北島 康介(きたじま こうすけ)• 稲葉 浩志(いなば こうし)• 渡部 建(わたべ けん)• 国分 太一(こくぶん たいち)• 池谷 幸雄(いけたに ゆきお)• 羽生 善治(はぶ よしはる)• 小野 伸二(おの しんじ)• 西島 隆弘(にしじま たかひろ) 「秋生まれ」の男の子にピッタリな名前は? 9月は季節で言うと「秋」です。 「秋」というのは 9月〜11月を指すため、一般的に「秋の名前」と言うのは、 「この3ヶ月のあいだに連想されるキーワード」をアイデアとしています。 「男の子の名前」は他にもいっぱい! このページ以外にも、「」に関する人気ページはたくさんありますので、あわせてご確認下さい! とにかく 「本当にカッコイイ名前」にこだわり、アンケートを実施。 >> 「珍しい」が「社会からの受け」も良い名前についても、アンケートを実施しています。 >> さらに、 「漢字一文字」でスタイリッシュな名前も集めています。 >> 「中性的な名前」はオシャレなイメージを持たれやすくオススメ! >> 「出生届」の提出は遅れると罰金! 子どもが生まれ名前が決まったら、 「出生届」は14日以内に提出しなければならないと義務付けられています。 14日を越えた場合、 過料を課せられるほか「面倒くさい手続き」が増えてしまいますので、必ず事前に提出方法をチェックしておきましょう。 >> 名付けも大切!「安産祈願」も大切! 5ヶ月目にはほとんどの方が「安産祈願」に行きます。 中には「行かない人(行けない人)」もいらっしゃいますが、「戌の日」にこだわる必要はありませんので、体調が良い時に祈祷してもらいましょう。 9月生まれの 女の子にピッタリな名前はコレだ!! お待たせしました! 続いては、9月生まれの 女の子に似合う名前を紹介しましょう! スポンサーリンク 関連:アンケート投票によるリアルな声!• 長には「時間の幅が大きい」「大きくなる」「すぐれている」などの意味があることから、• 人一倍、長生きできるように• 長として周りをリードできるような人になってほしい などの願いを込めることができます!• 長美(おさみ)• 長子(ちょうこ)• 長恵(ながえ)• 長子(ながこ)• 長月(ながつ)• 長妃(ながひ)• 長穂(ながほ)• 長美(ながみ)• 長佳(ながよ)• 長月(なつき)• 長谷美(はせみ)• 長恵(ひさえ)• 長江(ひさえ)• 長絵(ひさえ)• 長子(ひさこ)• 長世(ひさよ)• 長夜(ひさよ)• 長恵(まさえ)• 長子(まさこ)• 長美(まさみ)• 長世(まさよ) スポンサーリンク 「青」を使った女の子の名前 続いては、青女月 (せいじょづき)の『青』『女』を使った人気の名前を紹介しましょう。 「青女」とは、中国前漢時代の哲学書「淮南子 (えなんじ)」に出てくる 霜や雪を降らすと女神のことを言います。 この『青』という漢字からは、「澄み切った空の色」「汚れない澄んだ色」「深く広大な海」などがイメージされますね。 これらのことから、• 広く大きな心を持った人に育って欲しい• 汚れない善悪の分かる人に育って欲しい• 美しい女性になってほしい• 青(あお)• 青依(あおい)• 青恵(あおえ)• 青果(あおか)• 青心(あおこ)• 青空(あおぞら)• 青菜(あおな)• 青音(あおね)• 青乃(あおの)• 青芭(あおは)• 青葉(あおば)• 青実(あおみ)• 青凛(あおり)• 青瑚(あこ)• 青澄(あずみ)• 青音(あのん)• 依青(いお)• 霞青(かせい)• 青佳(きよか)• 青子(きよこ)• 青美(きよみ)• 青羅(きよら)• 恋青(こはる)• 青織(さおり)• 青(しょう)• 青花(しょうか)• 青子(しょうこ)• 青(せい)• 青空(せいあ)• 青佳(せいか)• 青瑚(せいこ)• 青菜(せいな)• 青来(せいら)• 青蘭(せいらん)• 青那(せな)• 青李菜(せりな)• 青空(そら)• 青(はる)• 青空(はるあ)• 青香(はるか)• 青季(はるき)• 青子(はるこ)• 青渚(はるな)• 茉青(まお)• 美青(みあ)• 海青(みお)• 美青(みはる)• 天女(あまね)• 彩女(あやめ)• 一女(いちめ)• 卯女(うめ)• 卯女菜(うめな)• 乙女(おとめ)• 叶女(かなめ)• 紀女(きこ)• 幸女(こうめ)• 琴女(ことめ)• 早乙女(さおとめ)• 五月女(さつき)• 爽女(さやめ)• 紫女(しめ)• 鈴女(すずめ)• 椿女(つばめ)• 夏女(なつめ)• 陽女(ひめ)•

次の

秋生まれの女の子の名前!秋を感じさせるおしゃれな名前56選!

