フォロワー ズ netflix。 「followers(フォロワーズ)」評判 面白いけど「古い」「ダサい」とは?

【Netflix vs Hulu】マーベル作品見るならNetflix?Hulu? どちらが良いのか徹底比較!

フォロワー ズ netflix

Netflixは、6月に配信の作品ラインナップを発表した。 鬼才スパイク・リー待望の最新作「ザ・ファイブ・ブラッズ」、 スタジオコロリドが贈る新作長編アニメ「 泣きたい私は猫をかぶる」など新作映画のほか、「フラーハウス」 「13の理由」「クィア・アイ」 など人気ドラマやリアリティ番組の新シーズンが配信開始。 その他の注目作品も順次配信される。 NETFLIX 映画 ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム 6月5日配信 「ブライト」のエドガー・ラミレス、「第9地区」のシャールト・ コプリーら出演の近未来アクション・スリラー。 アメリカ政府が人の脳へ向けて違法行為をさせない電波を発信して コントロールするという日が間近に迫る中、 銀行強盗団は最後に大仕 事を企てる。 ザ・ファイブ・ブラッズ 6月12日配信 鬼才スパイク・リー監督が放つ待望の最新作! ベトナム帰還兵の男たち4人は、 埋蔵金と戦死した隊長の遺骨を探して戦争の過酷な記憶が残るベト ナムを再び訪れるが、 そこで目にしたのは彼らの想像を超えた戦火によって生み出された 衝撃の事実だっ た。 監督は佐藤順一と柴山智隆、 脚本は岡田麿里、志田未来と花江夏樹のW主演も話 題! WASP ネットワーク 6月19日配信 90年代のマイアミで、 キューバのカストロ勢力に対するテロ活動を阻止する目的で密かに 亡命者組織に潜入したキューバ人スパイらの活躍と苦悩を描く実話 に基づく物語。 涙と笑いが溢れるセルフケア大作戦がスタート! 5ファースト・デート: シーズン2 6月12日配信 6人の独身男女の初対面ブラインド・ デートを赤裸々に描いて話題となったリアリティ番組のシーズン2 が配信開始! 何も知らずデートした5人の中から2回目のデートに選べるのはた った1人だけ! サイコだけど大丈夫 6月20日より毎週新着エピソード配信 韓国人気俳優キム・スヒョン主演のラブロマンスが配信開始! 愛を信じられず兄の世話だけに身を捧げる介護士ムンは女性児童書 作家のコに出会う。 心に傷を抱え互いに癒し合う2人が愛の形を紡ぎ出す。 そのほか ・「 ル・ポールのドラァグ・レース: 素顔のクイーンたち: シーズン12」( 6月配信予定) ・「 バキ: 大擂台賽編」( 6月4日配信) ・「 リアリティZ」( 6月4日配信) ・「 ザ・オーダー 暗黒の世界: シーズン2」( 6月18日配信) ・「 The Sinner -隠された理由-: ジェイミー」( 6月19日配信) ・「 ビューティフル・シングス: 人生にボサノヴァを: シーズン2」( 6月19日配信) ・「 ザ・ポリティシャン: シーズン2」( 6月19日配信) ・「 マジカル・クッキング」( 6月24日配信) ・「 ジェイ流で行く世界旅行 第10話」( 5月23日配信) Netflix.

次の

『フォロワーズ』シーズン1あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(売れない女優がSNSでバズりスターに!Netflixネットフリックス)

