都知事 立候補 条件。 【都知事選】山本太郎氏、「立候補します」 れいわ新選組公認、野党一本化実現せず

都知事選、誰に投票すればいい? 主要候補者5人の公約を比較してみると...。立候補者一覧も掲載

都知事 立候補 条件

選挙に立候補するとなると多額の金銭がかかります。 選挙カーを借りたり、ポスターを刷ったりする費用というもの以前に供託金を用意しないと立候補の手続きすらできません。 この供託金ですが、しばしば金額の高さが問題となります。 現在、行われている東京都知事選に立候補するためには300万円もの高額な供託金を用意する必要があります。 また、衆議院や参議院といった国政選挙の選挙区でも同様に300万円、身近な選挙といえる区市議会選に立候補するのですら、30万円もの金額を供託する必要があるのです。 この供託金は供託金没収点という一定以上の票を得れば返還されます。 諸外国を見てみると、このような供託金制度がないか、あっても日本に比べると低額となっています。 日本の余りにも高額な供託金制度は国民の政治参加の権利を侵害しているという批判も多くあり、日本国憲法第44条の「両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。 但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない」に反して違憲であるとして裁判も行われています。 一方で供託金制度は売名目的の立候補を防ぐことや選挙公営制度維持のために必要であるという意見もあります。 選挙公営制度(公費負担制度)とは何でしょうか。 日本の選挙の基本理念として、選挙活動に金がかからないようにし、資金力の差によって過度に差がついてはいけないということがあります。 これは選挙に多額の費用をかけてしまうと、様々な不正や腐敗の温床になるからです。 そのため、選挙のルールである公職選挙法では選挙運動を無制限に行えないようにする一方、候補者に対して、国や自治体が様々なサポートをすることが規定されています。 例えば、選挙公報は各候補者が自身の政見を伝えるためのツールですが、印刷や配布などは全て選挙管理委員会が行ってくれます。 また、テレビやラジオでやる政見放送も候補者は特に費用がかからず、国や自治体が公費でその費用を負担してくれます。 このほか、前述した供託金没収点以上の票を得なければならないという条件があるものの、一定額までポスターやビラの印刷費、選挙カーの費用といったものも公費で負担してくれます。

次の

都知事選ふと思ったのですが、都知事選に立候補出来る条件を...

都知事 立候補 条件

《山本太郎氏》 PCR検査や医療体制の拡充のほか、新型コロナウイルス対策として総額15兆円を段階的に確保すると表明した。 全都民への10万円給付や、学校の授業料1年間免除、中小企業・個人事業主への補償などを公約に掲げている。 財源は都債の発行でまかなうとしている。 《小池百合子氏》 第2波の対策として、東京版CDC(疾病対策予防センター)の創設やPCRなど検査体制の強化、医療体制の整備、病院・医療従事者へのサポート強化、ワクチン・治療薬の開発支援強化、オンライン診療の拡大などを掲げている。 《宇都宮健児氏》 PCR検査体制の強化、医療従事者らへの財政支援の強化などを訴えている。 また、自粛や休業要請によって収入が減少した中小事業者、仕事を失ったり収入が減少したりした非正規労働者・フリーランス・学生などへの徹底した生活補償などを公約とした。 《小野泰輔氏》 PCR検査や医療体制の拡充のほか、特定業種に絞り補償を実施する。 また、休業要請に応じた事業者への「協力金」の支給遅れについて、問題を解決する仕組みづくりを行うという。 小池都知事が定めた「東京アラート」や「ロードマップ」の見直しも宣言した。 《立花孝志氏》 「コロナ自粛をぶっ壊す!」を公約に掲げる立花氏は、「行き過ぎたコロナ自粛に反対するために立候補をした」と表明している。 日本記者クラブの会見では、コロナの重症化リスクが高い高齢者を中心に自粛を要請する方針を語った。 《山本太郎氏》 山本氏は、「東京オリンピック・パラリンピック中止」を掲げる。 「世界各国のコロナウイルスの感染状況を鑑みれば、来年の五輪開催は不可能」とし、「開催都市として、ハッキリと五輪中止をIOC(国際オリンピック委員会)に宣言」と訴えている。 《小池百合子氏》 「都民・国民の理解が得られる形でのオリパラ大会の開催」を公約に盛り込んだ。 