秋生まれ 男の子 名前

もくじ• 秋を連想する漢字は? mamari. 秋生まれの男の子には秋らしい名前をつけてあげたいですよね。 ここでは 秋を連想する名前の漢字をいくつかご紹介したいと思います。 秋連想する名前の漢字:実 秋を連想する名前の漢字として「 実」です。 秋と言えば 実りの季節ですよね。 そんな「実」を使った名前がおすすめです。 具体的な名前として• 実(みのる)• 拓実(たくみ)• 実人(まこと) などがあげられます。 秋連想する名前の漢字:穂 秋を連想する名前の漢字として「 穂」です。 秋は 稲穂の収穫の盛んになる時期でもありますよね。 その稲穂から「穂」を使った名前もおすすめです。 具体的な名前として• 穂希(ほまれ)• 有穂(ゆうほ)• 晃穂(あきほ) などがあげられます。 秋連想する名前の漢字:月 秋を連想する名前の漢字として「 月」です。 秋の季節は月がとても綺麗ですよね。 そんな 心のおおらかさを感じる名前にしてあげるために「月」を使った名前にしてあげるのも良いでしょう。 具体的な名前として• 悠月(ゆづき)• 一月(いつき)• 月人(つきと) などがあげられます。 depositphotos. 秋生まれの男の子にどのように名付けをしようか悩んでしまうママもいらっしゃると思います。 ここでは秋生まれの男の子の名付けるコツについてご紹介したいと思います。 秋と言えば• スポーツの秋• 食欲の秋• 読書の秋 などと言いますよね。 そのような 秋らしい言葉から漢字を連想することがコツです。 またパパやママがこんな風に育って欲しいという願いを漢字で表して組み合わせるのがおすすめです。 Sponsored Link 実体験 私には子供が男の子が2人いてとっても賑やかな毎日です。 今振り返ればあんなに夫と悩んだのは名付けが始めてでした。 カッコイイ古風な名前がいい• 絶対二文字• 秋という季節を入れたい 私• 皆に読んでもらいやすい名前がいい• 意味がしっかりとある名前がいい• 秋にちなんだ名前がいい ここでとても意見がぶつかりました 笑 あんなに活字嫌いの夫が仕事帰りに名付けの本を買ってきて、一生懸命読んでいました。 候補に挙がったのは下の4つでした。 大和 やまと• 秋都 しゅうと 夫がサッカー好きなので• 奏多 かなた• 相翔 あいと 散々悩んだ結果、 秋都 に決定しました。 理由は夫と私の• 秋の様にのんびり楽しみながら生きてほしい• 都の様に多くの人が周りに集まる人になってほしい という 共通の想いがあったからです。 人間なので好き嫌いもあると思いますが、やはり一番思い入れのある何回も呼びたい名前にしたいなと考えてこの名前にしました。 もちろん結婚してから• 結婚式• 物件探し など色々二人で悩みましたが 名付けが一番悩みました。 悩んだ分、 名前が決まった時の喜びや幸せな感情もまだ覚えています。 その分子供にはとってもいい名前をつけてあげれたなぁ。 と思っています。 ちなみに赤ちゃんの名づけエピソードキャンペーンなどがあるようなので抜粋してみます。 jp 私が初めてお腹にいる息子を見た日 エコーに写ったその姿はそれはもう小さくて「どれ位の大きさですか?」と気がついたら先生に聞いていました。 「 8㎜ですね」衝撃でした。 初産の私には想像していたよりはるかに小さくて、なんて愛らしいんだと感激で涙を流しました。 それからというものの健診に行く度に大きさを聞くようになりました。 少しでも成長している事が嬉しくて嬉しくて仕方がなかったからです。 すると8. 8㎜や18. 8㎜、28. 8㎜と何故かいつも8と いう数字がよく付いている事に気がつきました。 実は主人と私の出会いは「剣道」です。 剣道における最高位は八段なんですがこれが日本で最も難しい試験と言われています。 