フォロワー ズ netflix

「こうあるべき」という押しつけを軽やかにはねのけて、性別も選択肢も自由に選ぼうとしている「グラデ世代」。 タレントでエッセイストとしての顔も持つ小原ブラスさん。 Netflixで話題のオリジナルドラマ「Followers」を観てブラスさんが抱いたモヤモヤとは。 記事末尾でコメント欄オープン中です!• 2月末に公開されたNetflixオリジナルドラマ「Followers」が話題だ。 渋谷の駅前の広告で大々的に宣伝をされているのを見たが、このドラマのキャッチコピーはこの通りだ。 「女を理由に、諦めなかった女たちがいる。 」 「様々なライフスタイルの女性たち。 SNS社会において直接的、あるいは間接的に影響し合っている人々を、現在のTOKYOのリアルを交えながら描く。 」 男社会と言われるこの日本で性別にとらわれずに、リアルに生きる女性達の現代の新しい生き様を描く、まさに今熱い内容だ。 Netflixが莫大なお金をかけ、全世界190か国に配信したこのドラマ、新しい価値観を見せてくれることを期待したが、まさか見終わった時にこんなにイライラするとは思わなかった。 このドラマは主に2パターンの女性が登場する。 成功を夢見て社会の底でもがく女性と、既に成功し女としての幸せを掴むことを夢見る女性。 この2パターンの女性が男社会に抵抗しながらも、それぞれの夢を追いかけるストーリーだ。 「女としての成功ってなんだろう?」 「女としての幸せってなんだろう?」 これを考えていくことがこのドラマの目的のようだ。 成功を夢見てもがく女性の代表的な人物は、池田エライザさん演じる百田なつめ。 彼女は、成功することを夢見る売れない女優だ。 一応芸能事務所に所属をして活動をするも、オーディションに落とされ続ける日々。 オーディションは大手芸能事務所に所属する女の子ばかりが採用され、自分には残り物の仕事しか回ってこない。 そんな彼女は言う。 「自分は単なる丸。 」 悪いところはないけど、格別良いところもない。 むしろ自分が本来持っているトゲを隠し、社会に合わせて丸くなっているのに、社会は評価をしてくれない。 そんな彼女がある日、とある広告撮影の代理役として選ばれる。 代理なので基本的には撮影時の立ち位置チェック等の仕事をするだけなのだが、「どーせ君は映らないから」とスタッフに言われたことをきっかけに、丸くあることに限界を迎える。 怒りに涙する百田が壊れてトゲのある姿を晒した瞬間にカメラのシャッターを切った人物がいる。 中谷美紀さん演じる、超売れっ子カメラマンの奈良リミだ。 百田のトゲのある姿を映した写真を奈良は自身のインスタに投稿、それをきっかけに百田は有名になり成功の道を歩む。 トゲのある姿を隠すことをやめ、単なる丸でなくなった時に成功の道を駆け上がっていく百田の姿を描くことで、「女性は自分のありのままの姿を思い切って晒していいんだよ」ということを伝えたかったのだろう。 でも冷静になると、百田のこのサクセスストーリー、何もサクセスをしていないのだ。 たまたま代理として選ばれ、たまたま有名人に写真をアップされただけ、たまたまの成り上がりストーリーなのだ。 「ショーガール」というストリップ業界で成り上がっていく女性の話の映画を思い出した。 主人公がストリップ業界である男性社会で、下品でガサツな自分を全然曲げないのだ。 そのようなサクセスストーリーと比べ、百田は何もかもがたまたま、そして受け身。 誰も真似が出来ない、この超幸運ラッキーストーリーを見せつけておいて、キャッチコピーでは「女性のリアルを描いている」というのだ。 成功した女性はみな運が良かっただけだと言いたいのか? ある時、成り上がった百田がモデルの仕事で問題を起こし、芸能の仕事がなくなる。 その時に百田は、自分達の力だけで自主制作映画を作る決意をする。 ようやく幸運ではなく、百田が自分の力で何かを成し遂げようとする姿が描かれるのかと思って観ていても、その映画を作る時の苦労や葛藤が何一つ描かれない。 資金集めをどうするとか、ロケをどうするかとか、さらっと簡単に描かれすぎている。 何もかもが簡単で華麗に流れていくのだ。 そして驚くことにこの自主制作映画、日本にタランティーノ監督が来ているから、それを彼に見せようとするのだ。 あれ?結局、有名人に目をつけてもらうのかよ。 百田の物語は終始、「権力に認められたら成功するよね」という「権威主義」なのだ。 男性社会と戦って成功するシーンは1つも見当たらない。 権力者に気に入られることばかりを考えるこんな女性を応援しようとは正直思えない。 これで女性って素敵、女性も自分の力で成功できると言われても……選ばれるのはそりゃあいいよ。 これだったら苦労しても幸運がないと報われないことを思い知らされるドラマを作った方がマシ。 そんな百田が描かれる一方で、既に成功して女としての幸せを追い求める奈良。 彼女はこう言う。 「男性を通じてしか社会とは繋がれない女性にはならないでください。 」 「私は仕事も女の幸せも諦めない人生を歩んできました。 」 いかにも強い芯のある女性が言いそうな素晴らしい言葉だ。 そしてそんな彼女が考えに考えた、女としての幸せ。 なんとそれは子どもを産むこと。 新しい女性の幸せの形を示すのかと思いきや、なんの捻りも、なんの提案もない、昔ながらの女性の幸せ像を追い求めるのだ。 いや、子どもを産むのはもちろん、一つの幸せの形ではある。 でも、子どもを育てる環境に恵まれないこの時代に、現代の女性の幸せの理想像として提示するのにふさわしいのか疑問だ。 男性を通じてしか社会に繋がれない女性にならないことを目標としている彼女は、子育ても男性は不必要だと言い、男性に頼らず子どもを産もうとするのだ。 そこまで男性を敵視しなくてもと思う。 奈良は子どもを作る相手の男性を探すが、その男性は結婚しなくていいし、養育費を払わなくてもいいし、認知もしなくてもいいというのだ。 男性はただの遺伝子なのだ。 「この男はハゲだ〜」と色んな男性の写真をめくり、まさに遺伝子を探すシーンがコミカルに描かれている。 これ、男女逆転して考えたら「あの女はブスだからな~」と男性が会話しているのを聞くのと同じくらい不快だ。 男性をなんだと思っているんだ?男社会に抵抗するというより、男社会で女性が馬鹿にされてきたことと同じことを男性に仕返しをしているだけではないか。 なんとか遺伝子をゲットして子どもを産むと、今度は子育てと仕事の両立を目指す。 子育てと仕事の両立は素晴らしい。 でも、その方法が謎すぎる。 彼女にとって、子育てと仕事の両立は「子どもを職場に連れていくこと」らしいのだ。 少しでも子どもと離れる時間が惜しいという彼女は、海外の撮影現場にも子どもを連れ回す。 そして海外で病気になった子どもの看病のために、仕事を放り出す。 お金のない女性で仕方なく職場に子どもを連れて来ているのなら分かる。 お金が有り余るほどある彼女が、ベビーシッターを雇わない理由は一体何?子育てそんなに甘くないぞと思う。 世の中、お金がない中で苦労して子育てをしている女性が彼女を見たら、本当にイライラするだろう。 とにかくこの奈良というキャラクターも応援しようという気持ちになれないのだ。 世間では女性の仕事と子育ての両立が大変だと言われるけど、それはけしてこのような幸運で甘い世界の話ではない。 両立が大変だと言う女性のほとんどは、生活費を切り詰め、仕事と両立しながら限界ギリギリで生きているのだ。 そのようなことを描かずに「女性のリアル」と謳うことが一番イライラするポイントだ。 このドラマが伝えたかったこと、それは何だったのだろう。 女としての成功が、幸運を持つこと、もしくは権力者に認められることで、女としての幸せが、子どもを1人で産み職場に連れて行くこと? リアルな女性の苦労とその生き様を見せると言われながら、そこには何のリアルもなかったし、殆どの女性が真似できないような生き様だった。 このドラマにはゲイが主に2人出てくるが、どちらもデキル女をサポートする役。 ゲイの男性をデキル女の金魚のフンのように描く手法も古すぎる。 キャッチコピーである「女を理由に、諦めなかった女たちがいる。 」に嘘はないが、 「 超幸運だったから)女を理由に、諦めなかった女たちがいる。 」が正しい表現になるのかな。

