白羽アナ テレ東。 Vチューバ―の分身が大反響 テレ東・相内優香アナのスタジオ密着

川口春奈NHK見返す!実は大河ドラマ、沢尻エリカ、榮倉奈々の代代役だった!

白羽アナ テレ東

6月9日 火 に放送された「」 「」枠にて月1レギュラー放送。 MCを内村光良、近藤春菜 ハリセンボン 、澤部佑 ハライチ が担当。 "ツボる動画"を作成し、テレビ東京公式YouTubeチャンネルで世界へ発信するとともに、再生回数1000万回超えを本気で目指すプロジェクトだ。 公式YouTubeチャンネルでは、未公開映像も含めたオリジナル動画を配信中! 今回「」では、「リモート歌うま動画」を紹介していく! 今流行中の「リモート歌ってみた動画」。 美しい高音を持つ2人を掛け合わせれば、より美しい歌うま動画が作れるのでは!? 歌手にも引けを取らない美しいハイトーンボイスを、「もうアーティストだよね。 中垣くんは歌一本でいった方が良い」と内村は大絶賛する。 過去に田中瞳アナとコラボした歌うま動画では、再生回数318万回を突破。 そんな中垣アナと今回コラボするのは、あの超大物アーティスト。 奇跡の歌声・広瀬香美が降臨! 代表曲「ロマンスの神様」は170万枚以上の売り上げを記録。 「ゲレンデがとけるほど恋したい」「promise」など数々のヒット曲を持ち、「冬の女王」とも称される歌姫だ。 そんな広瀬さんとタッグを組めば、とんでもない動画が作れる予感…。 まずは広瀬さんが中垣アナの歌声をチェックすることに。 得意の「You Raise Me Up」を披露すると、女性顔負けのハイトーンボイスに「すごーい!」と思わず笑ってしまう広瀬さん。 スタジオの内村も「これが神の子です!」と誇らしげ。 中垣アナの歌声をさらにレベルアップさせるため、広瀬さんが直々に発声練習してくれることに。 唇をプルプル震わせて声帯を使うトレーニング「リップロール」を行うことで、より高音が出しやすくなるそう。 みっちり1時間ほど、マンツーマンでボイストレーニングを受けた中垣アナ。 喉の調子も整ったところで、今回コラボする人気曲を発表! コラボ曲は、「Official髭男dism」の大ヒット曲「Pretender」。 もうバズる要素しかありませんが、実はこちら、女性でも歌うのが難しいと言われる超ハイトーンソング。 過去に歌ったことがある中垣アナも、「一番高いところは出すのが厳しくて、裏声に逃げちゃったりする」と不安そう。 高くて地声では出ない部分も、トレーニング次第で地声で歌えるようになるとのこと。 ということで、広瀬さんによる高音の猛特訓がスタート!サビの冒頭「グッバイ」のフレーズを、裏声に逃げず地声で歌おうとして早速ハズしてしまう中垣アナ。 しかし広瀬さんは笑いつつも、「いいじゃないですか!めっちゃポテンシャル高い」と、その頑張りを高評価。 歌姫と神の子のハーモニー…果たしてどんなコラボ動画に仕上がったのでしょうか!? 神の子・中垣アナの挑戦はまだまだ続く!.

