ゆで卵 簡単。 超簡単プロ技 ! ゆで卵キレイにむく方法&味付け玉子の作り方レシピ! ゆで卵を簡単にむく方法&味玉の美味しい作り方 !【この差って何】

時短! 節約! 手間いらず! 超簡単な「ゆで卵」のつくり方と失敗しない早ワザ殻むき

ゆで卵 簡単

卵をゆでるだけの「ゆで卵」はとってもシンプルな基本の料理。 人によっていろんな作り方があるけれど、結局どれが正しい作り方なのかは、意外に知りません。 やっぱり失敗せずに、美味しく作りたい! そこで、今さら聞けないゆで卵の作り方について、疑問に思っていたあれこれを、伊勢丹新宿店の料理のプロ・鈴木理繒シェフに教えてもらいました。 Q:卵は冷蔵庫から出して、すぐにゆでる? A:卵は常温に戻してからゆでるのがおすすめ。 常温に戻すことで、卵の温度が水の温度と近くなり、ゆでる時間が短縮できるというわけです。 冷蔵庫から出したばかりなら、ボウルに水をはって卵を入れ、10分くらいおくといいでしょう。 Q:卵は水からゆでる? お湯からゆでる? A:卵は水からゆでるのがおすすめ。 お湯に入れてゆでるよりも、水に卵を入れたほうが温度差があまりないので、ひび割れる心配が少なく、ゆでる時間が少し短くなります。 ゆでる水の量は卵の半分の高さくらいでもOKです。 ただし水が少ないので、必ずふたをしてゆでてください。 Q:黄身を真ん中にするコツは? A:水が沸騰するまで箸で卵を静かに転がすと、黄身が真ん中にきます。 卵の半量ほどの水でゆでる場合、沸騰したらふたをしてゆでましょう。 Q:とろとろ卵、半熟卵、固ゆで卵を作る、時間の目安は? 右から時計回りに、「とろとろ卵」「半熟卵」「かたゆで卵」 A:卵は水からゆではじめ、鍋から火がはみ出さない程度の強火にし、プクプクと気泡が立って沸騰したら、中火にして時間を計ります。 「とろとろ卵」なら約5 分、「半熟卵」なら7~8分、「固ゆで卵」なら約9分。 ただし、どんな鍋でゆでるか、メーカーごとの火力の違い、ガスかIHなど、家庭の環境によって微妙に変わるので、時間はあくまで目安です。 Q:卵の殻をツルンとむく方法は? A:ゆで卵を急冷するのがコツ。 ボウルに氷水を用意し、ゆであがった卵をすぐに取り出して、氷水につけてしっかり冷まします。 このとき、卵の殻にヒビを入れるとよりむきやすくなります。 ゆでたては殻の中身が膨張しているので、急に冷水に入れるとキュッと締まり、殻との間に隙間ができてむきやすくなるのです。 ちなみに、新鮮な卵ほど殻がむきにくいです。 Q:ゆでている途中で、白身がはみ出さないようにするには? A:ゆでる水に酢大さじ1くらいを入れてから、ゆでるといいでしょう。 お湯の中で卵がぶつかって卵の殻が割れることがありますが、酢はタンパク質を凝固させる力があるので、殻が割れても白身を湯に出さずに固めてくれます。 ひと晩おけば美味しさアップ! 「ゆで卵を使って、わが家でよく作るレシピをご紹介します。 ひと晩おくと鶏のうまみが卵にしみて、朝食やお弁当のおかずにピッタリです」と鈴木シェフ。 黄身がトロ~っとした半熟卵を使うと、よりごはんがすすむおかずに。 お酒のつまみにもなりそうです! 材料(2人分)• ゆで卵(半熟卵)…2~3個• 鶏もも肉…1枚• 長ねぎ…1本• サラダ油…大さじ1• 砂糖…大さじ4• だし汁…1カップ(200cc)• 酒…大さじ2• しょうゆ…大さじ5• みりん…大さじ2 作り方• 鶏肉は一口大に切る。 長ねぎは3~4cm長さに切る。 しょうがは薄切りにする。 鍋にサラダ油と長ねぎを入れて中火にかけ、焼き色をつける。 鶏肉としょうが、砂糖、だし汁を加えて中火にかけ、鶏肉に火が通るまで煮る。 酒、しょうゆ、みりんを加えてひと煮立ちしたら火を止める。 にゆで卵を加えてキッチンペーパーをかぶせ、粗熱がとれるまでおく。 できれば一晩以上おくとよい。