記者クラブの会見では、「アスリートにとって更に1年先を見るのはかなり厳しい」と話し、感染対策を講じた上で、2021年の開催を目指すとしている。 《宇都宮健児氏》 感染症対策の専門家が、2021年の開催が困難であると判断した場合は、「IOCに中止を働きかけ、中止になったことで浮いた予算はコロナ禍で被害にあった都民の支援に回します」としている。 《小野泰輔氏》 「十分な感染症対応の時間を確保」するため、「2024年への延期」を視野にIOC等と再交渉を行うと表明。 中止ではなく、「都民の希望である東京大会は確実な開催を目指します」としている。 《立花孝志氏》 「東京オリンピックはリモート競技に」と提案。 記者クラブの会見では、2024年あるいは2022年の延期を目指すと表明した。 また、「開催費用をIOCに負担させる」と訴えた。 《山本太郎氏》 東京都の職員を3000人増員し、ロストジェネレーション世代、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けた失業者を採用することを公約に掲げる。 また、気候変動に対応する産業を育成することで雇用増加を図る。 《小池百合子氏》 失業・求職者の就労支援の強化、氷河期世代や現在の新卒・在学生世代の都庁採用強化、副業など多様な働き方の強化などを公約に掲げる。 『「爆速」デジタル化により東京の経済を「新しい成長」へ』と宣言し、テレワークや時差出勤の定着、ペーパーレスやはんこレス、キャッシュレスの推進なども図る。 《宇都宮健児氏》 「公契約条例の制定、非正規労働者を減らし正規労働者を増やす」を公約に掲げ、貧困や過重労働対策などを強化する。 「ブラック企業規制条例」や「過労死防止基本条例」を制定し、劣悪な賃金・労働環境の改善を進めるという。 また、最低賃金を全国一律時給1500円以上を目標に引き上げるよう、国に対し働きかける。 《小野泰輔氏》 テレワークの導入推進を図り、「多様なライフスタイルに柔軟に対応できる働き方を普及、定着させます」と宣言。 隣県を巻き込んだ「サテライト都市」構想により、満員電車解消などに取り組む。 都心の過密を防ぐことで、「就労と保育の両立」を推進する。 《立花孝志氏》 立花氏は、元ライブドア社長で実業家の堀江貴文氏の著書『東京改造計画 東京への緊急提言37項』を「具体化する」と宣言している。 経済政策として「渋滞ゼロ」や「満員電車は高くする」、「現金使用禁止令」などを掲げる。 また、「未来の働き方」として、「都民限定の無料オンラインサロン」の設立なども宣言した。 「保育士の皆さんの社会的地位の向上に加えて、給与水準を国家公務員の正規の職員なみの水準に引き上げるべきです」と訴えている。 また、DV対策として、DVの「実態調査・被害者支援・自立支援」の3本柱を強化するとしている。 《小池百合子氏》 待機児童ゼロへ向けた施策の加速や、男性の育休取得・家事育児への参加の促進、ベビーシッターなど仕事と子育て両立のための体制強化などを公約に掲げている。 子育て世代の経済的支援を強化し、合計特殊出生率を2. 07に引き上げるとしている。 DVやハラスメント対策、ひとり親家庭への支援の拡充も訴えた。 《宇都宮健児氏》 待機児童問題対策のため、保育士の労働条件改善、認可保育園の充実を公約に掲げる。 また、「義務教育の完全無償化」や、「女性の貧困をなくし、ジェンダー平等社会を推進する」なども宣言。 都の審議会など意思決定分野における女性の参画推進、男女平等教育の推進、DVや性暴力の被害者支援の強化なども訴えている。 《小野泰輔氏》 公約では、「妊娠、出産、子育てへの大胆な投資を行います」と宣言。 子育て世代や女性活躍のための政策として、「保育士の事務負担軽減」や、「不妊治療助成拡大、妊産婦支援・割引制度(マタニティパス等)の拡充、子育て応援券の導入、保育士の待遇改善(直接給付)」などのサポート拡充を図るとした。 《立花孝志氏》 選挙公報に記載された37項の緊急提言では、「オンライン授業推進」や「低容量ピルで女性の働き方改革」を図ると訴えている。 また、災害時において、「安否確認時に同性パートナーも家族として対応する」など性的マイノリティの権利保護を推進するとしている。 《小池百合子氏》 「性的マイノリティのアウティング対策」を公約に掲げている。 《宇都宮健児氏》 「同性カップルのパートナーシップ制度の導入」を公約に掲げる。 LGBTの子どもたちやその保護者をサポートするための相談窓口の設置なども盛り込んだ。 《小野泰輔氏》 「同性パートナーシップ都条例」の制定を宣言。 また、「同性間に限らず使えるパートナーシップ制度(東京版PACS)も合わせて検討」するという。 