ブレスオブザワイルド ゼルダ。 ハイラルの平和は後回しで! 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をゆるーく楽しむ方法

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編発売はいつ?厄災ガノン復活か?

ブレスオブザワイルド ゼルダ

とりあえず「ハイラル」は放っておいて、のんびりしましょう 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(以下、ブレス オブ ザ ワイルド)が話題です。 ブレス オブ ザ ワイルドとは、Wii Uおよび任天堂の新ハードNintendo Switch用のソフトとして発売された「ゼルダの伝説」シリーズの最新作。 プレイヤーは勇者リンクとなり、舞台となるハイラル王国をおびやかす悪と戦うという内容のアクションRPGです。 今作は、最初から制限なくどこへでも行っていいという自由さから、序盤でラスボスの場所に向かうというスピードプレイをしている人がいることでも話題になっています。 そんなブレス オブ ザ ワイルドですが、中には 自分とは無縁と思っている人もいるのではないでしょうか。 「面白いって聞くけど、難しそう」 「アクションゲームは苦手だし……」 「そんなのいいから早く『どうぶつの森』の新作がやりたい」 分かります。 分かります。 私も、まさにそう思っていました。 しかし、今作はアクションRPGでありながら、私のように 普段ほとんどゲームをしない人や、アクションゲームが苦手な人でも楽しめる要素が満載なのです。 ストーリーをうまく進められなくても、敵を倒せなくても、めちゃくちゃ楽しい! そんな ライトゲーマーによる、ブレス オブ ザ ワイルドをゆるーく楽しむ方法をご紹介します。 ハイラルなんて放っておいて、のんびりやりましょう 『どうぶつの森』みたいに楽しめる 任天堂は『どうぶつの森』というゲームも出しています。 どうぶつたちが住む村の住人になって、村の仲間とおしゃべりしたり、家の中を飾ったりしながらのんびり過ごすというもので、私も大好きなゲームです。 特に、村で魚や虫をとって図鑑を埋めていくのが何よりの楽しみなのですが、ブレス オブ ザ ワイルドでは、うんとリアルな空間でそれができるのです。 ブレス オブ ザ ワイルドでは、フィールド上に出てくるほぼ全ての生き物をとることができます。 虫や魚、植物はもちろん、シカやイノシシ、鳥にクマまで出てきます。 場所や時間、天候によって出現する生き物が変わる、しゃがんでゆっくりと近づかないと逃げられてしまうなど、どうぶつの森との共通点も多く、これだけでかなり楽しめます。 どうぶつの森同様に図鑑もありますが、対象物を写真におさめることが図鑑登録の条件というのは個人的には厳しい仕様で、ちょっとつらいです。 また、どうぶつの森ではのんびりと釣り竿をたらして魚をとりますが、ブレス オブ ザ ワイルドでは、 川に爆弾を投げ込んで気絶した魚を手づかみでとります。 なんて野性的なんだ。 捕獲した生き物は、料理に使うことができます。 これまでのゼルダシリーズでは、草むらを切ると回復用のハートがぴょんと飛び出してきましたが、ブレス オブ ザ ワイルドでは そのような理屈のないことは起こりません。 自分で作った料理を食べて回復します。 材料の組み合わせによってさまざまな料理ができるので、レシピ開発にいそしむのも楽しいです。 