私たち夫婦は現在26歳で剣道四段です。 もちろん目指すは八段です!という事で名前は迷わず「 瑛心 えいと 」に決まりました。 末広がりで無限大の可能性、夢に向かって素敵で幸せな一生になりますように! そして息子にとって日本一の立派なお父さんとお母さんになるという決意を込めて、名づけをさせてもらいました。 人生の中で最も心に残る瞬間です。 amazonaws. ここでは秋生まれの 男の子の名前のランキングをご紹介したいと思います。 秋生まれの男の子の名前のランキング20位:黄冴(こうが) 秋生まれの男の子の名前のランキング20位として「 黄冴(こうが)」です。 こちらは 秋の紅葉の情景をイメージした漢字を 色彩として捉えた名前になっています。 また「おうが」という読み方で名付けてあげることもできます。 秋生まれの男の子の名前のランキング19位:鷹人(たかと) 秋生まれの男の子の名前のランキング19位として「 鷹人(たかと)」です。 「鷹」は冬の季語なのですが鷹は秋になると冬に備えて飛んでいきます。 その「 鷹渡る」は秋の季語として用いられているので秋らしい男の子の名前として使ってあげることができます。 秋生まれの男の子の名前のランキング18位:秋奏(しゅうた) 秋生まれの男の子の名前のランキング18位として「 秋奏(しゅうた)」です。 こちらは「秋」という漢字を使っているので秋生まれということが分かりやすいおすすめの名前です。 また、「奏」は人名に近年人気の漢字になっているので秋と組み合わせると良いですね。 秋生まれの男の子の名前のランキング17位:秋人(ときひと) 秋生まれの男の子の名前のランキング17位として「 秋人(ときひと)」です。 こちらは秋を「あき」ではなく「とき」と読んだ珍しい名前です。 秋の穏やかで優しい雰囲気の人になってほしいという願いを込めて名付けてあげることができます。 秋生まれの男の子の名前のランキング16位:朱鳥(あすか) 秋生まれの男の子の名前のランキング16位として「 朱鳥(あすか)」です。 こちらは深いあかい色という色彩があるので秋の 「紅葉」の情景をイメージした名前になっています。 古風な名前でとても可愛らしいですね。 男の子にも女の子にも名付けてあげることができる人気の名前になっています。 秋生まれの男の子の名前のランキング15位:秋空(あきら) 秋生まれの男の子の名前のランキング15位として「 秋空(あきら)」です。 こちらは、「秋」という漢字をそのまま使った男の子の人気の名前です。 秋の過ごしやすい気候のように、 穏やかで優しい雰囲気の人になってほしいという願いを込めて名付けてあげることができます。 秋生まれの男の子の名前のランキング14位:陽秋(ひなと) 秋生まれの男の子の名前のランキング14位として「 陽秋(ひなと)」です。 秋の太陽や気候は過ごしやすく人々を癒してくれますよね。 そんな秋の気候のように 穏やかで優しい人に育ってほしいというママの願いを込めることができる名前です。 秋生まれの男の子の名前のランキング13位:実温(さねあつ) 秋生まれの男の子の名前のランキング13位として「 実温(さねあつ)」です。 こちらは 秋の収穫をイメージした漢字と秋の気候を組み合わせた名前になっています。 穏和で暖かい人になってほしいという願いを込めることができる名前です。 秋生まれの男の子の名前のランキング12位:朱斗(あけと) 秋生まれの男の子の名前のランキング12位として「 朱斗(あけと)」です。 こちらは秋をイメージしたときの「紅葉」を色彩として取入れた名前です。 秋の草木の紅葉は彩り豊かでとても素敵ですよね。 そんな 素敵な人に育ってほしいという願いを込めて付けてあげることができる名前です。 