次の

知っておいて損なし!ゆで卵の殻が簡単にむける「ゆで方」と「むき方」それぞれにコツがあるんです【筋肉料理人】

ゆで卵 簡単

1 鍋に卵を入れます。 幾つでもOK! 作りたいだけ(重ねずに)並べて下さい。 2 水を鍋の底から1cmくらい入れます。 3 強火にかけます。 沸騰したらフタをして、中火にします。 3分間茹でます。 4 3分経ったら、火を止めます。 そのまま5分間放置します。 半熟卵は短めに。 手が熱い人は、水に濡らしながら剥いて下さいね。 ホーロー鍋や土鍋は長く保温できます。 冬場や寒い所では、バスタオルで包んでおくと熱が逃げ難いのでしっかり余熱保温できます。 14) 2015. 14 10:46 こんにちは。 楽天レシピスタッフです。 いつも楽天レシピをご利用いただきありがとうございます。 このたび、こちらのレシピが2015年閲覧数ランキング第2位になりました。 おめでとうございます!! つきましては、『2015年 年間人気レシピランキングTOP10』特集ページに掲載させていただきましたので、ご報告させていただきます。 rakuten.

次の

簡単&時短!基本のゆで卵の作り方・コツ|長谷工グループ「ブランシエラクラブ」

ゆで卵 簡単

ゆで卵のからむきって苦労した経験って誰でもありますよね。 卵の殻が薄皮と一緒に白身にくっついて綺麗にむけなくてイライラしてしまいます。 そんなゆで卵を剥いた後の表面はガタガタになって美味しくなさそうな感じ。 ちょっと白身も取れちゃったりします。 このゆで卵のからむきを簡単にする方法はいくつかあると思います。 テレビでも裏技などを紹介する番組もあります。 いろいろ試してはみるのですが、個人的には「コレが一番楽だな!」と思った方法があるのでここに紹介しておきます。 普通のゆで卵の作り方。 まずは復習 ゆで卵の作り方はわかりますね。 義務教育の家庭科の授業でやった覚えがあります。 一応、作り方を復習しておきましょう。 鍋にたまごを入れて水で隠れるくらいにひたひたにします。 塩ひとつまみを入れ、火を着けます。 菜箸などでゆっくり転がして、黄身が偏らないようにします。 沸騰したら中火にし、さらに11~12分程度茹でます。 出来上がったら、すぐに冷水に入てたまごを冷やします。 これでゆで卵自体はできるのですが、殻を剥くとくっついちゃうんですよね。 茹でたての卵をよく冷やせば綺麗に殻はむけるという話は聞いたことがあるのですが、そうでもあったりそうでもなかったりという感じではないでしょうか。 このゆで卵を作る前に、ちょっとだけ一工夫すると簡単につるんとむけるようになるんです。 ゆで卵のからむきが簡単になる茹で方 では、ゆで卵のからむきが簡単につるんとむけるようにするにはどうすればいいのか? それは、ゆでる前の生卵に小さなヒビを入れておけばいいのです。 確かおでん屋さんだったか、煮卵をたくさん作るお店がゆで卵を作る時にやっていた方法でやってみるのがいいのではないでしょうか。 その方法はコレです。 卵の殻にあらかじめヒビを入れておく。 殻にはこれくらいのヒビが入ればOKです! スプーンを用意して、スプーンの腹の部分で軽くコンコンと卵の殻を叩きます。 少しだけヒビが入れば十分です。 割れて中身が出てしまうのではないかと心配になりますが、そのあたりはちょっと力の加減を練習するしかありません。 でも、案外大丈夫です。 卵のパック容器の上から叩いてみれば、失敗しにくいと思います。 このヒビの入った卵を使って、普通にゆで卵を作るように調理すればオッケーです。 卵の下側の空洞になっている部分を軽く叩いてヒビを入れるのがいい感じですよ。 茹でている時に、白身が出てくるのではないかと思いますが、そこも案外大丈夫です。 まあ、吹き出ちゃうこともありますけどね。 これはヒビを入れていない卵でもなったりしますから気にしません。 ゆで卵の殻がむきやすくなる理由 殻にヒビを入れてゆで卵を作るとなぜ殻がむきやすくなるのかというと、殻のヒビの隙間から水分が入って白身と薄皮がくっつかないようになるからだそうです。 よく、タッパーに水とゆで卵を入れて、ガシャガシャ振ると殻がむけやすくなるという方法もありますが、これも同じような仕組みですね。 でも、あらかじめヒビを入れておく方がとても簡単にむけますよ。 まとめ 冷めてしまうとむけにくくなるように感じますが、全体にヒビを入れてまた水にしっかりとさらせば、簡単につるんとむけるようになります。 あまりにも簡単にむけるので、最近、ゆで卵を食べすぎてしまうようになりました。 その辺は注意しましょう(笑).

次の