次の

テレ朝・斎藤ちはるアナを超えられるか?TBS新人アナの高ポテンシャル

白羽アナ テレ東

TBSの視聴者参加型クイズ番組「ベルトクイズQ&Q」(1969~80年)の司会などで知られる押阪忍アナウンサー(82)がNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜前8・00)の第116話(15日放送)にクイズ番組の司会役で出演することが14日、分かった。 2時間ドラマや映画出演歴はあるが、朝ドラは初。 当初はオファーに迷ったものの、押阪アナは「役者の1人というよりは、司会者として回答者の方を引っ張っていかなければならないという仕事魂が湧きました」と収録に挑んだ。 第116話は、ヒロイン・みね子(有村架純)の向島電機時代の仲間・豊子(藤野涼子)がクイズ番組に出場。 押阪アナは、その番組の司会者を演じる。 制作側が「今回、『ベルトクイズQ&Q』を拝見して視聴者との絶妙な掛け合いが素晴らしいと思いました。 劇中のクイズ番組でも、このライブ感を表現したいと考え、押阪さんにお願いしました」と白羽の矢を立てた。 オファーを受けた押阪アナは「お話を頂いて、最初はかなり躊躇しました。 当時は珍しかった視聴者参加型の番組で、一般の方と楽しく10年続けさせていただきましたが、放送されていたのは民放でしたから『なんで?NHKさんが私を?』と不思議に思いました」と感想。 それでも「役者の1人というよりは、司会者として回答者の方を引っ張っていかなければならないという仕事魂が湧きました」と挑戦を決意。 「NHKの番組などにもゲストで出させていただいていましたが、クイズの司会をするのは久々でした。 『ベルトクイズQ&Q』をご存じの方々は、私の声や雰囲気で『あ、出たかった番組だ』と懐かしんでくださるのではないかと思います。 画面を見たら『ああ、押阪さん、歳取ったな』と、昔の若い時とオーバーラップしていただけるかもしれません」と視聴者の反応を楽しみにしている。 1958年(昭33)、日本教育テレビ(現テレビ朝日)にアナウンサーとして入社。 71年に退社した後は「ベルトクイズQ&Q」や日本テレビ「特ダネ登場!?」フジテレビ「プロ野球ニュース」など数々の番組で活躍した。 今年6月に亡くなった女優の野際陽子さん(享年81)とは同期。 野際さんも58年、NHKにアナウンサーとして入局した。 野際さんや秋山和平君(元NHKアナウンサー)は同期です。 その頃に思いを馳せ、収録当日はワクワクしながらNHKに入りました。 控え室での待ち時間にもスタジオ前を色々な方が通られて、楽しい1日でした」と満喫。 「同時に、野際さんのことを思い出しました。 大学(立教大学)も一緒で、親しかったものですから」と感慨深げで「良い思い出を頂けて、ありがたいと思っています」と朝ドラ出演に感謝した。

次の

テレ東・西野アナが行きますんで!「踊る」紺野アナの次は「歌う」

白羽アナ テレ東

TBSの視聴者参加型クイズ番組「ベルトクイズQ&Q」(1969~80年)の司会などで知られる押阪忍アナウンサー(82)がNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜前8・00)の第116話(15日放送)にクイズ番組の司会役で出演することが14日、分かった。 2時間ドラマや映画出演歴はあるが、朝ドラは初。 当初はオファーに迷ったものの、押阪アナは「役者の1人というよりは、司会者として回答者の方を引っ張っていかなければならないという仕事魂が湧きました」と収録に挑んだ。 第116話は、ヒロイン・みね子(有村架純)の向島電機時代の仲間・豊子(藤野涼子)がクイズ番組に出場。 押阪アナは、その番組の司会者を演じる。 制作側が「今回、『ベルトクイズQ&Q』を拝見して視聴者との絶妙な掛け合いが素晴らしいと思いました。 劇中のクイズ番組でも、このライブ感を表現したいと考え、押阪さんにお願いしました」と白羽の矢を立てた。 オファーを受けた押阪アナは「お話を頂いて、最初はかなり躊躇しました。 当時は珍しかった視聴者参加型の番組で、一般の方と楽しく10年続けさせていただきましたが、放送されていたのは民放でしたから『なんで?NHKさんが私を?』と不思議に思いました」と感想。 それでも「役者の1人というよりは、司会者として回答者の方を引っ張っていかなければならないという仕事魂が湧きました」と挑戦を決意。 「NHKの番組などにもゲストで出させていただいていましたが、クイズの司会をするのは久々でした。 『ベルトクイズQ&Q』をご存じの方々は、私の声や雰囲気で『あ、出たかった番組だ』と懐かしんでくださるのではないかと思います。 画面を見たら『ああ、押阪さん、歳取ったな』と、昔の若い時とオーバーラップしていただけるかもしれません」と視聴者の反応を楽しみにしている。 1958年(昭33)、日本教育テレビ(現テレビ朝日)にアナウンサーとして入社。 71年に退社した後は「ベルトクイズQ&Q」や日本テレビ「特ダネ登場!?」フジテレビ「プロ野球ニュース」など数々の番組で活躍した。 今年6月に亡くなった女優の野際陽子さん(享年81)とは同期。 野際さんも58年、NHKにアナウンサーとして入局した。 野際さんや秋山和平君(元NHKアナウンサー)は同期です。 その頃に思いを馳せ、収録当日はワクワクしながらNHKに入りました。 控え室での待ち時間にもスタジオ前を色々な方が通られて、楽しい1日でした」と満喫。 「同時に、野際さんのことを思い出しました。 大学(立教大学)も一緒で、親しかったものですから」と感慨深げで「良い思い出を頂けて、ありがたいと思っています」と朝ドラ出演に感謝した。

次の