秋生まれの男の子の名前のランキング11位:旺秋(おうしゅう) 秋生まれの男の子の名前のランキング11位として「 旺秋(おうしゅう)」です。 こちらは「秋」という漢字を「しゅう」と読むのがポイントの名前です。 男の子らしく 旺盛で活発にそして元気に育ってほしいという願いを込めることができますね。 秋生まれの男の子の名前のランキング10位:秋風(しゅう) 秋生まれの男の子の名前のランキング10位として「 秋風(しゅう)」です。 こちらは秋の季語をそのまま使った男の子の名前になっています。 秋の風をイメージして 穏やかな子になってほしいという思いを込めることができます。 また読み方を変えてみるのも良いかもしれませんね。 Sponsored Link 秋生まれの男の子の名前のランキング9位:橙(ともる) 秋生まれの男の子の名前のランキング9位として「 橙(ともる)」です。 こちらは秋の紅葉の色彩を一文字で使った名前です。 紅葉の色はとても幻想的で素敵ですよね。 そんな素敵な男の子になってほしいという願いを込めることができます。 秋生まれの男の子の名前のランキング8位:橙空(とあ) 秋生まれの男の子の名前のランキング8位として「 橙空(とあ)」です。 こちらは秋の紅葉の橙の色を漢字として用いた男の子の名前になっています。 またこの漢字で「だいご」と読むこともできるようです。 秋生まれの男の子の名前のランキング7位:天月(あづき) 秋生まれの男の子の名前のランキング7位として「 天月(あづき)」です。 空が澄みわたる秋の月はとても綺麗ですよね。 また秋の行事としてある 「十五夜」をイメージすることもできる名前になっています。 秋生まれの男の子の名前のランキング6位:聖秋(せいしゅう) 秋生まれの男の子の名前のランキング6位として「 聖秋(せいしゅう)」です。 こちらは「秋」という漢字を「しゅう」と読んだ男の子らしい名前になっています。 また「聖」という漢字は知徳にすぐれるという意味があるので 勉学に励んでほしいという希望を抱いて名付けることもできますね。 秋生まれの男の子の名前のランキング5位:希月(きらる) 秋生まれの男の子の名前のランキング5位として「 希月(きらる)」です。 秋と言えば綺麗な満月をイメージするママもいらっしゃると思います。 また「十五夜」もありますよね。 仲秋の名月からイメージする名前として人気なのが「希月(きらる)」です。 秋生まれの男の子の名前のランキング4位:秋空(そら) 秋生まれの男の子の名前のランキング4位として「 秋空(そら)」です。 「秋」という漢字を使った当て字で組み合わせた名前にも人気があります。 こちらは 秋の空のように広くて優しい男の子に育ってほしいという願いを込めて名付けてあげることができます。 秋生まれの男の子の名前のランキング3位:朱馬(しゅうま) 秋生まれの男の子の名前のランキング3位として「 朱馬(しゅうま)」です。 こちらは秋の 紅葉の色彩をイメージした名前になっています。 響きが男の子らしくてとても格好良い印象ですね。 秋生まれの男の子の名前のランキング2位:秋橙(しゅうと) 秋生まれの男の子の名前のランキング2位として「 秋橙(しゅうと)」です。 こちらは秋の紅葉の色彩である「橙」を使った男の子の名前になっています。 また「秋」という漢字も使っているので秋生まれというのが分かりやすいですね。 秋の紅葉の 色彩のように暖かく素敵な人になってほしいという願いを込めることができます。 秋生まれの男の子の名前のランキング1位:駈太(かるた) 秋生まれの男の子の名前のランキング1位として「 駈太(かるた)」です。 響きは「かるた」なので古風な印象がありますね。 また「馬」がつく漢字は前に向かって生きるという意味があるので「 目標をもって前向きに育ってほしい」という願いを込めることができます。 また畑の作物も盛んになり活き活きとします。 