《立花孝志氏》 LGBTに関する政策について、選挙公報などに直接的な記述はなし。 37項の「東京都への緊急提言」として、「東京のダイバーシティ」を掲げている。 公約などが掲載されたウェブページ・選挙公報は以下の通り。 、、、、 2020年東京都知事選 立候補者22人一覧 全立候補者22人(届出順・敬称略)のプロフィールは以下の通り。 年齢:35歳 党派:幸福実現党 公式サイト: 選挙公報は ・宇都宮けんじ(うつのみやけんじ) 年齢:73歳 党派:無所属 公式サイト: 選挙公報は ・桜井誠(さくらいまこと) 年齢:48歳 党派:日本第一党 公式サイト: 選挙公報は ・込山洋(こみやまひろし) 年齢:46歳 党派:無所属 公式サイト: 選挙公報は ・小野たいすけ(おのたいすけ) 年齢:46歳 党派:無所属 公式サイト: 選挙公報は ・竹本秀之(たけもとひでゆき) 年齢:64歳 党派:無所属 公式サイト: 選挙公報は ・西本誠(にしもとまこと) 年齢:33歳 党派:スーパークレイジー君 公式サイト:なし 選挙公報は ・関口安弘(せきぐちやすひろ) 年齢:68歳 党派:無所属 公式サイト:なし 選挙公報は ・押越清悦(おしこしせいいち) 年齢:61歳 党派:無所属 公式サイト: 選挙公報は ・服部修(はっとりおさむ) 年齢:46歳 党派:ホリエモン新党 公式サイト:なし 選挙公報は ・立花孝志(たちばなたかし) 年齢:52歳 党派:ホリエモン新党 公式サイト:なし 選挙公報は ・さいとう健一郎(さいとうけんいちろう) 年齢:39歳 党派:ホリエモン新党 公式サイト:なし 選挙公報は ・ごとうてるき 年齢:37歳 党派: 略称 トランスヒューマニスト党 公式サイト: 選挙公報は ・沢しおん(さわしおん) 年齢:44歳 党派:無所属 公式サイト: 選挙公報は ・市川ヒロシ(いちかわひろし) 年齢:58歳 党派:庶民と動物の会 公式サイト:なし 選挙公報は ・石井均(いしいひとし) 年齢:55歳 党派:無所属 公式サイト: 選挙公報は ・長澤育弘(ながさわやすひろ) 年齢:34歳 党派:無所属 公式サイト:なし 選挙広報は ・牛尾和恵(うしおかづえ) 年齢:33歳 党派:無所属 公式サイト: 選挙公報なし ・平塚正幸(ひらつかまさゆき) 年齢:38歳 党派:国民主権党 公式サイト: 選挙公報は ・ないとうひさお 年齢:63歳 党派:無所属 公式サイト:なし 選挙公報は.

次の

れいわ新選組の山本太郎代表が会見で、都知事選「立候補します」 政策は「東京オリパラの中止」「全都民に10万円給付」など

都知事 立候補 条件

概要 [ ] 第18代の辞任を受けて実施されたで当選を果たし、第19代知事に就任していたが、自らの公私混同問題などで世間の批判を受け、2016年に議長に「平成28年付を以て東京都知事の職を辞する」とした辞職願を提出し 、6月21日を以て辞職した為 、その後任を決めるための選挙である。 同年、は本選挙の日程を協議し、同年に選挙を告示し、同年7月31日に投票日を設定することを決定した。 選挙では2016年(と同日)のに次いで2番目にを含むが導入された。 選挙データ [ ] 告示日 [ ]• 2016年(平成28年)7月14日 投票日 [ ]• 2016年(平成28年)7月31日• 当選証書授与日:2016年(平成28年)8月2日 同日選挙 [ ]• ( 告示)• 選挙区• 選挙区• 選挙区• 選挙区 イメージキャラクター・キャッチフレーズ [ ]• 今回の都知事選については、前回2014年同様にイメージキャラクターにタレント・芸能人の起用はなかった。 また、今回の都知事選におけるキャッチコピーは『 この東京を決める選挙。 都選挙管理委員会が作成した動画や、啓発ポスターに使用されている。 主な争点 [ ] この節のが望まれています。 「政治とカネ」の問題• 問題・解消などの対策• ・開催費用の負担問題• などのへの対策• 候補者名 年齢 党派 肩書 公認 推薦・支持他 高橋尚吾 (たかはし しょうご) 32 無所属 元勤務 (たにやま ゆうじろう) 43 無所属 国際映像配信会社社長 (さくらい まこと) 44 無所属 創設者 (とりごえ しゅんたろう) 76 無所属 、、、 、、 推薦 (ますだ ひろや) 64 無所属 、、 推薦 前 元 (マック あかさか) 67 無所属 関連会社社長 (やまぐち としお) 75 国民主権の会 元衆議院議員 元 山中雅明 (やまなか まさあき) 52 未来(みらい)創造経営実践党 後藤輝樹 (ごとう てるき) 