尽力いたします 就活。 微力ながらの使い方5選!ビジネスメール例文と意味と類語と英語も

「今ごろ就活も終わり、ゆっくり夏休みと思ったらNNT・・・」 そんな就活生の特徴3つと逆転術

尽力いたします 就活

「尽力いたします」を使うことのできる場面に、行事やイベントがあります。 目上の人がたくさん集まっている、行事やイベントの中で「尽力いたします」 を「尽力してまいります」という例文に言い換えて使えます。 「尽力してまいります」の「まいります」には「行きます」の謙譲語が使用されているため、「尽力してまいります」には「努力していきます」という意味が含まれていることがわかります。 「尽力いたします」よりも「尽力してまいります」の方が、かしこまった言い方がされているので、目上の人が集まる機会である行事やイベントの時のスピーチに、「今後も尽力してまいります」という例文を使うと、その場にふさわしい敬意が表現されています。 「尽力いたします」を言い換えた類似表現に「奉仕する」があります。 「尽力いたします」を言い換えた類似表現の「奉仕する」には、「報酬や見返りを求めないで、無私の労働を行うこと」という意味が含まれています。 そのため、「尽力いたします」のように「力を尽くす」様子を表現しているわけではないものの、言い換えた類似表現である「奉仕する」では、努力の内容について言及されていることになります。 この「尽力いたします」の言い換えた類似表現の「奉仕する」を使いながら、利益を求めた努力ではなく、ボランティア精神を持っていることを強調することができます。 「奉仕する」という言い換えた類似表現で、自分の無私の気持ちを表現しましょう。 ビジネスの場面で、上司や目上の人と会話をしている時に「尽力いたします」を言い換えて「尽力する所存です」と言うことができます。 後半部分に使用されている「所存です」には、「思う」や 「考える」という意味が含まれています。 しかし、「尽力していきたい」という簡単な意味だけを表現しているのではなく、「尽力する所存です」では謙譲語が使われているため、上司やかなり目上の人に対して深い敬意を示すことが可能になります。 普段から面識のない上司と会話をしている時や、お世話になっている取引先の人と会話をしているビジネスの場面で、「尽力する所存です」や似た表現である「尽力させていただく所存です」を使えば、ビジネスの場面で違和感のない言葉遣いになります。 「尽力いたします」を使用しながら、便利なビジネスメールを作ることができます。 ビジネスメールの中で「お力になれるよう、尽力させていただきます」や「お力になれるよう、尽力させていただく所存です」という例文を使用できます。 職場の上司にビジネスメールを送らなければならない時に、「お力になれるよう」と「尽力いたします」が使われている例文を組み合わせれば、「上司に協力をしたい」という気持ちを伝えることができます。 上司は部下に協力したい気持ちがあれば、お願いをしやすいと感じます。 そのため、上司へのビジネスメールを作成する時に、「お力になれるよう、尽力させていただきます」という例文で、上司と協力するために努力したいと思っている事を表現しましょう。 履歴書の中で「御社のお力になれるよう、尽力いたします」という例文を使うことができます。 非常に深い敬意が示されているため、上司へのビジネスメールの中など、履歴書以外でも使用することのできる例文です。 注目したいのは、「尽力いたします」だけでなく「御社のお力になれるよう」と、履歴書の中で会社に貢献できる意欲を持っていることをアピールしています。 そのため、会社のことを考えた人であることを、履歴書を通して理解してもらえます。 もちろん、履歴書を読んでいる人は、他の文章にも目を通しているため、それらの文章もしっかりと記入しなければなりません。 しかし、履歴書の中で、この例文が使われていれば、「会社に貢献できる人」とみなしてもらえる可能性が上がります。