ずっと肉やキノコを焼いただけのものをモソモソ食べていた私のリンクですが、最近初めてスイーツを作りました。 「リンゴバター」という、リンゴをバターで炒めただけっぽいものでしたが、大満足です。 でも、それをとがめる人はいません。 とことん自由。 それがブレス オブ ザ ワイルドです。 村育ちにはびっくりの野性的な漁をするリンク 暇になったら、ボコブリンの集落を眺めて過ごそう! 狩りと料理に飽きたら、ボコブリンの集落を見学に行きましょう。 ボコブリンとは、小さなオニのような敵キャラで、集落を作って生活しています。 あまり近づきすぎると気づかれて攻撃されるので、少し遠くから、できればちょっと高い所から見下ろすのがいいでしょう。 ボコブリンたちは、昼間は何やらキャッキャとはしゃいでいます。 みんなで狩ってきたらしい大きな肉を焼いていることも多いです。 そんなボコブリンたちの楽しげな様子を眺めるのが、勇者生活の大きな癒しとなります。 夜になると、ボコブリンたちは地面に横になって眠ります。 リンクは何日でも眠らずに走り回っている異常者なので、モンスターなのに普通に眠るボコブリンがすごくかわいく見えます。 望遠鏡を使って、かわいい寝顔を存分に堪能しましょう。 見学にも飽きたら、今度は物を投げ込んでみましょう。 ボコブリンたちは、頭上に「?」マークを出しながら寄ってきます。 「これなんだろうねー?」なんて声が聞こえてきそう。 キュンとします。 でもそれ、爆弾でごめんね! 大勢集まった所で起爆させ、肉を横取りしてしまう所までが、ブレス オブ ザ ワイルドです。 好きなときに起爆できる「リモコン爆弾」便利だなー 生々しい死にぞっとしよう! これまでのゼルダシリーズに比べ、ブレス オブ ザ ワイルドは 猛烈にゲームオーバーになります。 そして、死の描写が異常なまでにリアルです。 特に今までできなかった「崖に登る」というアクションがうれしくてたまらず、どこでも登りまくってしまうのですが、距離感が分からなかったり、がんばりゲージ(崖に登るために必要な力)がなくなってしまったりして、転落死の機会がぐっと増えました。 落ちる寸前にリンクがする「あっ」という仕草と、地面に到達したときのドサッという音があまりにも生々しくて、毎回背筋が凍ります。 斜面に落ちると、倒れたリンクの体がズサーッと滑っていく映像を見せられるので、 「もうやめてくれー!! 」という気分です。 再び復活したときに見る、ハイラルの景色の美しさときたらありません。 生命の喜びを感じます。 リンクが死ぬ度、画面に「GAME OVER」と文字が出るのですが、その死因によって文字の色が変わるという謎の演出があります。 転落死や敵にやられた場合は赤、凍死は水色、感電死は黄色ですが、余計なお世話の一言ですね。 しかし、ブレス オブ ザ ワイルドでは、ストーリーで指定された場所へ向かうのにも何通りものルートがあり、回避できる関門もあり、とにかく自由。 自分で考えて、自分の思う通りのやり方で攻略できるのが、最大の魅力です。 のんびりと自然を楽しみながら進むのも良し、崖を登りまくり、野原を駆け回るのも良し、図鑑を埋めるのも良し、裸のままで一気にラスボスを倒しに行くのも良しです。 私は最近、 10分間軽くハイラルを散歩するだけ、なんていうさらにゆるゆるのプレイも楽しんでいます。 歩きながら、気ままに木の棒を拾ったり、虫をとったり、犬と仲良くなったりと、小学生みたいなリンクをやっています。 ストーリーがうまく進められなくても、敵を倒せなくても、楽しみ方は無限大! 自分の好きなやり方で、ブレス オブ ザ ワイルドを楽しもう!.