33 無所属 業 岸本雅吉 (きしもと まさよし) 63 無所属 (こいけ ゆりこ) 64 無所属 かがやけTokyo、自由を守る会 支援 元 元 (うえすぎ たかし) 48 無所属 フリージャーナリスト 七海ひろこ (ななみ ひろこ) 32 党広報本部長 元社員 (なかがわ ちょうぞう) 60 無所属 前 関口安弘 (せきくち やすひろ) 64 無所属 業 (たちばな たかし) 48 党代表 前議 (みやざき まさひろ) 61 無所属 映画学科教授 今尾貞夫 (いまお さだお) 76 無所属 医師 望月義彦 (もちづき よしひこ) 51 無所属 開発会社社長 武井直子 (たけい なおこ) 51 無所属 元講師 内藤久遠 (ないとう ひさお) 59 無所属 元 会社社員 立候補者の都政政策関連 [ ]• 高橋尚吾 -• 谷山雄二郎 -• 桜井誠 -• 鳥越俊太郎 -• 増田寛也 -• マック赤坂 -• 山口敏夫 - 都政策が書かれた公式サイトなし• 山中雅明 -• 後藤輝樹 -• 岸本雅吉 -• 小池百合子 -• 上杉隆 -• 七海ひろこ -• 中川暢三 -• 関口安弘 - 都政策が書かれた公式サイトなし• 立花孝志 -• 宮崎正弘 -• 今尾貞夫 - 都政策が書かれた公式サイトなし• 望月義彦 -• 武井直子 -• 内藤久遠 - 都政策が書かれた公式サイトなし その他の立候補に関連した人物 [ ] 以下は立候補しなかった者のうち、立候補を表明した者、各党が擁立しようとした者、メディアで立候補の可能性が報じられた者の一覧。 - 、• 2016年6月27日ので立候補を示唆した。 河野充喜 -• 2016年7月1日の記者会見で立候補を表明した が、届け出ず。 河野憲二(河野なみ平) - 元経営• 2016年7月5日に記者会見で立候補を表明した が、届け出ず。 2016年7月6日、記者会見で立候補を表明した が、届け出ず。 - 俳優・タレント• 7月8日、都内で記者会見し、「野党統一候補なら出馬する」と表明した が、3日後の11日、「都知事選への意欲を示してまいりましたが、正式に断念いたします。 自分の事情もありまして、タイムリミットもありました」 として出馬見送りを表明した。 - 元会長• 2016年7月11日の記者会見で立候補を表明した が、7月13日に「市民運動を担う人の間で、対立的な状況になりかねない」と 野党統一候補として決定した鳥越に譲る形で立候補を取りやめ。 一部で出馬が取り沙汰されたが、自身がキャスターを務めるの「」の番組内で出馬を否定している。 一部で立候補待望論が出たものの、投開票の当日に放送されるのの司会を担当するとして出馬を否定した。 - 、自由民主党衆議院議員• 自身を押す声が上がっていることについて「光栄だ」と述べている。 - 民進党衆議院議員、代表代行• 民進党が擁立を検討していたが、「候補だと勝手に出され不愉快だ。 出ることは絶対ない」として出馬を否定。 - 旧民主党元代表、元衆議院議員• 民進党が擁立を検討していたが、出馬を否定。 - 民進党衆議院議員• 民進党が擁立を検討していたが、出馬を否定。 - 前、元• 民進党が擁立を検討していたが、出馬を否定。 - 元• 民進党内から立候補を要請する動きがあったが出馬を否定。 - 元• 民進党が候補として最終調整を進めていたが、鳥越俊太郎に出馬を譲る形で断念。 - 前• 自由民主党内から擁立の動きがあったが、「関心がない」としている。 - 前、「」のメンバー・の実父• 6月17日に総務事務次官を退任し 一部で待望論が高まったが、出馬を否定した。 長男の櫻井翔は7月10日にの参議院選挙特番に出演。 - 元、長官• 候補として一部で名前が挙がったが、就任したばかりの長官の役目を投げ出すわけにはいかないとし、「(の100m背泳ぎで金メダルを獲得した時のタイム55秒05にかけて)5505%ぐらい(無い)」と出馬を否定。 - 元、社長• 自民党と公明党の支援があれば出馬する意向を示していた。 - 民進党衆議院議員、元• 民進党が長島を軸に候補選考を進めてきたが、長島が民進党が模索する共闘での都知事選出馬に否定的なことから候補から外れた。 - 民進党衆議院議員、民進党代表代行、元• 候補として一部で名前が挙がったが、6月15日に行われた参院選公約発表会見の席で出馬を否定。 - 弁護士、元、元、元共同代表• 立候補が取り沙汰されたが、出馬を否定• - タレント、元、元衆議院議員• 立候補が取り沙汰されたが、7月23日から7月31日まで上演される舞台「」出演のため出馬を否定。 - 小説家、放送作家• で都知事選出馬を示唆、朝日新聞の取材に対し「半分くらい本当」としていたが 、出馬せず• - タレント、実業家• 一部で立候補が取り沙汰されたが、出馬の要請はないとしている。 - 自由民主党、• 立候補が取り沙汰されたが、の職務を果たすとして出馬を否定。 - 参議院議員、元• 民進党都連内で擁立を目指すことが決定されたが、公示1週間前というタイミングもあり、松沢は「この状況で受けるのはかなり難しい。 物理的に間に合わない」と消極姿勢。 - 前• 自由民主党内から出馬を要請する動きがあったが、出馬を否定。 - 参議院議員、民進党代表代行• 選出で2016年に改選期を迎え、知名度も高いことから、民進党内では擁立論が高まったが、に行われた事務所開きにおいて、への出馬を明言、都知事選への不出馬を表明。 - 自由民主党参議院議員、実業家• に、自らが都知事になった場合には無駄遣いは絶対にしないと投稿し、出馬への意欲かと注目されたが、その後出馬しないことを明らかに。 関係各所の動向 [ ] 各政党・政治団体 [ ] ・・・の野党4党、6月21日、今回の都知事選の対応について、幹事長・書記局長会談を行い、都知事選の直前に行われたと同様に都知事選にも野党統一候補()擁立を決定。 7月12日、鳥越俊太郎が記者会見で都知事選への出馬を発表。 民進が鳥越の擁立を決め、これに、共産・社民・生活が同調。 鳥越の記者会見直後、野党4党は幹事長・書記局長会談を開き、鳥越を野党統一候補とすることで決定。 ・・なども追従し鳥越への推薦や支援を行っている。 一方で民進党の支持組織は民進党から推薦を要請されたが拒否、自主投票とした。 なお、民進党東京都連が出馬を要請していた古賀茂明は、鳥越に出馬を譲る形で断念。 またとの都知事選において社民党・共産党らの推薦を受けて出馬した宇都宮健児は、公示前日の午前中までは今回の都知事選に出馬する意思を示していたが、午後になって野党共闘を優先する形で出馬を断念。 小池百合子候補、衆議院議員若狭勝の東南口街頭演説 一方、は小池百合子が党に対し推薦願を提出し、石原伸晃自民党東京都連会長とも面談を行ったが、党内からは小池が党に無断で立候補表明したことに批判が噴出したことから、自民党東京都連が擁立した増田寛也に推薦を出すこととした。 これを受け小池は、推薦の希望を取り下げた。 増田への推薦決定に際し自民党都連は国会議員・地方議員へ「家族・親族を含め増田以外の候補を応援した場合除名などの処分対象とする」という文書を配布、党紀引き締めを図ったが、衆議院議員 や小池の地盤である・区議などの一部自民党議員が造反し小池を支援する動きも出る。 なお増田には自民のほか、連立与党のパートナーであるも支援 、自公連立与党を支援するも党として増田への推薦を出しているが 、党議拘束はかけておらず 、個人として小池を支援する党員も出ている。 そのため自民党も含め与党は、いわゆる『』となる。 なお、自民党が都知事選において分裂選挙となるのは、以来17年ぶり。 その一方で、松井一郎率いるは、今回の都知事選については独自候補の擁立や特定候補の支援をせず、候補者には一切関わらないとする方針を明らかに。 元都議で構成される都議会会派「かがやけTokyo」、および同会派所属の都議が代表を務める地域政党「自由を守る会」は小池支援を決定。 は、が前々回2012年の都知事選以来2回目となる公認候補として七海ひろこを擁立。 『国民主権の会』は代表で元労働大臣の、『未来(みらい)創造経営実践党』は党首・総裁で税理士の山中雅明、『NHKから国民を守る党』は代表で前千葉県船橋市議会議員のが、それぞれ公認で立候補。 また『』は同党総裁でセラピストのが、『地球平和党』は代表の関口安弘 がそれぞれ無所属で立候補。 一方で、前回2014年の都知事選でを支持したは、今回特定候補者の支援・支持を見送った。 東京都内の首長(区長・市長など) [ ] 今回の都知事選は、東京都内の市区町村の首長の間でも増田寛也・鳥越俊太郎・小池百合子の主要3候補に支持が分かれる形となった。 増田は、都知事選の告示前に、都内の大半の区長・市長と町村長が都知事選への出馬を要請。 区長会や市長会、町村長会によると、東京23区のうちの区長など21区長、26市のうちの市長など25市長、13町村に至っては13人全員が要請に参加。 都知事選のスタートと同時に、要請に参加した全員が増田の支持に回った。 鳥越には、かつて社民党衆院議員から転身したの区長や、市長選で・共産・社民などの支持を受け当選した市長・の市長といった野党共闘に参加した4党にゆかりのある首長が支持に回った。 