富士見 ファンタジア。 【パズドラ】メリッサマオの評価とアシストのおすすめ|富士見ファンタジアコラボ|ゲームエイト

ファンタジア文庫

富士見 ファンタジア

概要 [ ] 中高生を中心とした10代を意識して作られたレーベルで、当初から沢山の世界を舞台にしたを出す。 しかし創刊時よりファンタジーに限らず、その他の世界を舞台にした本も多数出版していて、平成10年頃まではと二大潮流にあった。 メディアミックスや企画の恩恵を受ける形で数々の人気作が生まれてゆくが、平成半ばになると学園を舞台にした作品が、より世界観を把握しやすくなる設定として取り入れられ、ヒットの基盤となって広く浸透していく。 平成末期からはがフォーカスされ、レーベルを支えていた。 レーベルをひと口に語ることは難しいが、いつの時代も若い読者に受け入れられるように創意工夫で鎬を削っている。 上記の通り1988年1月に創刊された月刊ドラゴンマガジンを母艦誌としたレーベルであるが、本レーベルの創刊は同年の11月に行われた。 レーベル創刊時のラインナップは『 (レッドホット・ドラグーン)』()、『 』()、『 ペ天使たち』()、『 爆裂お嬢 シンディー・スー』()、『 不死朝伝奇ZEQU』()、『 ジェラルディン・サーガ』()の6シリーズ6冊による同時刊行から成り、この6作をもって本レーベルの創刊作品とみなす。 なお慣例としては、刊行ラインナップの表記において先頭に記された田中芳樹の『灼熱の竜騎兵 (レッドホット・ドラグーン)〈PART1〉惑星ザイオンの風』を創刊時の第1作・第1冊として数える。 より(旧・ファンタジア長編小説大賞)を主催しており、には新規にを立ち上げている。 受賞作品はこのレーベルから発売。 このアワードより第1回準入賞作のの『』を始めとしたヒット作が出ている。 受賞作は『ドラゴンマガジン』にて長期連載化されることも多く、ドラゴンブランドの漫画雑誌での漫画化やアニメ化された作品も多くある。 また、本編たる長編とドラマガ連載のものを集めた短編集との2列構成となる作品も多い。 6月より『』が開設され、そこでの連載作品の文庫化もされている。 ファンタジアBeyondが廃止されると、のファンタジア文庫アカウントが役割を引き継いだ。 当初は既刊にはピンク色の帯に「 夢、大爆走」としたキャッチコピーを用いていたが、2000年代中期からは「 入魂」にリニューアルされた。 ただし、現在既刊に統一された帯・キャッチコピーは付属していない。 現在では・と並ぶ、ライトノベルのメジャーレーベルである。 2社と共にのレーベルであり、後期からまで在庫管理のため、背表紙にを設けていたが、現在は廃止している。 創刊以後、長らく表紙を太字の題字・挿絵を左下に配置するデザインで基本的に統一していたが、2000年には題字部分を、2005年頃より表紙デザインを自由化する。 2008年8月の新刊からは背表紙のデザインも変更され、やで採用されている「シリーズ番号」を導入した。 なお、それ以前においての各巻の番号分類は、前述の『灼熱の竜騎兵 (レッドホット・ドラグーン)〈PART1〉惑星ザイオンの風』を「1-1」として以降《前番号 - 後番号》という表記による「シリーズ毎の分類番号」を用いていた。 この分類番号には現在採用されている「シリーズ番号」における「著者分類」(あ-1)に相当する部分が存在せず、シリーズの初出・分類順に「シリーズとしての番号」を振られてこれを前番号とし、後番号はシリーズの何巻目に当たるかを意味する。 旧来の(表紙デザイン自由化の前の)作品を除けば、表紙にの表記は長らく未掲載だったが、2013年5月から掲載されるようになった。 ただし、2013年4月以前から刊行されているシリーズは引き続き未掲載のままである。 以前は化の一環の小説も扱っており、現在はがこの傾向を引き継いでいる。 2013年から毎年10月に『ファンタジア文庫大感謝祭(2013年のみ『ファンタジア文庫25周年祭』)』が東京・で開催されている。 2015年4月にKADOKAWAのブランドカンパニー制が廃止されてからは、当レーベルから富士見書房の表記が完全に消滅した。 富士見ファンタジア文庫作品一覧 [ ] 以下に作品を追加するときには、作品を五十音順に並べ、作者名、完結済みかどうかも出来る限り併記してください。 また、新たに記事を作るときはリンクをつけてください。 黒はWEB投稿発の作品、青はゲームが原案となっている作品、緑はシェアード・ワールド関連、黄色は漫画原作の小説、赤はその他のメディアミックス。 同一のシリーズでありながら、短編集や外伝、続編でタイトルが異なる場合、基本的に最初のシリーズ作品タイトルの下へ記述している。 事情は個別の作品項を参照。 全1巻と単巻との違いは、初めからシリーズの巻数を記載していたが続刊が望めない作品をここでは全1巻としている。 ただし、外伝や続編などで、本編以外に単巻が刊行された作品についてはそれについて記した上で「1巻」と書き加えている。 (ドラゴンブック関連)・ファンタジア文庫放送局(ファンタジア文庫関連)といった生放送の動画など配信している。 ファンタジア文庫放送局 ファンタジア文庫放送局はに開始され、不定期に放送していたが、2014年の夏頃の放送から毎月18日前後に放送日が定まった。 の放送で、それまで製作中だったイメージキャラクターが正式に決定した。 青髪がリリア=イーリス、赤髪がルゼル=イーリスといい、デザインはが担当した。 特定の作品を特集した情報番組で、進行役はほぼ編集部の面々であるが、作家や、声優を招くこともあった。 2018年7月18日のニコニコ生放送以降は、のKADOKAWAanimeチャンネルでの配信に移行している(視聴期限等はニコ生時代と同一の1週間)。 2019年5月16日からによるデザインの竜娘をイメージしたドファーというイメージキャラクターになったが、2020年3月17日放送を最後に番組が不定期配信にリニューアルするのに伴って卒業した。 (旧DMM GAMES)との合同プロジェクトで、が企画・開発として参画している。 配信開始時期は2020年を予定している。 脚注 [ ] []• 192・193• ドラゴンマガジン 2018年3月号付録冊子「ドラゴンマガジン 30thクロニクル」p. 20 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• fantasia -•