そんな秋らしい季節にはぜひ秋を連想する名前を付けてあげてくださいね。 秋生まれの男の子の名前のおすすめ本:男の子のハッピー名前事典 Sponsored Link こちらの記事を読んで頂いた方へ こちらの記事を読まれた方は、下記の関連記事も参考にされています。 名付けの関連記事• 女の子の名付けの関連記事• 男の子の名付けの関連記事• anne-group. 秋にちなんだ漢字がたくさんありましたね。 ママやパパが一番最初に赤ちゃんにプレゼントするのが、 名前です。 想いがグッと詰まった素晴らしい名前をつけてあげてください。 今回は、「 秋生まれ 9月・10月・11月 の男の子の名前や漢字の種類は? 人気ランキングや名付けの方法は? 」を紹介しました。

次の

秋生まれの男の子の名前。秋の季節を連想する漢字と名付けの由来

秋生まれ 男の子 名前

女の子の名前の付け方ポイント【秋・冬生まれ編】 まずは、秋・冬生まれの女の子の名前の付け方のポイントについて、ご紹介していきます。 女の子には、どのような名前を付けるのがよいのでしょうか。 女の子の名前の付け方のポイントは以下の5つです。 ・響きがかわいらしい名前を付ける 女の子の名前は、響きがとても重要です。 苗字と合わせて口に出して読んでみた時に、かわいらしい響きの名前かどうかをチェックしましょう。 女の子同士は名前で呼び合うことも多いので、本人が呼んでもらってうれしくなるような名前がよいですね。 ・温かみのある名前を付ける 女の子の名前には、温かみがあることも重要です。 冷たいイメージのある漢字を使用してしまうと、その子のイメージも冷たくなってしまうことも。 温かみのある名前を付けるなら、古風・和風な漢字を使用することをおすすめします。 ・画数をチェックする 姓名判断などで、字画をチェックしてみることも重要です。 名前は、そのこの人生の運気を大きく左右します。 いくつか名前の候補を決めておいて、本などで字画が大丈夫か調べておきましょう。 ・読みやすい名前を付ける 最近では当て字を使用した解読が困難な名前を付ける方も増えていますが、女の子の名前はなるべく読みやすい漢字を使用するようにしましょう。 読みにくい漢字を使用していると、なかなか名前を呼んでもらうことができず、本人が悲しい思いをすることも。 珍しい名前を付けたいと考えている方もいるでしょうが、ある程度は読める漢字を使用するようにしましょう。 ・かわいらしいあだ名を考える 女の子の場合、下の名前をもじったあだ名で呼ばれる機会も多いでしょう。 名前を付けるなら、どんなあだ名で呼ばれるようになるか考えてみてください。 「美咲(みさき)ちゃん」なら「みーちゃん」、「春香(はるか)ちゃん」なら「はるちゃん」など、呼びやすいあだ名をつけてもらえるような名前なら良いですね。 女の子の名前に秋・冬に旬の花や植物など自然の漢字を入れてみよう! 女の子には、生まれた季節にちなんだ名前を付けるのが人気です。 中でも女の子らしい花や植物に関する自然の漢字を使用することで、温かみのある名前を付けることができます。 また、名前から誕生日が連想しやすいので、誕生日を覚えてもらいやすくなるでしょう。 生まれた季節にちなんだ、かわいらしい花の名前は、かわいい女の子にぴったりです。 女の子の名前に秋・冬の時期を示す漢字を入れてみよう! 花や植物などの自然の漢字だけでなく、生まれた時期を示す漢字も人気があります。 秋生まれなら「秋」、冬生まれなら「冬」といった季節の漢字も温かみがあります。 もちろん、それぞれの季節を表す特徴的な漢字は他にもあるので、後程ご紹介していきます。 女の子の名前に入れたい自然の漢字・キーワード5選【秋生まれ】 まずは、秋生まれの女の子の名前に入れたい漢字からご紹介していきます。 