小池には、自身が衆議院議員時代、(、の一部)が地盤であったことから、地元豊島区の区長が支持に回る。 選挙のタイムライン [ ]• が都議会議長に対し6月21日付での辞職願を提出、都議会は本会議において辞職に同意。 が立候補を宣言するファクスをマスコミに送付。 - 東京都選挙管理委員会が7月14日告示、7月31日投開票とする選挙日程を決定。 - マック赤坂が記者会見で立候補を表明。 舛添要一が同日付をもって、東京都知事を正式に辞任。 ・・・の野党4党が、・書記局長会談を内で行い、都知事選に野党統一候補を擁立を決定。 - が記者会見で立候補を表明。 - 、 が、それぞれ記者会見で立候補を表明。 - 河野充喜が記者会見で立候補を表明。 - 河野憲二 、今尾貞夫 、 が、それぞれ記者会見で立候補を表明。 - 立花孝志 、 が、それぞれ記者会見で立候補を表明。 - 高橋尚吾が記者会見で立候補を表明。 - が記者会見で「野党統一候補」という条件で立候補を表明。 、が、それぞれ記者会見で立候補を表明。 石田が記者会見で立候補を断念。 が記者会見で立候補を表明。 会見後、民進党・共産党・社民党・生活の党の野党4党は幹事長・書記局長会談を開き、鳥越を野党統一候補とすることで決定。 山中雅明 、 が、それぞれ記者会見で立候補を表明。 ・の連立与党が増田の推薦を決定。 の七海ひろこが記者会見で立候補を表明。 が増田寛也の推薦を決定。 宇都宮が記者会見で立候補取りやめを発表。 の代表(大阪府知事)が都知事選において党として特定の候補者を擁立・支援しない方針を表明。 選挙告示。 、後藤輝樹、岸本雅吉、関口安弘、、望月義彦、武井直子、内藤久遠が、それぞれ立候補を届け出る。 河野充喜、河野憲二、山口節生は、立候補を届け出ず。 - 選挙投票日、即日開票。 - 当選証書の授与。 その後、都知事就任。 選挙結果 [ ] 「上杉隆」および「立花孝志」の小数点3位までの票数は、第68条の2 に基づき、東京都選挙管理委員会より正式に発表された(同名の候補がいる場合に、得票比率に応じて配分される票)です。 小数点が入った値が公式な値です。 投票率は59. 39)。 当日の有権者数は11,083,306人(男5,431,190人、女5,652,116人)で、投票者数は6,620,407 人(男3,160,220人、女3,460,187人)、棄権者数4,462,899人(男2,270,970人、女2,191,929人)、投票総数6,620,300票。 有効投票数は6,546,362票、無効投票数73,938票、得票総数は6,546,361. 993票(按分の際切り捨てた票数0. 007票、いずれの候補者にも属さない票数0票)。 持ち帰りと思われる票数103票、不受理と決定した票数4票、無効投票率1. 7月31日20時00分に投票が締め切られ、開票確定の8月1日1時05分まで5時間5分を要した。 候補者別の得票数の順位・得票数 、得票率・惜敗率は以下のようになった。 得票率と惜敗率は未発表のため暫定計算とした(小数3位以下)。 59pts) 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 64 新 2,912,628票 44. 018票 2. 975票 0. 東京都知事としては初、全国的にも7人目となる女性知事が誕生。 現職では、知事・知事に続いて3人目。 投票日前までは接戦となる情勢が伝えられていたが、蓋を開けてみれば、小池が約291万票を獲得、次点の増田に100万票以上の大差をつけ圧勝に終わった。 また、自民党を飛び出す形で立候補した小池は自民をはじめとする政党からの推薦を得ずに出馬したが、調べの情勢調査では無党派層を中心に、自民党や民進・共産といった野党の支持層なども取り込んで幅広い支持を集めたのが、勝因となった。 一方、増田は自民党と公明党の連立与党、それに日本のこころを大切にする党の推薦を受けたが、得票は179万票獲得するも、自民党支持層の票がおよそ4割強、公明党支持層の票が2割ほど小池に流れてしまうなど「分裂選挙」の影響が出たことにより、小池に100万票を超える差をつけられ次点に終わる。 野党4党(民進、共産、社民、生活)が推薦し「」として出馬した鳥越も、与党系の分裂選挙となり、更に都議会の与党勢力の体質も問題視されていたため、当初は鳥越が優勢と見られていた [ ]。 しかし鳥越の出馬が公示直前であったことから、政策等の準備不足や4党の連携不足、更には週刊誌に女性問題が報じられたことや、岡田克也民進党代表が都知事選の投票日前日に9月開催のへの不出馬を表明したことが決め手となり、民進党や共産党などの『非自民』支持層の票の一部が小池に流れ 、鳥越は分裂した与党系の両候補に及ばない3位に終わった。 