次の

【パズドラ】メリッサマオの評価とアシストのおすすめ|富士見ファンタジアコラボ|ゲームエイト

富士見 ファンタジア

8月20日発売• 新作 幼馴染の妹の家庭教師をはじめたら 疎遠だった幼馴染が怖い 著者: イラスト:• 新作 クラスのお嬢様たちはえっちなオモチャに興味津々です 著者: イラスト:• 新作 たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。 著者: イラスト:• 新作 恋愛する気がないので、隣の席の女友達と付き合うことにした。 著者: イラスト:• 嘘嘘嘘、でも愛してる2 著者: イラスト:• 世界最高の賢者は時の牢獄で最強を超える2 著者: イラスト:• スパイ教室03 《忘我》のアネット 著者: イラスト:• 1LDK、そして2JK。 二人はきっと、少し大人になる。 〜 著者: イラスト:• 異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する6 〜レベルアップは人生を変えた〜 著者: イラスト:• デート・ア・ライブ アンコール10 著者: イラスト:.

次の

【パズドラ】富士見ファンタジアコラボの当たりと評価|リナは交換すべき?|ゲームエイト

富士見 ファンタジア

富士見ファンタジア文庫(ファンタジア文庫)とは、()の発行するの。 概要 、の創刊とともに創設。 『』の的の他、『』『』『それゆけ!ヤマ・』『』などの大作を送り出し、の界においては不動のだった。 しかしはやその他後発の勢いに押され始め、ではの座を譲っている。 先鋭的な作品を次々と送りだしているなど他に対して、的なを流とする路線を長年に渡って貫いていた。 このような富士見ファンタジア文庫の作を徴する要素の1つとして、の表記とに収まった表絵という定的ながあったが、にが刷新されて以降は度が高くなった。 それとともに近年は刊行作品のの幅も広がり、界に「」のをした作品とも言われる『』を始め、『』『』など、かなりの効いた作品が増えてきている。 しかし、それとともに『』『』のようなも未だ健在であり、このような「古き良き」の流れを受け継ぐとしてから根強い支持を受けている。 (このようなの気もあって、最近では見の作品がされると、から「なんか古臭い」「10年前なら売れた」などと揶揄されることがよくある。 しかし見に言わせれば「」のである。 ) 宰する新人賞の長編大賞はかつて滅多に大賞作品が出ないことで知られ、回まで5作品(五代ゆう『はじまりのの』、『々の の』、潤一郎『の』、『戦 -イクサオニ-』、『』)しか受賞していなかった。 年2回募集への変更や文芸賞創設など新人賞の傾向が変わってきているようである。 名称 かつては各書籍の表には「富士見ファンタジア文庫」というの名が記載されていた。 しかしその後、ある時期から(上述の、が刷新されたというから?)表には「ファンタジア文庫」と記載されるように変更された。 さらになどでも「ファンタジア文庫」の名称がに使用されるようになっていき、「富士見ファンタジア文庫」との名称は内でほとんど使用されなくなった。 ただしなどの書籍を販売する各所では、でも未だ新発売の本書籍の名称の後に「富士見ファンタジア文庫」と表示されている場合がある。 またには「富士見ファンタジア文庫」の名称がまだ使用されている。 またの名も、も「富士見ファンタジア文庫」である。 大百科に記事のある作品一覧• (ケイ)• 全版 (みかげ)• (恵須清)• (ハ座長)• (山門敬)• (文化)• (せきな)• (木スケ)• (帆希)• (一)• (十本)• (俊)• (雑賀礼史)• (せきな)• (ぱん)• (井中だちま)• (あざの耕)• (あざの耕)• (石踏一)• (帆希)• (大尚人)• (せきな)• (築地俊)• (左潤)• () 関連チャンネル 関連項目• 関連リンク• の歌 の(最初の)との大地は読んだ。 の歌 のはが暗微笑系?だったのがえらいかわいかったしか覚えてないがw それがすべてだったような気もw の大地は内容すっ飛んでるがなんかすっげー皮な破局落ちで終わった記憶がある。 どちらも流して感動したんだがいまいち好みのの 書くではないと判断してしまって 選考基準から外してしまったのよねぇ…。 (別に悪口のつもりではない。 された後引き込まれないならさすがについていかない) 省略しています。 96 ななしのよっしん.

次の