次の

王家の弓・王家の剣で楽々攻略。トロイワ高原のヒノックス狩りがオススメ【ゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルド】

ブレスオブザワイルド ゼルダ

100点 長所 ・美しい世界 ・隙のない戦闘システム ・あらゆる手段で攻略できる 短所 ・武器を修理させてほしい ゼルダ初心者、ゼルダの大ファン、単に凄い物を見たいだけの人、誰であってもがっかりする事はない。 100点 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は私がこれまでプレーした中で最高のゲームの一つだ。 広大で美しく予想不可能な世界はあなたを何時間も何日間も何週間も拘束するだろう。 もしあなたが過去のゼルダシリーズについて気に入らない事があっても、このゲームを見逃してはいけない。 100点 長所 ・美しくロマンチックなオープンワールド ・たくさんのパズル ・バカげているが驚くほど人間的なNPSたち ・世界を彩る繊細なサウンドトラック ・厳しい戦闘システム ・探索を魅力的にするサバイバル要素 ・大量の謎と発見 短所 ・ときおりフレームレートが低下する 100点 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』から19年、私たちはあれほどまでにワクワクし、興味の持てる世界に出会えなかった。 「時のオカリナ」は19年間に渡ってゲーム史に残る到達点であると同時に最も愛されている偉大なゲームだ。 しかし、「ブレス オブ ザ ワイルド」以降は2位に安着するのかもしれない。 100点 長所 ・常に楽しい ・唖然とする美しさ ・完璧に現代的なゼルダ 短所 ・フレームレートの低下 ・一部テクスチャのフェードイン 大げさでもなんでもなく、ゼルダの最高傑作が生まれたかもしれない。 わずかな欠陥にも関わらず、この圧倒的なゲーム体験は忘れようがない。 100点 長所 ・巨大なオープンワールド ・エキサイティングな戦闘 ・よくできたパズル ・巧妙なAI ・魅力的な対話 ・あらゆる細部とインタラクティブ性へのこだわり 短所 ・リンクの名前を変更できない ・ぼやけたカラーが美しいビジュアルを損なう事も 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はおそらく、ゼルダシリーズ最高傑作である。 ゲーム史上最高のシリーズにおける最高傑作という事は、つまりゲーム史上最高傑作である。 100点 簡単な話、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は史上最高のゲームだ。 ゲームというジャンルそのもののターニングポイントであり、後世の研究材料だ。 もしあなたがゲームをプレイする手段を持たないならどうすればいいか? 必要なものを買えばいい。 100点 現代的なアクションRPGにサンドボックス的システムと独自の捻りを加えたゼルダ? マーベラス。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は私たちが待ち望んでいたゼルダだ。 そして、それは待つだけの価値があった。 100点 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はこれまでで最高のゼルダであるだけでなく、これまでで最高のビデオゲームだ。 「時のオカリナ」よ、その王冠を手放すときがきた。 100点 ディレクター藤林秀麿、プロデューサー青沼英二、そして任天堂のチームは「ゼルダ」を根底的に再定義しました。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は傑作です。 100点 このセンスオブワンダーは私が7歳の時に『神々のトライフォース』をプレイして以来、感じたことがないものだ。 その後、10代の私にとって『時のオカリナ』だけが唯一、この感覚を思い出させるゲームだった。 30代になった今、もはやかつてのような感動を得る事は不可能だと信じていた。 私は12年間、職業としてゲームのレビューをし続けた。 「操作性はグッド、グラフィックは美しい、メカニックは革新的、スキルツリーは物足りない・・・」 これらの「レビュー言語」では、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』がいかに私を感動させたかを伝えきれない。 任天堂はゼルダの長い伝統に大きな変更を加えたが、発見のスピリットは強いままだ。 私はもうこれ以上のゼルダマジックがあるとは思わないが、しかし、それが間違いならこんなに嬉しいことはない。 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に対する海外の反応まとめ.

次の

press.prosperity.com: ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ブレスオブザワイルド ゼルダ

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドで、序盤~中盤に強い武器を入手するなら、トロイワ高原のヒノックス狩りが便利と思うので、書いておきます。 3日くらい前には知ってた件ですが、ゲームを進めても、なかなかこの強さの武器は他では入手できない気がするのでオススメしておきます。 トロイワ高原の場所はこの辺(黄色いマークの地点)。 最寄りの祠は、シ・ヨタの祠か、 ラネール山のジター・サミの祠。 ゾーラの里の神獣を攻略済みなら神獣からパラセイル。 ラネール山のクエストを攻略済みならジター・サミの祠からパラセイルで下るのが楽な方法です。 ヒノックスの攻略方法ですが、 目が弱点なので、弓矢で射ると、 どどーん。 と尻もちを付くので、そこを斬りかかればOK。 その場合でも、足と足の間を斬ればOK。 最後は目を隠すようになってきますが、うまいことタイミングを見計らって目を射るか、力で押せばOK。 ちなみに、電気の矢を使っても、ビリビリ痺れてくれません。 ドロップする武器の種類は運で決まりますが、 今のところ、王家の弓(攻撃力38)は必ず出ています。 あと、序盤に入手できる片手剣としてはかなり強い「王家の剣(攻撃力36)」もドロップすることがあります。 この付近の宝箱からも剣か弓のどっちかが出た気がしますが、詳細は忘れちゃいました。 ちなみに、トロイワ高原南端には、HP3000という凶悪な「青髪のライネル」がいるので要注意。 そういう意味では、南からより北から入ったほうが安全かもしれません。

次の