また、鳥越に譲るかたちで立候補を断念したは、鳥越の政策に対し国政レベルでは重要だが都政では重視するものではない改憲や脱原発を争点としたことが敗因ではないか、そして統一候補者を決める流れが不透明で、安倍政権を独裁と非難しておきながら候補者の決定の流れが不透明ではないかとコメントしている。 300万円の没収点は、有効投票総数の10分の1であるため、21名の候補者中18名が没収された。 選挙特別番組 [ ] テレビ番組 [ ] この節のが望まれています。 政見放送の一部音声削除 [ ] 今回の東京都知事選において、7月23日にで放送されたの中で、後藤輝樹がの名称など不適切発言を連発したことに対し、NHKは公職選挙法150条の2を適用、音声の大部分をカットした。 過去に政見放送の音声がカットされた例としては、のにおいてから立候補したがNHKで放送した政見放送(詳しくは「」を参照)がある。 なお、後藤は2020年の都知事選にも立候補しているが、この際で放送された政見放送において同様の理由から音声削除が行われている。 特定の3候補に偏った報道 [ ] 今回の東京都知事選の選挙期間中、各報道機関が、候補者21人中、増田寛也・小池百合子・鳥越俊太郎の3候補に偏った報道が目立ったことが一部の候補者から問題視された。 「泡沫候補」扱いされた候補者の中には閣僚経験者もいた。 7月23日ににて6候補(立花・中川・七海・上杉・山口・マック)による会見が行われ、25日に都選挙管理委員会と都庁記者クラブに対し「不平等な報道は公職選挙法とに反するのではないか」という趣旨の抗議文を提出する意向を示す。 7月25日には山口・上杉・中川の3候補の呼びかけにより「政策を演説・討論する場を設けたかった」(山口)として前にて合同演説会を行い、「主要候補」とされる小池を含め計12人が参加した。 山口によると、「主要候補」3人にも声を掛けたが、小池のみが応じたという。 7月27日には上杉・立花・七海・マック・内藤の5候補が自由報道協会にて会見を開き、連名でを除く在京の民放キー局(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・フジテレビ)と(BPO)に、報道姿勢を改めるよう求める連名の要求書・請求書を送ったと発表した。 この要請があった27日から29日にかけて指摘のあった4番組のうち、『ユアタイム』を除く3番組において増田・小池・鳥越の3候補を除く18候補の選挙活動を報じている。 小池百合子と自民党の関係 [ ] 今回の都知事選では、小池百合子は増田寛也を推薦した党方針に逆らって自民党を飛び出す形での立候補となり、また選挙期間中に自民党は所属の国会議員・地方議員に対し「家族・親族を含めて自民党公認(増田寛也)以外の候補を応援した場合除名などの処分対象とする」という文書を配布。 選挙後に自民党は小池に何らかの処分を下すといわれていた。 ところが、今回の小池圧勝の結果を受けた自民党本部は、小池に対する除名をはじめとする厳しい処分を見送る考えを示した。 2020年東京五輪に向けて協力関係が必要な国と東京都との関係に影響することや、都民の支持を集めた小池を処分することによる世論の反発を警戒したとみられる。 一方で、総裁特別補佐からは「反党行為だったことは事実」として、小池に対し党紀委員会で処分を検討すべきだとの声も上がっている。 なお、小池は都知事就任後に自民党総裁の首相と首相官邸で会談。 その中では、2020年東京オリンピック・パラリンピックのために政府と東京都の円滑な連携を要請した。 なお今回の会談では、自民党からの処分について会話されることはなかった。 また、今回の結果を受け、8月4日に行われた自民党東京都連の幹部会合で石原都連会長ら、都連幹部5人が選挙戦敗北の責任を取り、辞意を表明。 翌5日に行われた会合で都連幹部5人の辞任を正式に了承。 選挙後の9月、自民党の幹事長は、若狭の処分について「厳重注意」とすることを決めた。 また10月投開票のの候補者公募に若狭が参加することも認めた。 その一方、小池支援に回った豊島、練馬の両区議会の自民所属議員計7人に対し、離党勧告処分を決定。 なお、都連幹部は「10月末までにこの勧告に従わない場合は除名処分もあり得る」と説明。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 産経新聞. 2016年6月17日. 2016年6月17日閲覧。 