次の

蜷川実花が豪華キャストで描く“リアルTOKYO”!Netflixオリジナルシリーズ「FOLLOWERS」本予告が到着

フォロワー ズ netflix

Netflixのラインナップ一覧を確認する方法 Netflixは会員登録するまでコンテンツのラインナップ一覧を確認できません。 しかし、動画配信サービスの横断検索サイト「JustWatch」ならできます。 確認方法はとても簡単で、にアクセスして、動画配信サービスから「Netflix」を選ぶだけ。 たったこれだけで、Netflixのラインナップ一覧を確認できます。 しかも、JustWatchでは「映画」や「テレビ番組」に分けて表示したり、その横のアイコンから絞り込み検索ができます。 絞り込み条件は ジャンル、公開年、評価、サービス種類、画質で検索可能。 とくに利用する「ジャンル」ではアクション、ファンタジー、アニメーション、コメディ、ホラーなどで絞り込めるので、あなたが見たいコンテンツもきっと見つかります。 Netflixのラインナップ一覧から見たいコンテンツを選ぶと、作品詳細ページで最新エピソード、配信中サイト、あらすじ、キャストを確認できます。 ただし、JastWatchの配信状況が絶対に正確とは言えません。 コンテンツがしっかり配信しているか確認したい場合は、配信中サイトから「Netflix」を選びます。 Netflixに移動して作品詳細ページが表示されたら、そのコンテンツは配信していることになります(エラーページだと配信終了)。 JustWatchはNetflixに最近追加されたコンテンツも確認できる JustWachはNetflixのラインナップだけでなく、最近追加されたコンテンツまで確認できます。 最近追加されたコンテンツを確認するには、にアクセスして、画面上の「新作」をタップ。 その後に動画配信サービスの中から「Netflix」を選ぶだけです。 Netflixに最近追加されたコンテンツを「タイムライン形式」で確認できるので、何月何日にどんな作品が配信されたのかすぐに分かります。 JustWatchが正確とは限らないので注意! JustWatchはNetflixのラインナップ一覧を確認できますが、 正確とは限らないので注意してください。 例えば、Netflixで配信中のコンテンツがなかったり、配信終了しているコンテンツがあったりします。 実際にJustWatchがどれだけ正確なのか、TVアニメの作品数で調べてみると・・・.

次の