次の

微力ながらの使い方5選!ビジネスメール例文と意味と類語と英語も

尽力いたします 就活

『ご尽力』と『お力添え』と言う言葉、社会人になると色々な場面で耳にする言葉でしょう。 そもそもこの二つの言葉は、『 助ける』と言う言葉を敬語に返還した言葉です。 ビジネスシーンでは、この助けるの敬語は頻繁に出てきます。 しかし、頻繁に耳にするこの言葉ですが、皆さんは正しい使い方をしているのでしょうか? 知っている人も、知らない人も正しい『ご尽力』と『お力添え』の使い方を書いてみましょう。 「尽力」の意味と正しい使い方 「ご尽力いただき」という表現を良く聞きますが、正しい使い方をしている人は、少ないと思います。 そこで、ご尽力と言う敬語の意味と使い方を説明しましょう。 ご尽力とは、『何かのために尽くす』と言う意味です。 もう少しわかりやすく言えば、『 何かのために力を出し尽くす、努力をする』と言う意味になります。 ご尽力は、相手を敬っている言葉にあたるので失礼になりません。 むしろビジネスシーンでは、『努力』と言う言葉より、『尽力』と言う言葉の方がふさわしいと言えます。 具体的に例を挙げると以下の通りになります。 関係者の皆様のご尽力心から敬意を表します。 ご尽力賜り感謝申し上げます。 この文言は、良く業界の講習や集まりなんかで良く聞くフレーズです。 一同尽力させていただく所存です。 一方こちらは、決意表明の場などで良く聞くフレーズではないかと思います。 次は、『お力添え』について… 「お力添え」の意味と正しい使い方 「助ける」の敬語表現としてよく使われるのが「お力添え」で、「お力添え」の敬語の意味と正しい使い方も説明していきましょう。 お力添えとは お力添えの意味 お力添えとは「手助・援助・協力」という意味です。 力添えだけの場合は、友人や後輩、部下などのサポートに対して使いますが、『御』を付けると、目上の人に使う謙譲語になります。 このお力添えと言う敬語は、敬意を払う人に対して使う謙譲語です。 上司や会社以外の人などの、目上の人に助けをお願いする場合や、援助や協力へのお礼を伝える際の表現方法として使われます。 「お力添え」はお礼や お願いの場面で使うという事です。 例を上げると、お礼とお願いの2シーンに分けられます。 日頃よりお力添えいただきまして、心から感謝いたしております。 先日は大変なお力添えを賜りまして、誠にありがとうございました。 みなさまのお力添えをいただきながら、一層の努力を重ねて参ります。 今後ともより一層のお力添えを、何卒よろしくお願いいたします。 私のよく聞く場面では、当社の納入業者さんの営業マンが良く使っているのを聞きます。 自分たちの商品をたくさん買ってくれ~と、遠まわしにお願いするお力添えを使っているのを耳にします。 お力添えとご尽力も意味を覚えてしまえば、使い方はそんなに難しい言葉ではありません。 最初は、むずがゆい感じはしますけど、使っていけば、自然と出て来るようになります。 最後に、ご尽力・お力添え以外の助けるの敬語表現がいくつかあるので、書いてみしょう。 色々な敬語の表現を身につけておくと、ビジネスシーンで重宝します。 「ご支援」「ご協力」「お手伝い」などが使いやすい敬語表現 目上の人に助けてもらったときの 近い上司や目上の人の方がしっくりくるかもしれません。 お礼を述べる際の敬語は、「ご支援」「ご協力」「お手伝い」などが使いやすい表現方法です。 例は以下のとおりで、助けて貰う立場のときと助けてあげた側の2種類があります。 」 「温かいご支援をいただき、誠にありがとうございました。 なにかご協力できることがございましたら、なんなりとお申し付けください。 「ご尽力」「お力添え」よりは、堅苦しさがない表現になります。 いつも顔を合わせている、直の上司にご尽力やお力添えを使ったら、おまえ熱でもあるのかと言われそうです。 最後に…助けるの敬語表現 「ご尽力」「お力添え」の意味は、どちらも「助ける」という意味を含む敬語ですが、少々ニュアンスが異なります。 力を尽くして努力をしてもらったとき、努力したいときは「ご尽力」や「尽力」、温かい支援をもらったとき、支援をお願いしたいときは「お力添え」を使うと良いかもしれません。 また、もう少し楽な言い方で、「助ける」を使いたいときは、「支援」「協力」などの言葉を使い、上手に敬語に変換させましょう。 shukatsu-net.

次の

「尽力いたします」の意味やビジネス/メール/履歴書などの例文や使い方

尽力いたします 就活

自分について使う場合は、「ご」をつけない「尽力」とします。 ちょっとの努力ではなく全力で頑張ります!とアピールするニュアンスになります。 例文としては「会社の信用回復に尽力します」ですとか「問題解決に尽力いたします」など、「これから頑張ります」という自分の意欲を相手に伝える場合に「尽力」を使います。 ビジネスメールでは「微力ながら尽力させていただく所存です」が、失礼のない言い回しとして定番化しています。 「たいしたことはできませんが」というニュアンスの、丁寧なクッション言葉と組み合わせて使用するケースが多いことが特徴といえます。 「尽力」単独で使った場合、やや謙虚さに欠ける失礼な印象を与えてしまう可能性があります。 例文としては ・「微力ながら尽力いたします」 ・「力不足ではありますが尽力いたします」 のように使います。 すでに説明しましたように、「ご尽力」は「全力を費やして助ける」ニュアンスですが、 「お力添え」はニュアンス的に「ちょっと手を貸してもらう」程度のことになります。 「助けてもらうためにかけてもらった労力の度合」の軽重で、どちらの表現を使うべきかを判断します。 隣の部署にいる先輩社員が、ビジネス上のマナーをアドバイスしてくれたことは「お力添え」、上司が一緒に休日出勤してあなたを手伝ってくれたら「ご尽力」が適当、のように考えられますが、明確な線引きや客観的な基準はどこにもありません。 手伝ってもらったあなた自身の判断になります。 誰かにしてもらった手助けの内容が、例えば「ちょっとした協力」程度にもかかわらず「ご尽力」を使ってしまうと、お礼のつもりが逆に「もっと手伝ってくれると思ったのに」という、失礼な嫌味と受け取られかねません。 外部からのアドバイス程度であれば、深く気にせずに「お力添え」を使いましょう。 今回は「ご尽力いただき」と、その代表的な類語である「お力添え」について説明して参りましたが、いかがでしょうか。 「あぁ、これまで深く考えもせずに使ってしまっていたのはマナー違反だったかなぁ」などと気づいていただけたら嬉しい限りです。 今回は長くなるので割愛しましたが、「ご尽力いただき」の類語は他にも「ご支援いただき」「お骨折りいただき」など、丁寧な言い回しがいくつかあります。 このような類語の使い分けは、一朝一夕にできるようにはなりません。 まずは「ご尽力いただき」と「お力添えいただき」だけでも、今後は正しく使い分けるように意識してみましょう。 取引先や目上の人の、あなたへの評価も「マナーをわきまえた人物」へと徐々に変わっていくことでしょう。

次の