2016年8月1日. 2016年8月1日閲覧。 時事ドットコム 2016年6月15日. 時事通信. 2016年6月17日閲覧。 日テレNEWS24 2016年6月21日. 日本テレビ放送網. 2016年6月27日閲覧。 毎日新聞 2016年8月1日• 日本経済新聞 2016年7月17日• 産経新聞 2016年7月11日• 朝日新聞• 政治山 2016年7月14日• 産経新聞 2016年6月27日• 朝日新聞 2016年7月8日• 毎日新聞 2016年7月11日• 産経新聞 2016年7月13日• 毎日新聞 2016年7月13日• スポーツ報知 2016年5月24日• 産経新聞. 2016年6月16日. 2016年6月19日閲覧。 産経新聞 2016年6月21日• 日本経済新聞 2016年7月12日• テレビ東京 2016年7月1日• NHK ONLINE. 2016年6月14日. 2016年6月19日閲覧。 産経新聞. 2016年6月15日. 2016年6月19日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年6月16日. 2016年6月20日閲覧。 日本経済新聞 2016年6月27日• 時事通信 2016年7月8日• 日刊スポーツ. 2016年6月15日. 2016年6月20日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年6月20日. 2016年6月20日閲覧。 日刊スポーツ 2016年6月17日• スポーツ報知. 2016年6月20日. 2016年6月20日閲覧。 毎日新聞 2016年7月8日• 毎日新聞. 2016年6月18日. 2016年6月19日閲覧。 時事通信 2016年7月12日• 時事通信 2016年7月13日. 2016年8月2日閲覧。 テレビ朝日 2016年7月11日• 日刊スポーツ 2016年7月14日• 週刊朝日 2016年7月20日• 毎日新聞 2016年7月12日• 北海道新聞 2016年7月13日• 東京新聞 2016年7月15日• 東京都議会議員 上田令子のお姐が行く! 2016年7月12日• 自由を守る会 2016年7月12日• 東京新聞 2016年7月23日• 時事通信 2016年7月25日• 朝日新聞 2016年7月7日• 読売新聞 2016年7月10日• 朝日新聞. 2016年6月16日. 2016年6月19日閲覧。 東京スポーツ新聞 2016年6月15日• 時事通信 2016年6月20日• 産経ニュース 2016年6月25日• 時事通信 2016年6月29日• 産経ニュース 2016年6月29日• 毎日新聞 2016年7月5日• 毎日新聞 2016年7月7日• 毎日新聞 2016年7月8日• FNN 2016年7月12日• 毎日新聞 2016年7月13日• 東京スポーツ 2016年7月12日• 時事通信 2016年7月12日• テレビ朝日 2016年7月13日• 共同通信. 2016年7月13日. e-Gov 2019年5月31日. 2019年12月28日閲覧。 東京都選挙管理委員会• 東京都選挙管理委員会• NHK 2016年7月31日• 時事通信社 2016年7月31日• 日テレNEWS24 2016年8月1日• TBS 2016年8月1日• 朝日新聞 2016年8月1日• 産経新聞 2016年8月1日. 2016年8月2日閲覧。 FNNNEWS 2016年8月1日• ハフィントンポスト 2016年8月5日. 2016年8月5日閲覧。 選挙ドットコム. 2020年6月22日. 2020年7月2日閲覧。 BLOGOS 2016年7月29日• 後藤輝樹様のオフィシャルブログ 2016年7月26日• 日刊ゲンダイ 2016年7月26日• ハフィントンポスト日本版 2016年7月28日• 弁護士ドットコム 2020年6月26日• 日刊スポーツ 2016年7月24日• 産経新聞 2016年7月26日• - Twitter 山口敏夫• J-CASTニュース 2016年7月27日• 産経ニュース 2016年7月30日• 産経ニュース 2016年8月2日• 時事通信 2016年8月1日• 日刊スポーツ 2016年8月5日• TBS 2016年8月4日• NHK 2016年8月5日• 毎日新聞 2016年9月6日• 産経新聞 2016年9月17日 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキニュースに関連記事があります。

次の