「杏」 秋の景色を思い浮かべるときに、真っ先にイチョウ並木を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 イチョウといえば、銀杏の実がなることで知られています。 そんなイチョウの木にちなんで、「杏」という漢字を使用するのはいかがでしょうか。 「杏」という漢字には、かわいらしいイメージが強く、女の子の名前にはぴったりです。 「杏」という漢字は、「あん」という読みだけでなく、「きょう」という読みもあります。 【「杏」という漢字を使用した名前例】 「杏奈(あんな)」「杏樹(あんじゅ)」「杏里(あんり)」「杏花(きょうか)」「杏(あんず)」 「梨」 秋は、果物の美味しい季節でもあります。 秋が旬の果物は、林檎や桃、葡萄などたくさんありますが、女の子の名前に使用しやすい漢字は「梨」でしょうか。 「り」という読みで他の漢字と組み合わせて使用しやすいので、二文字の名前を付けたい場合にはとても使いやすい漢字です。 果物の名前でもあるので、とてもかわいらしいイメージも持っています。 果物の「梨」の花は、純白です。 そんな清らかな花のイメージから、梨には「博愛」「愛情」という花言葉もあります。 【「梨」という漢字を使用した名前例】 「梨央(りお)」「梨果(りか)」「梨莉奈(りりな)」「愛梨(あいり)」「梨沙(りさ)」 「楓」 秋の美しい紅葉からイメージされる、「楓」という漢字も女の子の名前におすすめです。 響きがかわいらしく、やさしいイメージを併せ持っています。 「楓」の木は、手のひらのような形の葉っぱが特徴的で、「モミジ」の愛称でも親しまれています。 そんな「楓」の花言葉には、「大切な思い出」「美しい変化」「遠慮」などがあります。 控え目で大人しいイメージの女の子に育ってほしいという願いを込めて使用されることもあるでしょう。 【「楓」という漢字を使用した名前例】 「楓(かえで)」「楓花(ふうか)」「遥楓(はるか)」「綾楓(あやか)」「千楓(ちか)」 「実」 秋は実りの季節でもあります、木々に木の実がなる季節でもあるので、「実」という漢字を使用するのも良いでしょう。 「実」という漢字は、他の漢字を組み合わせて使用しやすく、女の子の名前によく使われる一般的な漢字です。 「美」という字も女の子らしくて素敵ですが、秋生まれの女の子には、生まれた季節にちなんで「実」という漢字を使用するのも良いでしょう。 「実りのある充実した人生を送ってほしい」という気持ちを込めて、名前に使用されることが多い漢字です。 また、「真実」という言葉にも使用されており「まこと」「真心」という意味もあります。 温かくて親切な心を持った女の子に育ってほしい場合にもぴったりの漢字なのです。 【「実」という漢字を使用した名前例】 「心実(ここみ)」「杏実(あみ)」「琴実(ことみ)」「実咲(みさき)」「実樹(みき)」 「穂」 秋には稲穂も収穫の時期を迎えます。 稲穂は、日本人にとって馴染みが深い植物なので、比較的古風・和風な名前に使用されることが多い漢字です。 他の漢字と組み合わせて使用することができ、女の子の名前には頻繁に使用される人気の漢字でもあります。 「穂」とは、「穀物の穂先、実がつく部分」を表してします。 そのため「実りのある充実した人生を送ってほしい」という意味合いで、「穂」という漢字を使用した名前が付けられることもあります。 また、植物を連想する漢字であることから「地面にしっかりと根を張って、困難に負けず力強く育ってほしい」という気持ちを込めて使用されることもあります。 秋らしい金色に輝く稲穂を連想しながら、「穂」という漢字を名前に使用するのも良いでしょう。 【「穂」という字を使用した名前例】 「美穂(みほ)」「穂乃香(ほのか)」「楓穂(かほ)」「菜穂(なほ)」「志穂(しほ)」 女の子の名前に入れたい自然の漢字・キーワード5選【冬生まれ】 続いては、冬生まれの女の子の名前に入れたい漢字をご紹介していきます。 「柊」 クリスマスのリースからイメージして、「柊(ひいらぎ)」の漢字を女の子の名前に使用するのも良いでしょう。 特に12月生まれの女の子にはぴったりの漢字です。 「柊」の花言葉は「用心深さ」「保護」「先見の明」です。 「用心深く人生を歩んでほしい」という気持ちや「物事を見極める力を持ってほしい」という気持ちを込めて、名前に使用されることがあります。 また、「柊」という漢字は1990年に名前に使用することができるようになった比較的新しい漢字でもあります。 そのため、珍しい名前を付けたいという方にもぴったりの漢字です。 【「柊」という漢字を使用した名前例】 「柊花(しゅうか)」「柊子(とうこ)」「柊(ひいらぎ)」「柊咲(ひさき)」「柊奈(しゅうな)」 「雪」 雪が降る寒い日に生まれた女の子には、「雪」という漢字を使用して名前を付けるのもよいでしょう。 真っ白な雪景色が連想される「雪」という漢字には、穢れのない純白なイメージがあるため、女の子の名前にはぴったりです。 一目みるだけで冬生まれだとわかるような、冬を代表する漢字です。 【「雪」という漢字を使用した名前例】 「雪奈(ゆきな)」「雪穂(ゆきほ)」「雪(ゆき)」「冴雪(さゆき)」「小雪(こゆき)」 「柚」 冬を代表する果物の1つが、「柚子(ゆず)」です。 爽やかな香りが特徴で、冬至にお風呂に入れる習慣があることでも知られています。 花言葉は「健康美」「汚れなき人」「恋のため息」です。 5月から6月に白い花を咲かせる柚子には、純白なイメージがあり、女の子の名前にはぴったりの漢字です。 「柚」という漢字は、1990年から名前に使えるようになった比較的新しい人名漢字になっています。 【「柚」という漢字を使用した名前例】 「柚葉(ゆずは)」「柚季(ゆずき)」「柚実(ゆみ)」「美柚(みゆ)」「柚香(ゆか)」 「聖」 クリスマスを連想させる漢字として「聖」もおすすめです。 特に、クリスマス当日の聖なる夜に生まれた女の子にはぴったりの漢字ではないでしょうか。 「聖」という漢字には、「美しい、汚れがない」という意味や、「賢い」という意味があります。 「純粋な子に育ってほしい」「賢い子になってほしい」という気持ちを込めて、名前に使用されることもあります。 【「聖」という漢字を使用した名前例】 「聖(ひじり)」「聖子(せいこ)」「聖奈(せいな)」「聖花(きよか)」「聖蘭(せいらん)」 「柑」 冬といえば、こたつにミカンというイメージを持っている方も多いでしょう。 蜜柑などの柑橘類は、冬の果物として知られてします。 日本人になじみ深い蜜柑にちなんで、「柑」という漢字を名前に使用するのはいかがでしょうか。 「柑」という字からは、蜜柑といった果物が連想され、とてもかわいらしいイメージがあります。 また、「蜜柑のように誰からも愛される子になってほしい」という意味を込めて名前に使用されることもある漢字です。 【「柑」という漢字を使用した名前例】 「実柑(みかん)」「一柑(いちか)」「柑菜(かんな)」「柑乃(かんの)」「柑音(かんね)」 女の子の名前に生まれてくる季節の秋や冬を入れてみよう! 今回は、秋・冬生まれの女の子の名前に使用できる、季節にちなんだ漢字をご紹介してきました。 生まれた季節にちなんだ漢字を使用することで、名前に愛着が持てるようになります。 花や果物といった自然にちなんだ漢字は、温かみがあり、かわいらしいイメージもあるため、女の子の名前にはぴったりです。 古風な名前にも珍しい名前にも、自然にちなんだ漢字を使用することができます。 生まれた季節を連想させる自然由来の漢字を使用して、女の子らしくて素敵な名前を付けてみてはいかがでしょうか。

次の